東出昌大。 杏にも「不倫」の過去? 実母が12億円請求裁判で暴露……東出昌大「離婚回避」のチャンス!?

東出昌大「あー」

東出昌大

「東出さんのもとに、実は驚くほど仕事のオファーが来ているそうなんです! 事務所としても復帰の時期を探っている状況だと聞きました」(芸能関係者) 今年1月23日、『週刊文春』の報道で唐田えりか(22)との不倫が報じられた(32)。 妻・杏(34)とのおしどり夫婦ぶりが有名だっただけに、評判は急落。 杏は離婚に向け、弁護士を立てたとも報じられている。 だが意外にも今、仕事のオファーが急増しているというのだ。 「ヒール役も含め、映画とドラマを中心に数本。 舞台の話も来ているようです。 さらに驚くことに、CMのオファーも来ているそうです。 保険関係だという噂を聞きました。 『いつ何があるかわからない』と東出さんが真顔で言ったら、インパクトはあるでしょうからね。 その話題性をスポンサーは狙っているのでしょうか……」(前出・芸能関係者) いったい、なぜなのか。 テレビ局関係者は、東出の俳優としての価値についてこう語る。 「たしかに東出さんはCM降板で巨額の違約金を支払うことになりました。 ただ連続ドラマ『ケイジとケンジ』(テレビ朝日系)などは打ち切られることなく放送されるなど、俳優業では損害を食い止めることができたのです。 視聴率も激減するどころか、かえって話題性があった。 結果、なんとか首の皮がつながったようです。 また、今回の騒動によって東出さんには『主演級じゃなきゃダメ』という制約がなくなりました。 そうした起用のハードルが下がったことも、オファーが増えた要因ではないでしょうか」 そしてもう一つ、東出にとって追い風となる事態があったという。 それは、6月11日発売の『週刊文春』で報じられたアンジャッシュ・(47)の不倫だ。 「渡部さんは、複数の女性と関係を持っていました。 また女性を都内の多目的トイレに呼び出したかと思えば、数分後に1万円を渡して帰らせていた。 なかには『東出のほうがまだマシだった』という声も上がったほど。 こうした風向きの変化も、少なからずオファーに影響しているようです」(前出・テレビ局関係者) そんな傾向を喜んでいるのは、東出の出演映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』を製作したフジテレビだ。 別のテレビ局関係者もこう語る。 「3月の謝罪会見では歯切れの悪い回答が多く、かえって悪印象を与えていました。 フジとしても『このままでは映画の宣伝を任せられない』として、雑誌取材のみを予定していたそうです。 そのインパクトがあまりにも強烈だったため、東出さんの印象が薄れることになったようです。 コロナ禍で延期になっていた映画の公開日は7月23日に決定。 今後、彼のテレビ出演数は確実に増えるでしょう」 「女性自身」2020年7月21日号 掲載 外部サイト.

次の

東出昌大、“3年ゲス不倫”唐田えりかの「狂気の匂わせ」を加速させたジコチューさ

東出昌大

同事務所はコメント内で、次のように説明している。 「これらのことは東出の愚かさ、未熟さ、責任感の欠如が引き起こした事柄だと思います。 「2人は、お笑い芸人の深夜ラジオを一緒に聞いたりとマニアックな共通の趣味を持つなど、結婚から数年間は仲が良かったみたいでしたよ。 以前、ある芸人が東出と一緒に外で飲んでいて、夜遅い時間にもかかわらず東出の自宅に行き、杏から手料理を振舞われて感動したと話していたこともありました。 テレビ局関係者は言う。 「もともとモデル出身の東出は、俳優としてデビューした映画でいきなり日本アカデミー賞新人俳優賞を取り、その翌年にはNHKの朝ドラデビューを果たした後は、仕事が途切れることなく順調にきた。 ほとんど下積み生活をしないままに突然、人気俳優になったという経緯があるため、ちょっと感覚が抜けているような部分がある。 たとえば、ドラマや映画の撮影を通じて男優と女優がいい仲になることは珍しくないですが、普通は現場ではそんな様子は見せずに、コソコソと隠れてやるものです。 しかし東出は、物静かそうな印象とは裏腹に、あからさまに共演者やスタッフなど周囲からわかるかたちで、気に入った女優にどんどんアプローチするんです。 いくら俳優が常識に疎いといわれても、今どきそんな俳優はいませんからね。 東出はテレビで見るより、実物は何倍もイケメンで笑顔も素敵なので、そりゃあ言い寄られた女優はコロッといっちゃいますよね。 ただ、まさか杏と結婚して子どもが生まれた後も不倫していたとは、考えもしませんでした」 杏が抱えていた苦悩 そんな東出のある性格に、実は杏は最近悩んでいたという。

次の

「東出昌大」のYahoo!検索(リアルタイム)

東出昌大

今年1月に女優・ 唐田えりかとの不倫が『週刊文春』(文藝春秋)にて報じられた俳優・ 東出昌大。 報道直後は東出と唐田に批判が殺到していたが、数カ月経ったことで世間の注目は妻で女優の 杏との弁護士を挟んだ調停の行方に集まっている。 そんな中、4月16日発売の『女性セブン』(小学館)にて、杏が実母から12億円を請求する裁判を起こされていることが報じられた。 記事によれば、2009年に実母が代表、杏は従業員となり、個人事務所を設立。 しかし、杏は14年に所属している芸能事務所・トップコートと直接契約すると通達し、これに実母は激怒。 東出と唐田の不倫が始まる17年に、杏を相手に12億円の損害賠償請求裁判を起こしたのだという。 「この件は4月9日発売の『週刊新潮』(新潮社)でも報道されています。 いまだ決着がついていないようなので、かなり深刻な状況となっているようですね。 東出さんとの調停も始まったようですし、杏さんにとってはWパンチでキツいはず。 杏さんのメンタル面が気がかりですね」(芸能ライター) また、記事では気になる点がもうひとつある。 実母が提出した陳述書には、杏は東出と結婚する前に妻子ある男性と不倫関係となっており、それを霊能者に相談していた、ということも暴露されているとも伝えているのだ。 「宗教に心酔しているのはお母さんだけかと思っていましたが、実は杏さんもという点にもびっくりしましたが、それ以上に杏さんも東出さんと結婚する前に不倫していたことにも驚きです。 「そうはならない可能性がやはり高い」という別の芸能ライターは、こう語る。 「お母さんとの裁判があってから杏さんは、お父さんである俳優・渡辺謙さんと和解。 現在は渡辺さんの舞台を観に行くほど深い親交があるようです。 また、渡辺さんは杏さんに対して贖罪の気持ちがあるようで、いろいろと杏さんの相談に乗っているそう。 渡辺さんは東出さんにかなり激怒しているとの報道もありますし、『許すな』と杏さんにアドバイスするでしょうね。 離婚しかないのでは?」 杏も不倫していたとはいえ、それは東出と出会う前の話。 東出にとって希望にはならないのかもしれない。

次の