皇學館大学。 皇學館大学の人物一覧

皇學館大学 偏差値 2020

皇學館大学

1 濱田浩一郎 濱田 浩一郎(はまだ こういちろう 1983年4月8日 - )は兵庫県相生市出身の歴史学者、作家、評論家、タレント。 専門は歴史学。 兵庫県立相生高等学校出身 2 松本美夕妃文 三重県 出身 松本美夕妃(まつもと みゆき、本名:笹野美夕妃、1980年11月6日 - )は日本のタレント、司会者、ナレーターである。 血液型はO型。 三重県伊勢市出身。 現在の活動名は西村美夕妃。 社会保険労務士やファイナンシャルプランナー、キャリアコンサルタントとしても活動している。 3 岡野裕行 茨城県 出身 岡野 裕行(おかの ひろゆき、1977年 - )は、日本の図書館情報学研究者[1]。 現在、皇學館大学文学部国文学科助教。 図書館情報学、現代文学が専門。 4 山野本竜規 山野本竜規(やまのもと たつのり、1976年5月27日 - )は、日本のフリーアナウンサー・スピリチュアルカウンセラー。 九州産業大学付属九州高等学校出身 5 山野本竜規専 三重県 出身 山野本 竜規(やまのもと たつのり、1976年5月27日 - )は、日本のフリーアナウンサー・神社神職。 6 吉田直樹 兵庫県 出身 吉田 直樹(よしだ なおき、1974年1月8日 - )は、兵庫県川西市出身のシンガーソングライター。 ビクターエンタテインメント所属。 関西学院大学理学部化学科卒業。 7 中川照将 福井県 出身 中川 照将(なかがわ てるまさ、1972年9月 - )は、日本の国文学者。 皇學館大学准教授。 中古文学が専門。 福井県出身。 学歴不詳。 2000年「『源氏物語』における物語の方法」で大阪大学文学博士。 8 山中優 山中 優(やまなか まさる、1969年2月7日 - )は、日本の政治学者。 専門は政治思想。 宗教法人生長の家本部職員。 大阪府立三国丘高等学校出身 9 松本丘 東京都 出身 松本 丘(まつもと たかし、1968年 - )は、日本の神道学者。 現在、皇學館大学文学部神道学科教授。 神道史、神道思想史が専門。 10 齋藤平 三重県 出身 齋藤 平(さいとう たいら、1964年12月26日 - )は、日本の国語学者。 皇學館大学教授。 三重県度会郡二見町松下(現在の三重県伊勢市二見町松下)出身。 三重県立宇治山田高等学校出身 11 豊住誠 豊住 誠(とよずみ まこと、1962年1月 - )は、日本の教育学者。 専門は英語教育。 皇學館大学文学部教授。 12 森真一 森 真一(もり しんいち、1962年 - )は、日本の社会学者。 現在、追手門学院大学社会学部教授。 専門は知識社会学、理論社会学、現代社会論、消費社会論、コミュニケーション論。 13 上小倉一志 北海道 出身 上小倉 一志(かみこくら ひとし、1961年1月 - )は、日本の書家。 皇學館大学准教授。 書道史が専門。 北海道出身。 14 岡野友彦 神奈川県 出身 岡野 友彦(おかの ともひこ、1961年5月 - )は、日本の歴史学者。 皇學館大学文学部教授、佐川記念神道博物館館長[1]。 博士(歴史学)。 神奈川県出身。 15 足立尚計 足立 尚計(あだち しょうけい、本名:角鹿 尚計(つのが なおかず)、1960年 - )は、日本の歴史学者、神道学者、歌人、エッセイスト、神職。 福井市立郷土歴史博物館副館長・学芸員。 日本文藝家協会会員。 日本ペンクラブ会員。 『短歌人』同人。 月光の会(福島泰樹主宰)所属。 氣比神社 福井県越前町気比庄 宮司を勤める。 大阪市生まれ(実家の先祖は山口県萩市出身)。 16 松浦光修 松浦 光修(まつうら みつのぶ、1959年(昭和34年) - )は、日本の歴史学者。 皇學館大学文学部国史学科教授。 専門は日本思想史。 「大国隆正の研究」により國學院大學から博士(神道学)。 九州学院高等学校出身 17 渡邉毅 渡邊 毅(わたなべ つよし、1959年 - )は、日本の教育学者。 