歯の矯正 貸付。 医療費貸付制度なんてありますか?

歯の矯正をしたいけどローン審査が不安な人へ

歯の矯正 貸付

記事の目次• この記事はこんな人にオススメ• 歯科矯正のときに使えるローンを知りたい• デンタルローン以外で分割支払いができる方法を知りたい• 歯科矯正の支払いが途中でつらくなった場合の対処法を知りたい 歯科矯正が分割で払えるデンタルローン デンタルローンとは、借入資金の使用用途が歯科治療と決まっているローンです。 歯科治療における、精密検査やインプラントの費用、または金融機関によっては、歯のホワイトニングなど、歯科にかかる費用に利用できます。 では、デンタルローンはどこで申し込みできるのか、詳しく解説します。 歯科医院が窓口のデンタルローン 歯列矯正をする歯科医院は、病院が申し込み窓口になり、個人にデンタルローンを紹介してくれます。 デンタルローンは信販会社の歯科治療費専用のローン商品で、金利が年5%~年9%と、クレジットカードの支払いや他のローンより大幅に低く設定されています。 歯科医院によっては、ローンの金利を医院が負担するケースもあります。 デンタルローンがある信販会社はセディナ、ジャックス、オリコ、アプラスなどで、医院によって契約している信販会社が異なります。 信販会社 融資限度額 金利 返済期間 セディナ 5万円~300万円 年7. 8%~11. 8% 最長5年 オリコ 10万円~500万円 申し込む歯科によって違う 最長5年 ジャックス 500万円 年4. 5% 最長7年 新生銀行アプラス 500万円 申し込む歯科によって違う 最長7年 金利は公表されていないものもありますが、歯科医院によって金利が違います。 審査の内容によってはこれより高い金利 6~9% が提示されることがあるので注意してください。 デンタルローンの申し込みの流れ 医院や信販会社によって多少の違いがありますが、おおよその流れは次のようになります。 費用の見積もり 診察・検査によって治療費の概算を見積もる ローンの申込み 歯科医院で申し込み用紙に記入する または、医院で申込みコード番号を聞いてwebで申し込む 信販会社から電話確認 申し込み内容について信販会社から確認の電話が入る 審査結果の通知 信販会社から電話またはメールで審査結果が知らされる 早ければ翌日、遅くても数日後に通知があります 契約 自宅に送られた契約書に記入して医院に提出 借入れ 信販会社から医院に借入金を振り込まれる 治療開始 施術・治療の開始 ローンの返済 返済の開始は、商品によっては半年ほど遅らせることができます 未成年者、学生、主婦が治療をするときは、世帯の生計を支える人の名義で申し込みます。 分割回数が大きい場合は、36回払いまでの金利は医院が負担するなどのケースが多いようです。 セディナが提供している、「スマイルラインのデンタルローン」という商品は、医院の金利負担を商品内容に組み込んだローン商品です。 このローンがある医院なら、患者は36回までの分割手数料がゼロになり、支払い回数42回以降は年3%の金利負担で分割払いできたのです。 患者にとってはたいへんメリットが大きいローンですが、金利分が治療費に上乗せになっているのでは? と疑ったりすると何とも言えなくなりますね。 デンタルローンの支払いは何回まで分割可能? 歯科矯正に利用できるデンタルローンですが、支払い回数は何回まで選べるのか気になりますよね。 今回はオリコのデンタルローンである、「デンタルあんしんサポート」を例に解説します。 オリコのデンタルローンで返済シュミレーション オリコが提供しているデンタルあんしんサポートの、利用できる分割支払い回数は、歯科医院によって若干の違いがあります。 通常は6回~64回払いの範囲で指定できますが、歯科医院によっては6回~84回まで選べる場合があるのです。 歯科医院で紹介された、申し込みサイトで確認するか、歯科医院へ問い合わせましょう。 