ぱく た そ。 大ぱくのブラ三研究所【ブラウザ三国志】

あいぱく / アイスクリーム万博

ぱく た そ

今回は総合ランキングに注目しましょう。 総合ランキング報酬は以下のようになっています。 ワールド内では 「蜀軍」 「魏軍」 「呉軍」 「他軍」 の4つの陣営に分かれて クト達成で獲得できるイベントポイントの合計を競います! となっております。 各陣営のプレイヤーのイベントポイントを総合した値で、4陣営の中での『最優秀陣営』が決まります。 これについては、多くのプレイヤーが関わってきますので、マッチング運によるところが大きいと思います。 最優秀陣営を狙って取ることは非常に困難ですので、「その他の陣営報酬」を念頭に置いておくのが良さそうです。 『玉璽チケット』や『SL』を目標とするのであれば、総合ランキング5位以内もしくは10位以内を狙うことになります。 【総合ランキングの要素】 イベント鯖での「総合ランキング」の算出基準です。 10位以内を目指す方は、クトは全てクリアするでしょうから、優先度1と2の項目に差はなくなります。 そのため差が付くのは、優先度3の「総破壊ダメージ」となると考えられます。 これは砦の耐久を削った値(兵器ダメージ)の総数となります。 ・砦陥落から12時間経過後、砦は復活します。 ただ、効率的に狙うためには遠征が必要になります。 特に投石機は基本的に壊れませんので、一度作れば良いことになります。 ・砦陥落から12時間経過後、砦は復活します とのことですので、その拠点セットから繰り返し落としていくことが可能になります。 砦を包囲しておけば、他同盟のプレイヤーに攻撃されることはありませんので、自分の場所を見つけたら、包囲しておきたいものです。 ちなみに12時間経過後となっていますが、前回のイベント鯖では、 「陥落から12時間経過した後の最初の30分」に復活していました。 通常ワールドの砦では、「毎時30分にすべての拠点の兵士数および武将HPが1%回復します」となっていますので、それと同様に毎時30分に復活処理が行われているのだと考えられます。 陥落からちょうど12時間後ではありませんので、ご注意ください。 また、砦を落としても名声などの報酬はありません。 クトをクリアすることで名声を入手するシステムとなっています。 攻略関連のクトもありますので、その場合は攻略が必要となりますが。 遠征や拠点作成、鹵獲などの準備もそうですが、12日間毎日繰り返し出兵するため、時間的な余裕が必要となります。 また、微妙に出兵時間がズレてきますので、復活管理やスキルの回復の管理など、上を目指すと意外と作業が多くなり、大変になります。 ということで、結局は 忍耐力の勝負になるような気がします・・・ daipaku 今回は防御編をお送りします。 イベント鯖の日程の中で1日1回、合計 11回の敵襲があり、防衛成功すると段階的に相手の攻撃力が増していきます。 【敵襲の流れ】 運営による説明は以下の通りです。 敵襲は8:00 - 12:00までの間に発生して、12時間後に本拠地に到着します。 防衛に成功すると、次回敵襲では敵部隊が増強され、 防衛に失敗すると、次回敵襲は再度同じ敵部隊が敵襲してきます。 つまり、敵襲は2日目以降、毎日20:00~24:00の間に本拠地に到着します。 着弾時間は毎日ランダムになりますので、同盟員と離れる場合と近い場合が出てきます。 その着弾時間に同盟員と差が大きければ、援軍を送り合うことも可能となります。 ここで注意すべきは、「防衛に失敗した場合」です。 ですので、11回目の敵襲を受けたい場合には、2日目以降に毎日本拠地防御を行う必要があります。 以前は鹵獲や攻撃をしていて、防御をセットすることを忘れるケースも多かったようですが、今はダブルデッキなのでかなり楽になりました。 心配な方は昼を過ぎたくらいから、本拠地は防御で固めておくと良いでしょう。 daipaku 【ブショーダスSP 】 6月第1週はのSPとなっています。 毎年恒例となっておりますが、イラストがもう出尽くした感がありますよね・・・ これまで扱っていない中国のイベントなどを導入しても良さそうですが。 今回は新カードが4種類追加となっているようです。 【カード排出確率】 SL :0. 30% L :1. 20% UR :3. 76% SR :9. 00% R :85. 「智将帝砕器LV4 」 「兵器大烈攻LV4」 を所持した 新カード 「No. 2350 SL・」 が初登場! 「智将帝砕器」 は兵器と剣兵兵科の武将の攻撃力、 城・砦・村への攻撃力、移動速度が上昇する 新スキル となっています。 