単眼鏡 会社。 企業情報 SVBONY フィールドスコープ 双眼鏡 単眼鏡 天体望遠鏡 子供用望遠鏡

信頼日本製・軍用の双眼鏡/単眼鏡・TAC

単眼鏡 会社

ビクセン Vixen 1949年に創立し、1954年に設立された 歴史のある日本のメーカーです。 天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、スポッティングスコープ、ルーペ、コンパス、CCDカメラ等の開発、設計、製作業務及び各商品の国内販売、輸出、輸入業務等をおこなっています。 ビクセンの単眼鏡の特徴 ビクセンの単眼鏡は最短合焦距離が短く低倍率なものから8倍程度のものまでを揃えています。 値段は手頃で、気軽に手を出せるのも特徴です。 ズーム式になってしまいますが防振双眼鏡も発売されています。 ビクセンの単眼鏡の評判 高倍率なものよりは低倍率で最短合焦距離の短い単眼鏡が人気です。 もちろん用途にもよりますが、短い最短合焦距離のお陰で美術館や昆虫観察に使っている方が多い印象です。 「この価格帯にしては良い光学性能」と言われることが多く、評判は上々です。 カメラ、デジタルカメラ、双眼鏡、望遠鏡、ステッパー、メガネ、測定機、測量機、光学素材、ソフトウェアなど光学機器および関連製品を製造、販売しています。 ニコンの単眼鏡の特徴 ニコンでは単眼鏡の種類はあまりありませんが、 他と違うデザインと、使いやすいスペックなのが魅力です。 ニコンはカメラやレンズなどでも大手のメーカーで、高い技術力を持っていることから単眼鏡の光学性能も安心できます。 ニコンの単眼鏡の評判 ニコンの単眼鏡はとても評判が良いです。 こちらも美術館や博物館で使用されることが多いようですが、バランスが良く 「買って損はしない」とまで言われております。 使う用途にもよりますが、使った方の感想で、美術館では5倍の方がバランスが取れていて良いとのことでした。 写真用品、光学製品、監視装置、交換レンズ、CCTVレンズ、X線撮影装置の開発・販売をおこなっています。 ケンコーの単眼鏡の特徴 ケンコーは単眼鏡を発売しているメーカーの中でも特に、 単眼鏡のラインナップに力を入れています。 ノーマルタイプから防振タイプ、ゴルフ用、ルーペ、暗視スコープまで様々あり、目的の単眼鏡も見つかることでしょう。 価格も手が出ないほどではなく、 初心者にも選びやすい単眼鏡です。 ケンコーの単眼鏡の評判 とにかくコスパが良いとの声が多いです。 安価で高性能というのは実現が難しいですが、安価でそれなりなら実現できます。 特に一番安いものだと感動するほど安いのでまず単眼鏡を試してみたいという場合には選びやすいかと思います。 それよりも上のグレードになると光学性能も良くなり、ラインナップも多いので 状況に応じていろいろ選べるのが嬉しいとの声が多いです。 複雑な歴史があるため詳細は割愛しますが、ライカの全身であるオプティシェス・インスティトゥートは1849年に誕生しています。 有名なのはカメラですが、測量機器、測定機器、分析機器、双眼鏡、顕微鏡などの生産、輸入をグループでおこなっています。 ライカの単眼鏡の特徴 ライカの単眼鏡は種類は少なく高価ですが、 優れた性能を持っていて上級者に人気です。 レンズにもライカ独自のコーティングがされていて悪天候の中でも使え、さらに防水面では推進5メートルまで使えるなど、耐久性にこだわっているのも特徴です。 ライカの単眼鏡の評判 使用者によっては「最高の単眼鏡」とまで称されることがあります。 上級者が使用しても文句の付けどころがない単眼鏡で、明るさ、色収差の無さなど高い光学性能から付属のケースまで評判が良いです。 ただ、値段が高いので なかなか手が付けられないという声も多いです。 まさに憧れの単眼鏡と言うのにふさわしいものです。 カールツァイス Carl Zeiss 1846年に創業し、1889年にカール・ツァイス財団の傘下に入った ドイツの光学機器製造会社です。 カメラレンズ、顕微鏡、工業用測定器、メガネレンズなどを部門ごとに開発、販売しています。 カールツァイスの単眼鏡の特徴 カールツァイスの単眼鏡もラインナップは多くありませんが、 とても小型で優秀な単眼鏡です。 なんといっても「軽いのに高性能」が実現できていて、カールツァイス独自のコーティングにより高品質な像を見ることができます。 倍率を上げるにつれ対物レンズの有効径も大きくなっていくという バランスの取れた設計ですが、それにもかかわらず重量はわずかしか変わらないというのが驚きです。 値段は決して安くないですが、1台持っておくと イベントや野外活動がさらに楽しくなること間違いなしです。 