モンゴル ペスト。 内モンゴル、中共ウイルスとペストが流行=内部文書

ペストの歴史

モンゴル ペスト

ペストの話を続けています。 大陸に勢力を拡大したペストはにも襲いかかります。 1348年7月7日。 フランスのから一隻の船がの南岸、ウェーマス港に入ります。 この乗客の中にペスト患者がいたことがわかっています。 この年のうちにもまたペストの脅威にさらされることとなり、ヨーロッパ全土が死の病に覆い尽くされていきました。 もちろん感染経路はこれ以外のルートも複雑に絡み合い、陸路・海路を通して中近東はじめ方面にも拡大していきます。 この後もペストは19世紀まで継続的に大流行を繰り返します。 しかし、こと14世紀のペスト禍の遠因として挙げるべきは、やはりの出現でしょう。 巨大帝国がをまたぐ形で誕生し、アジア〜ヨーロッパ・中近東への交通や交易が格段に進んだことが蔓延を助長したと考えられます。 そしてこんにち、世界の人の移動や物流の速度は14世紀の比ではありません。 地域的な風土病であったものが、世界的な新興となった例がいくつもあります。 そしてその中にはペストのように、動物由来感染であるものも多く見られます。 人類はペストの例を歴史からの警告として、何度も謙虚に反芻すべきでしょう。 4回に分けたこのシリーズの最後は、この話で締めましょう。 1664年。 都市部で蔓延していたペストから逃れるために、一人の青年がを去り故郷ウールスソープに戻ります。 ペストが収束するまでの18ヶ月間、彼はここで自身の研究に没頭するのですが、このわずかな期間に ・ ・プリズムの分光 など自然科学上の大きな業績を残します。 中でも特筆すべきは、彼が「の法則」を発見したことでしょう。 彼の見出した法則はやがて、「」として数学、物理学はじめ自然科学のあらゆる分野の支柱となっていきます。 本当はもっと詳しく書きたかったのですが、果てしなく脱線しそうなのでやめときます 次回からはまたしばらく、読みやすいお話にしましょう。 oushinjuui.

次の

5分でわかるペストの歴史!中世ヨーロッパで大流行した理由とは?

モンゴル ペスト

中共の情報隠蔽が原因でが世界的に蔓延していますが、中国では最近、外国からの「輸入型」感染が迅速に広がっています。 黒竜江省の綏芬河市(すいふんが-し)に続き、の満洲里でも感染例が急増しています。 大紀元が入手した内部文書によると、内モンゴルでは中共ウイルスのほかに、3分の1の地域でが発生していますが、この情報は現在封鎖されています。 中国メディアは、中共はすでにロシアとの国境を全面的に封鎖し、少なくとも16万人の中国人がロシアにとどまっており帰国が困難な状況に陥っていると報じました。 大紀元はこのほど、内モンゴルの満州里税関が行っている「中共ウイルス」核酸検査関連文書を入手しました。 文書には、満州里税関は4月8日に閉鎖されたものの、依然として大勢の中国人がここから帰国しており、帰国者の中の感染者の割合が増加し続けていると記されています。 満州里でホテルを経営する湯さん 「税関はすでに封鎖されており、ロシアからの帰国者は、病院や大型ホテルといった隔離場所へ直接連れて行かれる。 密入国が間違いなく行われている今、外国から来る人はすべて体温を測って発熱の有無などを検査する必要がある。 ペスト関連文書には「非公開」と記されています。 内モンゴル自治区のウランチャブ市在住の趙さんは、ペスト関連の情報は中共肺炎の発生が隠匿されたのと同様に封鎖されたため、多くの人が被害に遭うと憂慮しています。 内モンゴル ウランチャブ市在住の趙さん 「何日も前から消毒している。 恐らく3人が死亡した。 非常に危険だ。 油断大敵だ。 大きな被害が出る」 3月30日のシリンゴル盟衛生保健委員会のペスト予防と防御コスト申請文書によると、「ペスト予防・防御作業の深刻な状況」に対応するため、殺鼠用燻煙剤32万元の購入申請が提出されました。 実際に内モンゴルでは昨年、ペストのヒト-ヒト感染が起きており、シリンゴル盟の患者2人が北京で診断され、その後内モンゴルの複数の地域でも感染が確認されました。 シリンゴル盟の王さん 「今回のペストは、去年の冬に一回起きていた。 あの時は殺鼠剤をまいて全力でネズミを殺した。 最近そういう話は聞かない。 この辺りはそれほど緊張していないので、知らせる必要がある」 大紀元が入手した中共内部文書には、内モンゴルで憂慮される以下の五大疫病リスクが記されています。

次の

内モンゴルでペスト発生か 地元政府内部文書を入手

モンゴル ペスト

55歳の男性患者は腺ペストと診断された。 中国国内の報道では、今月5日同患者は野を捕って食べた後発症したとした。 の医療当局は、患者と接触した28人の住民をすでに隔離し、観察している。 官製は、新たな感染事例と14日に公表された肺ペスト2件との関係性を否定した。 中国当局は14日、シル盟の住民2人が北京市朝陽病院で、肺ペストと診断されたとにした。 うち1人が重体だという。 中国財新の報道によると、2人の所在地区は今年、17日、20日と25日、動物からペストの病原菌12株を相次ぎ検出したという。 「動物の間ではすでに広く流行していることを意味する」 保健当局は18日、2人と接触した42人に異常が認められなかったため、医学観察を解除した。 医院はこのほど、全ての受診の患者に「10日以内、青海省、甘粛省とに行ったか」、「3ー5日まで北京朝陽病院で診察を受けたか」などを申告するよう求めている。 甘粛省で、1例目の肺ペスト患者が死亡した。 腺ペストはペストの1種類で、ノミやによって感染が広がる。 に高熱、頭痛、悪寒、嘔吐、筋肉痛などの症状がみられる。 (翻訳編集・張哲) 中国当局はこのほど、内モンゴル自治区で3件目となるペスト患者が確認されたと発表した。 (photos. com) 関連ニュース•

次の