ねぶた 師 女性。 ねぶた名人

女性のねぶた師の北村麻子の作品は?可愛いけど結婚してる?【突破ファイル】

ねぶた 師 女性

300年の歴史において初の女ねぶた師・北村麻子さん 歴史をひもとくと、起源は8世紀の奈良時代ともいわれるねぶた祭。 青森県青森市で毎年8月2日から7日に開催される青森ねぶた祭は、約300年前から行われていた記録があり、1980年には国の重要無形民族文化財に指定された。 津軽の夏の夜に鮮やかに輝くねぶた。 毎年、全国から訪れる約300万人が「ラッセラー、ラッセラー」の掛け声とともに盛り上がる。 祭りに出品されるねぶたは毎年22台前後。 地元企業や商工会などが、ねぶたを専門に作る「ねぶた師」に作成を依頼。 ねぶた師は歴史上の題材をもとに構想を練り、下絵から台座作り、骨組み、色つけまで1年近くの時間をかけて完成させる。 大きいものだと長さ9m、奥行き7m、高さ5mとかなり巨大だ。 ねぶた作りは、角材や針金を使う骨の組み立て、脚立に上りながら高さ5mのところで紙を貼り色をつけるなどの力仕事が続く。 そこに風穴を空けたのが、北村麻子さん(32才)だ。 4年前、300年の歴史において初の女ねぶた師になった。 北村さんの父・隆さん(67才)は、「平成の名人」といわれるねぶた師。 優れた技術と功績のあるねぶた師に授与される「第六代 ねぶた名人位」を持ち、今も第一線で活躍している。 「ねぶたは青森の人にとって特別なものです。 幼い頃から、父の存在は私にとって特別でした。 でも当時は女性がねぶたをするという考え自体がなく、ねぶた師になろうと思ったことはありません」 2007年に隆さんが作った「聖人 聖徳太子」がねぶた大賞を受賞したのが大きな転機となった。 「不景気のためねぶたの受注台数が減り、父も苦しんでいた時期でした。 でも父は苦境の中で素晴らしいねぶたを制作しました。 苦しいとき、そこから這い上がってきた姿は心を動かしますが、私もそんな父の姿に心を動かされたんです。 父の代で何十年と培ってきたこの技術を絶対終わらせちゃいけないと思いました」 ねぶた師になることを決意した麻子さんだが、その道のりは険しかった。 「女性が手伝わせてもらえるのは『紙はり』といって骨組みに紙を貼る作業だけ。 女はダメだという父の考えがわかっていたので、正面から弟子入りを頼んだところで拒絶されると思っていました。 なので、断れないよう徐々に周りを固めてしまおうと。 筆や絵の具を使って見よう見まねで3か月くらい時間をかけてねぶたの下絵を描き、父に見てもらったんです。 すると父は『よく描いたな』と言ってくれて、色の塗り方や全体のバランスなどいくつかアドバイスをくれました」 このとき麻子さんが作った下絵はまさにねぶたの設計図となる重要なもの。 下絵の段階で全体の構成や色を決め、光が灯ったときにどうなるかといった立体的な完成図を頭に描いておく。 その下絵にアドバイスをもらったため、弟子として認められたと安心した麻子さんだったが、それは違った。 「翌年、ねぶたの制作小屋に行っても、父にも他の職人さんにも全然相手にされませんでした。 帰れとも言われないけど、声をかけてもらえない。 多いときで10人が作業をしているのですが、私だけ完全に無視されて、その場にいないのと一緒でした。 それは1年間変わりませんでした。 同じ時期に入った男性には指示が飛ぶのに、私には指示がない。 女じゃなければよかったのに、と考えると悔しかった。 「人生で初めて熱中できたねぶたをやめようとは一度も思いませんでした。 小さい仕事でも頼まれて、うまくできればまた新しい仕事がもらえると思い、ひたすらチャンスを待っていました」 小屋に通い始めて2年目。 ようやく簡単な仕事を任されるようになり、次第に作業量は増えていった。 初めて心からやりたいと思った仕事だから、小さな仕事でも楽しくてうれしかった。 女であることに悔しい思いをしながらも制作現場に立ち続けて3年目の2010年、横幅2m、奥行き1. 5m、高さ1. 5m程度の小型ねぶたの制作にチャレンジした。 父の推薦を受けての制作だったが、展示された作品を見た時、麻子さんは涙を流した。 「悔し涙です。 他の先輩たちのねぶたと一緒に5台が並ぶのを見ると、いちばんできがよくなかったんです。 小型ねぶたの反省を生かし、中型ねぶたを完成させた。 「自分のやり方でやってみたい」というこだわりを捨て、隆さんの指導に正面から向き合ったのだ。

次の

女性の青森ねぶた師・北村麻子の作品は?年収や父・結婚は?

