自己 免疫 疾患。 自己免疫疾患の種類と原因、治療法とは?

自己免疫疾患の症状や治療法は? 症状を改善するポイント

自己 免疫 疾患

自己免疫疾患とは(概説) 自分の免疫システムが自己を攻撃する恐ろしい病気 自分で自分の組織を攻撃します 私たちのからだは免疫という生体防御機能で守られており、外からウイルスや細菌などの異物が侵入してきても、これを非自己と認識して排除する仕組みが備わっています。 正常ならば、自己(自分のからだ)を形づくっているものに対して、免疫反応がおこることはありません。 ところが、自己と非自己の区別がつかなくなり、自分自身の細胞やたんぱく質などを異物 抗原 とみなして反応する抗体 自己抗体 やリンパ球 自己反応性リンパ球 ができて、自分のからだの一部を攻撃したり、排除しようとし、その結果、さまざまな病気がおこってくることがあります。 このように、自分自身に対する免疫反応のことを自己免疫といい、自己免疫がもとになっておこる病気を自己免疫疾患と呼びます。 代表的な自己免疫疾患には、膠原病、ギラン・バレー症候群、自己免疫性溶血性貧血、バセドウ病、自己免疫性肝炎などがあります。 いずれも難病といわれる厄介な病気です。 (画像:膠原病入門) 自己免疫疾患の種類 自己免疫疾患は、大きく二種類に分けることができます。 特定の臓器が攻撃される臓器特異的自己免疫疾患 一つは、特定の臓器だけが影響を受けるもので、臓器特異的自己免疫疾患といいます。 それぞれの臓器にある特有のたんぱく質に対して自己抗体ができ、直接その臓器が攻撃され、障害がおきると考えられています。 ギラン・バレー症候群:神経・筋組織に作用。 四肢筋力の低下と腱反射の消失• 自己免疫性溶血性貧血:赤血球に作用。 赤血球が異常に早く破壊されておこる貧血• 特発性血小板減少性紫斑病:血小板に作用。 血小板が破壊されて減少し出血傾向をきたす• バセドウ病:甲状腺に作用。 甲状腺ホルモンが過剰につくられて機能亢進症が生じる• 自己免疫性肝炎:肝臓に作用。 肝細胞が障害する慢性肝炎 障害が全身におよぶ全身性自己免疫疾患 もう一つの自己免疫疾患は、障害される臓器が一つだけではなく全身の多くの臓器におよぶもので、全身性自己免疫疾患といいます。 代表的な疾患に、 膠原病(こうげんびょう)とよばれる各種症状があります。 膠原病はひとつの病気の名前ではなく、膠原病とまとめて呼ばれている多くの病気には、50種類以上の自己抗体が発見されています。 汎発性強皮症 全身性硬化症 、多発性筋炎および皮膚筋炎、結節性多発動脈炎 結節性動脈周囲炎〉などがあります。 自己免疫はなぜ起こるのか 自己免疫がなぜ起こるのか? 残念ながら現在でも、自己免疫がおこる原因とその仕組みについては、まだよくわかっていません。 ただし、いくつかの考え方があります。 また、微生物など異物に対する抗体が、たまたま構造のよく似ている自己のたんぱく質を抗原と誤認する 交差反応 という考え方もあります。 いずれにしても、本来は自分を守ってくれるはずの免疫システムが、まったく逆に自分を攻撃してくるのですからたまりません。 免疫機能の暴走というか、自殺型の自虐的生体反応というか。 じつに恐ろしい病気です。 健康相談室 MENU アレルギーの悩み• 女性に多い悩み• 男性に多い悩み• 病気とエチケット• 人体の機能とはたらき• 老化とぼけ(痴呆)の違い 医療・医学の基礎知識• 染色体異常とは• ポックリ病の本当の原因 健康食品と医薬品の基礎知識• 精神安定剤のいろいろ• 腸内細菌の種類と役割• ステロイド外用剤の使い方と副作用 病気いろいろ~基礎疾患• ヘルスケア 役立ち情報•

