ダーク ナイト ハービー。 「ダークナイト」を振り返る:なぜバットマンはハービーを選んだのか? Part 1

「ダークナイト」を振り返る:なぜバットマンはハービーを選んだのか? Part 2

ダーク ナイト ハービー

ヒューマンドラマ映画 2019. 28 2020. 16 joukun ダークナイトのあらすじネタバレ口コミをまとめてみた!ジョーカーとハービーのラストとは? 2008年にアメリカ、日本でも公開された ダークナイトのあらすじ、ネタバレ、口コミについてお伝えしていきます! 2019年9月28日には地上波でも放送されるこの作品を是非チェックしてみて下さいねっ!! 新生バットマンシリーズの二作目である今作品はアメコミ映画内でも社会現象となった作品であり、故ヒース・レジャーがアカデミー助演男優賞を獲得した作品でもあります! 『バットマン・ビギンズ』から3年たって公開されたという注目作でもありました。 しかし男たちは、 仮面をつけた仲間の1人に無残にも殺されてしまう。 仮面を剥がした 男の顔は真っ白く、口が大きく裂けたようなメイクをしていた。 一方、ゴッサムシティを守るバットマンは、街に潜む犯罪を一掃し続けていた。 バットマンが行動を公にせず活動する中、ゴッサムシティには新しい検事がやってきていた。 検事ハービー・デントは、数々の犯罪組織を刑務所送りにする凄腕の検事。 人々は彼を「ホワイトナイト」と呼び、慕っていた。 ジョーカーの卑劣な行為は止まらずジョーカーによって市長が狙われるが市長を守るために撃たれたのは、バットマンに協力的な警部ゴードンだった。 そしてゴッサムシティに「 ゲームをしよう」と呼びかけ、街を混乱に導いてゆく。 避難のために用意された2つのフェリーには、市民と、護送される囚人が乗客。 ジョーカーはゲームを始める。 「フェリーには爆弾が仕掛けてあり、どちらか一方が相手を犠牲にしないと助からないよ」と言い放ち緊張感の高まる両船内。 バットマンは逆探知によりジョーカーの居場所を突き止め、彼を捕らえる。 市民と囚人、双方が出した答えは「爆破ボタンを押さない」だった。 一方、デントはゴードン一家を襲撃。 レイチェルとデントが捕らわれたとき、レイチェルではなくデントを救出する判断を下したのはゴードン。 レイチェルの復讐のため、ゴードンの息子を殺そうとするデント。 しかし間一髪のところでバットマンが現れ、家族を助けるが デントはその際地面へ落下して死亡してしまった。 「ホワイトナイト」と慕われていたデントの死に戸惑うゴッサムシティ。 真実を公表するか否か悩むゴードンへ、バットマンは「全て罪を背負う」と宣言し、その場を立ち去る。 前作の心の葛藤がうまく生かされ、ストーリーが進むにつれてキャラクターの人間味あふれる姿に、何か考えさせられる映画だなと感じてしまいます。 故ヒース・レジャーの連役も嬉しく、彼のファンにとって忘れられない映画となっています。 悪い意見 悪役ジョーカーを評価する声が高いが、 ただの自己陶酔型な、理屈っぽい精神病者でしか無かった。 俳優の演技力は高いとは思うが、悪と善の葛藤など映画に問題提起してもらう必要などないし、殺さないけど助けないと前は言っていたバッドマンがジョーカーを助けているのも腑に落ちない。 それにしても、悪役のイメージが強いゲイリーオールドマンは最後まで観てもやはり悪役にしか見えないし、今作のレイチェルには知性も悪に立ち向かう芯の強さも、女性的魅力もまるでにじんでこないので配役ミスかと…。 評価が高いのは、大衆向けの作品だからに過ぎないという気持ちもしますね! ある程度モノを普段から考えているヒト 物事は単純ではないとか にとっては、陳腐な作品の様に見えてしまったのではないでしょうか? 大衆向けの作品に、若干の哲学、問題提起を入れ込めば評価が上がるのかもしれませんねっ! 演技力は認めるけど…もっと哲学的にと。。 アメコミ映画の中でも生身の人間が主人公なのでそれが 良いところであり悪いところでもあるのですね。

