胸 が きゅっと する。 胸を大きくしたい人がやるべきこと10個!サプリ以外で胸を大きくする方法

胸を小さくする方法はある?おすすめの方法や胸小さくみせるコツもご紹介

胸 が きゅっと する

この記事の目次• 胸を小さくするためのマッサージ まずはマッサージ!毎日続けることで効果が出てきますから、お風呂タイムや寝る前など、毎日の習慣にしてください。 胸の肉を背中に流す バストアップとは逆のマッサージです。 大きくしたい時は背中の肉を集めてきますが、 小さくしたい時は逆に、谷間から背中に流すようにしてマッサージします。 小さくしたいのですから、寄せないんです。 右の胸を両手で優しく包み、谷間から背中の方へ肉を流していきます。 反対側も同様にやってみてください。 ただし、あまり強引にやってしまうとクーパー靭帯という胸を支えている靭帯が切れたり伸びたりして、胸が垂れてしまいます。 形が崩れる原因にもなりますし、胸が大きな人は垂れやすいので、優しく行ってくださいね。 胸の脂肪を燃やしやすくする 胸は肉ではなくて脂肪の塊です。 ですから、脂肪を燃焼させれば小さくなるわけです。 そのためのマッサージをしてみましょう。 胸を下から手で支え、小刻みに上下に揺らしてマッサージします。 1回10秒、3セットやってください。 できれば朝晩2回やりましょう。 痩身クリームを塗りながらマッサージ マッサージをする時に、服の上からでももちろん良いのですが、痩身クリームやスリミングジェルを使うとさらに効果的です。 これらのクリームやジェルには脂肪燃焼効果のある成分が配合されているので、マッサージとの相乗効果が期待できます。 胸を小さくするための運動 胸を大きくするための運動があるなら、小さくするための運動もあるんです。 効果があるのは筋トレよりも脂肪燃焼効果のある有酸素運動です。 縄跳びで脂肪を燃やす 脂肪を燃やすには有酸素運動が一番!中でも縄跳びが一番おすすめなんです。 縄跳びをすると、全身の体脂肪を燃やすのはもちろん、胸が上下することで胸の脂肪を燃焼しやすくなるので、サイズダウンさせたい人にはおすすめです。 実際に縄を使って外でやらなくても、家の中で出来る「エア縄跳び」で十分です。 専用の器具もありますし、何か持ち手の代わりになるようなものがあればそれを持って部屋の中でできますよ。 ただし、揺れ過ぎると胸が垂れる原因になりますから、しっかりホールドできるスポーツブラなどをつけて行ってください。 脂肪燃焼といえばウォーキング 器具がなくてもOK。 仕事の行き帰り、買い物に行くついでにもできるウォーキングはやりやすい有酸素運動ですね。 もし時間や体力に余裕があるならもちろんジョギングだってかまいません。 胸だけでなく、全身の体脂肪を落とすことが出来ますから、ぜひ毎日の習慣にしてください。 有酸素運動の前の筋トレ 胸を小さくするには、筋トレよりも有酸素運動といいましたが、有酸素運動の効果を高めるのが筋トレなんです。 縄跳びなどをする前に少し筋トレをして、筋肉を使って温めておくと脂肪燃焼効果が高まります。 胸を小さくするための筋トレとしておすすめなのが腕立て伏せです。 でも、腕立て伏せなんてきつくてできない!とう人のために、壁を使って行う方法をご紹介します。 壁から少し離れて経って、手を肩幅に開いて壁につきます。 肘が少し曲がる程度の距離からスタートします。 そのまま腕立て伏せと同じように、腕を曲げたり伸ばしたりを繰り返します。 腕立て伏せは胸が大きくなるというイメージがあるかもしれませんが、筋肉がつくということは脂肪が燃えやすくなるので、そういった意味では筋トレも取り入れていくと、有酸素運動の効果がアップしますよ。 猫背はダメ!美しい姿勢を保つこと 胸が大きいと目立ちたくないという思いもあって、どうしても前かがみになりがちですが、これは実は逆効果。 猫背になると逆に胸が大きく見えてしまいます。 それは全体が「丸い」印象になるためで、ぽっちゃりして見えてしまうんですね。 ですから、しっかり胸を張って美しい姿勢を保つ方がスッキリ見えます。 姿勢を良くしている方が胸を支える大胸筋の血行もよくなるので、胸が垂れるのを防ぐことにもつながります。 胸を小さくするための食生活 食事でも胸を小さくできるんです。 食べる食材に注意しないと、もしかしたらバストアップするものを食べてしまっているかもしれませんよ。 大豆製品を避ける 大豆を使った食材は大豆イソフラボンという栄養素が入っています。 大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、胸を大きくしてしまうんですね。 ですから、小さくしたいなら• 豆乳 など、豆腐製品は控えましょう。 アブラナ科の野菜を食べる アブラナ科といってもよく分からないと思いますが、例を挙げると以下の野菜類です。 