次の

自己免疫疾患(じこめんえきしっかん)とは

自己 免疫 疾患

バセドウ病も橋本病も、どちらも「自己免疫疾患」です。 自己免疫疾患とは、人間の免疫システムが「異常」になっている状態です。 本来ならば、外部から入ってくる異物を攻撃する免疫システム。 この免疫システムが勘違いして狂って、自分の体の一部を攻撃してしまうのです。 つまり「自分で自分を攻撃している状態」です。 円形脱毛症の原因の1つも自己免疫疾患です。 免疫システムの勘違いが自分の体のどの部分に対し勘違いをするかによって症状が変わってくるというわけです。 この自己免疫疾患は様々な様々な要因で起こります。 今まで見てきたバセドウ病の人たちに「共通」していると思うことがありました。 それは「自分」と「他人」を、しっかり「区別」していないということ。 そして他人に流されやすく、本当の自分を大切に出来ていないということ。 それによって「 大きなストレスを生み出してしまっている」ということでした。 そして「とても人間的にレベルが高くなる素質がある」ということ。 例えば、バセドウ病と噂されていたサッカー選手の本田圭佑さん。 シンガーソングライターの絢香さん。 X JAPANのYOSHIKIさん。 第64、65代、内閣総理大臣の田中角栄さん。 他にも心理カウンセラーの人なども。 僕が思うのは、「とても人間的にレベルが高くなる素質がある」こと。 そして「真っ直ぐに進んでいる」と思う人たちです。 そういった人たちがまるで試されるかのように自己免疫疾患で苦しむことが多いなと感じています。 そして「極度のストレス状態」であることも多いと感じています。 自己免疫疾患は、自分が進んでいる道を更に突き進めるために大切なことを教えてくれている成長のチャンスだと僕は考えています。 しかし、その道を進み続けるにあたり、「敵」と「味方」の区別が正確についていない状態。 それが自己免疫疾患として教えてくれているのだと思います。 僕は、病院に頼ることが子供のころから嫌いで本当にやばいと思うまで病院に行きません。 ですので、自己免疫疾患だったか正確にはわかりませんが、自己免疫疾患のような症状で苦しんでいたことがあります。 酷い動機、抜け毛、小さな円形脱毛症、指先の震え、異常な皮膚のかゆみ、急激な体重減少など。 その時の僕は、「敵」と「味方」の区別が正確についていない状態でした。 そして本当に苦しい時期に自分の「敵」に気がつきました。 今まで気づかなかった「敵」です。 その「敵」と闘いました。 すると、徐々に症状が改善していったのです。 そんな僕が思うこと。 自己免疫疾患からの回復に必要なこととして、「敵」と「味方」の区別を正確につけて自分を大切にするために闘うこと。 そして、味方を守ること。 それが「 ストレスが減ることに繋がり回復していくことに繋がる」と思っております。 以下の引用文も読んで下さい。 免疫に力があると余裕ができますので、体は無理しませんし、間違いも起こしにくくなりますので、自己免疫疾患は起こしにくくなるでしょう。 引用元: 上記の引用文によれば「免疫力をアップさせることで、自己免疫疾患を起こしにくくなる」ということ。 僕もそうだと考えています。 免疫システムが勘違いしているように、自分自身も勘違いして味方を攻撃し敵と闘えていない可能性があるのです。 それがストレスを増やしている場合もあります。 なので免疫力をアップさせたり、ストレスの原因となる者と時には闘うことも必要です。 何か、参考になれば幸いです。 自己免疫疾患の人はストレスを減らすために免疫力アップに繋がる「呼吸法」もおすすめです。 呼吸法によって免疫力をアップさせることも出来るので、以下の2つの記事も読んでみて下さい。 1、 2、 1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!) 僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、 「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。 「問題解決」を全くせず、、 心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。 そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、 無意識のうちに、誤魔化し続けていました。 そこから、自分の心を自分で救うために、 1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。 その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。 心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、 気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。 一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。 しかし、心が大きく変わり、 親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。 他にも、自分の心が、大きく変わりました。 6年間の間に起こった「心が解放される体験」、 これを、1つの教材としてまめとめました。 「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。 この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、 教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、 AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。 似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、 この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。 自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、 潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。 本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。 この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。 6年間の間に起こった「心が解放される体験」、 この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。 90日全額返金保証付き.

次の

自己免疫性内耳障害(平成21年度)