18 富永健 京都府 出身 富永 健(とみなが たけし、1959年 - )は、日本の憲法学者。 19 荊木美行 和歌山県 出身 荊木 美行(いばらき よしゆき、昭和34年(1959年)4月 - )は、日本の歴史学者。 皇學館大学史料編纂所教授。 博士(文学)。 20 本澤雅史 香川県 出身 本澤 雅史(もとざわ まさふみ、1959年1月14日 - 2012年11月27日)は、日本の神道学者、神職。 宇佐神社(香川県さぬき市)禰宜。 皇學館大学文学部教授。 21 三遊亭栄楽 三重県 出身 三遊亭 栄楽(さんゆうてい えいらく、本名:川上昭光、1959年12月16日 - )は、福岡県嘉麻市出身の落語家。 円楽一門会所属。 出囃子は『勧進帳』『丘を越えて』。 22 新田均 長野県 出身 新田 均(にった ひとし、1958年6月 - )は、日本の神道学者・歴史学者。 皇學館大学・現代日本社会学部教授。 専門は日本近代政教関係史。 23 河野訓 宮崎県 出身 河野 訓(かわの さとし、1957年 - )は、日本の宗教学者。 現在、皇學館大学文学部神道学科教授。 宗教学、仏教学が専門。 24 大島信生 福岡県 出身 大島 信生(おおしま のぶお、1957年12月 - )は、日本の国文学者、国語学者。 皇學館大学教授。 上代文学と国文法が専門。 福岡県出身。 25 橋本雅之 橋本 雅之(はしもと まさゆき、1957年3月 - )は、日本の国文学者。 皇學館大学現代日本社会学部教授。 博士(文学)。 大阪府大阪市出身。 26 菅野覚明 東京都 出身 菅野 覚明(かんの かくみょう、1956年 - )は、日本の倫理学者。 元、東京大学教授。 現在、皇學館大学教授。 専攻は日本倫理思想史。 27 川添裕 川添 裕(かわぞえ ゆう、本名:古谷 祐司、1956年1月 - )は、文化史家・日本文化史家。 現在、横浜国立大学教育人間科学部教授、見世物文化研究所代表。 専門は落語、見世物、歌舞伎などの芸能娯楽・大衆文化を中心とする日本文化史、および文化交流論、国際横浜学、接続文化史(日米英および東アジア)。 栄光学園高等学校出身 28 加茂正典 大阪府 出身 加茂 正典(かも まさのり、1955年4月 - )は、日本の歴史学者。 皇學館大学教授。 博士(文化史学)(同志社大学、2001年)。 29 外山秀一 宮崎県 出身 外山 秀一(とやま しゅういち、1954年6月 - )は、日本の地理学者、考古学者。 専門は考古地理学、環境考古学等。 現在、皇學館大学文学部教授。 『山梨県史』編纂専門調査員。 宮崎県日南市出身。 30 村瀬信一 東京都 出身 村瀬 信一(むらせ しんいち、1954年(昭和29年)10月 - )は、日本の歴史学者。 専門は日本近代政治史。 東京都出身。 31 平泉隆房 福井県 出身 平泉 隆房(ひらいずみ たかふさ、1954年(昭和29年)2月 - )は、日本の歴史学者。 金沢工業大学教授・平泉寺白山神社宮司・玄成院第二十六世・日本学協会理事長。 専門は日本中世史、神道史。 博士(文学)。 福井県立勝山高等学校出身 32 田浦雅徳 熊本県 出身 田浦 雅徳(たうら まさのり、1953年(昭和28年)11月 - )は、日本の歴史学者。 皇學館大学文学部国史学科教授。 専門は日本近現代史。 33 深津睦夫 岐阜県 出身 深津 睦夫(ふかつ むつお、1953年1月 - )は、日本の国文学者。 中世文学が専門。 現在、皇學館大学文学部教授。 博士(文学)。 34 髙倉一紀 高倉 一紀(たかくら かずのり、1952年2月18日 - )は、日本の国文学者。 近世学芸史、書誌学等が専門。 皇學館大学文学部教授。 35 岡田登 岡田 登(おかだ のぼる、1952年2月 - )は、日本の歴史学者、考古学者。 36 白山芳太郎 白山 芳太郎(しらやま よしたろう、1950年2月28日 - )は、日本の神道学者、歴史学者。 現在、皇學館大学文学部・大学院文学研究科教授。 博士(文学)。 神道史、日本中世史(思想史)が専門。 