ブロッコリー• カリフラワー• 青梗菜• 菜の花• クレソン• 小松菜 これらの野菜に含まれるインドールは女性ホルモンの分泌を抑制するので、胸を小さくする効果があるといわれています。 インドールは熱に弱いので生で食べるのがおすすめ!出来れば生野菜のサラダで食べましょう。 ただし、アブラナ科でもキャベツは別の栄養素にバストアップ効果があるので、避けた方が良いとされています。 1日3杯以上コーヒーを飲む スウェーデンのルンド大学のヘレナ・ジャンストーム教授の研究によると、1日3杯以上のコーヒーが胸を小さくすることが分かったのだとか。 300人の女性を対象に調査したところ、1日3杯以上コーヒーを飲む女性は胸のサイズが17%も小さくなるということが分かりました。 ただし、コーヒーをがぶ飲みしたからといってすぐに小さくなるわけではないので、継続することが大事です。 飲み過ぎると胃を傷めたり、カフェインの利尿作用によって水分が排出されすぎてしまうということもあるので、1日3杯までにしておいて下さい。 しかも、特定の遺伝子を持っている一部の人にはあまり効果がないということも分かっているので、がんばって続けても効果が出ないこともあります。 胸を小さくする美容整形手術 効果がいつ出るか分からない方法では我慢できないという方は、美容整形という方法もあります。 豊胸手術があるのと同じように、小さくする手術もあるんです。 余分な脂肪を除去する手術 余分な脂肪や乳腺を除去しながら、バストの整形もしてくれるので、バランスの良い理想のバストを手に入れられます。 手術をしても将来授乳することは可能です。 手術の方法によっては、若干傷跡が残るので、あまり年齢を重ねてからの手術はおすすめできませんが、若いうちなら時間とともに傷跡も目立たなくなっていくでしょう。 胸の大きさを服装でカバーしよう 胸をすぐに小さくすることはなかなか難しいので、マッサージや運動を継続しながら服装で胸が小さく見える工夫をしていきましょう。 胸を小さく見せるブラジャーを使う 胸を小さく見せるには、下着選びも重要です。 小さく見せるにはフルカップブラでスッキリ見せるのがコツ。 しっかりと胸を包んでくれるブラジャーを選びましょう。 胸元がスッキリしたデザインの洋服 タートルネックや首周りにフリルのある服は胸が大きく見えます。 胸元はスッキリしたデザインの服がおすすめ。 かといって谷間が見えるほど開いているものもダメなので、鎖骨が見える程度のスッキリ感がいいでしょう。 また、トップスに膨張色を持ってこないように。 胸を含めてふっくらして見えます。 淡い色を使いたい時は、ピンクや黄色などではなく、パープルやブルーなどの寒色系を使うと少し引き締まって見えますよ。 ストライプなど細く見える柄 上半身をスッキリ見せるにはストライプが大活躍!縦のラインを強調することで胸が目立たなくなります。 これも淡い色を使うよりはブルーやネイビーなどの寒色系を使った方が細く見えます。 ストールでIラインを作る 柄ではなくて小物使いで胸元をスッキリ見せるコツもあります。 それはストールやマフラーを使ってIラインを作ること。 縦のラインが強調されるのと、ストールでカバーされて胸も目立ちません。 胸を小さくするためにやってはいけないこと 胸を小さく見せたいためにやっていたことがもしかしたら逆効果だった?ということはないでしょうか。 胸を小さく見せるためには、以下のことに注意してくださいね。 小さなブラジャーで押さえつけるのはダメ 小さなブラジャーで押さえても、胸の肉がしっかりとカップにおさまらないので、逆に大きく見える可能性があります。 また、 胸の形とあっていないブラジャーを着けることで、胸の肉が押しつぶされて形が崩れたり、垂れる原因になりますから、胸にとって決していいことではありません。 極端なダイエットはダメ ただダイエットをしても胸だけが小さくなることはありません。 ダイエットをした時に、手首や足首、ふくらはぎなどもともと脂肪が少ないところは痩せやすいのですが、胸は痩せにくい部分です。 胸が痩せてくるまでダイエットを続けるのももちろん良いのですが、それにはしっかりと計画を立て、時間をかけて行うことが大切です。 くれぐれも、胸の肉を落としたいからといって、極端な食事制限などはしないで下さい。 数日食事を我慢したくらいで、胸は小さくなりません。 時間をかけてバストダウンしていこう! 毎日運動する時間がなければ、マッサージと食事を組み合わせてもいいですし、なかなか自炊が出来ない人は胸を小さく見せるブラジャーで何とかするなど、自分に合った方法を見つけてください。 いずれの方法も時間がかかります。 胸の靭帯を痛めずに、美乳を保って徐々に小さくしていくためには毎日のケアが大切です。 できればマッサージや運動を少しずつ取り入れながら、時間をかけてバストダウンしていきましょう。