カールツァイスの単眼鏡の評判 双眼鏡でも カールツァイスと言えば憧れのメーカーです。 単眼鏡になってもその評判は衰えず、良い評判が多く見受けられます。 倍率も徐々に上がっていくようなラインナップなので選びやすいという声も多く、予算さえ合えば失敗のない単眼鏡と言われております。 サイトロン SIGHTRON サイトロンは1994年に アメリカで射撃用ダットサイト、ハンティング用ライフルスコープの専門メーカーとして創設されました。 現在でも狩猟用のスコープや双眼鏡などを製造・販売しています。 販売先は一般だけでなく、軍隊にも及ぶことから 信用性の高いメーカーです。 サイトロンの単眼鏡の特徴 サイトロンも単眼鏡のラインナップは少ないですが、通常の単眼鏡と防振単眼鏡を発売しています。 しかしその通常の単眼鏡も、 軍用として使われている双眼鏡のスペックをそのままに片筒にしたものなので、実用性も高く人気です。 サイトロンの単眼鏡の評判 軍仕様の双眼鏡を単眼鏡にしただけあって光学性能の評判は良いですが、 ミルスケールがついていて細かい観察には少々邪魔だという声が見られました。 デザインも迷彩柄なので好みがわかれるところです。 ただ、ミルスケールも 使い方によっては対象までの概算距離を求めることができるので便利でもあり、マニアには楽しい単眼鏡という声もあります。 オリンパス Olympus 1919年設立の日本のメーカーです。 オリンパスは 精密機械器具の製造販売をしている会社で、双眼鏡も出していますが、売り上げの70%は医療機器が占めています。 オリンパスの単眼鏡の特徴 オリンパスの単眼鏡は1種類しかありませんが、 デザインが柔らかく、女性でも手にしやすい単眼鏡です。 あまり単眼鏡に使われることのないフェーズコートを施していて、解像力とコントラストが向上しています。 オリンパスの単眼鏡の評判 まずやはりそのデザインから女性に人気です。 しかし可愛らしいデザインでも 見え味が良く、基本的な評判も良いです。 さらに防水仕様なので美術館でも野外ライブでも使えて便利と言う声も多いです。 この評判と相まって 女性にプレゼントとして選ばれることもあるようです。 三脚・雲台、カメラバッグなどのカメラ・ビデオアクセサリー、スポッティングスコープ、双眼鏡などの光学製品の開発・製造・販売をおこなっています。 バンガードの単眼鏡の特徴 バンガードの単眼鏡は 比較的安価なわりに悪くない性能が人気です。 グリップもラバー使用で持ちやすいのも特徴で、初めて単眼鏡を買う場合にもおすすめです。 バンガードの単眼鏡の評判 バンガードの単眼鏡の評判はまずまずといったところです。 明るさなどは決して悪くないですが、フラットなデザインのため調節がしにくいことと、接眼部のゴムの短さや柔らかさ、それにストラップをつけるための部分の出っ張り具合が マイナスポイントであるとの声が多く見受けられました。 スポンサーリンク ミザールテック MIZER 1952年に日本で産声を上げたメーカーです。 当時は金属材料の卸売りで始まった事業でしたが、 1957年から望遠鏡と顕微鏡の製造が始まりました。 ミザールテックの単眼鏡の特徴 ミザールテックの単眼鏡のラインナップはそこそこあります。 中でも 最短合焦距離10センチというものがあり、近い物を見るときに適しています。 値段は手頃で、初めて単眼鏡を選ぶ際にお試しで買うのに良いでしょう。 ミザールテックの単眼鏡の評判 なんと言っても安価なので手軽に手に入れられ、 気軽に使えるとの評判が多いです。 安いわりには使い心地も悪くないのでお試し用に手にされることが多いようです。 ただ、使い方によるのかもしれませんが 部品が取れやすいとの声も見られました。 ユーコン YUKON ユーコンは北米とリトアニアに販売拠点をもつ ベラルーシの光学製造メーカーです。 暗視スコープ、双眼鏡、ライフルスコープなどを扱っています ユーコンの単眼鏡の特徴 ユーコンの単眼鏡は基本的に暗視スコープです。 肉眼では見ることのできない真っ暗な中でも見え、 夜行性動物の観察などの用途に適しています。 ユーコンの単眼鏡の評判 暗視スコープの中では比較的安価で使いやすいという声が見受けられます。 しかし初めて暗視スコープを買う方にとっては少し期待外れであることが多いようです。 「想像の中では暗視スコープと言えばもっと明るく見えるはずだった」という声があり、 理想と現実の見え方の違いに困惑するようです。 それでも 赤外線を一緒に使用すれば良く見えるようになるので、暗視スコープのお試し用に良いかも、という意見もありました。