その他、 「剴切の天劫令LV2」「剴切の天攻奪LV2」 を所持した 「No. 4530 L水鏡娘・水鏡」や 「副将の鏡LV10」 を所持した 「No. 4531 Lパンダ(仮)」 が 再登場しています。 最近は各ジャンルの新スキル(=新SL)が毎週追加されていますので、それを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。 『智将帝砕器』は知力依存のスキルですので、この状態で知力をMAXの「121. 80」にすると、効果は「攻撃力が550. また、攻撃力アップ率に注目して計算すると、Lv10では「1166. SL水鏡が気軽に入手できるようにならないと、上げるのは現実的ではありませんが(笑) ちなみにこれの一つ下のランクとなった「智将天砕器」ですが、知力121. 80にして、Lv10にすると「兵器と剣兵兵科の武将の攻撃力、城・砦・村への攻撃力が777. 初期段階で「主将の鏡」が付いていますので、この段階で攻撃力アップ率は「1554. これに加えて「副将の鏡」をセットできますし、再度指南亀が排出されるのであれば「主将の鑑」も付与可能となります。 そう考えると、 SL・の出番が来るのかどうか、微妙な気がします。 11周年キャンペーンでSL水鏡入りのパックが発売されるのでしょうが、育てたいSLカードがその際にも追加されるでしょうから、後回しになりそうです。 「主将の帝明鏡」や「副将の帝明鏡」が実装されたとしても、複数枚の入手は困難でしょうし・・・ 多くの方がそう感じているようですが、現在の状況ではSLの育成は悩ましいものです。 daipaku 【城状況】 6月3日の6:00に開戦したのですが、6:27には既に一つ目の城が制圧されております。 その後も短時間で6つの城が制圧されました。 複数チームで狙っている場合には、運の勝負になることもあります。 特に今回は、城に対して偵察ができないルールですので、運の割合が大きい状況だと思います。 ちなみに建業だけが12時まで落とせていないのは、襄陽のことがあり、全てのチームが戦略を練って複数人でタイミングを合わせようとしたためだと考えています。 そして、現時点までの状況は以下のようになっています。 24時間の保護期間がありますが、それでも2日目は3つの城しか動いていないのが興味深いですね。 やはり、守る側が妨害行為に必死になりますので、初日よりも削りにくくなっているのでしょう。 妨害行為の中720万の耐久を削るのは、かなりハードな作業だと思います。 ちなみに、保護期間の間は暇になりそうだという意見もありましたが、進軍準備や拠点作成、そしてリアルの都合などで意外とバタバタだったような感じです。 4つの城の保護は明けていますので、3日目は朝からハードな戦いが繰り広げられることでしょう。 【ルールの追加について】 イベントの開催中ではありますが、重要な内容が指摘されましたので、幹部で検討した結果、以下のルールを追加することとなりました。 我々の想定不足でありますので、その点はお詫び申し上げます。 ・軍事拠点の取り扱いについて 軍事拠点ではない拠点は攻撃・破壊できないことになっていましたが、それを利用して「城を関係のない拠点で包囲して攻撃を回避する方法」や「城周辺に足場をキープする方法」が懸念されました。 それを回避するために、以下のルールを追加しました。 また、イベント参加者が、開戦後に関係のない拠点を作る必要がないこともポイントとなっています(準備期間がありましたので)。 例外として、「(非戦)と拠点名に付けた拠点」は、イベントに関係ない拠点(非戦拠点)とみなす。 非戦拠点を攻撃してはならない。 ただし、非戦拠点の軍事利用は不可である。 足場利用、非戦拠点に対する援軍出兵などの軍事利用が認められた場合には、破壊可能とする。 加えて、イベント参加者が『6月4日0時以降に建設した拠点』は、 全て軍事拠点とみなす。 軍事砦に関しては、拠点名の(方)の有無に関わらず他チームからは破壊可とする。 ただし、所有者は拠点名に(方)を付けていない場合は出兵不可とする。 新たに拠点を作った場合には、出兵前に必ず拠点名に(方)を付けること。 ・(方)以外の拠点からの出兵について ルール上、方の付いていない拠点からの領地取得は可としてありましたが、これは1ヵ所の領地取得を前提にした項目でした。 例えば本拠地から1回出兵し、城付近の拠点用地を取得するというイメージです。 ただ、例えば本拠地から城に向かって進軍する方が出てきましたので、詳細な内容の追加を行いました。 (追加ルール-2) よって、今後は1か所の領地取得のみを可とする。 