ほ ー す て いる twitter。 twitterで自分のツイートを楽に拡散させるコツはハッシュタグ!?これ知らないとマジで結果が・・・

ツイッターってなーに?

ほ ー す て いる twitter

ブログとは 続いて ブログについて見てみましょう。 実社会でいうと、ブログというのは家の外に張り出された「 かわら版」のようなものです。 自分の意見や日記を「 かわら版」として 家の前の壁に張り出すと、誰かが家の前にやってきて、そのかわら版を読んでくれます。 個人日記として使われる「 ブログ」も同じような感じです。 あなたが自分の考えをブログに保存すると、その記事がその ブログに表示されます。 そして誰かがブログにアクセスすると、その記事が表示されます。 電子メールの場合は、相手のパソコンまで 「勝手に」メールが届けられます。 一方、ブログの場合、相手の人が 自分でブログにアクセスしてくれないと、ブログの内容は表示されません。 ツイッター(twitter)とは それではいよいよ ツイッター( twitter)です。 このツイッターは、 電子メールと ブログのどちらの機能も備えているといえます。 ツイッターとブログの違い ブログで「 記事」に当たるのが、ツイッターでは「 つぶやき」です。 自分の言いたいことを管理画面から入力すると、それが「 つぶやき」としてサーバに保存されます。 ブログでは「 記事」の長さに特に制限はありませんが、ツイッターの「 つぶやき」は 140文字という制限があります。 先ほど、ブログの記事が「 かわら版のように、家の壁に張り出される」という比喩を用いました。 ブログにアクセスすれば保存された記事を一覧で見ることができるように、ツイッターの「 プロフィール」というページにアクセスすれば、その人の「つぶやき」を一覧でみることができます。 ツイッターと電子メールの違い また ツイッター(twitter)は、 電子メールと同じような機能もあります。 特定の人の「 つぶやき」を定期的に見たい場合、毎回その人の「 プロフィール」ページにアクセスするのは面倒です。 そこで事前に登録しておくと、読みたい人の「つぶやき」をツイッターがあなたに 届けてくれるのです。 電子メールの場合は、 送信者が相手を 宛先に指定してメールを送ります。 一方ツイッターの場合、 事前に登録しておくことで、 「 つぶやく人」(=ブログで言うと記事を書いた人)が何も指定しなくても、 読みたい人のもとにつぶやきが届けられます。 読み手が行う事前登録のことを「 フォローする」といい、相手のつぶやきが表示される自分のページを「 タイムライン」と言います。 電子メールでは、宛名を書いた「 封書」を郵便配達のおじさんに預けるイメージでしたが、ツイッターの場合は140文字の制限がありますから「 葉書」のイメージ。 事前に郵便配達のおじさんに申請しておく( フォローしておく)ことで、郵便配達のおじさんが先方の「 つぶやき」を 自動的に運んできてくれて、自分の部屋の中の壁( タイムライン)」に貼り付けてくれる、という感じです。