次の

ダークナイトでジョーカーがレイチェルとハービーの居場所を逆に教えたのはなぜ?意図や目的を解説

ダーク ナイト ハービー

概要 [ ] の『』を原作とした実写映画作品。 『』、『』に続く「ダークナイト・トリロジー(Dark Knight Trilogy)」の第3作品目にして最終章となる。 バットマンの実写映画作品としては累計で第7作品目となる。 本作の脚本を手がけたジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーランによると、1859年に出版されたの長編小説『』が、脚本の構想元になっている。 また、 以下の古典的なバットマンの原作コミックからインスピレーションを得たとのこと。 () あらすじ [ ] 地方検事のの死から8年。 デント法により警察はほぼ全ての組織犯罪を根絶した。 一方、 に扮しゴッサムの不正と戦ってきた ブルース・ウェインはデントの犯した罪をかぶりバットマンとしての活動から引退、ウェイン産業の職務からも遠退いていた。 そんな状況の中、ウェイン産業の役員で会社の乗っ取りを企むジョン・ダゲットの依頼によりウェインの自宅にメイドとして潜入していた が、犯罪歴を抹消するソフトウェア「クリーン・スレート」と引き換えにブルース・ウェインの指紋を盗み、併せてバイロン・ギリー議員を誘拐する。 セリーナはダゲットの部下に指紋を渡すも裏切られ、ダケットの傭兵たちと戦闘状態となる。 セリーナは警察に通報し、 ジム・ゴードン市警本部長を含むゴッサム市警がその取引現場に到着する。 市警と傭兵たちとの間で戦闘になり、セリーナはその混乱に乗じて逃走する。 結果、市警は全滅しゴードンも傭兵たちに捕えられる。 傭兵を統率する に、デントの殺人の罪をバットマンが被っているという事実が記されたゴードンのスピーチ原稿が奪われる。 ゴードンは隙を見て逃走し、重傷を負いながらも に拾われる。 ブレイクから事態を伝え聞いたブルースは、バットマンとして再起する。 ブルースの指紋を入手したベインらは、ゴッサムの証券取引所を襲撃しこれを悪用、ブルースの破産を導いた。 これに対し、ダゲットにウェイン産業が管理する核融合炉を悪用されることを恐れたブルースは、会長職を役員の ミランダ・テイトに引き継がせた。 ダゲットは会社の乗っ取りが失敗に終わりベインに首を折られて死亡する。 ベインこそラーズ・アル・グールのゴッサム破壊の使命を引継ぐ黒幕であった。 次に、ゴッサム市警を全員地下におびき寄せ、地上への出入口を爆破し閉じ込めることにも成功する。 さらに件の核融合炉を強奪し、パヴェル博士を脅迫して中性子爆弾へと転換させる。 そして、中性子爆弾製造の罪を市長に着せ大衆の面前で処刑。 爆弾を停止できる唯一の人物でもあったパヴェル博士も同時に処刑する。 また、ゴードンのスピーチ原稿を用いてデントの犯罪の隠蔽を暴露し、支配層への怒りを焚きつけ貧困層の反乱を扇動する。 また、刑務所の囚人たちを解放。 裕福な人間を誘拐し全員に死刑を宣告。 ゴッサムは外部世界から隔絶され完全に無政府状態に陥った。 ブルースは、ゴードン、ブレイクら残った市警、セリーナらと合流し、中性子爆弾の爆発を阻止するために共に行動する。 まず地下に閉じ込められていた警官たちを解放。 バットマンはセリーナにバットポッドを渡してゴッサム市民の避難の協力を求める。 セリーナは一度は逃亡を考えるも依頼通り市民の避難経路を確保する。 中性子爆弾の起爆タイムリミットの日の早朝、ゴッサム市庁舎の前でバットマンならびに市警とベインらとの間で最終決戦が行われる。 バットマンはベインを追い詰めるもベインの人質となっていたミランダに脇腹を刺され窮地に陥る。 彼女の正体は、ラーズ・アル・グールの遺児タリア・アル・グールで、影の同盟の現首謀者であった。 優位となったタリアは中性子爆弾の遠隔起爆装置を稼働させるが、ゴードンの活躍により爆発は阻止される。 