次の

SVBONY SV301 単眼鏡 8X25mm 美術鑑賞 美術館 博物館 寺社仏閣での鑑賞用に単眼鏡 SVBONY フィールドスコープ 双眼鏡 単眼鏡 天体望遠鏡 子供用望遠鏡

単眼鏡 会社

双眼鏡と違い、非常にコンパクトでポケットなどにも入り、さっと取り出して手軽に使えます。 一方で、片目で見るため双眼鏡のように立体感や距離感が掴めません。 倍率は10倍前後にとどめる 倍率が高い程よく見えるというのは大間違い。 倍率が高いとその分視野が狭くなり、暗くなってしまいます。 高くても8倍から10倍ぐらいのものを選びましょう。 用途に合わせて最短合焦距離を考える 美術館などで近くのものの細部を見たり、山でふと見つけた植物や野鳥などを見たい場合、最短合焦距離を近くしましょう。 スポーツ観戦や遠くの山などの景色を見る時は数cmではなく遠めのものを選ぶと良いでしょう。 3.活用シーンで重量も気にする 登山やアウトドアなどの野外でのアクティビティでは軽量を選んだ方がいい場合もあります。 単眼鏡は双眼鏡より比較的軽量ですが、幅があるので注意しましょう。 ピント合わせも双眼鏡のIF方式、または右眼のピント合わせと同じように接眼レンズを回転させてピントを合わせる方式なので、(ツアイスの単眼鏡のような直の伸縮式と異なり)双眼鏡に慣れている方ならピント合わせも楽です。 また、アイレリーフ長も17.5ミリあり、かつ接眼部がアイカップ方式なので眼鏡(めがね)使用でも問題なく使用することができます。 付属のストラップはしっかりしたもので長さも長く、首からぶら下げて使用することを想定しているようです。 高価なので落とさないように首からぶら下げる方が良いでしょうし、短いのがよければ携帯用のストラップを通せばいいので。 細かい点ですが評価して良い点でしょう。 一方で、首からぶら下げるなら接眼部に埃等がたまらないことが重要なので、一層のことレンズキャップをストラップや筐体と一体になるものにして欲しかったとも思います。 また、ツアイスは接眼部がゴムになっていますが、眼鏡(めがね)使用には直径が狭いのでゴムの折り返しが困難ですが、本機はアイカップ方式なので問題ありません。 実際、ツアイスの単眼鏡目当てで店を訪れて、本機と見比べた結果、本機を買うお客さんもいるそうです。 レンズキャップと重量だけもうちょっとなんとかならなかったか?と思いますので星1つ減としますが、レンズやコーティングの内容から高価なのは仕方ないし、それに見合った像を提供してくれます。 出典: 遠距離のみならず至近距離での使用も可能、携帯性も損ねておらず、単眼鏡の魅力が盛りだくさん…ここまではAmazon記載のスペックから判断がつくのですが、想像していたより像が鮮明でいい意味で裏切られました。 しかもこの価格ですし、買って得こそあれ、損は無い品です。 もちろん光学製品には「上には上」があるわけで、解像感の高さ等、いわゆる「見え味」を重視される方は、最初から上のクラスの製品を求めたほうがいいです。 この品の優秀さはあくまで『一般実用レベルにおけるコスパが高い』というところにあります。 難点を申し上げますと、ひとみ径が小さいので幾分暗いですがストレスになるほどではありません。 付属のストラップは首掛けできる長さは確保されていますが、かなり安っぽいです。 付属のケースも、一応クッション素材ですしベルトに通せる仕様ですが、やっぱりかなり安っぽいです。 機能的には十分な付属品ですが、こういうところを気にされる方は自分でアレンジすることを考えて下さい。 長く楽しむことが可能なレベルの単眼鏡ですから、ストラップやケースを新調してもすぐに元は取れると思います。 出典: 美術館・博物館好きの妻の古希の祝にギャラリースコープをプレゼントしようと思った。 しかし、レンズものには全く予備知識がないので、例によってネットで調べていたところ、「ギャラリースコープを選ぶ その1とその2」というブログがとても参考になった。 目的は遠くのものを見るのだから、単純に倍率が高ければよいと思っていたが、そのブログによると、ギャラリースコープとして大事なことは、倍率はともかく、レンズの明るさと最短焦点距離(どれだけ近くの物に焦点を合わせることができるか)それに眼鏡をかけていても問題ないことだと知り、目からウロコ。 値段とデザインの良さを加味して、このブログが推奨している機種の一つであるNikon 単眼鏡 モノキュラー HG5X15D に決めた。 大きさもかさばらず、手軽に持ち運びができ、眼鏡必携の妻に喜ばれた。 妻がでかけるとき「ギャラリースコープは持ったか?」が近頃の口癖になっている。 出典: 私はプロではないので精査的な意見は述べられないかもしれませんが、趣味で山登りをする素人ならではの視点として… 曇り空の天気でのレビューです。 自然と触れ合っていると「綺麗だ、すてきだ」と思われる場面で、もっと大きく見てみたいと遠くの物を見るときに使ってみました。 外は決して快晴ではない曇り空ですが、思いのほか露出が高めなのか明るく見えた事に驚きました。 お値段が安いのであまり期待をしてなかったので、嬉しい誤算。 500メートルくらい先を飛んでる鷹はちゃんと見えました。 素人的には山登りの便利グッズとして、満足の行く商品でしたね。 この手の商品に詳しい方の使用だと、他のレビュワー様の方が精査的ですので参考にされると良いかも。 小さなお子様がいて、海水浴などのレジャーに「子供を探したい」というような場面でも思いがけず役に立つような気がします。 私はそういう使い方としては高評価を差し上げたい商品でした。 満足です! 出典:• グリップに落下防止用のストラップの付いた、単眼鏡です。 右手で握るとちょうど人差し指でピント調整ができるデザイン。 接眼レンズも大きく、3段階に視力に合わせて調整が可能。 実際の見え方は、まっすぐ光を通すイメージを大切にすれば、けっこうしっかり見えます。 安い単眼鏡だとかなり視野が狭いのが嫌だったのですが、こちらは思った以上に視野が広いです。 解像感は何万もするものとは違うでしょうが、あまり動きまわらないモノを見るくらいなら充分でしょう。 中国製品特有の化学臭さもほとんどなく、なかなかいい商品だと思いました。 (3枚目の画像は、3メートルほど離れたところにあるハンドクリームを、当機にデジカメを押し付けて撮影したもの) 無償サンプルを頂いてレビューしています。 出典: 単眼鏡で日常に新たな発見を 単眼鏡はコンパクトなものも数多く、持ち運びにも便利でかさばりません。 使い方も遠くを観察したり、ルーペとして手元をクローズアップしたり様々な使い方ができます。 アウトドアでの使用はもちろん、普段の生活の中でも活躍してくれること間違いありません。 The discovery new daily by quizzing glass. 単眼鏡で日常に新しい発見を.