次の

リストアッパー

ほ ー す て いる twitter

Twitterの乗っ取り被害が各地で報告される中、ご自身のTwitterアカウントは大丈夫かと不安をお感じですか?また、すでに乗っ取られてしまっている場合、今すぐできる対策をお探しではありませんか? TwitterはSNSの中でも拡散性の高さから宣伝目的などで乗っ取り犯から狙われやすく、知らない間に乗っ取られていて広告をツイートされていたという事例が後を絶ちません。 そこで、Twitter乗っ取り被害への有効な対策として乗っ取りの手口や実態を知っていただいた上ですでに乗っ取られていないかの確認方法、そして乗っ取りが疑われる場合の対策、そして最後には今後も乗っ取り被害に遭わないための予防策をまとめました。 Twitter乗っ取りに少しでも不安をお感じの方は、ぜひ最後までご一読ください。 目次: 1. Twitterの乗っ取り被害が拡大しています 1-1. Twitterの乗っ取りとは 世界的に普及している短文投稿SNSのTwitter。 本来は正規のユーザーでないとツイートやダイレクトメッセージなどのサービスを利用することはできませんが、そのアカウントを第三者によって勝手に操作されてしまうことがTwitterの乗っ取りと呼ばれています。 自分のアカウントが勝手に操作されてしまうため、フォロワーなどTwitter上の人間関係にも悪影響を与えられてしまう可能性があります。 手軽に利用できて便利なTwitterは世界的に普及しているSNSなので、攻撃者にとっても対象となりやすく、乗っ取り被害に遭わないための対策や乗っ取り被害に遭った時の迅速かつ適切な対処が必要です。 1-2. Twitterアカウントが乗っ取られると起きること Twitterのアカウントが乗っ取り被害に遭うと、さまざまな操作を勝手にされてしまいます。 利便性が向上して多機能になっているTwitterだけに、乗っ取られるとその「活動範囲」も広がってしまいます。 1-2-1. 勝手にツイートされる Twitterの乗っ取り被害で最も目に見える形として表れるのが、攻撃者によるツイートです。 身に覚えのないツイートが勝手に追加されてしまい、外見上は乗っ取られた人が自分でつぶやいたように見えます。 1-2-2. 勝手にフォローされる 攻撃者にとってメリットのあるユーザーを勝手にフォローされてしまうことがあります。 Twitterは拡散性の高いSNSなので、勝手なフォローとリツイートによってそのユーザーのツイート内容が拡散していく恐れがあります。 1-2-3. 勝手にダイレクトメッセージが送信される Twitterにはユーザー同士でメッセージをやり取りできるダイレクトメッセージ機能がありますが、アカウントが乗っ取られると自分の名前を騙る攻撃者が第三者にダイレクトメッセージを勝手に送信されてしまいます。 トラブルに発展した際、表に出ているのは自分の名前なので厄介な被害です。 1-2-4. フォロワーに被害が拡大する 乗っ取られたアカウントには、既存のフォロワーがいるはずです。 そのフォロワーには乗っ取られたアカウントに追加されたツイートが表示されたり、勝手に送信されたダイレクトメッセージが送信されたりするため、乗っ取り被害の事情を知らない人に対して被害が拡大する恐れがあります。 1-3. 2種類ある「Twitter乗っ取り」 1-3-1. アカウント情報を窃取されて不正ログイン Twitterはユーザー名として取り扱われているメールアドレスとパスワードをログイン時の認証要素としています。 後述しますが、Twitterには二段階認証の機能があります。 これを設定している場合、簡単に乗っ取りはできませんが、初期状態ではメールアドレスとパスワードのみでログイン可能なので、この情報が漏洩したり攻撃によって破られてしまうと、攻撃者が正規ユーザーであるかのようにログインできてしまい、アカウントが乗っ取られます。 1-3-2. アプリ連携による乗っ取り Twitterにあるアプリ連携機能を悪用して、アプリに与えられた権限を使って勝手にツイートしたりダイレクトメッセージを送るといった被害が多発しています。 これはアカウント自体を乗っ取っているわけではないので、厳密にはTwitterアカウントの乗っ取りではありません。 しかし、これが原因による事例はとても多く、アプリ連携によって勝手にツイートされたりすることは事実上のTwitter 乗っ取りと呼んでも差し支えないでしょう。 相性診断や性格診断、心理テストなどのアプリであると宣伝をして、そのアプリとTwitterを連携させる時に権限を与えすぎたことによって起きる被害なので、いわゆるアカウントの窃取と違い、単なる本人の不注意と言えます。 