37 深草正博 深草 正博(ふかくさ まさひろ、1950年11月29日 - )は、日本の教育学者、歴史学者。 社会科教育学、生活科教育学、西洋史、経済史、環境世界史等が専門。 38 花谷幸比古 花谷 幸比古(はなたに ゆきひこ、1950年8月9日 - )は神職。 風水学研究家。 鍼灸師。 柔道整復師。 元大阪府日本中国友好協会副理事長。 元大阪府神社庁理事。 関西インドネシア友好協会顧問。 現在、鶴見神社宮司・大宮神社宮司・学校法人森之宮医療学園理事・大阪府神社庁参与。 39 芝博一 芝 博一(しば ひろかず、1950年4月21日 - )は、日本の政治家。 民主党所属の参議院議員(2期)。 皇學館高等学校出身 40 小堀邦夫 小堀 邦夫(こほり くにお、1950年 - )は、和歌山県生まれの神宮禰宜、神社本庁参与。 詩人、作家である。 41 芝博一文 三重県 出身 芝 博一(しば ひろかず、1950年4月21日 - )は、日本の政治家。 立憲民主党所属の参議院議員(3期)、参議院行政監視委員長、立憲民主党三重県連代表。 三重民主連合顧問。 42 櫻井治男 京都府 出身 櫻井 治男(さくらい はるお、1949年 - )は、日本の宗教学者。 皇學館大学教授。 博士(宗教学)。 日本宗教学会常務理事、財団法人国際宗教研究所理事等を務める。 43 上野秀治 東京都 出身 上野 秀治(うえの ひではる、昭和24年(1949年)4月14日 - )は、日本の歴史学者。 皇學館大学文学部教授。 専門は日本近世史。 旧姓松平。 44 出村龍日 出村 龍日(でむら りゅうにち、1949年 - )は、日本の宗教家・宗教学者。 八大龍王神を信仰し、宗教法人八大龍王神八江聖団総裁。 文学博士(皇學館大學)。 神社本庁の神職の有資格者。 教祖・出村龍聖の長子 45 清水潔 清水 潔(しみず きよし、1948年11月10日 - )は、日本の歴史学者。 皇學館大学教授。 博士(法学)(2008年・京都産業大学)。 三重県立上野高等学校出身 46 新谷崇一 新谷 崇一(あらや しゅういち、1948年6月 - )は、日本の教育学者・社会学者である。 福島大学行政政策学類教授。 47 米川直樹 米川 直樹(よねかわ なおき、1948年8月 - )は、日本のスポーツ科学者である。 三重大学教育学部教授。 48 上久保達夫 上久保 達夫(かみくぼ たつお、1948年9月29日 - )は、日本の教育社会学者。 元皇學館大学文学部教授。 農学、教育社会学(家族・異文化間教育・地域)、幼児教育論が専門。 49 半田美永 和歌山県 出身 半田 美永(はんだ よしなが、1947年8月23日 - )は、日本の国文学者。 近代文学が専門。 現在、皇學館大学文学部特別教授。 博士(文学)。 学生部長、文学部長、皇學館大学評議員、理事等を歴任。 国際熊野学会常任委員、子規研究の会代表理事 会長 、解釈学会常任委員、三重文学研究会代表、皇學館大学日中比較文学検討会代表。 50 井後政晏 三重県 出身 井後 政晏(いじり まさやす、1947年 - )は、日本の神道学者、神職。 皇學館大学文学部教授、神社本庁参与、神社本庁教学委員、大宮神明社宮司。 51 宮城洋一郎 北海道 出身 宮城 洋一郎(みやぎ よういちろう、1947年11月 - )は、日本の仏教史・社会福祉学者である。 皇學館大學教授。 52 安江和宣 鳥取県 出身 安江 和宣(やすえ かずのり、昭和19年(1944年)10月 - )は、日本の神道学者、神職。 専門は、神社祭式、有職故実。 皇學館大学文学部名誉教授。 神社本庁参与・祭式講師・教学委員。 洲河崎神社宮司。 53 渡辺寛 香川県 出身 渡辺 寛(わたなべ かん、昭和18年(1943年)3月 - )は、日本の歴史学者。 皇學館大学文学部名誉教授・館史編纂室長。 香川県出身。 香川県立高松高等学校出身 54 島原泰雄 島原 泰雄(しまはら やすお、1943年 - )は、日本の国文学者。 皇學館大学名誉教授。 