ミニ パンドラ ボックス x。 中華ゲーム機がレトロすぎて人気! 2018 全機種を比較

シュミ ミニパンドラボックスX 3160in 1 多機能家庭用アーケードゲーム機 格闘トーナメント レトロゲーム トーナメントレバー機の通販はau PAY マーケット

ミニ パンドラ ボックス x

えっ!?10年以上のハードなのに技術的な問題なの!? ミニシリーズは実機を小さくしたものではない 今まで発売されたミニシリーズって、昔の 実機を小さく作り直したものではないんです。 見た目こそ昔のハードに似てますけど、 中身は全く別物。 ミニシリーズの中身は簡単に言うと、小さなパソコンなんです! つまり、 ソフトウェアで昔のゲームを再現している、という訳なんですね。 スマホの画面が無いものが本体で、アプリで昔のゲームが動いていると言えば解りやすいかもしれません。 この昔のゲーム機をソフトウェアで再現するプログラムを、 エミュレーターと言います。 これまで、Windowsのパソコンなら昔のハードはほぼ全て再現できるくらい、様々なエミュレーターが開発されてきました。 そして今までのミニシリーズは全て、既存のエミュレーターの技術を流用したものなんです! だから、どこでもセーブなどの実機でにはなかった機能が実装されているんですね。 もうわかるかもしれませんが、この エミュレーターにおいてセガサターンだけが問題を抱えているという訳です! サターンのエミュレーターは完璧なものが存在しない セガサターンは20年近く前のハードにも関わらず、完成度の高いエミュレーターが存在しない。 これが、 サターンミニが発売されない理由になります。 サターンのエミュレーター自体は存在して、一応動くには動くんですが、 やはり メーカーから出す以上、中途半端な品質では出せないというのが実情だと思います。 では、今後セガサターンミニは絶対に発売されないのか?と言われると、可能性が無い訳ではないと思います。 セガサターンミニを実現する方法 ハードウェア的に当時のセガサターンをそのまま小さくする。 真っ先に思いつくのは、やはりこれじゃないでしょうか? 20年前のハードなので全然できることだとは思うのですが、そのためには新しいハードウェアを作る必要がある。 そうなると会社として利益を出すのが難しいとか、事情があるのかもしれませんね。 できたとしても、タイトルの切り替えをハード的に行わないといけないとかスマートさに欠ける問題もありそうw もしちっちゃいCDROMドライブ積んでて、CDの入れ替えまで再現してたら懐かしさは上がるから楽しそうではありますね。 それが無理なら、 エミュレーターを自社開発することですが、どちらにしろ開発費が相当かかりそう でも決して不可能では無いはずなので、いつかに期待しておきましょう! 僕はサターン派でした 初代プレステとサターンが発売された当時、僕はサターン派だったことを覚えています。 格闘ゲームが好きだった僕にとって、サターンの拡張RAMカートリッジによる読み込みの速さは圧倒的でした。 サターンにしか出ていない個性的なソフトには、名作がたくさんありました。 家庭用ゲーム機なのに18禁のソフトがあったのも印象的でしたよねw 結局ハード戦争的には負けてしまった形になりましたけど、思い出に残っている人は多いんじゃないでしょうか?.

次の

中華ゲーム機がレトロすぎて人気! 2018 全機種を比較

ミニ パンドラ ボックス x

お買い得商品!? 中華レトロゲーム機の最大の特徴は、その異常なまでの価格の安さです。 ファミコンミニなどメーカー純正レトロゲーム機の内蔵タイトルは20〜50程度。 それに比べて中華レトロゲーム機は、3000タイトルなど規模が違いすぎるんです! どう考えても明らかに安すぎますよねw そう、ゲームの著作権料を払ってないことは誰の目にも明らかなんです。 つまり違法的に制作して販売してるってこと。 中国やタイなどで海賊版と呼ばれる映画のコピー品などを売っているのと同じですね。 でもAmazonが容認してるってことは何か抜け道があるのかな?って… 気になったので少し調べてみました。 古いゲームだから著作権が切れてるとか? ゲームの歴史は結構古いもので、ファミコンが発売されてから既に35年近くが経っています。 著作権にも有効期限があるはずなので、もしかしたら古いゲームは切れてるのかも!? その上で中華レトロゲーム機が著作権切れのゲームのみ収録してるなら合法なんじゃ…。 団体名義の著作物 1899年7月15日に施行された旧著作権法(明治32年法律第39号)では、公表後30年までと規定されていた。 その後は、以下のような変遷をたどっている。 1967年7月27日 — 公表後32年に延長(昭和42年法律第87号、第3次暫定延長措置) 1969年12月8日 — 公表後33年に延長(昭和44年法律第82号、第4次暫定延長措置) 1971年1月1日 — 公表(または創作)後50年に延長(著作権法全面改正) 2018年12月30日 — 公表(または創作)後70年に延長(平成28年法律第108号、TPP11整備法) 出典: 著作物の有効期間はなんと公表後50年! さらに2019年からは公表後70年になるようです。 これだとゲームに関しては著作権切れのタイトルはほぼ存在しないと言えそうです。 買う側は著作権的にギリギリセーフとか? 販売側に違法性があるだけで買う側は私的利用の範囲なら許されるとか? 天下のAmazon で販売してる訳だし、可能性はあるかも…。 一昔前では露店などで売られているようないかにも怪しいものでしたが、近年ではインターネットオークションなどで正規品と偽って海賊盤が出品されているケースがあります。 このような違法な商品を購入した場合であっても、著作権法では購入者を罰するようにはなっていないため罪に問われることはありません。 たとえ海賊盤と知っていて購入しても…です。 出典: これは驚きの事実! 買うだけなら合法みたいです。 しかも違法と知っていても許されるってのはかなり意外。 さすがにAmazonから買っただけで逮捕されたらたまりませんよね… インターネットからダウンロードする場合は違法になるのに、買うなら許されるってのもおかしなルールですね。 それがもし細かいことを気にしない人だったら買ってしまうかも。 しかもお金を払って買っているという認識によって罪悪感なども無くなる、むしろ売る方が悪いとすら感じるのかもしれません。 いくら違法じゃないとしても、海賊版を買うことは著作権的に良くないことです。 ネオジオミニなど公式のレトロゲームを買おうとしてた人に、Amazonが海賊版の選択肢を提示するのはマズいですよね。 今までこういうグレーゾーンのものって、インターネットの地下に潜って初めて情報があるというようなハードルの高さがありました。 それがAmazonでこんなにおおっぴらに売っているというのは恐怖を感じますね。 人気の関連ページ!.