オリコデンタルローンの問い合わせ先 オリコのデンタルローンである、「デンタルあんしんサポート」には、専用の問い合わせ先はありません。 問い合わせる場合は、オリコの各種ローンの問い合わせを受け付けている、クレジットセンターに電話しましょう。 電話だけでなく、WEBでも問い合わせが出来ます。 デンタルローン以外で分割払いにする方法 デンタルローンの審査に落ちた場合でも、歯科矯正は諦めたくありませんよね。 歯科矯正のために利用できる、デンタルローン以外の分割払いの方法をまとめました。 医院独自の分割支払い 歯列矯正は治療期間が2年前後かかるので、歯科医院によっては信販会社を介さない独自の分割払いシステムを採用しています。 医院独自の分割払いは、信販会社の審査がなく分割手数料 金利 がかかりません。 利用者にとってメリットの大きい支払方法ですが、採用している医院はあまり多くないのです。 また、分割回数は12回、24回などで、回数の多い分割にはできません。 医院としてはリスクを避けるために治療期間内に返済が終わる分割回数にしているようで、6回払いや12回払いが限度という場合もあります。 クレジットカードでの支払い後に分割 クレジットカードでの分割は金利が13~15%程かかるので、デンタルローンを組めなかった場合に、検討することをオススメします。 クレジットカードで支払えるのは設定されているショッピング枠の範囲内なので、治療費が100万円を超える場合などは全額の支払いができない場合があります。 デンタルローンとクレジットカードの分割払いでは金利の差が大きいため、まずはデンタルローンに申し込んでみるのがオススメする順序です。 銀行ローンを組んで月々返済する 銀行ローンの金利は申し込む人の収入や信用状況によって低金利になる場合があります。 また、デンタルローンの場合でも、年5%という低金利が設定されるのは、貸付枠が500万円まで認められるようなケースです。 デンタルローンでも、貸出枠が100万円までなら金利は年14. 5%、200万円までなら年12%が普通です。 また、歯科医院によって金利が変動しますので、申し込む前に確認は必ずしましょう。 カードローン 一時的に歯科矯正費用を用意するなら、カードローンを利用するのも一つの手段です。 その為、カードローンは「今回はどうしても支払いに間に合わないけど、次の給料で返済できる…」などという場合の「短期資金」として利用される事をおすすめします。 又、アコムやプロミス、そして銀行カードローンのレイクでは、カードローン契約が初めての場合に限り、60日間の無利息キャッシングが利用できます。 治療期間は症状によりますが、通常は1年~3年かかります。 矯正の費用の相場 歯科矯正の費用は医院によって違いますが、おおよその相場は次のようになっています。 検査・診断 — 3~5万円 子どもの矯正 1期 乳歯と永久歯の混合 30~35万円 2期 永久歯 35~40万円 ワイヤー矯正 表側矯正 ラビアル矯正 60~80万円 裏側矯正 リンガル矯正 120~140万円 上歯は裏側、下歯は表側矯正 ハーフリンガル 100~120万円 マウスピース矯正 何回か作りかえます 80~100万円 調整 月に1回程度の調整 1回につき4千円前後 保定装置 治療後の逆戻り防止 3~5万円 矯正の種類や症状によっては、治療費のトータルが200万円を超えるケースも少なくありません。 初診から治療終了までの流れ 初診から治療終了まではおおよそ次のような流れになります。 検査・診断• 治療契約• 月に1回の調整 期間は1~3年• 逆戻り防止の保定 期間は1~2年 治療費の分割払いの種類 矯正費用の支払いの分割方法には次のような種類があります。 医院が窓口になっているデンタルローンを組む• 医院独自の分割払いシステムを利用する 採用している医院は少ない• クレジットカードで支払い、分割で返済する• 銀行ローンを組む 矯正費用の支払い方法 矯正にかかるトータル費用は上記の通りなのですが、その費用の支払い方法は「総額制」と「処置科目別制」という二つのパターンがあります。 