ロマサガrs ガラハド。 【ロマサガRS】ガラハドとアイスソードどっち優先して交換すべきか?【ロマサガリユニバース】

スタイル考察 SSイベントガラハド

ロマサガrs ガラハド

1 アビリティ解放1 Lv. 30 アビリティ解放3 Lv. 10 アビリティ解放2 Lv. つまり配布スタイルな訳ですが、 合計補正値は452%と、ガチャ産SSと大差ない数値になっています。 与ダメ上昇値は、SSツィーリンが所持している「勇健強撃IV」が20%であることを考えると、弱点集中IVも同じ20%になる可能性が高そうです。 反対に、弱点集中以外の与ダメ上昇は持たないため、 弱点が突けない敵に連れていくメリットは薄れます。 たったBP2で冷全体 技1には新技「冷たい風」を習得します。 今までに登場した全体攻撃の 最低コストはBP4でしたが、BP3すら飛び越え、BP2で全体攻撃を打てます。 毎ターン全体攻撃をするどころか、 毎ターンBPを回復しながら全体攻撃することができてしまいます。 威力はEとなっていますが、流石に現状最低威力のライトボールより威力は低いかもしれません。 冷ボーラー自体が初登場になりますが、今後別の形で冷ボーラーが登場したとしても、腕力依存でなければ使う陣形などで十分差別化はできるでしょう。 BP13のファスト冷全体が周回で便利 技3には新技「冬の嵐」を習得します。 ファストが付いているのが最大の特徴で、このガラハドは決して素早さが高いスタイルではありませんが、 この冬の嵐であれば、 味方、敵よりも先に動いて殲滅することができます。 つまり、素早さを落とす調整などをしなくとも、 2ターン目以降ならほぼ確実に冬の嵐を打つことができます。 冬の嵐のBP調整次第でR2で使うか、R3で使うかなどを切り替えできるのも便利です。 動画時はSLv42でした。 ガラハドのおすすめ覚醒パターン パターン1:全体運用.

次の

ロマサガRS SSガラハド「念願のアイスソード」の驚異的な性能

ロマサガrs ガラハド

もくじ• 今回のイベントはその本編になぞった選択となります。 自分で検討した結果、SS大剣と言えどそこまで強力ではなく、S大剣「力+」で十分代用可能であり、SSガラハド「念願のアイスソード」を選択した方が良いと判断しました。 念のため攻略サイトでどちらを選択したほうが良いか確認し、やはりSSスタイルの方が良いという評価だったので、安心して SSガラハド「念願のアイスソード」に交換しました。 ゴールドピースが不足していて、スタイルLv43での性能になってしまいますが、ご了承ください。 それでもアホみたいな火力をたたき出してくれますので、皆さんも大剣ではなくSSガラハド「念願のアイスソード」に交換してください。 知力補正がめちゃくちゃ低いので「冷たい風」と「冬の嵐」のダメージは雀の涙くらいしか出ないと思っていましたが、どうやらダメージ量は腕力に影響されるようです。 その後は「冷たい風」を連打するだけのマシーンとなるので冷属性の多いステージではめちゃくちゃ強力なスタイルとなります。 ブルーやコウメイのライトボールの冷属性Verということです。 VH-15-2-4. 黒き塔・上層 広告 ここのステージに出て来る敵は全員、冷属性が弱点になっているのでガラハドがめちゃくちゃ活躍できるステージなのです。 Round1を1ターンでキルすればガラハドはRound2開始時に 「冬の嵐」を全力AUTOでも使用してくれて、この威力です。 Round2はガラハドの一撃で敵は全滅してしまいます。 しかも「冬の嵐」はファスト攻撃なので敵・味方に行動させることなく、最初に行動して殲滅させるので他の仲間はBPを貯めることができます。 その後のRound3でも消費BP2の「冷たい風」でもこの威力です。 スタイルLv43のガラハドでこの威力ですからLv50にして育成完了すれば、とんでもない冷属性モンスターになることでしょう。 今後の冷属性が弱点の多いステージではガラハドが引率役に最適となるので、大剣武器ではなくSSスタイルのガラハドを選択することをオススメします。 著作権 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. Powered by Akatsuki Inc. ILLUSTRATION: TOMOMI KOBAYASHI 当該作品の転載・配布は禁止いたします。

次の

スタイル考察 SSイベントガラハド

ロマサガrs ガラハド

1 アビリティ解放1 Lv. 30 アビリティ解放3 Lv. 10 アビリティ解放2 Lv. つまり配布スタイルな訳ですが、 合計補正値は452%と、ガチャ産SSと大差ない数値になっています。 与ダメ上昇値は、SSツィーリンが所持している「勇健強撃IV」が20%であることを考えると、弱点集中IVも同じ20%になる可能性が高そうです。 反対に、弱点集中以外の与ダメ上昇は持たないため、 弱点が突けない敵に連れていくメリットは薄れます。 たったBP2で冷全体 技1には新技「冷たい風」を習得します。 今までに登場した全体攻撃の 最低コストはBP4でしたが、BP3すら飛び越え、BP2で全体攻撃を打てます。 毎ターン全体攻撃をするどころか、 毎ターンBPを回復しながら全体攻撃することができてしまいます。 威力はEとなっていますが、流石に現状最低威力のライトボールより威力は低いかもしれません。 冷ボーラー自体が初登場になりますが、今後別の形で冷ボーラーが登場したとしても、腕力依存でなければ使う陣形などで十分差別化はできるでしょう。 BP13のファスト冷全体が周回で便利 技3には新技「冬の嵐」を習得します。 ファストが付いているのが最大の特徴で、このガラハドは決して素早さが高いスタイルではありませんが、 この冬の嵐であれば、 味方、敵よりも先に動いて殲滅することができます。 つまり、素早さを落とす調整などをしなくとも、 2ターン目以降ならほぼ確実に冬の嵐を打つことができます。 冬の嵐のBP調整次第でR2で使うか、R3で使うかなどを切り替えできるのも便利です。 動画時はSLv42でした。 ガラハドのおすすめ覚醒パターン パターン1:全体運用.

次の