近世文学が専門。 55 伴五十嗣郎 北海道 出身 伴 五十嗣郎(ばん いそしろう、1943年 - )は、日本の神道学者。 56 西山正容 西山 正容(にしやま まさやす、1942年6月4日 - )は、英語学者、英文学者。 シェイクスピア文学等が専門。 博士(文学)。 皇學館大学名誉教授。 57 所功 岐阜県 出身 所 功(ところ いさお、1941年(昭和16年)12月12日 - )は、日本の法学者、歴史学者、法制史学者。 専門は日本法制史。 学位は法学博士(慶應義塾大学・1986年)。 京都産業大学名誉教授。 公益財団法人モラロジー研究所教授(研究主幹)。 麗澤大学比較文明文化研究センター客員教授。 京都産業大学日本文化研究所客員教授。 皇学館大学特別招聘教授。 岐阜県立大垣北高等学校出身 58 惠良宏 福岡県 出身 惠良 宏(えら ひろむ、昭和15年(1940年)3月-)は、日本の歴史学者。 専門は、日本中世史。 特に中世在地領主制・御家人制を中心に研究。 皇學館大学名誉教授。 59 清水正教 長野県 出身 清水 正教(しみず まさのり、1940年7月 - )は、日本の画家(油画)。 皇學館大学名誉教授。 同志社高等学校出身 60 織田揮準 織田 揮準(おだ きじゅん、1939年 - )は、日本の教育学者。 三重大学名誉教授。 専門は、教育心理学、教育評価、教育工学。 61 大串兎紀夫 大串 兎紀夫(おおぐし ときお、1939年7月19日 - )は、日本の教育学者。 元皇學館大学教育学部教授。 生涯教育論、成人学習論、メディア教育が専門。 62 奥野純一 三重県 出身 奥野 純一(おくの じゅんいち、1937年12月 - )は、日本の国文学者。 元皇學館大学文学部教授。 三重県出身。 63 薗田稔 埼玉県 出身 薗田 稔(そのだ みのる、1936年 - )は、日本の宗教学者。 秩父神社宮司、京都大学名誉教授。 埼玉県立熊谷高等学校出身 64 萩吉康 萩 吉康(はぎ よしやす、1934年12月 - )は、日本の教育学者・社会学者である。 皇學館大学教授。 専門は、児童教育・社会福祉学。 65 高島昌二 高島 昌二(たかしま しょうじ、1931年 - )は、日本の社会学者。 龍谷大学名誉教授、皇學館大学名誉教授。 文学博士(文博第9号 京都大学)。 66 秋本守英 京都府 出身 秋本 守英(あきもと もりひで、1931年9月19日 - 2013年10月 )は、日本の国文学者、国語学者。 龍谷大学名誉教授、元副学長。 京都府出身。 67 上横手雅敬 上横手 雅敬(うわよこて まさたか、1931年(昭和6年)3月7日 - )は、日本の歴史学者。 京都大学名誉教授。 専門は日本中世政治史、日本中世社会史。 文学博士(京都大学、1971年)(学位論文「日本中世史研究」)。 和歌山県出身。 68 平野孝國 神奈川県 出身 平野 孝國(ひらの たかくに、1930年4月 - )は、日本の神道学者。 新潟大学名誉教授。 神奈川県出身。 69 山口宗之 佐賀県 出身 山口 宗之(やまぐち むねゆき、1928年8月5日 - 2012年3月21日)は、日本の歴史学者。 九州大学名誉教授、久留米工業大学名誉教授。 文学博士。 70 水地宗明 広島県 出身 水地 宗明(みずち むねあき、1928年 - )は、日本の哲学者。 滋賀大学名誉教授。 71 新野直吉 三重県 出身 新野 直吉(にいの なおよし、1925年7月28日 - )は、日本の歴史家。 日本古代史および東北地方史を専門領域とする。 文学博士(東北大学)。 かつての読みは「なおきち」。 72 新野直吉 新野 直吉(にいの なおよし、1925年7月28日 - )は、日本の歴史家。 日本古代史および東北地方史を専門領域とする。 文学博士(東北大学)。 かつての読みは「なおきち」。 73 岡野弘彦 三重県 出身 岡野 弘彦(おかの ひろひこ、1924年(大正13年)7月7日 - )は、日本の歌人。 日本芸術院会員、文化功労者、國學院大學名誉教授。 