各々の支払い方法の、メリットやデメリットをお伝えしていきます。 総額制 総額制とは、検査が終わり次第、矯正完了までのカリキュラムをたてて、それにかかる費用の総額が提示される仕組みの事を指します。 メリットとしては、最初から必要な費用総額が明確になっている事が挙げられますが、その反面デメリットは「もし治療が早く終わっても減額がされない」という点にあります。 処置科目別 矯正は、その進捗度合いによって、矯正器具を変えたりしていきますが、そのタイミング毎に費用を算出し請求されるのが、「処置科目別」の費用清算の方法です。 この方法のメリットとしては、一度に多額の矯正費用が請求されないと言う点にありますが、一方で治療が長引くとどんどん費用が膨れ上がるというデメリットもあります。 治療途中で支払いが厳しくなった時は 歯科矯正費用の高さと、その治療期間の長さはおおよそご理解いただけたかと思いますが、これだけ治療期間が長いと、途中で支払いが困難になる事も考えられますよね。 では、治療途中で支払いが厳しくなった場合には、どうするべきなのか?いくつかの対処方法についてもお伝えしていきたいと思います。 治療を中断する 矯正の進み具合にもよりますが、処置科目別の費用制度で矯正をしている場合なら、途中で矯正を断念するという方法もあります。 ただし、途中まで矯正を行った場合は、ある程度歯並びも改善されているはずですので、少なくとも矯正で治った歯並びは、元に戻らないようにしておくようにしましょう。 その為には、先ほども触れたリテーナーと呼ばれる保定装置を新たに作る必要が出てきます。 当然リテーナーの装着にも費用がかかりますので、担当医とよく相談してから決めるようにして下さい。 治療方法の内容変更 例えば、セラミック製の矯正金具での矯正をやめて、マウスピースのみの矯正に変えるなど、若干ではありますが治療方法を変更する事で、費用を抑える事も可能です。 ただし、こればかりは患者さんの矯正度合いやそこまでの治療の進み具合により、治療方法の変更で費用のメリットを出せるかどうか、微妙な場合があります。 こちらも担当医とよく相談しながら進めるようにして下さい。 分割払いの相談 矯正費用を分割で支払う方法もあります。 各金融機関が取り扱うローンなどについては、この後触れていきますが、歯科医によっては歯科医院が分割払いに応じてくれる場合もあります。 ただし、分割回数が短かったりするケースもありますので、詳しくはかかりつけの歯科医院に問い合わせされるのがベストです。 歯列矯正の医療費控除について 医療費は年に最大200万円まで所得から控除されますが、美容医療は医療費控除の対象になりません。 しかし、発育段階の子どもの歯列矯正は医療費控除の対象になります。 また、大人の歯列矯正は審美目的の場合は対象になりませんが、嚙み合せや発音の障害の治療が目的の場合は対象になります。 したがって医師の、診断書の書き方や税務署の判断で医療費控除の結果が違ってきます。 医療費控除ができるかどうか治療前に医師に聞いておくことが大切です。 歯科矯正の分割払いに関する5つの質問 歯科矯正代金の支払いを、金利無しの分割払いと、一括払いで迷った場合は、自分の経済状況と相談して決めましょう。 一括で払えると思い支払っても、後から経済的に苦しくなり、消費者金融のカードローンなどの高い金利の借入をしてしまったら、デンタルローンの方がお得だったということになりかねません。 ただし、デンタルローンで、金利無しの分割払いを提供している信販会社は、令和元年時点では多いとは言えません。 まとめ 100万円以上の治療費を覚悟しなければならない矯正費用を、分割で支払うときは、金利の安いローンを組むことが大切です。 もっとも金利が安いのは、歯科医院が窓口になってるデンタルローンです。 30日間無利息、180日間無利息と併用不可。 無利息期間経過後は通常金利適用。

次の

子供の歯並びが悪い!歯科矯正いくらかかる?

