キン肉マン 313。 【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第312話 墓守鬼とジャスティスマン【ネタバレあり】

キン肉マン第313話

キン肉マン 313

【目次】本記事の内容• の巻』の内容 週プレNEWSで連載している『 』の第313話(2020年4月13日更新)のタイトルは、 『真実への十四階段!! の巻』でした。 煽り文句は 「真実、顕現(ザ・マン けんげん)!! ・ ・ ・ 煽り文句の「真実、顕現!! 」が非常に重々しいです。 荘厳な雰囲気を醸し出しています。 これを「ザ・マン、けんげん」と読ませるのもナイスです。 ちなみに…… 顕現とは……神や仏といった抽象的で目に見えなかった存在だったものが、はっきりとした姿で現れることです。 現れることに対する最上級的表現といえます。 日常生活で使うことはありませんので、初めて見た人もいることでしょう。 ん? 顕現に目を奪われてしまいましたが、 十四階段とは?? どこの階段なんでしょうか? まずは絵を見てください。 ちなみにセンター階段の両脇は十四階段のようですが……。 まぁ、細かいことは気にしないことにしょましょう。 ここで気になっていたザ・マンが聴いていた音楽が明らかとなります。 神の想像を超える存在となった人類に対する喜びすら感じているようです。 てっきり誰かを呼び込もうとしたのかと思いました。 それにしても 「私がまだ神だった頃……」というセリフを聞くと、 さん(リンク先は千とせさんのブログ)を思い出してしまいます。 「わかるかなぁ~! わかんねぇだろうなぁ~! イェーイ!」 ご存知でしょうか? これがわかる人は40代後半以上の方ですね笑 はい、先を急ぎましょう。 ここでジャスティスマンが口を開きます。 本来の「牢」は、ザ・マンの意志であるわけですね。 ジャスティスマンが笑みを浮かべたのは、その辺の意志の強さを感じ取ったからでしょう。 つまり、 「すべてはお前たちに託した!」というメッセージなわけです。 ジャスティスマンもそれをすぐに理解したようですね。 さらにザ・マンはゴールドマンやジャスティスマン、さらに弟子たちに想いを馳せていきます。 「キン肉マン」ファンの心を揺さぶったようです。 そして、最後にキン肉マンに礼を言うところまでがザ・マンの時間です。 スグル自身、まさかの「ありがとう」という言葉を理解しきれていないようでした。 「全ての真相を!」 「何が会ったのかその真実を!」 ジャスティスマンとアリステラが畳み掛けていきます。 究極のイデオロギー対決となっていきそうです。 314話の見どころは? 今後の展開はどうなる? さて、314話の展開予想です。 「調和の神」がいきなり登場でしょうか? それとも話がまだ続くのでしょうか? 少なくとも オメガの民を粛清した理由が語られていません。 ここはアリスが突っ込むことでしょう。。。 いや、ブロッケンあたりに言わせるかもしれませんね。 そして……アリスが納得したところで、急に超人墓場に異変が……みたいな流れかもしれません。 では、「第314話」の予想をいかせていただきまぁ〜〜〜す! ・アリスが「調和の神」に驚きつつ、ザ・マンに詰め寄ります。 「なぜ超人を守ろうとしたのに粛清をしようとした? 矛盾しているではないかっ!」 ・「たしかにそうだ。 それには〜〜〜な理由があった」とザ・マン ・「私は調和の神と同等に渡り合える超人が現れるまで待ったのだ! そして、やっとその時がやってきた! お前たちが調和の神と対峙して未来を切り開くのだ!」 ・ドーーーーーン! ・ザ・マンがスグルとアリスを指差します。 ・そこで超人墓場に異変が!! 地震のような大きな揺れが起こり、天井が落ちてききます。 その先には……ついに登場! 調和の神だっ! こんな感じで「調和の神」たちが登場するのではないでしょうか? いかがでしょうか?