そこでタリアは爆弾本体に向かい直接起爆させることとした。 ベインはバットマンにとどめを刺そうとするが、突如現れたセリーナにバットポッドのブラスト砲で撃たれ死亡する。 中性子爆弾を抱えて逃亡するタリアの車両を、バットマンは飛行艇「バット」で追跡する。 最終的にタリアの車両はクラッシュし彼女は死亡する。 しかし作動は止められず、爆発までの時間が迫っていた。 そこでバットマンは、バットで街から離れた海上に爆弾を運んだ上で爆発させゴッサム・シティを救った。 人々には爆発と一連の騒動でバットマンならびにブルース・ウェインは死んだと思われていたが、ブルースはバットの自動操縦機能を事前に完成させておりひそかに生存していた。 ブルースは真珠のネックレスのGPSで執事であるアルフレッド・ペニーワースに自らの居場所を示し、妻となったセリーナを連れてイタリアのフィレンツェで再会する。 警察を辞任したブレイクがバットケイブを発見しバットマンを受け継ぐ者になることを示唆し物語が終わる。 Pブラスター 照射した対象の電子機器類の機能を停止させるライフル型の武器。 走行中のバイクでも強制的に機能停止させる。 バットラング 新たな形状のバットラング。 小型の針状であり、敵の秘孔(急所)に投げつけて刺すことで気絶させる。 ザ・バット The Bat 都市戦用戦闘機。 国防総省の要請によりルーシャス・フォックスが開発した。 ビルが密集した都市での飛行が可能である。 正式名称はウェイン産業に因んだ長いものであるが、作中では通称の「ザ・バット」と呼称される。 機体の下部に搭載されたにより飛び、錐揉み旋回などヘリコプターには不可能な機動も可能。 指向性のを射出して電気回路を破壊し、対象を無力化させる「 E. Pキャノン」や、ロケットランチャー、マシンガンを武装として備える。 ゴッサムシティのビル屋上に隠されていたため、に奪われなかった。 タンブラー ウェイン産業の隠し倉庫に数台保管されていたが、バットマンの正体がブルース・ウェインであると知っているベインに保管場所をつきとめられ奪われた。 車体は戦地用の迷彩塗装であり、車体右上部に引き込み式のキャノン砲を搭載したタイプ、車体後部に誘導ミサイルポッドを格納したタイプなどが保管されていた。 製作 [ ] 企画 [ ] ワーナー・ブラザースの製作部門社長のジェフ・ロビノフは、第3作目が2011年か2012年に公開されることを望んでいた。 2008年10月末にノーランは3作目に関して口を開き、「より表面的な段階で、質問に答えるが」と前置きし、「皆は映画のシリーズもので出来の良い3作目を思いつきますか? 」と答えた。 彼は物語を続ける必要性を見つけようとし、撮影の中ほどで続編が不要であると知るのを恐れていた。 ノーランが『』に専念し始める2008年12月までに、おおまかな話の概要を完成させた。 12月末、はノーランと3作目に関する議論を進めている間はキャスティングは何もしていないことを明かし、キャストに関する噂はすべて否定された。 本作へのノーランの関与が確定する以前、はノーランの続投を確信していると発言した。 またノーランは以前より自分が監督している限りが「若いバットマン」を演じ続けるので、はシリーズに登場しないと説明した。 さらにノーランは、自分たちのバットマンシリーズの世界で原作の敵キャラクター・の様な登場人物を描くのは難しいと考えており、「私たちの作るバットマンではより現実的なキャラクターの方が合う」と説明した。 オールドマンは2009年にて3作目について質問され、「我々は次のバットマンの撮影に来年入る。 そして(の関係で)少なくとももう2年ぐらいは公開できないと思う。 僕からあなた方に言えるのは、コレだけだ」と答えた。 しかしながら同年、はMTVニュースにて、本作に関しては取り組んでおらず、自分は少しの詳細も知らないことを明かした。 2010年2月9日、ノーランが『ダークナイト』のストーリーに係わり、プロジェクトに戻ると公約したと発表された。 