74 西宮一民 三重県 出身 西宮 一民(にしみや かずたみ、1924年7月18日 - 2007年5月6日)は、日本の国文学者・国語学者。 皇學館大学元学長。 勲三等旭日中綬章。 博士(文学)(京都大学、1994年)(「古事記の研究」)。 奈良県桜井市出身。 生家は談山神社の社家 75 真弓常忠 真弓 常忠(まゆみ つねただ、1923年 - )は、日本の神職。 神道学者でもある。 元住吉大社宮司。 76 田中卓 田中 卓(たなか たかし、1923年(大正12年)12月12日 - )は日本の歴史学者。 皇學館大学名誉教授。 皇學館大学学事顧問。 皇學館大学元学長。 有限会社青々企画代表。 専門は日本古代史。 文学博士(旧制・國學院大學)。 大阪府出身。 77 鎌田純一 鎌田 純一(かまた じゅんいち、1923年 - 2014年7月15日[1])は、日本の神道学者、歴史学者。 宮内庁侍従職御用掛。 皇學館大学名誉教授。 78 上杉千郷 三重県 出身 上杉 千郷(うえすぎ ちさと、1923年4月3日 - 2010年6月30日)は、日本の狛犬研究家、神職。 学校法人皇學館常任顧問。 79 大野俊康 三重県 出身 大野 俊康(おおの としやす、1922年(大正11年)5月20日 - 2013年(平成25年)4月16日)は、日本の神職。 靖國神社宮司(第7代)。 本渡諏訪神社名誉宮司。 80 岡田重精 岡田 重精(おかだ しげきよ、1920年3月15日 - 2013年8月11日)は、日本の宗教学者。 元学校法人皇學館大学理事長、皇學館大学名誉教授。 文学博士 東北大学。 81 小林計一郎 小林 計一郎(こばやし けいいちろう、1919年5月21日 - 2009年11月1日)は、日本の歴史学者。 長野県長野市生まれ。 長野県史編纂委員、長野郷土史研究会会長(初代)、信州短期大学元教授。 長子は、長野郷土史研究会の二代目会長の小林一郎。 82 荒川久寿男 茨城県 出身 荒川 久壽男(あらかわ くすお、1918年(大正7年)6月11日 - 1986年(昭和61年)12月31日)は、日本の歴史学者。 元皇學館大学教授。 83 清水孝之 愛知県 出身 清水 孝之(しみず たかゆき、1918年11月5日 - 1994年3月1日)は、国文学者。 84 荒木見悟 広島県 出身 荒木 見悟(あらき けんご、1917年 大正6年 5月21日 - )は、日本の中国哲学者、九州大学名誉教授。 85 吉岡勲 岐阜県 出身 吉岡 勲(よしおか いさお、1914年3月23日 - 1993年5月4日)は、日本の歴史学者である。 岐阜県の郷土史研究に従事。 皇學館大学助教授。 岐阜県立本巣松陽高等学校出身 86 三木正太郎 三木 正太郎(みき しょうたろう、1913年6月11日 - 1988年10月4日)は、日本の思想史学者。 皇學館大学教授。 平田篤胤について研究。 87 足立巻一 三重県 出身 足立 巻一(あだち けんいち、1913年6月29日 - 1985年8月14日)は、日本の小説家、詩人、エッセイスト。 元大阪芸術大学教授。 88 木本正次 三重県 出身 木本 正次(きもと しょうじ、1912年10月5日 - 1995年1月26日)は、日本の小説家。 毎日新聞元編集委員。 89 久保田収 富山県 出身 久保田 収(くぼた おさむ、明治43年(1910年)7月22日 - 昭和51年(1976年)12月7日)は、日本の歴史学者。 専門は神道史。 文学博士。 90 野間光辰 大阪府 出身 野間 光辰(のま こうしん、1909年11月 - 1987年4月30日)は日本の国文学者。 号は般庵。 京都大学名誉教授。 専門は近世日本文学で、井原西鶴研究の第一人者。 大阪府出身。 大阪府立生野高等学校出身 91 坂村真民 三重県 出身 坂村真民(さかむら しんみん、1909年1月6日 - 2006年12月11日)は、日本の仏教詩人。 本名昂(たかし)。 一遍の生き方に共感し、癒しの詩人と言われる。 