1-4. なぜTwitterアカウントが狙われるのか あの手この手で攻撃者から狙われているTwitterアカウントですが、なぜここまでして乗っ取りを企てるのでしょうか。 その答えは勝手に追加されるツイートを見るとよく分かるのですが、大半は宣伝目的です。 「レイバンのサングラスを激安販売」という宣伝をする乗っ取り被害はよく知られていますが、これはアカウント乗っ取りもしくはアプリ連携によって他人のアカウントにツイートができる環境を作り、その上で攻撃者を利するような宣伝を拡散させているわけです。 しかもこの有名な事例では、「レイバンのサングラス」が届いても偽物だったり、お金だけ持ち逃げされて商品は届かないといった二次的な被害も多発しました。 その他に、Twitterアカウントを狙う目的としてはさらなる乗っ取り被害の拡大や、ウイルスに感染させるサイトへの誘導などが挙げられます。 いずれにしても被害に遭うと何らかの不利益を被ることになるのは間違いありません。 1-5. Twitter乗っ取りは自分だけの問題ではない Twitterアカウントは、そのアカウントを利用しているユーザーだけのものなので、仮に乗っ取られたとしてもそのアカウントの持ち主が被害に遭うだけだと思われるかも知れませんが、そうではないところがTwitter乗っ取りの特徴です。 ご存知のようにTwitterはフォローやリツイートなどの機能を使って情報を拡散させることに長けたSNSなので、乗っ取りによって攻撃者が拡散させたい情報まで拡散しやすくなってしまいます。 フォロワーなどに被害が拡大し、さらに二次的な被害が発生する恐れがあります。 また、そのアカウントが企業の公式アカウントなどである場合は企業そのものの信用問題に発展するなど、さまざまな実害につながります。 自分のアカウントが乗っ取られていないか確認する方法 2-1. 自分のタイムラインに身に覚えのないツイートがないか調べる まず最初に行いたいチェックとして、ご自身のツイートを見てみて「身に覚えのないツイート」がないかどうか確かめてください。 普段たくさんツイートされる方は全てのツイートを覚えていらっしゃらないかもしれませんが、「身に覚えのないツイート」があることに加えて、それが連続投稿である場合は乗っ取り被害に遭ってるとみて間違いありません。 自分のツイートを確認するには、パソコンのブラウザ、スマホのアプリまたはブラウザ共通で、自分の名前やプロフィール画像をクリック(タップ)します。 パソコンの場合は、こちらです。 スマホアプリの場合は、自分のプロフィール画像をタップするとアカウントメニューが開くので、再びプロフィール画像をタップすると自分のツイートが表示されます。 2-2. 「Twitterデータ」でログイン履歴を調べる Twitterには「Twitterデータ」という機能が実装されており、過去のログイン日時とログインに使用した端末の履歴を見ることができます。 この「Twitterデータ」は、身に覚えのないログイン履歴を見つけることでアカウントの乗っ取り被害有無を調べるのに役立ちます。 パソコン、スマホともにWeb版のから閲覧可能です。 万が一、この方法で身に覚えのないログイン履歴を見つけたら、ただちにパスワードの変更を行ってこれ以上の不正ログインを防ぎましょう。 2-2-1. そこで表示されたプライバシー情報の画面に「ログイン履歴」という項目があります。 ここに「過去〇〇件のログインを表示します。 」というリンクがあるので、そこをクリックすると直近のログイン履歴が表示されます。 この中から身に覚えのない日時や場所、端末を探してみてください。 2-2-2. Android、iOSでログイン履歴を調べる方法 スマホの場合も、Web版のTwitterからログイン履歴を閲覧することになるので、ブラウザからにアクセスをしてご自身のTwitter画面を開きます。 スマホからのアクセスですが、Twitterアプリではなくブラウザからであることに注意して下さい。 にアクセスしてログインをすると、左上にプロフィールアイコンが表示されます。 ここにある「ログイン履歴」をタップすると、直近のログイン履歴情報が表示されます。 乗っ取られてしまった場合の対策!Twitter乗っ取りを解除する方法 Twitterの乗っ取り被害が疑われる場合、今すぐとれる対策は2つです。 下記の2つの対策を迅速にとることで、Twitter乗っ取り被害の拡大を防ぐことができます。 3-1. パスワードを変更して不正ログインを排除する 最近のSNS乗っ取りの特徴として、乗っ取り犯がすぐにパスワードを変更するケースはむしろ少なく、乗っ取りの発覚を遅らせるためにパスワードを変更せずに不正ログインを繰り返すという特徴があります。 