歯の矯正 貸付

もくじ• 医療機関が受けられる助成金・給付金 助成金・給付金は返済の必要がありません。 ですが、収入として課税対象になる可能性もあるので個々に確認してください。 持続化給付金 新型コロナウイルス感染症の影響により、ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者が受けられます。 給付額 法人 :200万円 個人事業主:100万円 ただし、売上減少分を上限とする。 雇用調整助成金 新型コロナウイルス感染症の影響により業績が悪化した・休校措置などの理由で、事業主が休業手当を支給して従業員を休ませた場合に、その費用の一部を助成するもの。 1か月の売上が前年同月比5%以上減少している必要があります。 こちらは第2次補正予算案も組み込まれている段階なので、まだ確定している支援策ではありませんが、職員一人一日の上限が15,000円(月額33万円)に拡充される予定です。 詳しくは でご確認ください。 学校等休業助成金 新型コロナウイルス感染症の影響での休校措置で、子どもの保護者である従業員に年次有給休暇とは別に有給の休暇を取得させた事業主を助成するものです。 支給額は休暇中に支払った賃金相当額(上限一日8,330円)です。 詳しくは でご確認ください。 法人:最大600万円(月100万円) 個人:最大300万円(月50万円) 申請方法 家賃支援給付金ホームページから申請(ネットが使えないなどの場合は申請サポート会場での申請) 申請期間 2020年7月14日~2021年1月15日 詳しくは でご確認ください。 労働者への休業手当の直接給付制度 こちらは第2次補正予算案も組み込まれている段階なので、まだ確定している支援策ではありません。 雇用調整助成金で休業手当を受け取れなかった労働者に対して、月額33万円を上限に賃金の8割を直接給付するものです。 みなし失業と同じ手続きで休業証明をハローワークに提出するようになる予定ですが、被保険者期間がリセットされる可能性がある事と雇用保険加入に関して確認が必要です。 新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金 1)新型コロナウイルス感染症に対する医療提供に関して都道府県から役割を設定された医療機関等に勤務して、実際に医療機関が新型コロナウイルス患者を診療した、患者と接する医療従事者や職員に対して20万円を給付。 2)新型コロナウイルス感染症に対する医療提供に関して都道府県から役割を設定された医療機関等に勤務して、医療機関は新型コロナウイルス患者を診療しなかった、患者と接する医療従事者や職員に対して10万円を給付。 3)その他の病院・診療所・訪問看護ステーション・助産所に勤務し、患者と接する医療従事者や職員に対して5万円を給付。 対象は一定期間の勤務経験が必要で、給付金自体は非課税扱いとなる予定です。 追加情報は以下の記事で随時更新していきます。 詳しくは でご確認ください。 医療機関・薬局等における感染防止等の支援 こちらは第2次補正予算案も組み込まれている段階なので、まだ確定している支援策ではありません。 新型コロナウイルス疑い患者とその他の患者が混在しない動線確保など、院内での感染拡大を防ぐための取り組みをおこなう医療機関・薬局に対して、感染拡大防止対策等に要する費用を補助する。 詳しくは でご確認ください。 医療機関が受けられる資金繰り支援 融資に関しても支援があります。 新型コロナウイルス感染症特別貸付 新型コロナウイルス感染症の影響で一時的に業況悪化している場合、日本政策金融公庫が無担保で貸付をおこなうものです。 最近1か月の売上が前年もしくは前々年の同期と比較して5%以上減少している事業者が対象です。 融資限度額 個人:6,000万円 法人:3億円 返済期間 設備資金:20年以内(据置期間5年以内) 運転資金:15年以内(据置期間5年以内) 利率 1億円以下:当初3年間は基準利率ー0. 9%で、以降は基準利率 1億円超 :基準利率 特別利子補給制度 最近3か月間のうち1か月の売上が前年もしくは前々年の同期と比べて15%~20%以上減少していれば、利息の補給で実質無利子になる可能性があります(詳細検討中)。 詳しくは でご確認ください。 福祉医療機構・医療貸付 新型コロナウイルス感染症の影響で事業停止などになった医療機関に対して、独立行政法人福祉医療機構が優遇融資をおこなうものです。 融資限度額 診療所:4,000万円(うち4,000万円無担保貸付) 病院 :7. 2億円(うち3億円無担保貸付) 返済期間 15年以内(据置期間5年以内) 利率 当初5年間は1億円まで無利子で、1億円超は0. 2% 6年目以降は0. 2% 詳しくは でご確認ください。 