自己 免疫 疾患

自己免疫疾患ってどんな病気? 人間の体には、免疫機構という体内に入ってきた異物を認識・排除する機能が備わっています。 この 免疫機能に何らかの異常があり、自分自身の細胞やタンパク質を異物として攻撃してしまい、その結果さまざまな症状を引き起こす病気をまとめて「自己免疫疾患」と読んでいます。 自己免疫疾患は、特定の臓器だけが攻撃される「臓器特異的自己免疫疾患」と、全身の臓器が攻撃される「全身性自己免疫疾患」とに大きく分けられます。 さらに、どの臓器や部位が攻撃を受けるかによって、具体的な病名がついています。 以下にそれぞれの例を挙げます。 臓器特異的自己免疫疾患 血液系:自己免疫性溶血性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、悪性貧血など その他:慢性甲状腺炎、バセドウ病、重症筋無力症、自己免疫性肝炎、インスリン依存型糖尿病など 全身性自己免疫疾患 膠原病、全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、多発性筋炎、皮膚筋炎など 自己免疫疾患の多くは女性に多いと言われていますが、この理由は明らかになっていません。 一説にはホルモンが関与している、妊娠中に他者由来の細胞が母体に入ることが関係している、などがありますが、いずれも決定的なことはわかっていません。 自己免疫疾患を発症する原因は? 自己免疫疾患の明確な原因は明らかになっていません。 しかし、考えられている説には以下のようなものがあります。 免疫細胞である「T細胞(異物を認識する)」が、誤って自分の細胞に結合したのに細胞死せず、生き残ったものが「B細胞(抗体を作る)」に自身と結合した細胞を攻撃させてしまう• B細胞が正常に機能せず、自分自身を攻撃する異常な抗体を作る• ウイルスなどの侵入により、自分のタンパク質とよく似た配列のタンパク質が体内に入り、自分のタンパク質をウイルスのタンパク質と間違えて攻撃してしまう• B細胞が異常に増殖し、自己抗体を作ってしまう• 体内の正常な物質がウイルス・薬・紫外線・放射線などの影響で変質し、それを免疫系が異物と認識して攻撃する いずれも決定的なデータや報告がないため、可能性として考えられるという段階であり、これら以外が原因となっている可能性もあります。 自己免疫疾患によって発症する病気は? 最初にご紹介したとおり、 自己免疫疾患によって発症する病気は「全身性」「臓器特異的」の2つに分けられます。 たとえば、中枢神経の髄鞘のタンパク質が「異物」と認識された場合、髄鞘をはじめとした神経系統が破壊され、「多発性硬化症」という臓器特異的自己免疫疾患が発症します。 臓器特異的自己免疫疾患には、他にも「潰瘍性大腸炎」「強皮症」「ベーチェット病」「特発性血小板減少性紫斑病」「重症筋無力症」などがあります。 一方、全身性自己免疫疾患にはよく「膠原病」として知られている「関節リウマチ」や「全身性エリテマトーデス」などが含まれます。 難病情報センターのデータによれば、1974年から2007年まで、これらの自己免疫疾患は年々増え続けています。 自己免疫疾患の多くは、発症してもしばらくは自覚症状がなく、慢性的に経過したのち、自覚症状が現れてから初めて病院を受診して発見され、治療を始めるという経過を辿ります。 つまり、 発症から治療開始までにかなりのタイムラグが発生してしまうのです。 このため、非常に治りにくいだけでなく、原因もわかりにくくなってしまいます。 このような事情から、日本では公費負担として補助を受けられる特定疾患に指定されています。 自己免疫疾患はどうやって治療する? 自己免疫疾患の原因はほとんど解明されていないため、治療法が限られています。 多くは 免疫系の働きを抑える薬剤や炎症を和らげる薬剤を使い、症状を軽減することになります。 自己免疫疾患はその性質上、どうしても発症してから診断までに時間がかかってしまうため、決定的に症状を治療する方法がないのが現状です。 できるだけ早く発見し、治療を開始することが治療の効果を上げる唯一の方法です。 ところが、自己免疫疾患の中でも患者数がもっとも多い 「関節リウマチ」では、1999年に炎症性サイトカインという物質を標的とした抗体医薬が開発されました。 さらに、この抗体医薬は、それまでの「非ステロイド系抗炎症薬」と「DMRDs(疾患修飾性抗リウマチ薬)」、「メトトレキサート(骨破壊抑制効果をもたらす)」を組み合わせた治療法よりも、はるかに強力な抗炎症作用と骨破壊抑制効果を得られることがわかりました。 その後、次々と抗炎症性サイトカイン薬が開発され、日本全体で約70万人いるとされる患者さんに朗報をもたらし続けています。 自己免疫疾患にはある種の共通した発症メカニズムがあると考えられているため、 1つの自己免疫疾患に有効な治療薬は他の自己免疫疾患にも適応が拡大できる可能性が高く、今後、多くの難病にも効果的な治療薬が発見・開発されていくことが期待できます。 おわりに:自己免疫疾患の原因は不明だが、徐々に治療薬が開発されています 自己免疫疾患とは、本来は自分の体を異物から守るための「免疫」という機能が何らかの理由によって間違えて自分自身を攻撃してしまう病気の総称で、全身性と臓器特異的の2種類に大きく分けられます。 全身性自己免疫疾患の1つ「関節リウマチ」には、既に強力な抗炎症・骨破壊抑制効果を持つ治療薬が開発されています。 今後も、自己免疫疾患に関する有効な治療薬の開発は進んでいくことでしょう。

次の