次の

パンドラボックスを買ってみた

ミニ パンドラ ボックス x

最近でよく見かけるようになったゲーム機のハードウェアがある。 その多くはや、に似せた作りになっている。 それだけでアウトだと思うが、更に酷いのは最初からのあるゲームが本体や付属するカード等に入っていることだ。 現在で売っているこれらの違法ゲーム機を8つあげてみよう。 ・ゲーム機:Goolsky RS-97 ポータブル ハンドヘルド ゲーム機 ・収録ゲーム数:内蔵 1151種類 ・売り文句:あなたの子供の頃の記憶を回復します。 ・ゲーム機:Whatsko ポータブルゲーム機 懐かし機 ・収録ゲーム数:1,000以上 (レビューの多くは500個と書いている) ・売り文句:四層のサーキットボード、のCPU、DDR2 (64M)など備えていますから、すらすら稼働します。 ・ゲーム機:COCOall ポータブルゲーム機 ハンドヘルドゲーム機 ・収録ゲーム数:3022種ゲーム ・売り文句:HDビデオ出力、音楽のサポート、3インチHD液晶スクリーン、TV出力のサポート、ビデオ再生できる多機能のゲーム機です。 ・ゲーム機:シュミ ポータブルゲーム機 ・収録ゲーム数:2500種ゲーム内蔵 ・売り文句:2500種ゲーム内蔵の5. ・ゲーム機:Docooler ポータブルゲーム機8GB ・収録ゲーム数:約100個 (親切なレビュアーのレビューより) ・売り文句:オススメ:男の子のための大きい贈り物です。 ・ゲーム機:Goolsky Retromini ゲーム コンソール 32ビットポータブル ・収録ゲーム数:内蔵40ゲーム レビューでは主に自炊用と書いてあったが、そもそも自分で吸い出せる技術力があるのかと疑問 ・売り文句:を更に小型に。 ・ゲーム機:Whatsko ポータブルゲーム機 8ビット FCレトロクラシックゲーム機 ・収録ゲーム数:藏88種ゲーム ・売り文句:テレビ出力、AV出力をサポートします。 (ただし、コンポジット出力) 8. ・ゲーム機:Whatsko 機 5S トーナメントレバー機 ・収録ゲーム数:1388種ゲーム内蔵 ・売り文句:で2P対戦が出来る! 他多数。 特徴をまとめると、 ・ヤバイにおいがプンプンする。 ・主に中国語の表記が多い。 ・購入済のレビューでもゲーム収録の報告とハードの使い勝手がリアルに書かれている。 ・の古い金型を流用してるのではと思うくらい激似の物もある。 ・アーケード・コントローラー一体型でテレビと接続させてプレイするものもある。 では、なぜこれらが流行るのだろう。 買う側に 『タダでゲームをやりたい。 』という要望。 供給する側に 『他人のふんどしで儲かりたい。 』という願望。 違法ゲーム機を生産する側に 『ハードの生産コストが下がったので採算が出る。 』という事実。 これらが根底にあるのではないかと想像する。 過去に似たような例がある。 正常なハードウェアを違法なでロックを解除し、ダウンロードしたゲームを遊べるようにしたものがあった。 、で流行った(CFW)である。 これは、いたちごっこが続いたがの度重なるアップデートにより防がれ、ほぼ撲滅できた。 悪い意味で一世を風靡したマジコンはゲームメーカーの共闘により駆逐された。 マジコンは既存のハードウェアに乗っかり、吸い出したゲームデータを使ってプレイする。 しかし、過去にマジコンは販売が差し止められたので、このように形を変えているが、中身はマジコンと同じである。 ハードと一体になって販売されているだけである。 各を搭載したハード自体の生産コストが下がったから、このようなことが出来るのだろう。 R4などのマジコンが流行ったときも、ゲームが高くて買えないから悪い、に金を出せないという理由があったと思う。 しかも、製品の発売前にゲームデータが吸い出され、ネット上にアップロードされてることがあったとも聞く。 しかし、古いゲームだからタダでやって良いという道理はない。 これらのハードについて、メーカーは既に把握しているだろう。 違法性が認められる商品に関しては、過去の例から見ても販売が差し止められるだろう。 よく堂々と違法の機種について書けるなと思い、何人かレビュアーを見てみたが、ソレ系の商品に重複してレビューしている人もいたので、自演の業者が少なからず書いていることがわかった。 それに乗っかり、うっかり自身でレビューを書いたりしているとサイバー警察から『お尋ねの電話』が来るかも知れない。 (あくまでお尋ねで、いきなり逮捕とかはないと思うが) おしまい。 kisiritooru.

次の