新入社員 ボーナス。 新入社員のボーナス|金額の目安やたくさん貰える企業を解説

ボーナスを新入社員は貰えるの?いつから本採用かで決まる

新入社員 ボーナス

【1】新入社員の夏のボーナスの平均相場金額 様々なとらえ方がありますが、下半期(10~3月)の業績を還元するのが夏のボーナスだとも言われています。 したがって、前年勤務のない新入社員には支給しないという会社も少なくありません。 一方、不慣れな状況での努力に応えるという意味合いや、ひとり立ち前の中途退職を防ぐ目的で、新入社員に夏のボーナスを提供している会社も多くあります(上場企業なら9割程度が支給しているとみられます)。 いずれにしてもボーナスは法的な規制がなく正規の給与ではありません。 そのため、新入社員に夏のボーナスが支払われる場合、金額的にはかなり少なく10万円に届けばラッキーな方でしょう。 2014年「産労総合研究所」調査によると上場企業を中心とした大卒全体の平均は88879円(前年81260円)、高卒全体の平均は66531円(前年67724円)です。 目安としては以下の通りになります。 新入社員 夏のボーナスの平均相場額 ・上場企業では9万円前 後 ・中小企業では5~8万円程度 【2】新入社員の冬のボーナスの平均相場金額 新入社員にとって実質上初めてのボーナスとなるのは冬のボーナスです。 諸説ありますが、下半期(4月から9月)の業績の還元が目的ですので、新入社員にも満額を受け取る権利があります。 統計的な数値は存在しませんが、大卒の場合上場企業では夏のボーナスが0.5か月分程度で計算されている可能性が高くなります。 一般に新入社員の冬のボーナスは月給の1~2か月分と想定されますので、上場企業を中心とした大卒の平均は177758円~355516円程度と計算されます。 目安としては以下の通りになります。 新入社員 冬のボーナスの推定金額 ・上場企業では18~36万円程度 ・中小企業では10~32万円程度 新入社員のボーナスのおすすめの使い道 意外に少ないものだとがっかりされたかもしれませんが、新入社員のボーナスの使い道には主に下のようなものがあります。 ・自分へのご褒美として旅行、レジャー、ランチ等に使用する ・欲しいものを買う~ブランド物、私服から電化製品、スマホなど実用的なものまで~ ・親にプレゼントする ・将来に備えて貯金 ・クレジットカードの残高や奨学金を返済する バブル期の新入社員なら1年目の冬のボーナスは、自分へのご褒美として旅行、レジャーなどに使ったり、ブランド物や実用品を買ってなくなってしまうことが普通でした。 1年目のボーナスを使い切っても、2年目・3年目とボーナスは徐々に増えていくのが当たり前だったからです。 しかし現在は終わりの見えない不況、地方の行きづまり、介護の問題、そしていまだにJRの路線すら開通していない東日本大震災や原発事故の処理など非常にシビアな時代になってきました。 その反映として、賞与の額はジリ貧で、勤続しても給与が伸びない会社も多くなっています。 定年まで給与が増え続ける前提でレジャーやブランド物にボーナスの大半を使うのは、決して「いま風」ではないでしょう。 おすすめしたい使い道は3つあります。 (1)借金(クレジットカードの残高や奨学金を含む)を返済してしまう あなたはギャンブルや金融投資で月に1万円稼ぐことがどれくらい難しいか分かりますでしょうか?競馬なら月に1万円稼ぐには、10年から20年間は毎日のようにデータを研究しなければその域にはたどり着くことができません。 会社に内緒で早朝や夜間にアルバイトをするとしても、時給800円で12~13時間分の働きが必要です。 ウェブサイト作りの副業なら月に最低5万人が訪れるサイトを作ることが必要です。 たったの1万円と思うかもしれませんが稼ぐのはなかなか大変です。 しかし学生時代にクレジットカードを利用し残高が100万円ある人が、それを繰り上げ返済してしまえば月に1万円ほどの利息負担が消滅します。 世の中には様々な投資方法や副業がありますが、実はもっともカンタンな方法は借金の繰り上げ返済です。 奨学金でも同様の効果があります。 もし20万円のボーナスをもらい、10万円を借金(クレジットカードの残高や奨学金を含む)返済に使用するとすると、非常な喪失感(せっかく財布に入ったお金が出ていく感覚)を持ちます。 しかしこの投資は、世界で最も競馬がうまい人よりも「見返り」が確実な投資だと言えます。 少しでも借入金がある人は返済してしまってください。 このことで毎月自動的にお金が振り込まれるのと同じ効果があります。 (2)「会社の言いなりにならないために」貯金してください 会社や上司の指示に従うことは非常に重要です。 厳しい運動部を6年以上経験した人は別として、多くの新入社員が組織について十分に理解していない傾向があります。 もし中学3年間野球部、高校3年間バスケ部のように「体育会系」の組織を6年経験していれば、上の人の指示は絶対であり「理不尽」であっても従うのがお約束だということを知っています。 理不尽な命令は、先輩への忠誠心を披露する場のようなもので、従った方が得だぐらいの発想が体育会系にはあります。 とくに新入社員の間は、なんでも「ハイ分かりました」と「体育会系」として振る舞うことが圧倒的に有利となります。 しかし社員として成長してくれば会社や上司にモノを言わなければならない場合が出てきます。 