ねぶた 師 女性

「ラッセーラ! ラッセーラ!」の掛け声とともに一心不乱に跳ねる人々、そして、極彩色をまとった巨大な形灯籠……。 街中が燃え上がるような熱気に包まれる青森のねぶた祭りが、今年も盛大に開催されています。 日本を代表する火祭りとして多くの人々に愛されるねぶた祭り。 その大きな魅力は、なんといっても迫力ある「ねぶた」です。 これは、伝説や歴史的な物語などをモチーフとした、勇壮な武者人形を乗せた巨大な山車のことで、祭り期間になると毎年、20台ほどのねぶたが競いながら、青森の夜を賑やかに彩ります。 ちょうどF. 編集部が取材に伺った7月26日、今年のねぶた祭りで運行されるねぶた22台すべてが台上げとなり、満を持してお披露目されました。 このねぶたを作るのは、「ねぶた師」と言われる職人の方々で、祭り一番の担い手でありながら、現在、10人ほどしかいないのだとか。 中でも今回は、高校時代に5代目ねぶた名人の千葉作龍氏に弟子入りして以来、30年もの長い下積みを経て、2016年にねぶた師デビューを果たした林広海さんにお話を伺いました。 Profile 高校生になると、本格的に色塗りや蝋描きもやらせてもらえるようになり、卒業するタイミングで正式に弟子入りを許されたそうです。 「ねぶた師を目指すことは、実は両親に反対されていました。 食べていくのが厳しい、貧乏になるからと。 それでも当時の私は頑なだったんでしょうね、まったく聞き入れませんでした(笑)」と林さんは話します。 大学進学で上京するも、3月と7月の休みには帰省して、ねぶたづくりに励み、地元の企業へ就職した後も夜間や休日の時間を使って腕を磨いていきました。 しかし、同世代や年下のねぶた師がどんどんデビューしていく中、焦りを感じていた時期も。 「悔しかったし、うらやましかった。 自分と何が違うんだろうってずっと思っていました。 でもその反面、絶対ねぶた師になりたいという想いは強くなった気はしますね」と、当時の心境を振り返る林さん。 転機となったのは2016年。 師匠から日本通運のねぶたをつくらないかと打診を受けたことでした。 「これが最後のチャンス」だと覚悟した林さんは、23年間勤めた会社を辞め、一心不乱にねぶた制作に打ち込みました。 多くの助けを借りながら、ねぶた師として初めて制作したねぶたの題材は「斉天大聖孫悟空」。 誰も制作したことがない大きなひょうたんを作りたいと、10年も前から構想を温めていた作品です。 大きく掲げられた高さ約2. 3mのひょうたんは、まるで林さんの想いが封じ込められているようでした。 ねぶた師にはプロとアマチュアの2種類が存在します。 その大きな違いは「大きなねぶたをつくれる」ことと「スポンサーから報酬をもらってつくれる」こと。 今、林さんを含めて10名ほどいるねぶた師は、いわゆる「プロのねぶた師」です。 「報酬はスポンサーから一括でいただきます。 その年にねぶたを出すかどうかはもちろん、ねぶた師を誰にするかを決めるのもスポンサー。 出資をする立場からすると、良いねぶたをつくりたいでしょうし、そのために腕のいいねぶた師を雇いたいという気持ちがあると思うので、実績のないねぶた師に依頼するというのは、ある意味リスクでもあるんです」と林さんは話します。 実際、師匠から日本通運のねぶた師に、と推薦してもらった時にも、スポンサーはすぐには首を縦に振らなかったのだとか。 また、林さんはこう続けます。 「ねぶたはねぶた師が基本的につくるのですが、出来上がった骨組みに紙を貼るスタッフと、中に電気を仕込む専門の方を別途雇っています。 その人件費は報酬の中から私が支払いをしています」。 ねぶた師がスポンサーからいただく報酬とは、その年のねぶた制作一切に関わる経費。 単に制作だけでなく、運営に関わるコストもカバーしているということが分かりました。 林さんのご両親も反対していたというねぶた師という職業。 「正直厳しい世界です。 ねぶた師になりたいという人は結構いるんですが、経済的なもので挫折することが多いです。 私も本当は二束のわらじをはきたかったくらい。 サラリーマンをしながらやりたいと思ってたんですが、やっぱり片手間ではできない仕事です」と林さんは話します。 ねぶた師への確立されたルートはなく、林さん曰く、まずは自分が好きなねぶた師の所へ頼みに行って、手伝わせてもらう所から始めることしか方法はないのだとか。 厳しい現実の中、林さんになぜねぶたづくりを続けていけるのかを伺うと、「やっぱり大きいものを作りたいんですよ。 何百万人が見るものだし、喜んでくれているのを見ると快感なので」と笑顔で答えてくれました。 ねぶた作りは正月明けから始まります。 下絵(二次元のイメージ図)を描いてスポンサーに了承を得たらねぶたづくりがスタート。 自宅で骨組みの状態のパーツをつくっていきます。 5月、青森県観光物産館アスパムを囲むようにねぶた小屋が建つと、パーツを一堂に集めて組立てが始まります。 「この小屋が一年中あると楽なんですけどね(笑)。 5月に建つので3か月のうちにすべてつくらないといけないですから」と話す林さん。 一つのねぶたの骨組みに使うハリガネは約100kg。 それを勘と経験だけで組み上げていくというから驚愕です。 CADのような立体的な図面があるのかを伺うと、下絵が設計図のすべてだというからまたまた驚愕。 こうしてできた骨組みに紙を貼り、いよいよねぶたの迫力の素ともいえる「書割」が始まります。