また同月、とによる脚本製作活動が始まった。 プリプロダクション [ ] ゴイヤーが 『』に着手するために本プロジェクトを離れると、ジョナサンはその原案を基にした脚本の執筆を始めた。 2010年3月10日、クリストファー・ノーランは自身のプロジェクトへの関与を明かし、これが自分が手掛ける『バットマン』シリーズの完結編になると述べた。 また弟のジョナサンが書く脚本にはとは登場していないことを明かした。 2010年4月、ワーナー・ブラザースは映画の公開日は2012年7月20日を予定していると発表した。 6月30日、ノーランは弟のジョナサンの脚本執筆作業が終わったと述べた。 2010年9月、ノーランは自分が映画を監督することを認め、そして弟の脚本の推敲作業を開始して2011年1月完了を目指していることを明らかにした。 10月27日、タイトルは『 The Dark Knight Rises』であることをノーランが明らかにした。 また彼はが3作目には再登場しないことを明かし、『』のの未使用のシーンが流用されるという噂を否定した。 撮影 [ ] 撮影は2011年5月に始まり11月に完了する予定で 、そのうち4ないし6週間はで行われる。 ノーランは、撮影はしない方針にしたが、前作と同じく撮影は行われ 、IMAXのシーンはさらに増え、最終的に合計72分のシーンがIMAXとなった。 またノーランはIMAX副社長のデヴィッド・キースリーとの話し合いも行った。 撮影監督のはIMAX撮影に関心を示したが 、IMAXカメラによって出る多数のノイズのため、70mmカメラを使って会話シーンを撮るかもしれないと言う。 撮影の一部はのでも行われた。 冒頭の飛行機のシーンはので撮影を行い、アメリカでは、で撮影され、のスタジアムのシーンはの協力のもと行われた。 また、終盤の囚人と警官隊による数千人の戦闘シーンではすべて本物の役者を使って撮影を行い、CGなどは一切用いていない。 興行収入 [ ] アメリカ合衆国とカナダでは2012年7月20日に公開された。 の影響が懸念されたものの、オープニング3日間で興行収入1億6,090万ドルを記録し、初登場1位。 これは前作『』のオープニングを超え、『』『』に次ぐ歴代3位(以下、記録は全て当時)となるオープニング記録であった。 2D映画としては歴代最高の記録となる。 翌週、翌々週も1位を飾り、3週連続1位を記録した。 最終的なアメリカ合衆国とカナダでの興行成績は4億4800万ドルと、前作の5億3300万ドルを越えられなかったものの、海外でのセールスが好調で、全世界興行成績は前作の10億400万ドルを超える10億8000万ドルを記録した 日本では2012年7月27日に先行上映を行った後、7月28日から本公開。 オープニング2日間で興収3億7,202万円を稼ぎ 先行含む3日間の成績は4億5,518万円 、初登場2位、シリーズ最高のオープニング成績を記録し、累計興行成績は前作を超える19億円となった。 オーロラ銃乱射事件による影響 [ ]• 2015年10月10日閲覧。 の2011年3月21日時点におけるアーカイブ。 2010年7月12日閲覧。 2010年7月26日閲覧。 Chang, Charlene 2008年6月30日. の2008年7月3日時点におけるアーカイブ。 2008年7月1日閲覧。 2010年7月5日閲覧。 Jensen, Jeff 2011年1月19日. 2011年1月19日閲覧。 Jensen, Jeff 2011年1月19日. 2011年1月19日閲覧。 Russ Fischer 2011年3月24日. 2011年3月24日閲覧。 Blogger. 2011年4月19日閲覧。 ハリウッドチャンネル. 2012年7月2日. 2012年9月23日閲覧。 Schuker, Lauren A. 2008年8月22日. の2011年3月21日時点におけるアーカイブ。 2008年10月22日閲覧。 