セーフティネット保証 セーフティネット保証とは、中小企業信用保険法に基づき、取引先のや取引金融機関の破綻や災害などで経営の安定に支障を生じている企業に対して、信用保証協会による保証限度額に別枠を設けて事業資金の調達を円滑にするものです。 セーフティネット保証4号 自然災害などの突発的事由による環境の急激な変化で、資金繰りを支援するための実施される保証制度です。 売上が前年同月比20%以上減少している事業者で、借入債務の100%を保証し、保証枠は一般保証枠とは別に最大2. 8億円です。 セーフティネット保証5号 その時々の経済状況で業況が悪化している業種を対象に支援する保証制度です。 売上が前年同月比5%以上減少している事業者で、借入債務の80%を保証し、保証枠は一般保証枠とは別に最大2. 8億円です。 詳しくは各金融機関もしくは でご確認ください。 危機関連保証 セーフティネット保証とは別枠で信用保証協会が保証するものです。 売上が前年同月比15%以上減少に対して、借入債務の100%を保証し、保証枠は一般保証枠とは別に最大2. 8億円です。 詳しくは各金融機関もしくは でご確認ください。 民間金融機関での実質無利子・無保証料融資制度 上記のセーフティネット保証4号・5号、危機関連保証のいずれかの認定を受けている場合に、民間金融機関で信用保証協会での保証をつけた実質無利子融資への借り換えが可能になります。 法人・個人分離:法人と経営者個人の業務、経理、資産所有などが明確に分けられていること 資産超過:資産総額が負債総額を上回っている状態のことで、対義語は債務超過です。 融資限度額 4,000万円 返済期間 10年以内(据置期間5年以内) 利率 各金融機関で決定 保証料 信用保証協会の定めによる 個人:売上が前年同月比5%以上減少であれば全額免除 法人:売上が前年同月比5%以上減少であれば半額免除、前年同月比15%以上減少であれば全額免除になる 補助期間 保証料は全融資期間、利子補給は当初3年間受けられる 詳しくは各都道府県のホームページでご確認ください。 小規模企業共済制度特例措置 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業主を支援するため、1か月の売上が前年もしくは前々年同期と比較して5%以上減少した小規模企業共済加入者に対する特例措置です。 特例緊急経営安定貸付 借入額 :50万円~2,000万円(掛金納付月数に応じて、掛金の7~9割) 借入期間:500万円以下の場合4年、505万円以上の場合6年(いずれも据置期間1年含む) 利率 :無利子 延滞利子免除 1年間延滞利子を免除できる 掛金納付期限延長等 掛金月額の減額や令和2年11月までの掛金の請求を延長できる 分割共済受給者の一括支給(繰上支給)対応 分割共済金を一括支給できる 詳しくは でご確認ください。 税・社会保険料等の支援策 税金や社会保険料でも猶予や減免があります。 税・社会保険料等の納付猶予・期限延長 2020年2月から納期限までの一定期間(1か月以上)において、事業収入が減少(前年同期比約20%以上)などの条件があれば、税金や社会保険料(健康保険や雇用保険など)を無担保+延滞税無しで1年間猶予する。 詳しくは、国税に関しては で、他の地方自治体での税に関しては各自治体のホームページでご確認ください。 また、社会保険料に関しては でご確認ください。 固定資産税・都市計画税の減免 2020年2月~10月までの任意の連続する3か月の収入の対前年同期比減少率が大きい場合、事業用家屋及び設備等の償却資産に対する固定資産税、事業用家屋に対する都市計画税を減免する。 詳しくは でご確認ください。 各自治体独自の支援制度 各自治体によって独自の支援策をとられています。 詳しくは各自治体のホームページでご確認ください。 診療報酬の概算前払 健康保険の診療報酬は申請して2か月後に振り込まれるのですが、1か月早く振り込まれます。 新型コロナウイルス感染症により収入が減少し、福祉医療機構や日本政策金融公庫等からの融資が必要となっている保険医療機関で、申請期限までに社会保険診療報酬支払基金及び都道府県の国民健康保険団体連合会に申請が必要です。 詳しくは でご確認ください。 まとめ 新型コロナウイルスの未曾有の感染拡大により、経営的に大きなダメージを受けた医療機関さまが多かったと思われます。 医療業界の実際をあまりご存知でない方々は「医者(歯医者)は儲かっているから大丈夫でしょ?」などと心ない事を話されますが、苦しんでいる医療機関さまも多い事をご理解いただけるとありがたいです。 医療機関にもお勤めされている従業員がおりますので、その従業員の生活を守る必要があります。 また地域医療を担う責任があるので、簡単に閉院する事もできません。 今回の支援策が多くの医療機関さまに届きますように。

次の

歯並び矯正・歯列矯正の相場はいくら?保険と医療費控除の対象?