次の

青森ねぶた

ねぶた 師 女性

仕事もそっちのけでねぶたを作るのは道楽以外の何ものでもなく、こういう人たちを「ねぷたこへ」(こへ=こへる・拵える~作るの意味)といいました。 それが、青森ねぶたの制作技術が次第に高められていくに従って、ねぶた制作者は固定化、専門化していき、いつしか「ねぶた師」と呼ばれるようになっていきました。 その中でも極めて高い技術でねぶたを制作し続け、ねぶた祭の振興に貢献してきたねぶた師を「ねぶた名人」に推奨し、昭和33年から平成2年まで4人がねぶた名人となりました。 北川金三郎さん(昭和33年受位)、北川啓三さん(昭和60年受位)、佐藤伝蔵さん(昭和61年受位)、鹿内一生さん(平成2年受位)の4人に続き、平成24年、22年ぶりに千葉作龍さん、北村隆さん2名のねぶた名人が誕生しました。 左官屋を営み成功した人でもあった。 同じ町内の坂田金作についてねぶた作りを学び、若いころから自分で制作したといわれる。 金三郎は坂田流のねぶたを厳密に踏襲したというが、それに満足せず、既成のものを大きくアレンジすることのできた希有な制作者であった。 そして、理想的なねぶた人形の完成を目指した。 桃太郎であってもどういう格好で鬼を押さえ付けるのが観客に映えるのかを 常にさぐった。 金三郎のねぶたは立ち姿が真っすぐではなく、ひねっていた。 戦後、ねぶたはすぐに復活するが、その中心は60歳を過ぎた金三郎であった。 「北川のジサマ」と呼ばれるようになる。 「北川のオンチャマ」こと息子啓三もねぶたを手掛けるようになる。 金三郎はねぶたに新しい素材や、技術を意欲的に取り入れた。 骨を従来の竹から針金に変えたり、蛍光灯を照明に使用したりした。 そして、最高傑作といわれる「勧進帳」(昭和32年・東北電力)が生まれた。 金三郎はまた息子北川啓三、佐藤伝蔵ら多くの弟子を育て上げた。 まさしく青森ねぶたの中興の祖ともいうべき存在であった。 それで、昭和33年に初めて「ねぶた名人」の称号が与えられ、昭和35年に他界。 昭和32年 東北電力「勧進帳」(青森ねぶた誌から引用) 2代目 北川 啓三 北川啓三は明治38年3月21日にねぶた名人北川金三郎の次男として鍛冶町に生まれた。 通称「北川のオンチャ」で、12歳から父についてねぶた作りに加わった。 また、幼少のときから父の師である坂田金作に教えも受けていた。 14歳の時には稼業の左官業も取り仕切るようになる。 大正末頃から東京方面に仕事の修行にいったが、このときに歌舞伎座などで芝居をよく見た。 啓三は父(金三郎)の代わりにねぶたの大半を作っていた。 特に絵には自信をもっていた。 この父子の仕事内容(どちらが作ったか)にはさまざまな証言があるが、真偽のほどは定かでない。 また、どちらのねぶたがすぐれているかもよく論議される。 啓三は芸術家肌のねぶた師であり、人柄も厳しい人であったという。 昭和30年代が絶頂期ですぐれたねぶたを次々に生み出していった。 昭和37年から制定された第1回田村麿賞は啓三の「村上義光吉野の関所」(日本通運)であった。 しかし、昭和40年代になると賞から遠のいていった。 しかし、彼の残した業績が大きいことから、昭和60年にねぶた名人位が贈られた。 晩年には小型ねぶたを作っていたといい、昭和63年に他界した。 昭和37年 日本通運「村上義光吉野の関所」(日通ねぶた関係者所有) 3代目 佐藤 伝蔵 通称「サドデン」。 佐藤伝蔵は大正14年12月26日に旧筒井村の農家に生まれた。 夜間中学卒業後、戦略物資輸送の船舶兵になったが、敗戦で帰郷する。 子供ねぶたなどを作っているうちに、ねぶたに対する意欲が湧くようになった。 最初の大人ねぶたは昭和29年の「岩見重太郎」(奥野)で優良をとり、海上運行となった。 次第に名が知られていくが、研究熱心な伝蔵は初代名人北川金三郎に付いて学ぶようになった。 しばらくして金三郎の息子啓三につく。 