ハイキュー あずま ね。 あずま食堂

ハイキュー!!

ハイキュー あずま ね

東峰 旭(あずまね あさひ) 烏野高校バレー部のエース。 ポジションはウイングスパイカー。 長身と3枚ブロックを打ち抜くパワーに加え、難しいボールでもスパイクを決める技術を持ち合わせた選手。 エースとしてチーム全体から頼りにされているが、2年生のときに伊達工業との試合で自身のアタックを完封されたことが原因で挫折し、一時期バレー部から離れる。 しかし、の情熱と、・の旭に対する絶対的な信頼に背中を押され、一ヶ月のブランクを経てバレー部に復帰する。 長髪・顎髭なおっさん的な外見だが性格はいたって温厚で、小心者。 そして、人一倍責任を感じ易く、傷つきやすいガラスのハートの持ち主。 他校の生徒からは「不良」「5年留年していて実は成人男性」などと噂され「烏野のアズマネ」の悪名と共に恐れられている、が、キャプテンのからは「へなちょこ」や「ひげちょこ(ひげのへなちょこ)」、からは「ネガティブひげ」と呼ばれていじられている。 髪型は元々オールバックだったが、インターハイ予選後からヘアバンドを使ったヘアースタイルに変わった。 バレー部に復帰するきっかけとなった烏養コーチ率いる烏野高校バレー部のOBチームとの練習試合での 「すがー!」 の一言に「ぶるっ」と来た人は多かったのでは? しかし、漫画とアニメだとちょっと結構違った印象受けますよね、旭さんは。 烏山高校メンバー こんな記事がよく読まれています• 東峰 旭(あずまね あさひ) 烏野高校バレー部のエース。 ポジションはウイングスパイカー。 烏養(うかい)は鵜飼(うかい)じゃありません。 でも、烏養って普通読めないですねよね。 烏養 繋心(うかい... ビームスはハイキュー!! とのコラボレーション商品を発売。 菅原孝支、西谷夕、月島蛍のパーカが出る!ビームスとハ... 澤村 大地(さわむら だいち)の名言集。 声優さんは誰? 烏野高校バレー部主将。 ポジションはウ... 月島 蛍(つきしま けい) 「イライラすんだよ 無駄に熱い奴って」 烏野高校バレー部のミドルブ... 影山 飛雄(かげやま とびお) 「ボールは俺が持っていく!! 」 ハイキュー!! のもう一人の主人... 西谷 夕(にしのや ゆう)の声優さんは?名言もご紹介 無駄?に熱い男、西谷 夕! 烏野高校バレ... 菅原 孝支(すがわら こうし) 烏野高校バレー部副主将。 ポジションはセッター。 部員からは「ス... ハイキュー!! ストアがOpen 2015年1月10日にオフィシャルストア「ハイキュー!! ストア」が... 清水 潔子(しみず きよこ) 烏野高校バレー部マネージャー。 ほとんどしゃべることはないが、仕...

次の

ハイキュー!!