次の

憧れのマシュマロバストに!胸を柔らかくする方法を解説

胸 が きゅっと する

バストアップのため!寝るときの姿勢や寝方の注意点 効果的に胸を大きくしたいという方は、寝る時の姿勢も大切となってきます。 バストアップを妨げてしまう寝姿勢はできれば改善したいところ。 また、胸を大きくするためにはどのような姿勢で寝るのが良いのかを解説します。 うつ伏せで寝るとバストが潰れて形が悪くなる バストアップに良くない寝方は、「うつ伏せで寝ること」です。 なぜなら、うつ伏せで寝ると体重でバストが圧迫されて潰れてしまい、 その習慣を繰り返していると、バスト全体の形が崩れてしまう原因になるからです。 また、横向きで寝るのも、バストが横に流れることで、バストにシワやたるみが出来やすくなってしまうのであまり良くありません。 特に30代40代のバストアップの目的は、胸を大きくするだけではありません。 キレイな形を作ることも大事なので、うつ伏せで寝るのはなるべく避けましょう。 もちろん寝返りなどでうつ伏せになってしまうのは仕方ありませんが、 寝やすいからといって、いつもうつ伏せで寝る癖がある人は改善するようにしましょう! 胸を大きくキレイにする寝方ってあるの? 胸を大きくキレイにする寝方ってあるのでしょうか? もちろん寝ているだけで胸がグングン大きくなる方法なんてありません。 でも、バストアップを妨げるリスクを減らし、胸を大きくキレイにするための寝方ならいくつかポイントがあるんです。 結論から言うと、まず「仰向けに寝ること」です。 先ほどお話したとおり、うつぶせ寝はバストの形が崩れる原因となるリスクがあります。 そのリスクがなくなるので、格段に仰向けで寝たほうが良いです。 ただし、仰向けに寝る場合でも、 ブラジャー着用の有無がポイントになります。 「ブラジャーをしないで寝る」と、バストの脂肪が横に流れてしまいます。 でも、普段着けているブラだと、バストが締め付けられて圧迫されるので寝ずらいですよね。 血行が悪くなって成長ホルモンの効果にも影響が出てくる可能性も…。 そうなると、 やはり「寝るとき専用のナイトブラ」が一番ということになります。 ナイトブラは、寝ているときに胸が流れてしまうのを防いでくれます。 固定する目的で使う普段のブラジャーと違い、ワイヤーは使用されていませんので、負担にならないのもポイント。 しっかり睡眠時間を確保することも大切 またバストアップには、 しっかり睡眠時間を確保することも重要なポイント。 夜10時~深夜2時の間は、成長ホルモンの分泌が一番活発になる時間帯です。 ついつい夜更かししがちだと思いますが、なるべく夜の11時12時にはベッドに入って良質な睡眠を摂ることを心がけてみてくださいね! バストアップのための寝方まとめ いかがでしたでしょうか。 バストアップと睡眠、胸を大きくキレイにする寝方のお話でした。