92 櫻井勝之進 三重県 出身 桜井勝之進(さくらい かつのしん、1909年 - 2005年)は、日本の神職。 93 篠田康雄 三重県 出身 篠田 康雄(しのだ やすお、1908年1月3日 - 1997年2月1日)は日本の神職。 熱田神宮宮司、皇學館大学理事長・総長。 94 大石義雄 山形県 出身 大石 義雄(おおいし よしお、1903年1月8日 - 1991年4月29日)は、日本の法学者。 専門は憲法学。 学位は法学博士(立命館大学・1947年)。 京都大学名誉教授。 従三位勲二等瑞宝章。 山形県出身。 95 芳賀檀 東京都 出身 芳賀 檀(はが まゆみ、1903年7月6日 - 1991年8月15日)は、日本の評論家、ドイツ文学者。 筑波大学附属高等学校出身 96 佐中壮 鳥取県 出身 佐中 壮 さなか そう、明治36年(1903年) - 平成4年(1992年))は、日本の東洋史学者。 大阪府立大学名誉教授。 97 野口恒樹 野口 恒樹(のぐち つねき、1901年 - 1989年)は、日本の哲学者。 福岡県生まれ。 大学教授。 98 小島鉦作 三重県 出身 小島 鉦作(こじま しょうさく、1901年(明治34年)4月13日 - 1996年(平成8年)8月29日)は、日本の歴史学者。 成蹊大学名誉教授。 愛知県出身。 99 重松信弘 愛媛県 出身 重松 信弘(しげまつ のぶひろ、1897年2月24日 - 1983年11月13日)は、日本の国文学者。 源氏物語の思想研究における第一人者。 愛媛大学名誉教授。 100 岸信介 山口県 出身 岸 信介(きし のぶすけ、1896年〈明治29年〉11月13日 - 1987年〈昭和62年〉8月7日)は、日本の政治家、官僚。 位階は正二位、勲等は大勲位。 旧姓佐藤(さとう)。 山口県立山口高等学校出身 101 平泉澄 福井県 出身 平泉 澄(ひらいずみ きよし、 1895年(明治28年)2月15日 - 1984年(昭和59年)2月18日)は、福井県大野郡平泉寺村平泉寺(現在の福井県勝山市)出身の歴史学者。 専門は日本中世史。 代表的な皇国史観の歴史家といわれる[1]。 東京帝国大学元教授。 平泉寺白山神社第3代宮司、名誉宮司。 玄成院第二十四世。 皇學館大学学事顧問。 文学博士。 号は布布木の屋・寒林子・白山隠士。 名前の「澄」の一字は、白山の開祖泰澄に由来する。 近衛文麿など政界とのつながりも深かった。 [2][3] 福井県立大野高等学校出身 102 浜地文平 三重県 出身 浜地 文平(はまち ぶんぺい、明治26年(1893年)2月22日 - 昭和61年(1986年)6月21日)は、昭和期の日本の政治家。 衆議院議員(当選8回)、皇學館大学理事長(第3代)などを務めた。 三重県度会郡吉津村(現・南伊勢町)出身。 103 原田敏明 三重県 出身 原田 敏明(はらだ としあき、1893年11月1日 - 1983年1月17日)は、日本の民俗学者、宗教学者。 東海大学名誉教授。 熊本県出身。 104 井野碩哉 井野 碩哉(いの ひろや、1891年(明治24年)12月12日 - 1980年(昭和55年)5月19日)は、日本の政治家、官僚。 農林大臣(第20代)、拓務大臣、弾劾裁判所裁判長(第30代)、衆議院議員(1期)。 戦後の公職追放解除後、参議院議員(3期)、法務大臣などを務めた。 兄は満州国最高法院長の井野英一。 開成高等学校出身 105 井上孚麿 長崎県 出身 井上 孚麿(いのうえ たかまろ、1891年(明治24年) - 1978年(昭和53年))は、日本の歌人・法学者。 元台北帝国大学教授、元法政大学教授、元亜細亜大学教授。 106 長谷外余男 石川県 出身 長谷 外余男(はせ とよお、1890年1月2日 - 1973年8月15日)は日本の神職。 元熱田神宮宮司。 107 澤瀉久孝 三重県 出身 澤瀉 久孝(おもだか ひさたか、1890年(明治23年)7月12日 - 1968年(昭和43年)10月14日)は、日本の国文学者。 文学博士。 