歯の矯正 貸付

歯の矯正は美容整形と同じで、初診から完全なる自由治療です。 そのため、検査や治療の内容に関わらず、全てが保険適用外という医院もあります。 と言うより、歯並びについて相談に来たと言えば、端から健康保険の対象外として扱われる事でしょう。 ではでは、歯列矯正は、一体全体いくらくらい掛かるものなのでしょうか?歯並びも気になるけど、それ以上に気になるのが歯科矯正の治療費という事で調べてみると、なんと、成人の場合、安くても80万。 人によっては150万近く掛かる事もあると言うではありませんか。 その内訳は、主に初診料・検査料・装置料。 それに、通院時の診察料や治療後の定期検診料です。 やはり、最も高価なのが矯正器具の費用ですが、事前の検査費や治療後の検診費も見過ごす訳には行きません。 さらに、通院と定期検診に掛かる交通費や診察費もバカにはならないでしょう。 歯科矯正の平均費用 初診料:2,000円~6,000円 検査料:10,000円~60,000円 矯正装置料:100,000円~1,500,000円 リテーナー(補助装置)料:5,000円~10,000円 通院時の診察料:(1回)1,000円~10,000円 治療後の定期検診料:(1回)2,000円~5,000円 ちなみに、歯列矯正の平均的な治療期間は2年。 その間、月に一度くらいのペースで通院し、装置の微調整をする必要があります。 加えて、矯正装置がはずれたからと言って、すぐに歯医者さんと縁が切れる訳ではありません。 放置しておくと元に戻ってしまうため、半年から1年ほど「リテーナー」と呼ばれる補助装置を装着し、とことん固定します。 となると、当然、この装置の費用も掛かる訳で、総額100万円を超える事も珍しくないという訳です。 なお、上記の金額は首都圏の歯科で、比較的リーズナブルだと思われるところの平均と、ちょっとお高めと思われるところの平均を示しています。 ですので、恐らくは、どこの医療機関で何をやってもこの範囲内に収まる事でしょう。 ただし、治療部位と範囲によっては若干安くなる事もあります。 その一方で、口腔内や顎の骨の状態によっては若干高くなる事もあるという事で、いずれにせよ、半端ない額です。 それでも、歯の矯正をした女性の7割は後悔していないと言います。 自分に自信が持て、就活や婚活で成果を感じている人は少なくありません。 こうなると、もはや悩みの種は「お金」だけという事になりそうです。 そこで、そのお金の調達手段として「借りる」という方法があります。 ただし、単純に消費者金融で借金するとか、銀行カードローンを使うというのではなく、銀行やローン会社でローンを組むという方法です。 そう、歯の矯正費用は借入出来るのです。 歯の矯正費用が高価になる最大の理由、それは何と言っても健康保険が利かないからです。 実際問題、もし保険が使えれば、自分の負担は30%。 150万円掛かったとしても、50万円で済む訳です。 このくらいなら何とかなるという人は少なくないでしょう。 大企業に勤めるサラリーマンなら、ボーナスをはたいて治療する事も出来そうです。 けれど、150万という大金を一括で払える人となると、一気に減ります。 そこで、そういう人たちのために用意されているのが『デンタルローン』。 ローン会社や信販会社、あるいは、銀行や信用金庫などの金融機関が出す歯科治療費専用のローン商品です。 対象となるのは、歯科での治療費全般。 矯正だけでなく、高級金歯の挿入やインプラント治療にも使えます。 しかも、このローンを使えば多くの場合、「総額制」という精算方式で治療を受ける事が出来、金銭面だけでなく、精神面での負担も軽減出来るでしょう。 総額制というのは、その治療にかかる費用をトータルで計算し、一括請求するスタイルです。 矯正治療の場合だと、事前の精密検査から矯正装置や補助装置の代金まで全て含まれています。 それプラス、診察代も含まれるという事で、通院回数が増えたり治療期間が延びても安心です。 交通費も要らないような近所の歯医者さんなら、手ぶらで通う事だって出来ます。 確かに、お金を借りる訳ですから、返さなければなりません。 しかし、その返済も最短半年、6回払いから7年84回払い。 銀行ローンになると、最長10年、120回払いなんていうところもあります。 そうなると、仮に150万円の歯列矯正費用を借入したとしても、月々の支払いは2万円程度で収まる訳です。 とは言え、ローンですから、金利は付帯します。 即ち、150万円の歯科治療費を借りても、実際に返す総額は200万円を超えるかも知れないという事です。 