Boucher, Geoff 2008年10月27日. 2008年10月27日閲覧。 "Merrick" pseudonym 2008年12月5日. の2011年3月21日時点におけるアーカイブ。 2008年12月6日閲覧。 Bowles, Scott 2008年12月7日. の2011年3月21日時点におけるアーカイブ。 2008年12月8日閲覧。 Weintraub, Steve, and Matt Goldberg 2008年12月18日. Collider. com. の2011年3月21日時点におけるアーカイブ。 2008年12月18日閲覧。 Allsletter, Rob 2008年6月30日. ComicsContinuum. com. の2011年3月21日時点におけるアーカイブ。 2008年7月1日閲覧。 2005年6月23日. 2006年7月31日閲覧。 Belloni, Matthew 2006年11月. 2006年10月13日閲覧。 Gilbert, Ammon. 2009-07-24 , JoBlo. com. Retrieved on 2010-11-26. 2009年7月27日. 2011年5月8日閲覧。 MTV. com 2009-09-21. Retrieved on 2010-11-26. Bettinger, Brendan 2010年2月9日. Collider. com. 2008年2月18日閲覧。 Finke, Nikki, and Mike Fleming 2010年2月9日. の2011年3月21日時点におけるアーカイブ。 2010年12月3日閲覧。 Bettinger, Brendan 2010年3月10日. Collider. com. 2010年3月10日閲覧。 2010年10月27日閲覧。 O'Hara, Helen 2010年9月29日. 2010年9月29日閲覧。 2010年12月3日閲覧。 Kit, Borys 2010年12月1日. の2011年3月21日時点におけるアーカイブ。 2011-30-21閲覧。 Vancheri, Barbara 2011年4月5日. 2011年4月5日閲覧。 Boucher, Geoff 2010年10月27日. 2010年10月28日閲覧。 2012年7月13日. 2012年10月16日閲覧。 Collider. の2011年3月21日時点におけるアーカイブ。 2011年11月1日閲覧。 Todd Gilchrist 2010年4月20日. 2011年2月15日閲覧。 映画『ダークナイト ライジング』TVスペシャル映像• 2012年7月21日. 2012年7月21日閲覧。 AFPBB News. 2012年7月21日. 2012年7月21日閲覧。 マイナビニュース 2012年7月22日 外部リンク [ ]• (日本語)• (英語)• - (英語)• - (英語) 関連項目 [ ]•

次の

【すぐにわかる】ダークナイト完全解説 ジョーカーの目指す世界 ハービー救出の真相 The Dark Knight Review

ダーク ナイト ハービー

ゴッサム・シティの悪と戦う、市民の希望の星だったハービー・デント。 だが、ジョーカーに愛するレイチェルを奪われたことで復讐の鬼となり、顔の左半分に大やけどを負った姿で、裏切った者たちを殺してきた。 デントは、一緒に犯罪組織と戦ったゴードンにも復讐の刃を向ける。 ゴードンの妻子をレイチェルが死んだ倉庫に連れ出し、呼び出したゴードンの目の前で、ゴードンの息子を殺そうとするデント。 ゴードンはやめるように懇願する。 そこにバットマンが現れる。 バットマンはデントを説得するものの、デントは受け入れない。 コインを使ってゴードンの息子を殺すかどうかを決めようとするデント。 デントが投げたコインが落ちる前に、バットマンが飛びかかる。 デントは階下に落ちて死に、ゴードンの息子は助け出される。

次の