次の

単眼鏡のおすすめ人気ランキング10選【コンパクトで高性能!】

単眼鏡 会社

近いものをしっかり見たいときに、ピントを合わせられる距離が双眼鏡と比較して近いという点が単眼鏡のメリット。 この距離のことを「最短合焦距離」といいます。 双眼鏡の場合にはどれだけ頑張っても50cm程度が限界ですが、単眼鏡ならばもっと近くでもピントを合わせられるものも。 最短合焦距離については自分の使い方にも関係してきますが、美術館などのように、それほど離れていない場所に見たい対象物がある場合は、近くまでピントが合わせられる単眼鏡の方が双眼鏡よりもメリットがあります。 また、携行性に優れているという点も利点。 多くの単眼鏡はカバンの中でも邪魔にならないサイズに作られているため、持ち運びが苦になりません。 さらに使用する際にもさっと取り出すことができ、双眼鏡のように周囲の人に大げさなイメージを与えにくいというのも優れた点でしょう。 高倍率でどんな場面にもぴったり 雨の日でも使える完全防水仕様!クールな見た目も魅力 高倍率でマルチに活躍。 美術作品鑑賞にぴったり 最安値 倍率 7倍 10倍~100倍 8倍 12倍 7倍 4倍 4倍 6倍 7~21倍 7倍 明るさ 6. 8 - 20. 2 - 6. 8 9 9 - 9~1 4. 4 最短合焦距離 3m - 5m - 1m 約0. 2m 0. 16m 0. 24m 3m 0. 8m サイズ 9. 4cm 10. 8cm3. 8cm 13. 5cm 15. 6cm 8. 4cm 5.

次の