そのため、本来のアカウントの持ち主もまだログインできる状態であることが多いのですが、いつ乗っ取り犯によってパスワードを変更されるか分からないので、直ちにパスワードを変更しましょう。 3-1-1. パスワードの変更とリセットが可能な画面が表示されるので、ここで現在のパスワードを1回、新しく設定したいパスワードを2回入力して「変更を保存」をクリックして完了です。 3-1-2. Android、iOSでパスワードを変更する方法 ブラウザからにアクセスします。 この操作はスマホ向けのTwitterアプリではなく、ブラウザからのアクセスである必要があるので注意して下さい。 ログインをした上で左上のプロフィールアイコンをタップします。 ここで現在のパスワードを1回、新しく設定したいパスワードを2回入力して「保存」をタップすれば完了です。 3-2. アプリ連携を解除して勝手なツイートを禁止する アプリ連携によって勝手にツイートを投稿されるのも「乗っ取り」の一種と解釈することができます。 勝手にツイートが投稿されていることが確認できた場合、連携しているアプリが原因である可能性が考えられます。 そこで、アプリ連携の管理画面から許可を取り消す操作を行い、勝手なツイートを禁止します。 実際の操作については「」の、「2. 乗っ取られていたら、すぐに打つべき対策」に詳しい解説があります。 Twitter乗っ取りからアカウントを守る4つの予防策 4-1. 興味のありそうなツイートから誘導されるアプリ連携に注意する アプリ連携によって勝手なツイートを投稿され、自分のタイムラインに身に覚えのない広告などが並んでしまうのは最初からその連携アプリに「勝手にツイートをする」という目的が与えられているからです。 そうした意図を持ったアプリをインストールさせるために、興味を引きそうな文言で誘ってくるアプリには注意しましょう。 主な手口として、心理テストや性格診断、恋愛診断、ゲームを有利に進められるなどの興味を引く文言でアプリの連携を促してきます。 多くの被害が多発しているのでインストール時の権限に注意することと、そもそも怪しげなアプリ連携をしないように心がけてください。 4-2. フォローしている人のタイムラインに連続投稿があってもアクセスしない 自分がフォローしているユーザーのタイムラインに、不審な連続投稿を見つけたら、そのユーザーのTwitterアカウントがすでに乗っ取られている可能性があります。 リスクが高いので、その投稿にクリック(タップ)をしてアクセスしないようにしましょう。 また、そのユーザーが乗っ取られていることに気づいていないと思われる場合はTwitter以外の手段でその旨を伝えてあげてください。 4-3. 不審なツイートにあるURLにアクセスしない Twitterでは常に大量のツイートが流れていますが、その中には「芸能人の裏情報」と謳ったものや、アダルト情報、お金儲けの情報など、目先の興味を引きそうなツイート内容の場合、そこにあるURLにはアクセスしないのが賢明です。 4-4. パスワードを推測しにくいものにして、決して外部に漏らさない 乗っ取り犯にパスワードを知られてしまうことによるTwitter乗っ取りを防ぐには、推測されにくいパスワードにすることが有効です。 また、そのパスワードを不用意に誰かに教えたりしてはいけません。 まとめ 数あるSNSの中でもTwitterはその手軽さからユーザーの利用頻度が高く、また使い勝手の関係上拡散性が高いため、ひとたびアカウントが乗っ取られてしまうと便利さがあだとなって影響が大きくなりがちです。 まずは現在すでにTwitterが乗っ取られていないかを確認した上で、今後も乗っ取られることがないようにこの記事の情報をお役立てください。 あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。 「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。 あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。 この方法は、以下のようなメリットがあります。 ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン• ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出• 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除 ノートンセキュリティは30日間 最大60日間 無料で最新版がご利用いただけます。 今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。