ただ、歯の治療という自分への投資を目的とした融資です。 その点は考慮され、使途自由なフリーローンよりは低金利で貸付されるのが一般的。 この点もデンタルローンの大きなメリットの一つで、実質年率3%台という商品も売り出されています。 加えて、歯の矯正は医療行為です。 デンタルローンを使って一括で支払うと、全額がその年の医療費控除の対象となります。 確定申告すれば、住宅控除と同様、税金の還付が受けられるのです。 メリットは決して小さくありません。 是非、前向きに検討するべきでしょう。 もし、歯の矯正費用を借入するのであれば、銀行やロオーン外車が出す『デンタルローン』を利用するのが断然お得でしょう。 目的ローンの一種という事で金利も安く、様々な面で柔軟に対応してもらえます。 ただし、申し込み条件と審査があって、誰でもが利用出来るというものではない事を把握しておく事は大切です。 多くの場合、満20歳以上・満65歳未満で、安定した収入と信用のある人というのが必要最低限の条件。 パートやアルバイト、派遣社員や契約社員でも定職を持ち、一定以上の年収があれば通りますが、学生や専業主婦、さらに、年金生活者は大半が申込み不可となっています。 加えて、収入が少なければ、比較的安価な金歯やインプラント費用はOKでも、高価な矯正の治療費はNGとなるかも知れません。 なぜなら、年収の3分の1を融資の限度額に定めている金融会社や金融機関が多いからです。 前述の通り、金融機関や金融会社の中では目的別ローンの一種に位置づけられているデンタルローン。 金利だけでなく、融資額の面でも柔軟に対応する意思は持っています。 さらに、デンタルローンは医療にまつわる融資で、総量規制の対象外でもありますから、必要に応じ多少の限度額の引き上げは検討されるでしょう。 事実、年収400万のサラリーマンが150万円の融資を受けている例もあります。 しかしながら、やはり無理な貸付は返済に支障をもたらす可能性があり、互いに非常に危険な契約になるというのが一般的な見解です。 よって、年収200万円の人に150万円の貸し付けをするというような事はあり得ないものと見られます。 そして、その見解により、年金のみで生活している人もNGとしている訳です。 ただ、年金でも収入は収入。 また、扶養の範囲でパートをしている主婦も大勢いて、頭ごなしに拒否する事は出来ません。 実際、自分の努力や家族の支援があれば返済可能だと言いたい人は少なくないでしょう。 そこで、そういう人については、夫や子供が保証人になる事で契約出来るデンタルローンもあります。 加えて、専業主婦の妻のために夫が、学生の子供のために親が、年金暮らしの親のために子がというような契約も可能。 こうした代替案を補足として記載している金融会社や金融機関は沢山あります。 また、たとえ明記されていなくても、質問してみる価値あり。 特に銀行では、教育ローンと同じ目的別ローンに位置づけている事もあって、前向きに検討してくれます。 ただし、たとえ収入面では問題がなくても、過去にカードローンやクレジットカードの支払いで延滞などのトラブルを起こした記憶のある人は要注意。 個人信用情報に問題ありという事で落ちる可能性があります。 当然ですが、契約代理人や保証人にそういう人を選べば共倒れになるでしょう。 デンタルローン審査そのものは、決して特別厳しいものではありません。 あくまでも、マイカーローンのような銀行ローンと同レベルです。 そこそこの収入と信用さえあれば大丈夫。 歯の矯正費用を調達するには最適な金融商品ですので、前向きに検討される事をおすすめします。 とは言え、それなりのデメリットがあるのも確かです。 まず、非常に大きなデメリットは、融資希望額を決めるのは自分ではなく、歯科医であると言っても過言ではないという事でしょう。 また、商品によっては、治療を受けられる歯科医院が限られて来たりもします。 加えて、医療費控除や高額療養費制度の面でも注意点があるのです。 そもそもデンタルローンと一口に言っても、「直接払い方式」と「立替払い方式」があり、さらに、前者には専用のカードを発行するスルガ銀行デンタルローンのようなカードローン方式のものがあります。 ただし、歯の治療費として借入する目的ローンの場合、たとえカードローン方式であっても、勝手に追加融資を受ける事は出来ません。 あくまでも、カードは返済を容易にするためのツールです。 しかも、今はスルガ銀行ではデンタルローンを取り扱っておらず、他の金融機関やローン会社、信販会社は原則、口座引き落としによる返済が義務づけられています。 