例えば、会社が明らかに経営的にマイナスの方向に動いているとき、社会的な道義あるいは人間としての常道に反しているときです。 このようなとき、意外だと思うかも知れませんがはっきり発言できるのは「貯金がある人」です。 このサイトでは18歳から38歳の社員は独身で180万円、結婚した場合270万円の貯金を最低でも持つべきだと主張しています。 これは私の経験上転職活動や副業での生活をしながら1年間持ちこたえられる最低金額です(詳細は下の記事)。 ある大学生から「29歳までにやっておくべきことは何ですか」との質問を頂きました。 この質問については、多くの応答が過去にされていると思いますが、今後の日本の産業の動きを考慮すれば…… 中期的な未来の話かもしれませんが、いざというとき「会社の言いなりにならないために」には貯金が必要です。 貯金がなければ会社が明らかに経営的にマイナスの方向に動いているとき、社会的な道義あるいは人間としての常道に反しているときにもイエスというしか選択肢はありません(後がないからです)。 しかし1年分の貯金があれば、あなた自身として譲れない部分を譲ることは少なくなります。 また、あなたが転職や独立を目指すときが来たら費用が必要です。 働きながらの転職活動は制約が大きく、十分な吟味や選択を経ず会社を決めることになり、転職したらもっと条件が悪かったという事例もあります。 もし貯金があれば、精神的に余裕を持った活動が可能ですし、転職時期にリフレッシュも可能になります。 暗い話をしたかも知れませんが、不運は人を選びません。 ボーナスの一部でもよいので貯金はしておきましょう。 (3)特技の「トランク」に投資する 新入社員として会社に入り、定年まで在籍する人は意外なほど少ないことは、上司や先輩の様子を見てお気づきだと思います。 中期的な未来の話かもしれませんが、あなたが十分にキャリアや経験を積んで転職や独立をしようというときには、いまの会社に在籍しているうちに何かの特技や能力を得ている必要があります。 例えば語学力や資格が代表的なものですが、ほかにも趣味の延長といえるものも多くあります。 詳細は以下の記事に説明してあります。 ある大学生から「29歳までにやっておくべきことは何ですか」との質問を頂きました。 この質問については、多くの応答が過去にされていると思いますが、今後の日本の産業の動きを考慮すれば…… 【まとめ】新入社員のボーナスのおすすめの使い道 その場その場で楽しんでばかりでは「負け組」に落ちてしまう時代。 楽しみながら成長する方法を身につけた者が勝つ時代です。 1年弱頑張ったご褒美として旅行や買い物にボーナスを使うことも悪くはありませんが、事例として以下のような配分を挙げておきます。 ボーナスが20万円の場合 10万円 … 借金(クレジットカード残高、奨学金を含む)の返済。 なければ貯金。 借金返済は最大の貯蓄です。 5万円 … 特技の「トランク」への投資/親へのプレゼント 5万円 … 旅行や買い物など自分へのご褒美 なお将来に備えて(もしない場合)クレジットカードを3枚程度持つことは非常に重要です。 私自身の経験として、転職活動や独立の準備期間にクレジットカードがあることが大変な助けになりました。 カードがあるからと買い物が増えてしまうのはNGですが、カード自体は必ず所有してください。 そして旅行や買い物などである程度使用し必ず期限を守り、信用を獲得しておくこともおすすめです(転職活動や独立の際にすぐに契約を切られることを防げます)。 書籍や旅行などにポイントが使えるカード 正社員の場合信用がありますので、あえて「楽天カード」を第1に指名する必要はありません。 最初はアメックス、JCB、VISAなどの老舗のカードを持つとよいです。 ただし楽天カードはとにかく審査・発行の手間がかかりません。 私自身、ネットで1分で審査に通りました。 身分証明書を佐川急便の配達員に見せるだけというシステムで印鑑も使いません。 そのためサブカードとしておすすめです。 出張の交通費などでも良いので、上手く使ってポイントをためると書籍代程度はポイントで実質無料になることもあります。 楽天ブックスは送料がかかりませんので、本屋に行く手間がなくなります。 楽天トラベルとの相性がよく旅行にも使えます。 関連記事 新入社員つらい。 2年目以降でも仕事つらい。 ……STAP細胞はありませんでしたが、負担を半分にする方法はあります! ブラック企業はもちろんのこと、どの企業でも社員やスタッフの数が減り仕事の負担は急増しています。 昔の日本ならピンピンしていた20〜30代も「仕事に疲れた」「疲れが取れない」「体がだるい」…… 就活生や転職を考えている方にとって重要なのが「ホワイト企業」の診断法。 最低でも5年、10年、長ければ数十年勤める可能性がある企業を…… ある大学生から「29歳までにやっておくべきことは何ですか」との質問を頂きました。 この質問については、多くの応答が過去にされていると思いますが、今後の日本の産業の動きを考慮すれば…… 他人に興味がなく人間嫌いなコミュ障。 一見会社員や社会人としては苦しい立ち位置ですが、そこから始めてそれなりに振る舞うための超…… 「嫌な上司への対処法」などと題されたさまざまな記事に目を通してみました。 言葉は悪いですが、どうも視点が低い記事が目立ちます。 人と人の関係は決してシンプルなものではありません。 この記事では…….