次の

Twitter

ほ ー す て いる twitter

結論を言えば、相手にTwitterでミュートされているとバレる可能性はゼロとは言えません。 しかし、確実性のある確認方法がないため、 基本的に99%バレることはないと考えてもいいでしょう。 ミュートの場合、自分がTwitterでミュートされている場合であれ、相手をTwitterでミュートしている場合であれ、普通にリプライをもらった場合は通知は届きます。 TwitterのDM(ダイレクトメール)を受け取った場合も、Twitterでミュートされている場合であっても、逆にミュートしていても、自分や相手にそれは通知されます。 Twitterでミュートされても先方へ通知が行くわけではないことから確認するのも難しいので、向こうからミュートの有無を特定することは非常に難しいです。 ここまで説明してきたように、基本的にミュートがバレるという事態はそうそうありません。 特定するのも難しい上に、下手をすればフォローフォロワーの相互関係だと特に関係性にひずみが生じる可能性もあるでしょう。 仮にバレるようなことになったとしても、それを確認するために指摘することは少ないと思います。 ただ、もしそれを指摘された場合の対処法はそれぞれその相手ユーザーによって変わってくるでしょう。 ミュートの場合、確信犯でミュートする人だけでなく、中には間違ってTwitterでミュートしてしまう場合ももちろんあります。 Twitterでツイートを打とうと思ってなぜかTwitterで割り振ってあるショートカットを押した結果、ミュートしてしまった事例もあります。 Twitterではキーボードショートカットがあり、ツイートを選択したうえで「u」キーを押すと、YesかNoかの確認もなくミュートされてしまいます。 ここまで「自分がミュートしている」「相手からミュートされている」と話していたのはこの「アカウントをミュートする」ものを中心にお伝えしてきました。 特定のTwitterアカウントをミュートする場合は、その人のTwitterのツイートから、もしくはその人のアカウントのTwitterのページから行えます。 相手からフォローされている、自分がフォローしているアカウントであれば、フォローやフォロワーの一覧からも可能です。 やり方はPCもスマホも画面の大きさに差があるだけでほとんど変わりありませんので、PC版を中心に説明していきます。 【Twitterのツイートから行う方法】 ツイートの右上にある下向き矢印をタップします。 ハッシュタグは「 怖い話」など頭に「 (半角のシャープ)」がついたタグのことを差します。 ただし、単語が部分一致だったことに対し、ハッシュタグは 完全に一致するもののみミュートすることになります。 先ほど挙げた「 怖い話」だと、「 怖い話をしませんか」というハッシュタグはミュートされません。 また、キーワードに「怖い話」と入力た場合であっても、ハッシュタグに「怖い話」が含まれているものはミュートされません。 入力できるのは1つのキーワードのみなので、複数を登録したい場合は改めて追加してください。 ミュートする対象も選択できます。 ホームタイムラインというのは、自分が見ているTwitterのタイムライン上に流れてくるのをミュートすることです。 タイムライン上で見かける分には問題ないのであれば、オフにしてもよいでしょう。 また、通知というのはそのミュートしたキーワードを含むリプライなどを通知するかどうかになります。 選択肢は「すべてのアカウント」と「フォローしていないアカウント」です。 「すべてのアカウント」を選択すると、文字通りすべてのTwitterのアカウントからのミュートキーワードを含んだリプライを通知しないようにすることです。 対し、「フォローしていないアカウント」を選択した場合、自分がフォローしている相手から送られたミュートキーワードを含むリプライの通知は届くことになります。 もちろん、オフにしてフォロー外の人からのミュートキーワードを含んだリプライ通知も受け取ることができることになります。 逆に、よほど見たくない単語であるならば「すべてのアカウント」を選択することをお勧めします。 Twitterでよく「バズる」という単語を聞くこともあると思います。 ひょんな一言がリツイートなどで多くのユーザーに拡散し、リプライなどの量も半端ないことが突然起こったりするケースもないわけではありません。 そんなとき、通知の設定を特に何もしないでいると、リプライの通知がガンガン来ることもあるかもしれません。 Twitterのアプリを利用している場合、その通知でいろいろと阻害されてしまう場合もあります。 そんなとき、特定のツイートのリプライの通知をミュートすることも可能です。 ツイートのリプライをミュートする場合、そのツイートを開き、右上の下向き矢印をタップしてメニューを開きます。 そこで「この会話をミュート」を選択すれば完了です。 なお、「ブロ解」という略称で通っている「ブロックしてからブロックを解除することで、フォローフォロワーの関係は解消されるけどそれぞれのユーザーページを見ることは可能」な方法もあります。 この場合、Twitterでの相互関係を無くしてフォロー外の関係となるわけですが、これに関しても少し調べることでブロックののち解除されたのだと確認することは可能です。 これに関しても賛否両論で、良しとする人もいれば悪しとする人もいます。 本人がそれを推奨しているとしても、再び関係性をもとに戻そうとするのは難しいと考えるのが妥当でしょう。 なにせ、ブロックしたという事実は変わらないのですから、相手に不信感を与える材料の一つとしては十分です。

次の