つまり、方のついていない拠点からの進軍(複数領地取得)は不可となる。 以上の2点が追加となっております。 遵守のほど、よろしくお願い致します。 その中でのクトの一部が公開されていましたので、今回はそちらを確認していきたいと思います。 このように前回と難易度は変わりませんが、玉璽チケットが報酬としてもらえるようです。 今回はこのクトの攻略について考えます。 ですので、これ以上の攻撃力があれば撃破スコア25,000,000をクリアできるとのことでした。 新兵科に対する防御力が弱いのが分かりますので、新兵科で狙うのがお勧めです。 やはり1体当たりの攻撃力の高い大錘兵が有利ですよね。 攻撃を考えると、大錘兵がお勧めとなります。 これがクリアできれば1発で殲滅できるということですが、もちろん何回かに分けて殲滅することも可能です。 引率武将を何枚か育てておくと良さそうです。 作成費用に比べてアップ率が高い引率カードとしては、「飛蹄進軍」でしょうか。 副将には、Rの「飛蹄進軍持ち」を入れたいところです(無駄遣いしていたようで持っていませんでした)。 こういう新兵科の極攻持ちRに「大神撃」or 「大天撃」を付与して、上げるのも高いと思います(微課金向け)。 ただ、大天撃を付与するなら、URかSRの4コスト覇武将に付けて、主将ミラーも併せて付けたいものです。 もちろん全軍令の育成も必要となります。 逆に言えば、全軍令が十分に育っていれば、引率は何でも構わないということになります。 1コストの女性武将でも大丈夫ですので、各所で攻撃することも可能となります。 このレベルまで達すると、同盟員のサポートが気楽にできるようになります。 投石が7万あればその10倍ということですので、この条件であれば、70万ダメージを上回ります。 4コスト以上の武将に『兵器の大天撃』が付与できれば楽なのですが、ワールドによっては付与素材(L)が市場に出回ることがわずか(ほとんどない)ですので、悩ましいところです。 最近?だと、数ヵ月前のSPの10連ボーナスで排出された感じです。 どちらも付与素材(指南パンダ or 指南亀)の入手機会がわずかですので、こちらも作成難易度は高いと思います。 そう考えると、Lの中でも比較的安いカードを使って作成する方が、トータルでは安価で作成できるのかもしれませんね。 『兵器の大天撃』初期持ちのLが比較的安価ですので、作成例として挙げました。 その他にもLであれば、4. 5コストの兵器引率スキル持ちが複数存在しますので、選択肢は広がります。 ただ、4. 5コストの場合は、入手コストおよび育成コストが高くなりますので、いずれにしても微課金・にはハードルが高い気がします。 また、今から準備すると間に合わないという方もいるでしょうから、そう考えると1発で破壊するのは厳しいという方も多そうです。 無難なのは2,3発で落とすということでしょうか。 兵器引率カードを複数枚用意する、もしくはパッシブスキルの往復カードを作っておくと便利でしょう。 カードが揃っていて、かつ時間が十分に確保できる方なら、2日目にはクリアするのではないでしょうか。 【ソロで攻略できない場合には】 あくまでも上記の基準は、ソロ攻略を目標としたものです。 「兵器スキルはあるけど、殲滅が難しい」や「後発鯖なので殲滅も兵器スキルも揃っていない」という方も多いと思います。 ですので、ソロで攻略が難しい場合には、同盟員にサポートしてもらうのが良いでしょう。 「殲滅をしてもらう」「半分兵を削ってもらう」「殲滅+必要な分耐久を削ってもらう」など様々なタイプのサポートが考えられます。 立案者はリルさんです! (参加者の皆様へ) 状況の報告、そしてルールの追加・変更があった場合にはこちらでお伝えします。 【 7城争奪戦】 今回は、通常の戦争行為とは異なり、7つの城を奪い合う形式にしております。 規定時間内の城の時間で勝敗を決するというものです。 本拠地は関係なく、この中の7つの城が目標となります。 このような戦いが日々繰り広げられる予定です。 【目的】 戦争行為に慣れる 戦略と事前準備の重要性を理解する 時間管理の重要性を理解する 育成すべきカードを理解する チーム内の交流(連携)を深める 【チーム】 本拠地のある方角でチームを組む(方位戦)。 現在、それぞれのチームの代表は 北東:うらかわみゆき 北西:まいける 南東:パズー 南西: となっています。 加入先をお間違えの無いようにお願いします。 【判定】 城をしていた時間をポイントとして算出し、最も高かったチームが優勝となる。 解説1 : 戦略の幅を広げるためにポイントに差を付けています。 