次の

新入社員の夏ボーナス手取りいくらもらえる?なしor寸志?満額支給はいつから?

新入社員 ボーナス

新入社員のうちはボーナスなんて期待できない。 と考えている方も多いかもしれませんが、実際は新入社員の段階でもボーナスを支給するという企業は多いのです。 ボーナスの支給は基本的には夏と冬の2回。 もちろんボーナスそのものを導入していない会社もありますので、その辺りは入社時の規定をしっかりと確認しておきましょう。 年収はあくまでも月々の基本給とボーナスを合算したものになりますので、覚えておきましょう。 夏のボーナスは寸志になる場合がある 新入社員のボーナスの金額に関しては、入社時に会社の規定で定められている場合もあれば、業績に応じたボーナスを支給してくれるケースもあります。 もちろん会社によっては、ボーナスを年に4回支給してくれる会社などもあります。 企業によりますが、新入社員の夏のボーナスは寸志という場合が多いです。 寸志の金額はさまざまですが、5万円程度が相場と言われています。 3年目でようやくボーナスが満額支給になる企業も 新入社員の初めてのボーナスは寸志が多いと説明ました。 冬は寸志ではない金額が支払われますが、企業によっては給料二か月分の満額支給もあれば、75パーセントの減額支給という企業もあります。 ボーナスの支給の回数によって徐々にパーセンテージがあがり、3年目の冬でようやくボーナスが満額になるという流れです。 ボーナスは基本的に夏と冬の年2回、という場合が多いです。 ただ、新入社員にとっての初ボーナスこと夏のボーナスは、会社によって出たり、出なかったりします。 出たとしても夏のボーナス平均金額は寸志程度のケースが多いようです。 多くの会社では、新入社員の最初の夏のボーナスはどれぐらい出しているのでしょうか?新入社員の夏のボーナス平均金額についてまとめてみました。 新入社員の夏のボーナス平均金額は5万円~10万円が相場 新入社員の初ボーナスの平均金額は、大体5万円~10万円だそうです。 上場企業の大卒新入社員の平均夏ボーナスの平均で約9万円、高校卒の初ボーナス平均は新入社員だと8万円弱。 大卒新入社員に絞って業種別の初めてのボーナスの平均を見てみると、製造業で夏ボーナス平均は10万円弱、非製造業で夏ボーナス平均は9万円弱だそうです。 やはり新入社員の夏のボーナスは寸志という認識で間違いないでしょう。 平均ボーナスどころか、新入社員のうちはボーナスすらもらえないというのも珍しくありません。 新入社員として夏のボーナス、寸志がもらえるだけありがたいと思っていましょう。 新入社員でもボーナスをしっかりもらいたい場合は? 新入社員でも寸志程度のボーナスでは満足いかない場合は、思い切って転職を考えてみるのも一つの手です。 企業によっては、1年目からしっかりボーナスを支給するところもありますので、自動的に年収アップにも繋がります。 ボーナスがしっかり支給される企業を探す場合は、「リクルートエージェント」がオススメです。 日本中の企業が求人を載せており、その数は転職業界No. 1です。 きっとあなたが求める条件に合った求人が見つかりますので、ぜひ利用してみてください! 新入社員と、頑張って務めている20代~30代の先輩社員と、ボーナスにだいぶ差が出ます。 自分も長く勤めればそれぐらいのボーナス支給額になるとは解っていても、やはり羨ましく見えるものだと思います。 