108 千田憲 徳島県 出身 千田 憲(せんだ けん、1889年2月15日 - 1974年12月23日)は、日本の国文学者。 元京都女子大学教授。 109 太田亮 三重県 出身 太田 亮(おおた あきら、1884年7月1日 - 1956年5月27日)は、日本の歴史学者。 氏族制度の研究で知られる。 110 大倉邦彦 佐賀県 出身 大倉 邦彦(おおくら・くにひこ、旧姓:江原 、1882年(明治15年)4月9日 - 1971年(昭和46年)7月25日)は日本の実業家・教育者。 佐賀県立佐賀西高等学校出身 111 秦真次 三重県 出身 秦 真次(はた しんじ、1879年(明治12年)4月6日 - 1950年(昭和25年)2月24日)は、日本の陸軍軍人、神職。 最終階級は陸軍中将。 112 安藤正次 三重県 出身 安藤 正次(あんどう まさつぐ、1878年9月13日 - 1952年11月18日)は、日本の国語学者。 元台北帝国大学総長、東洋大学教授、文部省国語審議会会長。 113 新村出 新村 出(しんむら いずる、1876年(明治9年)10月4日 - 1967年(昭和42年)8月17日)は、日本の言語学者、文献学者。 京都大学教授・名誉教授で、ソシュールの言語学の受容やキリシタン語の資料研究などを行った日本人の草分けである。 静岡県立静岡高等学校出身 114 山田孝雄 富山県 出身 山田 孝雄(やまだ よしお、1873年(明治6年)5月10日(実際には1875年(明治8年)8月20日) - 1958年(昭和33年)11月20日)は、日本の国語学者。 富山県立富山高等学校出身 115 賀陽宮邦憲王 賀陽宮邦憲王(かやのみや くにのりおう、1867年7月2日(慶応3年6月1日) - 1909年(明治42年)12月8日)は日本の皇族、伊勢神宮祭主。 116 武田千代三郎 武田 千代三郎(たけだ ちよさぶろう、1867年5月27日(慶応3年4月24日)- 1932年(昭和7年)5月26日)は、日本の内務官僚、教育者、スポーツ指導者。 県知事、神宮皇學館長、大日本体育協会副会長、大阪市立高等商業学校長。 駅伝競走の命名者として知られる。 117 上田萬年 上田 萬年(うえだ かずとし、1867年2月11日(慶応3年1月7日) - 1937年(昭和12年)10月26日)は、日本の国語学者、言語学者。 東京帝国大学国語研究室の初代主任教授、東京帝国大学文科大学長や文学部長を務めた。 小説家円地文子の父。 教え子に新村出、橋本進吉、金田一京助、亀田次郎らがいる。 また、文部省専門学務局長や、1908年に設置された臨時仮名遣調査委員会の委員等を務めた。 1908年帝国学士院会員。 東京都立日比谷高等学校出身 118 松浦寅三郎 長崎県 出身 松浦 寅三郎(まつうら とらさぶろう、慶応2年8月4日(1866年9月12日) - 昭和22年(1947年)1月15日)は、日本の教育者。 東京都立日比谷高等学校出身 119 冷泉為紀 冷泉 為紀(れいぜい ためもと、1854年 - 1905年)は日本の歌人。 上冷泉家21代当主。 父は冷泉為理。 明治17年(1884年)7月7日、伯爵を授かる。 明治31年(1898年)から死去まで伊勢神宮の大宮司をつとめた。 子は冷泉為系。 120 中田正朔 三重県 出身 中田 正朔(なかた まさもと、1840年 - 1913年)は、神職。 121 鹿島則文 鹿島 則文(かしま のりぶみ、1839年1月13日 - 1901年10月10日)は、幕末・明治時代の神職。 122 久邇宮朝彦親王 久邇宮朝彦親王(くにのみや あさひこしんのう、文政7年2月27日(1824年3月27日) - 明治24年(1891年)10月25日)は、幕末から明治時代初期の皇族。 伏見宮邦家親王の第四王子。 「ともよし」とも読む。 通称に中川宮。 123 矢野由起 矢野 由起(やの ゆき)は、日本の教育学者。 滋賀大学教育学部教授。 専門は、家庭科教育、栄養教育。 124 大倉三佳 三重県 出身.