どういう順番で狙っていくのか各チームで考えていることでしょう。 【攻撃対象】 城への攻撃および城へ攻撃するための軍事砦の攻撃のみ可能とする。 本拠地・倉庫村・鹵獲村への攻撃は不可とする。 一方、全ての領地に関する攻撃は可能とする。 加えて、城の隣接8マスのうち、1マスは各チームが保持した状態で開始する(すべてのチームが攻撃する権利を有した状態でスタート)。 この隣接地は1度城が落とされるまでは攻撃してはならない。 解説2 : 参加できるプレイヤーの数を増やすことが重要ですので、本拠地を攻撃せずに勝敗を決する方法を考えました。 本拠地が落とされないことにより、時間的、精神的な面で参加率が高くなると期待しております。 ただ、本拠地が落とされるかもしれないというあの緊張感は味わえませんので、それはまた別の機会で経験してもらいたいと思います。 【軍事砦】 同時に2つまで作成可能とする。 これらの軍事砦からの出兵のみが可能である(拠点用の空き地の取得は除く)。 拠点名の最初に(方)を付けることで区別する。 軍事砦からの出兵であれば、味方の軍事砦、領地、城など、どこに援軍を出しても良い。 それ以外の拠点からの攻撃・援軍が判明した場合には、ルール違反となる。 この軍事砦に関しては双方破壊可能であり、破壊された場合や破棄した場合には別途作成することが可能である。 開始後は、「(方)」を付けた拠点は、破壊されるか破棄をしなければ別の拠点へ変更できないものとする。 なお、軍事砦の作成場所はどこでも可能であり、本拠地を除く既存の拠点を使用しても良い。 その際は、拠点名の変更を忘れずに行う。 【偵察】 城に対する偵察はなしとする。 一方、軍事砦に対する偵察は可能とする。 非参加者は、母体同盟の防御ログや耐久を確認できないようにするために、7つの城全てが各チームの手に渡った段階で「」に再加入する。 この間の獲得ポイントで勝敗を決する) 【ルール違反・不正行為】 該当する行為があった場合には、そのチームのポイントを減ずる。 【審判】 大ぱく、リル他。 ルール違反・不正行為が疑われる場合には審判に連絡する。 daipaku 【ブショーダスSP 斧兵・双兵・錘兵:軍】 鋭兵の引率武将がラインナップされたSPです。 今回は各兵科でSLの新カードが追加になっています。 斧兵・双兵・錘兵で異なるSPとなっていますが、UR、SR、Rのカードのラインナップは同じです。 そのため、SLとLのカードの兵科を絞りやすくするための配慮だと考えられます。 「Lの神遠攻」や「〇〇の」が実装された時には、自分が欲しい兵科のカードは出ないと揶揄されていました。 それが今回は回避できるということですので、気分的には楽だと思います。 まぁ排出確率はかなり低いので、通出では出にくいでしょうが・・・ 【カード排出確率】 SL :0. 30% L :1. 20% UR :3. 76% SR :9. 00% R :85. 2349 SL・」 が初登場です。 その他には 「斧軍の神遠攻LV3」 を所持した 「No. 3301 L陳武」 など 厳選された斧兵科武将がラインナップされています。 ご了承ください。 今回は1回で3種類追加されました。 これから毎週1種類以上追加されると考えると、年内に50枚以上になりそうですね。 そろそろ玉璽チケットへの追加やトレードでの出品ができるようになっても良さそうですが。 さて、新カードのスキル構成ですが、これからどういうカード展開になるか分からない現状では、何とも言えませんね。 」 ということですので、3枠目には大極攻を付与することをイメージしているのでしょう。 ただ、大天撃の上位スキルが追加になったので、大極攻の上位スキルが追加される可能性は高いので、スキルレベルアップを考えても、「大極攻Lv1」の付与は控える方が大半なのではないでしょうか。 「主将の帝明鏡」や「副将の帝明鏡」が追加になるなら、初期のSL3兄弟の方が強くなるでしょうし。 「副将の帝明鏡」の仕様によっては、今回追加の3種類が副将として活躍することもあり得ますね。 【10連ボーナス】 3つを並べてみました。 当たり前ですが、どれも似た構成です。 いずれも10連ボーナスに目玉のカード「新SL」が入っています。 ただ、 トータルの枚数が31枚ですので、かなり厳しい勝負になると思います。 そこまでしてもすぐには使えない引率カードですので、今回は引くのを見送るという方が多いのではないでしょうか。 ただ、新規鯖で新兵科の引率を何も育てていない方や、これまでにLの神遠攻を持っていない方にとっては、チャンスかもしれませんね! daipaku.