苦笑 ・ ・ ・ もしかすると 「調和の神」はロビンマスクやディクシア、ブロッケンのオヤジなど、亡くなった超人たちを復活させて登場するかもしれません。 それにしても超人界にとっては一大事です。 このまま話を続けるのではなく、一旦流れをリセットさせることも必要かもしれません。 そろそろ閉じ込められていた正義超人たちやフェニックスたちの出番も欲しいところですから。 さぁ、どんな展開になるのか? 次回更新は2020年5月18日(月)です!! 楽しみです! では! また! お粗末さまでした! 次回から連載休止!「何もしない友情」でコロナ禍を生き抜け 世界中がコロナで揺れています。 三密スタイルの漫画現場も「平常運転で続けることはできない!」ということでお休み。 そんなわけで連載休止となりました。 ゆでたまごさんからのメッセージはこちらです。 『キン肉マン』の更新を楽しみにされている読者の皆様へ 作者のゆでたまごです。 いつも『キン肉マン』の更新を楽しみにしてくださってありがとうございます。 突然のことで大変恐縮なのですが、私たちゆでたまごのふたり、及び我々のスタッフ、集英社の週プレNEWS編集部との話し合いの結果、来週4月20日から約1ヵ月の間、状況によってはそれ以上、更新を休載させていただくことになりました。 理由は4月7日に発令された緊急事態宣言など、昨今の新型コロナウイルス感染拡大の社会情勢に鑑み、漫画原稿の執筆作業をこのまま平常運転で続けることはできない、と判断させていただくに至ったからです。 我々の漫画原稿は原稿用紙に直接執筆するスタイルなのでスタジオに大勢のアシスタントを集めて、毎週数日、長時間にわたり籠って、作画担当の中井を中心に指示をやり取りしながら作業を進めていく形を今も続けています。 さらにその作画アシスタントをはじめとする我々のスタッフの中には、御高齢の家族と同居している者もたくさんいます。 日々の通勤により、彼らスタッフとその家族すべてに感染のリスクを負わせるのは忍びないという思いもあります。 今は日本のみならず世界の人が不要不急の外出を避ける。 「何もしない」という行為を率先してやるのが最大の友情ではないかと考えました。 ずっと家にいて私たちの漫画を楽しみにしてくれている方には大変申し訳ない気持ちもありますが、今はどうか、そのような私どもの判断にご理解をいただければと思います。 更新の休載期間中は毎週月曜日にこれまでの読切作品などを無料で掲載していきたいと思います。 現在、連載の更新再開は5月18日(月)からを予定しておりますが、状況は日々変わっています。 変更ありましたら随時、お知らせしていきたいと思います。 みんなの友情パワーでウイルスなんてぶっとばせ! へのつっぱりはいらんですよ! 改めましてお詫び申し上げますと同時に、皆さんも十分、気をつけてお過ごしください。 一刻も早く世の中が正常な動きを取り戻せることを祈っております。 2020年4月 ゆでたまご これは賢明な判断ですね。 以上! ここまでっ! つなワタリです。 どうぞよろしくお願いいたします。 肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。 集めて、編んで、外に発信することが生業。 文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。 また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。 サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。 生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。 193• 102• 165• 128• 163• 102•