次の

皇學館大学 ICT

皇學館大学

この度、新型コロナウィルス感染症への緊急事態宣言による休業要請に伴い、家計が急変された学生及び保証人の皆様に国の修学支援新制度および本学の奨学金制度等について、下記の通りご案内申し上げます。 詳細は、以下よりご覧頂けます。 の内容も併せてご参照いただき、「支給対象者の要件」に該当するかご確認をお願いいたします。 ・ 貸与奨学金(日本学生支援機構) 新型コロナウィルス感染症の影響を受けて家計が急変した学生を支援するため、緊急採用(1種・無利子)、応急採用(2種・有利子)の申し込みを随時受け付けています。 対象となる事由 : 新型コロナウィルスの影響により家計が急変した場合 適用期間 : 令和2年1月以降申し込み時点まで (通常は「事実発生の翌期に限る」となっていますが、適用 期間を延長します) 申込期日 : 8月31日(月) 授業料の減免、貸与奨学金(学内奨学金)の申し込みにあたっては、国の修学支援新制度(新型コロナウィルスの影響による家計急変)の申し込み手続きを7月16日(木)までに完了して頂いた上で、その認定結果が判明した後(8月中旬)以降に、授業料の減免(学内奨学金)もお申し込み頂きます。 授業料の減免や貸与奨学金等、学内奨学金制度の詳細については、よりご確認ください。 借用時、指導教員の承認印と、学生証、印鑑、収入印紙(200円)が必要です。 (収入印紙は会計担当窓口でも購入可能) <新型コロナウィルス感染症の影響による家計急変への対応> 新型コロナウィルス感染症の影響による家計急変で、緊急に金銭が必要になった際は、 上限を20万円として6カ月無利子で利用できます。 ・年度を超えての貸し付けを可とします。 ただし、学籍を離れる場合はこの限りではありません。 借用時、指導教員の承認印と学生証、印鑑、収入印紙が必要です。 ・印紙税額:1万円以上10万円以下は200円、10万円を超え50万円以下は400円(収入印紙は会計担当窓口でも購入可能)。 ・貸し付けが5万円を超える場合には保証人の承認印が必要となります。 ・窓口への来訪が困難な場合は、郵送での書類申し込みや、授業料振替口座への貸付金振込も可能です。 (お問い合わせ先) 学生支援部 学生担当 TEL 0596-22-6317 E-mail:gakusei kogakkan-u.

次の

皇學館大学 偏差値 学費 学部学科 情報 2020

皇學館大学

お知らせ 令和2年6月15日 送料改定のお知らせ 平素よりご高配を賜り、誠にありがとうございます。 さて、皇學館大学出版部へ書籍をご注文されるお客様に、令和2年7月1日より、 書籍送料を400円から440円(税込)に改定させていただきます。 何卒ご理解、ご協力をお願い申し上げますとともに、今後も変わらぬご愛顧を 賜りますよう重ねてお願い申し上げます。 令和元年7月11日 注文確認メールについて ホームページより注文情報を送信いただくと、注文フォームに入力いただいたメールアドレスに注文確認メールが届きますが、お客様のメール環境によって注文確認メールが、迷惑メールに分類されてしまう場合がございますので、迷惑メールもご確認下さい。 平成30年3月26日 神宮御師資料第1輯から第8輯まで刊行しました 今まで品切れとなっていた、『神宮御師資料第2輯 外宮篇1』をあらためて原本と照合し、旧版の誤植を訂正・改版。 神宮御師の活動を総合的に解明する基本資料が、今なら 1輯から8輯まで 全巻揃います! 平成28年12月8日 講演叢書購読会員募集中! 昭和37年から開始している「月例文化講座」や各学科での講演会等を冊子にした、講演叢書。 1冊本体価格477円 税込515円)の講演叢書を年間約5冊セットにして、直接お送り致します。 PRICE著 本学文学部教授豊住 誠・本学非常勤講師サミュエル・アネスリー共訳 今、話題の伊藤若冲!解説書付きDVDです。 H28. 22~5. 24 東京都美術館「若冲展」でも販売しておりました。 あまりの混雑で購入できなかった方も是非! 平成26年9月19日 續日本紀史料 全二十巻ついに完結 皇學館大学研究開発推進センター史料編纂所 編 全二十巻二十二冊、編纂に着手してから四十年近い歳月をかけて、皇學館大学創立百三十周年・再興五十周年記念事業の一つとして完結。 勅撰の国史である『續日本紀』を基本史料として、その所収年代である文武天皇元年(六九七)から桓武天皇延暦十年(七九一)まで九代九十五年間の関係史料を整理し、編年集成した資料集。 この機会にセットでご注文の方に限り、二割引になります。

次の