次の

あいぱく / アイスクリーム万博

ぱく た そ

プログラムづくりや体験を通して 地域の気づかなかった魅力、奥深さ、おもしろさに出会い その豊かさに気づくきっかけづくりをします。 地域のファンをつくります。 自分の住む地域をスキになることこそ 持続可能な地域づくりへの第一歩だと考えます。 主役はあなたです。 「藤枝おんぱく」では、藤枝市全域で体験型プログラムが開催されます。 藤まつりの同じ時期に始まり、春の藤枝を満喫する とっておきのプログラムがあなたを待っています。 何故「温故知新」なの? 「温故知新」は「古きを温(たず)ねて新しきを知る」という意味ですが 「藤枝おんぱく」では「今ある物を新しい視点で」というスタンスです。 長い歴史をへて現在まで残っている地域資源を 新たな視点・多様な視点で見つめ直し 今まで気付かなかった「魅力」を探し、発信していきます。 藤枝市内全域で開催します。 まちの玄関「藤枝駅周辺」、歴史あふれる「東海道」 藤の花咲く「蓮華寺池公園」、緑豊かな「里山」など 藤枝市内全域を舞台として開催します。 実施団体 運営/ 一般社団法人 SACLABO 協力団体/ 藤枝市(商業観光課) 藤枝商工会議所 藤枝市商店街連合会 岡部町商工会 蓮華寺池保勝会 藤枝ホテル旅館組合 株式会社 まちづくり藤枝 ご協賛ありがとうございます.

次の

おうちでみんぱく

ぱく た そ

汐入ぱくクリニックのホームページを見ていただきありがとうございます。 院長の新井正晃(あらいまさあき)です。 以前は朴正晃(ぱくちょんふぁん)と名乗っていましたが、日本国籍を取得し氏名が変更になりました。 2014年に横須賀に移り住んで以来、たくさんの方々から応援を受けながら在宅医療に携わってきました。 その後、汐入駅前に自身のクリニックを開業して現在3年が経ちました。 その間、在宅医療をはじめ、一般外来・がん緩和ケア・認知症診療・漢方診療にも力を注いできました。 また、点滴療法や終末期医療などについて更に深く学ぶ機会を得て、実際の診療に取り入れています。 当院の理念は、日々の健康相談から人生の最後を迎えるお手伝いまで、地域の皆さまにとって医療が生活の一部となり、「その人らしさ」に寄り添って支えていく手助けとなることです。 これまでに数多くの患者様・ご家族様と関わらせていただく中で、私自身が大きく成長させてもらったと感じています。 開業後に始めた新しい治療の取り組みも少しずつ成果を上げています。 今後もたゆむことなく研鑽を重ね、さらに多くの知識・技術を身につけて地域の皆様の役に立てるよう努力してまいります。 健康のお悩みなら当院までご相談ください。 【訪問診療について】 訪問診療は事前のお申込みが必要となります。 また、事前のご相談も承ります。 下記の連絡先にご連絡ください。 宜しくお願いします。 これ以外のお電話はお受けできません。

次の