下記のボーナス支給平均額に関するデータを見ると、新入社員と先輩社員の差がお分かりいただけるかと思います。 長く勤めればそれなりに会社への貢献度がボーナスという形で評価されてくるのが普通です。 20代のボーナス平均金額は37万円~60万円 では、20代のボーナス平均額はどれくらいなのかみていきたいと思いますが、 20代のボーナス平均額は20代前半は37万円、20代後半で60万円だそうです。 20代前半のうちは大卒のボーナス平均より高卒のボーナス平均額の方が多いという結果もあるようです。 勤続年数が上がるとボーナスの平均額も上がるためこのような結果が出ました。 20代後半になると学歴が高い方が平均ボーナスも上がります。 30代のボーナス平均金額は72万円~85万円 次に、30代のボーナス平均金額について。 30代のボーナス平均金額は30代前半で72万円、30代後半で85万円です。 20代から30代にかけて平均ボーナスの伸び率は大きいです。 給与額に合わせてボーナスの平均金額も増加していきます。 新入社員と比べてその差は4倍~8倍 20代・30代のボーナスの平均金額は新入社員の夏のボーナスに比べて、4倍~8倍の差があります。 新入社員でボーナスが思っていたより少ないとがっかりしないように。 頑張って勤め上げれば、必ずボーナスの金額があがります。 新入社員の夏のボーナスは寸志でしたが、冬は本格的にボーナスを支給されるかもしれません。 なので、新入社員の本格的なボーナスの支給は冬からと思いましょう。 冬のボーナスの平均は基本給1か月分が相場 夏のボーナスの平均を聞くと気になるのが冬のボーナスの平均ですよね。 一般的には基本給か月分が相場です。 企業によっては基本給も1. 5か月から2か月分がありますが、先輩社員に比べて低いのは当然です。 また上記の説明にあるように満額支給ではない場合もあるので、就業規則の賞与に関する項目を必ずみましょう。 ボーナス支給平均額が多い業種とは? 新入社員の夏のボーナス支給の平均や20代・30代の社員のボーナス平均金額はおわかりになりましたでしょうか。 では、最後にボーナス支給平均額が多い業種についてみていきましょう。 これから就活を始めていようとしている方必見です。 「金融業」「公務員」「製造業」がトップ3を占めている 気になるボーナス支給平均金額の高い業種は、「金融業」「公務員」「製造業」がトップ3を占めています。 第1位の金融業は、平均金額が約85万円、ついで公務員が約65万円となっています。 「IT業」は、第5位で約55万円となっています。 公務員はボーナス支給は安定している 総量規制などの法改正もあり、金融業界の業績を思わしくないのかと思っていましたが、そうでもありませんでした。 また、この不景気の時代であっても、公務員のボーナス額が高いようです。 あとは製造業やIT業界が高い順位なのもうなずけます。 新入社員の夏のボーナス平均金額は5万円~10万円と寸志程度 今回は新入社員の夏のボーナスの平均額と20代・30代の金額の差についてみてきましたが、いかがでしたか。 新入社員がもらう初ボーナスの平均金額はそう多くはありません。 初めてのボーナスの平均金額どころか新入社員のうちはボーナスなしという企業もあります。 しかし、頑張って勤め続けると、ボーナスの金額が徐々にアップしていきます。 新入社員のうちは初ボーナスに期待し過ぎず、もらえたらラッキーくらいで考えておくべきでしょう。 ボーナスの関連記事はコチラ!.