また、デンタルローンは歯科医が発行した見積書に明記されている金額を融資するもの。 自分自身で希望額を決める事は出来ません。 中には、通院の交通費や、他に買いたい物があると、その費用まで上手にローンに組み込んでなんて考える人もいるようですが、それらは希望額を引き上げ審査を厳しくするだけです。 もし、どうしても交通費もと思うのであれば、使途自由なフリーローンやカードローンを選択するしかないでしょう。 その代わり、金利は高くなります。 ただ、銀行のデンタルローンの場合、直接払い方式ですから、治療する歯科医院を自由に選べるという利点があります。 それに対し、ローン会社や信販会社の出すデンタルローンは立替払い方式。 借りたお金は直接医院に振り込まれます。 そのため、治療方法は問われませんが、治療を受ける医療機関が問われ、自社と提携している歯科でないとNGになってしまうのです。 加えてもう一つ、医療費控除が認められるのは、お金を払って治療を開始した年だけ。 その後の返済は医療機関ではなく、銀行やローン会社に支払うもので、医療費には該当しません。 よって、医療費控除の対象にもなりません。 さらに、高額療養費の恩恵も被れません。 ただ、これについては、デンタルローンを使ったからというのではなく、たとえキャッシュで一括払いしても同様。 医療費控除とは異なり、高額療養費制度では元々、インプラントや歯列矯正、義歯の挿入といった歯科での自由診療となる治療全般が対象外なのです。 デンタルローンを組めば、高額な歯科治療費も容易に調達出来ます。 しかも、治療費が総額制で計算され、安心です。 とは言え、デンタルローンを利用するには申込みの条件や審査があって、落ちる人は審査に落ちます。 さらに、金利もバカにはなりません。 利用したくても利用出来ない人や出来れば利用したくない人が少なくないのが現実だろうと思われます。 そこで、デンタルローン以外に歯の矯正費用を毎月少しずつ支払えるような方法はないのか? 検討してみましょう。 まず、歯列矯正の治療費の計算法としては大きく分けて2つ、「総額制」と「措置料制」があります。 前者は先にご紹介した通り、治療期間中に掛かるであろう費用を一括計算する方法。 この方法で出された金額を現金で一括払いするのが一番お得である事は言うまでもありません。 ただし、これは経済的余裕がないと出来ない事です。 一方、後者は来院ごとに必要な経費を支払うというスタイルで、ある意味、基本中の基本と言える精算方法です。 どこの医療機関でも必ず使えます。 しかも、最初にまとまったお金を用意する必要がありません。 ただし、検査した日や装置を装着した日は、その代金もしっかり請求されます。 つまり、総額制ほどではないとは言え、何十万という大金を払わなければならない日もあるという訳です。 さらに、経過が思わしくなく、通院回数が増えたり治療期間が延びると、それだけ負担額は増えます。 しかしながら、措置料制を利用すると、治療を受けている間はずっと、年間の医療費が高額になるでしょう。 お陰で、毎年医療費控除が受けられる可能性が高まります。 ですので、ある程度の蓄えのある人やボーナスなど、まとまったお金が入る予定のある人は、措置料制を上手に利用出来るような治療計画を立てるのも一つの手です。 そして、歯科医院によっては、そんな総額制と措置料制のメリットを上手に組み合わせ、デメリットをフォローする形の精算方法を兼ね備えているところもあります。 その方法とは、最初に総額制で計算された治療費を分割し、毎月少しずつ歯科医院に支払いするもの。 「院内分割払い」と呼ばれる方法で、精密検査を受けた日でも、矯正装置を装着した日でも、極端に請求額が大きくなる心配はありません。 しかも、治療期間中ずっと、ほぼ100%、医療費控除の申告が出来ます。 その代わり、経過観察だけの通院時でも、ある程度のまとまった金額になるでしょう。 さらに、院内分割払いには、大きなデメリットがあります。 それは、治療気管内に完済しなければならないという事。 それも、原則として矯正装置がはずれ、通院期間が終了するまでに全額を支払う必要があります。 そこで、最もオーソドックスなパターンが2年、24回払いです。 という事は、150万円の治療費を24回で支払う訳ですから、月々62,500円。 正直、これは中々大変そうです。 という事で、どの支払い方法もまさしく一長一短。 総額制の現金一括払い以外は、それなりのメリット・デメリットがあります。 そんな中で、デンタルローンの活用は、比較的経済的負担も精神的負担も軽い方法だと言えるのではないでしょうか。

次の