次の

【キン肉マン 313話】新たな神、「調和の神」が登場!そしてコロナの影響で長期休載に・・・

キン肉マン 313

【目次】本記事の内容• の巻』の内容 週プレNEWSで連載している『 』の第313話(2020年4月13日更新)のタイトルは、 『真実への十四階段!! の巻』でした。 煽り文句は 「真実、顕現(ザ・マン けんげん)!! ・ ・ ・ 煽り文句の「真実、顕現!! 」が非常に重々しいです。 荘厳な雰囲気を醸し出しています。 これを「ザ・マン、けんげん」と読ませるのもナイスです。 ちなみに…… 顕現とは……神や仏といった抽象的で目に見えなかった存在だったものが、はっきりとした姿で現れることです。 現れることに対する最上級的表現といえます。 日常生活で使うことはありませんので、初めて見た人もいることでしょう。 ん? 顕現に目を奪われてしまいましたが、 十四階段とは?? どこの階段なんでしょうか? まずは絵を見てください。 ちなみにセンター階段の両脇は十四階段のようですが……。 まぁ、細かいことは気にしないことにしょましょう。 ここで気になっていたザ・マンが聴いていた音楽が明らかとなります。 神の想像を超える存在となった人類に対する喜びすら感じているようです。 てっきり誰かを呼び込もうとしたのかと思いました。 それにしても 「私がまだ神だった頃……」というセリフを聞くと、 さん(リンク先は千とせさんのブログ)を思い出してしまいます。 「わかるかなぁ~! わかんねぇだろうなぁ~! イェーイ!」 ご存知でしょうか? これがわかる人は40代後半以上の方ですね笑 はい、先を急ぎましょう。 ここでジャスティスマンが口を開きます。 本来の「牢」は、ザ・マンの意志であるわけですね。 ジャスティスマンが笑みを浮かべたのは、その辺の意志の強さを感じ取ったからでしょう。 つまり、 「すべてはお前たちに託した!」というメッセージなわけです。 ジャスティスマンもそれをすぐに理解したようですね。 さらにザ・マンはゴールドマンやジャスティスマン、さらに弟子たちに想いを馳せていきます。 「キン肉マン」ファンの心を揺さぶったようです。 そして、最後にキン肉マンに礼を言うところまでがザ・マンの時間です。 スグル自身、まさかの「ありがとう」という言葉を理解しきれていないようでした。 「全ての真相を!」 「何が会ったのかその真実を!」 ジャスティスマンとアリステラが畳み掛けていきます。 究極のイデオロギー対決となっていきそうです。 314話の見どころは? 今後の展開はどうなる? さて、314話の展開予想です。 「調和の神」がいきなり登場でしょうか? それとも話がまだ続くのでしょうか? 少なくとも オメガの民を粛清した理由が語られていません。 ここはアリスが突っ込むことでしょう。。。 いや、ブロッケンあたりに言わせるかもしれませんね。 そして……アリスが納得したところで、急に超人墓場に異変が……みたいな流れかもしれません。 では、「第314話」の予想をいかせていただきまぁ〜〜〜す! ・アリスが「調和の神」に驚きつつ、ザ・マンに詰め寄ります。 「なぜ超人を守ろうとしたのに粛清をしようとした? 矛盾しているではないかっ!」 ・「たしかにそうだ。 それには〜〜〜な理由があった」とザ・マン ・「私は調和の神と同等に渡り合える超人が現れるまで待ったのだ! そして、やっとその時がやってきた! お前たちが調和の神と対峙して未来を切り開くのだ!」 ・ドーーーーーン! ・ザ・マンがスグルとアリスを指差します。 ・そこで超人墓場に異変が!! 地震のような大きな揺れが起こり、天井が落ちてききます。 その先には……ついに登場! 調和の神だっ! こんな感じで「調和の神」たちが登場するのではないでしょうか? いかがでしょうか?苦笑 ・ ・ ・ もしかすると 「調和の神」はロビンマスクやディクシア、ブロッケンのオヤジなど、亡くなった超人たちを復活させて登場するかもしれません。 それにしても超人界にとっては一大事です。 このまま話を続けるのではなく、一旦流れをリセットさせることも必要かもしれません。 そろそろ閉じ込められていた正義超人たちやフェニックスたちの出番も欲しいところですから。 さぁ、どんな展開になるのか? 次回更新は2020年5月18日(月)です!! 楽しみです! では! また! お粗末さまでした! 次回から連載休止!「何もしない友情」でコロナ禍を生き抜け 世界中がコロナで揺れています。 三密スタイルの漫画現場も「平常運転で続けることはできない!」ということでお休み。 そんなわけで連載休止となりました。 ゆでたまごさんからのメッセージはこちらです。 『キン肉マン』の更新を楽しみにされている読者の皆様へ 作者のゆでたまごです。 いつも『キン肉マン』の更新を楽しみにしてくださってありがとうございます。 突然のことで大変恐縮なのですが、私たちゆでたまごのふたり、及び我々のスタッフ、集英社の週プレNEWS編集部との話し合いの結果、来週4月20日から約1ヵ月の間、状況によってはそれ以上、更新を休載させていただくことになりました。 理由は4月7日に発令された緊急事態宣言など、昨今の新型コロナウイルス感染拡大の社会情勢に鑑み、漫画原稿の執筆作業をこのまま平常運転で続けることはできない、と判断させていただくに至ったからです。 我々の漫画原稿は原稿用紙に直接執筆するスタイルなのでスタジオに大勢のアシスタントを集めて、毎週数日、長時間にわたり籠って、作画担当の中井を中心に指示をやり取りしながら作業を進めていく形を今も続けています。 さらにその作画アシスタントをはじめとする我々のスタッフの中には、御高齢の家族と同居している者もたくさんいます。 日々の通勤により、彼らスタッフとその家族すべてに感染のリスクを負わせるのは忍びないという思いもあります。 今は日本のみならず世界の人が不要不急の外出を避ける。 「何もしない」という行為を率先してやるのが最大の友情ではないかと考えました。 ずっと家にいて私たちの漫画を楽しみにしてくれている方には大変申し訳ない気持ちもありますが、今はどうか、そのような私どもの判断にご理解をいただければと思います。 更新の休載期間中は毎週月曜日にこれまでの読切作品などを無料で掲載していきたいと思います。 現在、連載の更新再開は5月18日(月)からを予定しておりますが、状況は日々変わっています。 変更ありましたら随時、お知らせしていきたいと思います。 みんなの友情パワーでウイルスなんてぶっとばせ! へのつっぱりはいらんですよ! 改めましてお詫び申し上げますと同時に、皆さんも十分、気をつけてお過ごしください。 一刻も早く世の中が正常な動きを取り戻せることを祈っております。 2020年4月 ゆでたまご これは賢明な判断ですね。 以上! ここまでっ! つなワタリです。 どうぞよろしくお願いいたします。 肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。 集めて、編んで、外に発信することが生業。 文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。 また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。 サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。 生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。 193• 102• 166• 129• 165• 102•