次の

胸を大きくする方法!小学生編!小学生からできるバストアップ方法は

胸 が きゅっと する

それぞれ5つのポイントについて、詳しく解説します。 リンパの流れを良くするマッサージ バストクリームやオイルを使って行いましょう。 (1)二の腕から脇の下に向かって流し、さらに脇の下をしっかりほぐします。 (2)脇の下からバスト外側~下~中心に向かってマッサージします。 両胸の中心にあるツボをゆっくりと3秒間程プッシュします。 (3)バストと反対側の手を使って、わき腹から背中あたりのお肉を持ち、バスト上部に向かって流し、両手でバスト全体を丸く包み込むように仕上げます。 (4)バストトップ~デコルテ~耳下のリンパ筋まで、下から上に向かって引き上げるようにマッサージします。 (5)最後に後ろで手を組み、後ろに引っ張りながら顔を上に伸ばし、バスト全体をストレッチします。 大きく息を吸い込み、バストを持ち上げるイメージで。 【参考記事】 や使い方を紹介しています。 (1)足を肩幅よりも広く、つま先を立てて上半身を支えます。 (2)対角線上に手と足を伸ばして、身体がぶれないようキープしましょう。 湯船につかり冷えを解消する 体の冷えを解消するには、毎日湯船に浸かり体を温めると良いです。 体が冷えてしまうと、脂肪がどんどん固まってしまうため、38度のゆるめの温度で 15分~20分程湯船に浸かるようにしましょう。 血行の循環が良くなるだけでなく、睡眠の質も良くなります。 水分補給をする 血流の流れを良くするためには、こまめに水分を摂りましょう。 血流と水分補給は大きく関係しており、身体の水分量が不足すると、血液の水分量が減り、血流が悪くなってしまいます。 そのため、水分補給は人間の体を機能させるために欠かせないものです。 また、1日あたりの水分摂取量は約1. 5~2リットルです。 飲むタイミングを決めて毎日の習慣にするようにしましょう。 乳腺を発達させ脂肪をつけること 硬い胸には、脂肪をつけることで柔らかい胸になります。 胸は、90%が脂肪で10%が乳腺でできており、乳腺を守ろうと脂肪がまわりにつき、胸が大きくなります。 なので、脂肪をつけるためには、乳腺を発達させることが大事です。 また、乳腺の発達には、エストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンが大きく関係しています。 エストロゲンは乳腺を増やし、 プロゲステロンは乳腺を発達させる働きがあります。 この2種類の女性ホルモンをバランスよく分泌させることで、乳腺を発達させ、胸に脂肪をつけやすい状態にすることができます。 女性ホルモンの分泌をよくするには? 女性ホルモンの分泌を整えるためには、 食事を見直す、質の良い睡眠、適度な運動をすることが大切です。 食事は、 たんぱく質中心の食事を意識しましょう。 なぜなら、私たちの身体は、たんぱく質を原料としてできており、生命活動に必要なものから優先して使われていきます。 そのため、食事でたんぱく質を十分摂取できないと、バストにまで栄養が及ばず、バストを育てることができません。 バストを育てていくためにも、 たんぱく質をメインに献立を考えるようにしましょう。 たんぱく質は、肉、魚、卵、乳製品などから摂ることができます。 また、食事にごま油を取り入れましょう。 ごま油には、エストロゲンを活性化するゴマリグナンという成分が含まれているので、オススメです。 忙しい人は、たんぱく質を手軽に摂れるソイプロテインもオススメです。 について解説しています。 【体型別】硬い胸を柔らかくする方法 硬い胸を柔らかくする方法は、体型によってケア方法が異なります。 