イクラ の 醤油 漬け。 いくらの醤油漬けの製造方法

いくらの醤油漬けの製造方法

イクラ の 醤油 漬け

生筋子を買う まずは生筋子の調達です。 先ほどもいいましたが、スーパーで安く買うことができます。 房がしっかりして粒がプリプリっとした生筋子を選ぶようにしましょう。 このときに気をつけるのが、 筋子と 腹子の違いです。 筋子は、すでに塩漬けされた筋子と未加工の生筋子があります。 腹子は、未加工品のものを言います。 未加工の腹子や生筋子と表記されたものを買いましょう。 最近では、ネットで購入する人も増えています。 北海道産の極上生筋子が格安で買うことができます。 ちなみに楽天では、500グラムで3,240円でした。 100グラムで計算すると648円です。 イクラだと1,500円くらいしますが、楽天だと極上の生筋子で648円です。 さきほど用意した熱いめのお湯にさらにちょっと熱いお湯を継ぎ足し、生筋子(腹子)を入れます。 この時のコツは、軽くヘラなどでかき混ぜて10分ほど待つと筋子を包んでいた薄皮がお湯に加熱されて縮んできますのでバラしやすくなります。 この時、お湯は少し冷めて最初に熱いと感じた湯加減になっていると思いますので手で一粒一粒丁寧に筋子の粒をバラします。 いったんお湯を流します。 もう一度、熱いお湯に浸して薄皮を浮かせて流し、粒をザルにあげて水切りをするときれいに薄皮を取り除けますのでコレもコツのひとつです。 この時、粒がちょっと白くなっていても大丈夫です。 粒が白くなっていると煮えちゃったのかなと思いますが、このまま乾燥しないようにラップをかけるなどして冷蔵庫に1時間ほど入れておきます。 1時間後に出来上がったイクラの粒を見てみるとあら不思議!きらきらした宝石のように輝いています。 YOUTUBEに作り方がアップされていたので埋め込んで起きます。 すごく簡単に作れることがわかります。 イクラを漬け汁に浸す あとはイクラがひたひたに漬かるくらいの漬け汁で浸して冷蔵庫で3時間程度待てば食べられますが、2日くらい漬けたくらいが食べごろです。 このへんはお好みで。 漬け汁の味付けは好みがあり、醤油だけの方もいますが、人気の漬け汁は、醤油、酒、みりん各大さじ2杯を混ぜ合わせ、少し加熱して昆布を入れ、冷めてから白だしを大さじ1杯入れるとプロが作ったように美味しく出来上がります。 醤油、酒、みりんの配合は、いろいろためしてみてください。 イクラの保存方法 2日以上冷蔵庫で保存する場合は、漬け汁をきってから保存するといいでしょう。 長期間保存するには、 冷凍保存します。 冷凍する場合は、漬け汁のまま冷凍庫に入れましょう。 イクラは冷凍保存できる代表格といっても過言ではなく、11月頃に作っておいて正月に食べるのが基本ともいえます。 冷凍したイクラを解凍するには、自然解凍します。 したがって、一回に食べる量を小分けにして冷凍保存しておくと便利ですね。 さぁみなさん。 生筋子からイクラを作って、今年の正月は自作のイクラを楽しみましょう。

次の

【みんなが作ってる】 イクラの醤油漬けの作り方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

イクラ の 醤油 漬け

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

いくら醤油漬けレシピ。失敗しない生筋子のほぐし方を徹底解説!

イクラ の 醤油 漬け

それよりも卵一粒一粒が朱色で、膜にハリがある筋子を選ぶことがポイントです」 鮮度が高い筋子は旨みが強く、ほぐしやすさも段違い。 膜から見える血筋や全体が赤黒くなっているもの、膜がへたっているものは鮮度が落ちているので避けましょう。 膜がほどよく縮み、卵がほぐれやすくなります。 冷水ではほぐしにくく、熱い湯では卵が変質してしまいます。 湯に浸し、親指の腹で膜をしごくようにして卵を剥がす。 「筋子をぬるま湯に入れると、力を入れなくても卵がぽろぽろとほぐれます。 大きな膜から卵をほぐし終わったら、ぬるま湯を替えて剥がしきれなかった細かい膜も丁寧に取り除きます。 「卵を優しくかき混ぜながら、浮いてくる血合いや白い薄皮をすくっていきます。 ゆず皮を加えてさっぱりと仕上げるのもおすすめです。 【保存方法】 冷蔵庫で1週間程度保存可能。 冷凍する場合は1食分ずつラップで小分けにして2ヵ月程度冷凍保存も可。 使う時には冷蔵庫に移して解凍します。 【保存方法】 味噌に挟んだまま冷蔵庫で1週間保存可能。 味噌から外して1食分ずつラップで小分けにすれば、2ヵ月程度冷凍保存も可。 使う時は冷蔵庫に移して解凍します。 5分程度水気を切る。 たったこれだけ! 【保存方法】 塩水を含ませたガーゼをかぶせ、清潔な保存容器に入れれば冷蔵庫で1週間保存可能。 1食分ずつラップで小分けにすれば、2ヵ月程度冷凍保存も可。 使う時は冷蔵庫に移して解凍します。 ただし、熱い湯につけて白くなった場合は、卵のタンパク質の変質によるものなので、元には戻りません。 Q2 ほぐした筋子の汚れはどの程度まで取るべき? A2 薄皮や膜をすべて取り除こうとしても、際限なく出てきます。 3〜4回、湯を替えながら取り除けばOKです。 Q3 イクラ醤油漬けがしょっぱく感じたら……? A3 「呼び塩」という方法で塩気を抜くことができます。 調味液を半分程度捨て、みりん少々と、飲める程度の濃度の薄い塩水を入れ、一晩おきます。 イクラの中の塩分が調味液へ移動して、塩辛さが解消されます(浸透圧の影響で、塩分が濃いところから薄いところへ移動するはたらきを利用した方法)。

次の