次の

[ キン肉マン ]

キン肉マン 313

Sponsored Link キン肉マン313話ネタバレ 真実への十四階段!! 真実、顕現!! ザ・マンが牢に入った状態で聴いているレコードの曲は、モーツァルトであった。 彼はモーツァルト、そして音楽という文化、またレコードという人間の知恵の産物をも讃える。 牢に入っている理由は、超人墓場からもはや出ることはないという意志、そして未来を託すことの証明である。 よい弟子を持った。 そのことに気づかせてくれたのは ゴールドマン、そしてもうひとり、シルバーマンの子孫である キン肉マンであった。 そしてついにアリステラに、彼らの祖先に何があったのか語り始める。 彼らはマグネットパワーの存在にまで手を出し、"神"を目指した民であったと。 しかしそれは許される思想ではなかった。 許さなかったのはザ・マンではなく、なんと 天界の神! 天界では「超人という種を生かすか殺すか」思想が二分されていた。 超人となったザ・マンは生かす勢力の頭目で、かつては "慈悲の神"と呼ばれていた。 そして殺す方の勢力を取りまとめていたのが、かつてのザ・マンに匹敵する力を持つ "調和の神"であった! "慈悲"と"調和"、似て非なる神ー 次回、キン肉マンたちの次なる目的が明らかになる…!? キン肉マン313話感想 内容以上に休載にショック!次回から過去の読み切り作品で救済!! 14階段というのは初めて聞きました。 13階段というのは絞首刑の死刑台の階段のことだったと思うのですが…いずれも検索しても出てきません。 さて、真の敵は 邪悪な神でしたか。 『聖闘士星矢』では見慣れていますが、ありそうで今までなかったですね。 思えば王位争奪編では、彼らが元凶でした。 キン肉マンに敗れた悪魔将軍がザ・マンを倒せるくらいですから、どうにもならないという強さではないのでしょう。 いや、ザ・マンは神ではなく超人でした。 神は1億パワー、果たして対抗できるのでしょうか。 正義超人のメンバーでは、到底ついていけないでしょう。 悪魔将軍、シルバーマン、キン肉マン、ソルジャー… アリステラは勝算に関わらず出なくてはいけないでしょう。 あとはネメシスくらいでしょうか。 そしてジャスティスマン! オールスターキャストの総力戦となりますが、けっこう人材はそろっていますね。 ワクワクしてきました。 それとも今回ジャスティスマンについていったメンバーなのでしょうか。 今述べた以外の超人では、荷が重いような気もしますが。 来週から当面一ヶ月の予定で休載することになりました。 あらゆる業界に影響が及んでいますが、ついにここまで来ました。 キン肉マンだけではすまないかもしれません。 デジタル執筆を取り入れている漫画家であれば、スタッフが在宅でも作業ができるのでしょう。 しかし説明にある通り、キン肉マンは昔ながらのアナログのスタイルで制作されています。 そしてベテランの漫画家の場合、同様であることが多いと思われます。 『銀河伝説ノア』の高橋よしひろ先生は、デジタル作画は導入しないとかつてコメントを出していました。 他に読んでいる漫画は 『天牌』 あとたまに 『K2』。 (年配作家ばっかりや…)いずれも予断を許しません。 若手作家の作品は 『鬼滅の刃』のみ読んでいるのですが、これは大丈夫なのでしょうか。 鬼滅にまで影響が及ぶと、さらに混乱に拍車をかけることになるでしょう。 とはいえ、漫画は漫画です。 読者も命をかけて描けとは言いますまい。 今は充電期間ということで、しっかり英気を養って頂きたいと思います。

次の