次の

知ってる?新入社員のボーナスの平均~3パターンを比較してみた~

新入社員 ボーナス

正社員として今年入社したばかりの 新入社員の場合、 夏のボーナスはどのぐらいもらえるのでしょうか? 夏のボーナスが支給される時期はいつ? 最初に夏のボーナスはいつ頃支給されるのでしょうか? 民間企業の場合、夏のボーナスの支給日は特に決まりはなく、企業によっても異なります。 夏のボーナスが支給される時期は、概ね6月下旬から7月中旬頃が一般的です。 新入社員の夏のボーナスの平均はいくら? 新入社員といえども、もらえるなら欲しいのが 夏のボーナス! ボーナスの支給は年に2回という企業が多く、通常は 夏と冬に支給されます。 しかし、 ボーナスの査定期間が半年間あることを考えると、4月に入社したての 新入社員は夏のボーナスはもらえない、または 期待できないと考える人も多いでしょう。 では実際には 平均どのぐらいの金額が支給されているのでしょうか。 夏季賞与の平均支給額は、大学卒で8万1,260円、高校卒で6万7,724円であった。 業種別では、製造業がそれぞれ8万3,526円、7万915円、非製造業が7万9,483円、6万4,326円となっている。 回答企業の支給額の分布をみると、大学卒の約92. 4%、高校卒の93. 7%が15万円未満に分布しており、大学卒、高校卒ともに「5~10万円未満」が約5割を占めている。 e-sanro. また、新入社員に夏のボーナスを支給する企業の割合は以下のようになっています。 スポンサードリンク 今年4月に入社した新入社員に夏季賞与を支給する企業の割合は88. 8%で、大多数の企業が何らかの形で賞与を支給している。 e-sanro. また、 新入社員に支給する理由は今後の活躍に期待しているという意味があるのでしょう。 冬のボーナスが支給される時期はいつ? では 冬のボーナスが支給される時期はいつでしょうか? 民間企業の場合は、夏のボーナス同様に支給日に決まりはありません。 企業によっても様々ですが、概ね 12月ということになります。 新入社員の冬のボーナスの平均はいくら? 新入社員の冬のボーナスは、入社してからの上半期の実績から判断されます。 この時の査定基準は企業によって異なります。 さらに業種や職種によってもその基準が異なりますので、 入社したての夏に比べると大きく差がでてくるのが冬のボーナスです。 一般的に、 新入社員の冬のボーナスの平均は1か月~2か月といわれていますが、一概に言えません。 企業によって、また同じ企業内でも職種、役職、また個人によっては、 支給額も1か月程度から6か月以上まで、かなり幅があります。 ボーナスが支給されないこともある ボーナスが支給されることを前提にしていますが、会社の業績不振などを理由にボーナスが支給されないこともあります。 ボーナスの支給は会社の業績でも大きく左右される 自分が頑張っていい成績でも会社全体の業績が悪ければ、ボーナスは期待できないこともありますし、逆に大して仕事をしていないのに、会社の業績が好調でボーナスの支給があったということも考えられます。 最後に 新入社員にボーナスが支給されることは、このご時世とてもありがたいことですね。 何年か勤めてからは個人の業績をあげて、会社にも貢献して十分な金額のボーナスを堂々と貰いたいものですね。

次の