ここから、それぞれ体型別に胸のケア方法を紹介します。 痩せ型 痩せ型の人は、食事量が少ないか糖質過剰な食生活の方が多く、食事に対する意識が低い人が多いため、バストに必要な栄養が足りていません。 まずは、食生活を改善し、糖質控えめでたんぱく質をたっぷり摂る食事を意識しましょう。 普通型 普通型の人は、リンパマッサージと肩甲骨を鍛えるトレーニングを中心に行いましょう。 ぽっちゃり型 ポッチャリ型の人は、バストの外に流れてしまっている背中や脇の肉を、バストへ流し、肩甲骨を鍛えるトレーニングを行いましょう。 胸が硬いとはどのくらいの硬さなの? 本来、胸は柔らかく、上下左右に動かすことができます。 胸の柔らかさを食べ物に例えると、マシュマロやゼリー、おもちなど、適度な弾力があり理想的な胸としてよく挙げられる表現です。 しかし、脂肪が少ない痩せ型の人や、筋肉質の人は硬い胸になりがちなので、胸を上下左右に動かすことができません。 バストアップやダイエットのために、筋トレで胸を鍛えすぎても硬くなってしまうので、適度に脂肪をつけることが大事です。 胸が硬い2つの原因とは? 胸が硬くなる原因は、• もしくは• それぞれ2つの原因詳しく解説します。 (1)血行やリンパの流れが悪い 運動不足による筋力の低下やストレス、冷え性が原因でリンパの流れが悪くなります。 リンパの流れが悪くなると、くすみやシワ、ニキビなどの肌トラブルや、脚がパンパンに張る、肩が凝るなど、体の不調を引き起こします。 また、バストまわりはリンパ筋や血管がたくさんあり、詰まると固まってしまいます。 これが、胸が硬くなる原因です。 リンパ筋や血管が詰まらないように、老廃物を流せる体に改善しましょう。 (2)肩周辺の筋肉が凝り固まっている 運動不足やストレス、デスクワークや読書などによる同じ姿勢が原因で、本来、宙に浮いている状態であるはずの肩甲骨が、体の内側にへばりついた状態になり、猫背になってしまいます。 また、女性は男性より筋肉が少なく、体を支えにくいため猫背になりやすいです。 肩甲骨とは、背面部から助骨を覆っている一対の三角形状をした大型の骨のことで、姿勢が悪い状態でいると、血液の流れが滞りやすくなります。 そのため、首や肩凝りの原因となり、細胞に十分な酸素や栄養が行き渡らず、老廃物がうまく排出されずに溜まってしまうため、胸が硬くなってしまいます。 日頃から肩甲骨を動かす意識をし、筋肉の凝りを改善しましょう。 柔らかい胸を保つためには 柔らかい胸は、何もケアせずにいると胸が垂れてしまいます。 そのため、下から胸を支えてくれるブラを着用すること、胸を支えている筋肉を鍛えることが大事です。 を紹介しています。 筋トレをして胸を鍛える 胸を支えている大胸筋を鍛えると、柔らかい胸が垂れることなく、上向きバストをキープできます。 いくら胸にボリュームがあっても、胸の土台となる大胸筋を鍛えないでいると、理想のバストにはなりません。 衰えないように毎日コツコツ大胸筋を鍛えましょう。 大胸筋の鍛え方 (1)腕を肩幅の1. 5倍くらい開き、床に手をつきます。 足を伸ばして、つま先だけを床につけて、腕とつま先で体を支えます。 (2)腕が地面につくくらい、深く沈めることを意識しゆっくり上体を下げ、すっと早く上げます。 まとめ 硬い胸を柔らかくするためには、体の冷えや肩凝り、猫背など体の不調を改善し、リンパの流れをよくすることが大切です。 リンパの流れが良くなると、胸に必要な栄養が行届くため、たんぱく質を中心とした食事を摂ることで、理想のふんわりバストへ近づけます。 毎日正しいケアをして、思わず触れたくなるような憧れのマシュマロバストを手にいれませんか?.

次の