ハイキュー あずま ね

このページの目次 OPEN• スポンサーリンク 1.菅原が圧倒的な人気を持つ理由 烏野高校3年の菅原は、最後の春高を全身全霊をかけて戦っていますが、若い女性を中心に主人公を追い越すほどの人気があります。 スポンサーリンク 確かに副主将という立場は、光をそこまで浴びない立場なので人気が得やすいポジションですが、実はそれだけが理由ではないのです。 以下から、菅原が人気な理由について項目ごとに紹介しますね。 高校3年生という立場である菅原は、やはり1年生の日向や影山とは違って 大人っぽい雰囲気が漂っているのです。 太めの眉毛と、泣きぼくろがチャームポイントで、整った顔立ちや灰色の髪色など、どれをとってもパーフェクト! 高校3年生なので、大人と子供の中間のような独特な雰囲気が容姿からも確認できるので、人気が高いと言われています。 それでも試合で起用されるのは、何と言っても「 司令塔」としての役割を担っているから。 スポンサーリンク 周囲に気を配り、チームメイトの沈んだ雰囲気を和らげることができ、"鬼"として恐れられる主将に説教できる唯一の存在。 洞察力はピカイチなので、敵チームの分析にも長けており戦略を練る担当でもあります。 技術は並でも、プレー以外のところでチームに貢献している存在感が、人気を得ているポイントです。 実際に鳥飼監督は「どっちを起用したら良いか」と悩んでいたところから、本当に難しい決断をしなければいけなかったのです。 そんなとき菅原は、「 3年生が長くプレイできるなら、迷わず影山を使ってください」と発言。 自分が試合に出られないとしても、チームがそれで勝ち続けるなら犠牲になる覚悟を持っていることが読者に伝わります。 この発言を聞いて多くの読者感動し、紙面が涙で濡れてしまったほど。 こうして、菅原の人気は不動のものになっていくのでした。 2.菅原が残した名言を大公開! 菅原はチームのために自身を 犠牲にするほどの存在で、普段からいかに勝負に勝つことを考えているかが分かります。 それは普段の言動にも表れており、菅原は他のキャラクターとは質が違う名言を残しているのです。 ここでは、ファンが特に印象に残っている名言を、厳選して紹介していきますね。 大丈夫!一本切ってくべー!• 触ればなんとかなる!負けねえよ俺達は• (影山に向かって)勝つぞ• 最強の敵だったなら、今度は最強の味方じゃん• 先生俺、メリットがあるからバレーやってるんじゃないんです 彼がいかにデキた人間であり、チームを第一に考えて生きているかが分かるのではないでしょうか? 菅原に名言が多いのは、それだけ真剣にバレーと向き合ってきたからに他なりません。 また現在の3年生は不遇の時代を過ごしてきたので、結束力はとても強く試合に対する向き合い方も段違い。 そうした背景も、菅原の名言が心の響く理由かもしれませんね。 3.菅原が「お母さん」と言われているのは何故? ハイキューの菅原は「お母さん」と、ファンの間で言われています。 もちろん男子バレー部に所属しているので、男性であることは間違いありませんが、ではどうして「お母さん」なのでしょうか? これは、彼がチームメイトに対して接する態度が、子どもを見守る「 母親」のようであるために付けられたのです。 後輩を見守りながら、主将をサポートし、さらにエースを支えているので、そんなことができる副主将だからこそ、「お母さん」なんて言われています。 アニメ版で菅原の声優を担当した、「入野自由」さんは制作サイドから演技指導の際に、「 母親のようにやってください」と言われたとのこと。 つまり、制作側も菅原を母親のように見ていると判明し、お母さんポジションが確立しました。 4.菅原がさらに好きなると噂される画像が話題 チームメイトからも読者からも愛される菅原を、さらに好きになれる画像が話題です。 以下からファンが激押しする、菅原の画像を厳選して紹介します。 優しくて、温かくて、そして頼りになる。 本当にお母さんって感じが、画像から伝わってきますね。 まとめ ここでは、 菅原が人気の理由や名言などについて紹介していきました。 菅原は主人公に負けないほど人気ですが、その理由にはチームのためなら自分が犠牲になる精神があります。 また、名言も数多く残しており、ファンの間では伝説になってSNSなどで頻繁に話題になるほどです。 烏野高校バレー部のお母さん的なポジションとして、今後も活躍が期待されます!.

次の

東峰旭の名言・名セリフ【ハイキュー!!】

ハイキュー あずま ね

キャラ: 東峰 旭(あずまね あさひ) 声優:細谷佳正 アニメ: 原作: ジャンル: 制作: 放送局:、 放送時期: 【プロフィール】 烏野高校3年3組。 背番号3。 ポジションはウイングスパイカー。 身長184. 7cm、体重75. 2kg。 1月1日生まれ。 烏野高校バレー部のエース。 長身と3枚ブロックを打ち抜くパワーに加え、難しいボールでもスパイクを決める技術を持ち合わせ、チーム全体から頼りにされている。 月島に次ぐ身長と長髪・顎髭で威圧的な外見であるが性格はいたって温厚であり、小心者で人一倍責任を感じやすく、傷つきやすいガラスのハートの持ち主。 戻れ すぐ戻れ 十分な助走距離の確保を 全力のジャンプを 何回でも何回でも何回でも!!!

次の