昭和43年に「草薙の剣」(東青信用組合)で田村麿賞を受賞し苦労がむくわれた。 その後は毎年のように賞候補となり、昭和57年から60年までの4年間は田村麿賞を独占する。 伝蔵のねぶた作りは常に新しい技術にいどんだものであった。 皆のいいところだけ取って素直に作ってきたという評価もある。 まだまだ伝蔵時代が続くと思われた矢先、昭和61年に急逝した。 享年61歳。 惜しまれながらの最期であった。 没後にねぶた名人位を贈られる。 なお、伝蔵が、昭和48年アメリカからの沖縄返還を意図して、前年の47年に制作し田村麿賞を受賞した「国引」は、県立郷土館に保存展示されている。 昭和47年 日立連合「国引」(青森ねぶた誌から引用) 4代目 鹿内 一生 鹿内一生の本名は勝男で、大正14年1月30日、旧荒川村に農家の三男として生まれた。 小学校の頃からねぶたを作り始める。 最初は東京で就職したが事情により帰郷し、さまざまな職についたが肺結核を患う。 この間絵の勉強をしている。 本格的なねぶた作りに手を染め出したのは戦後まもなくからであった。 同郷の川村伯鳳に手伝ってねぶたを作ったのは1回だけだったが、一生は伯鳳を師匠としている。 24歳のとき青森市漁協に勤務するが、ねぶた師としての道をめざして退職し、他の仕事で食いつなぎながらねぶたを作り続け、昭和40年に消防第三分団に組の「三国志呂布関羽奮闘の場」で田村麿賞の栄誉に輝いた。 ついで昭和44年から3年間田村麿賞を独占する。 特に昭和45年の「項羽の馬投げ」(青森市役所)は今でも語り草だという。 しかし、肺結核が再発し、ねぶた作りも思うにまかせなかった。 一生の業績のひとつは弟子の育成であった。 「我生会」はそういう弟子の集まりである。 自分のねぶたを次第に弟子たちに譲り、独り立ちさせていった。 平成元年まで県庁ねぶたを作ったが、これが最期であった。 平成2年にねぶた名人位を贈られ、翌平成3年に逝去。 昭和45年 市役所「項羽の馬投げ」(青森ねぶた誌から引用) 5代目 千葉 作龍 故千葉作太郎氏に師事し、大型ねぶたの制作に携わる。 1967年に「青森ナショナル店会」の「船弁慶」で大型ねぶたの制作者としてデビューし、その後2011年までの45年間で、大型ねぶたを延べ141台制作した。 受賞歴は多数あり、総合賞最高位の田村麿賞6回、ねぶた大賞3回の受賞を誇る。 その内、顕彰基準に基づく最高賞は、田村麿賞6回、ねぶた大賞2回の計8回の受賞となる。 ねぶた派遣への協力は、国内5回、海外3回の実績がある。 また、平成4年より青森ねぶた運行団体協議会制作委員長として制作者をまとめ、ねぶたラッセランドにおける制作期間の制作環境向上などに尽力し、各制作者からの人望も厚い。 更に、ねぶたの家ワ・ラッセの立ち上げに際し、ねぶた展示方法への各種助言を行うなど、ワ・ラッセが好評を得ている中で功労者の一人である。 後継者の育成については、弟子の中から内山龍星氏、竹浪比呂央氏を大型ねぶたの制作者として輩出し、その功績は大なるものである。 昭和62年 サンロード青森「大石内蔵助 誉の討入り」 6代目 北村 隆 故北川啓三氏に師事し、大型ねぶたの制作に携わる。 1966年より弟・明と共に「青森青年会議所」の「曾我五郎小林朝比奈草摺引」で大型ねぶたの制作者としてデビューし、その後2011年までの間の36年間に大型ねぶたを延べ81台制作した。 受賞歴は多数あり、総合賞最高位の田村麿賞2回、ねぶた大賞10回、ねぶた制作部門の最高賞の制作賞4回、最優秀制作者賞4回の受賞を誇る。 その内顕彰基準に基づく最高位は田村麿賞2回、ねぶた大賞3回、制作賞4回、最優秀制作者賞4回の受賞の計13回となり、基準を大きく上回る。 ねぶた派遣への協力は、国内5回、海外2回の実績がある。 特に、制作技術が評価されたことから、2001年にはイギリス大英博物館においてねぶたを制作、展示し、世界最高のペーパークラフトとして紹介され、青森ねぶたの素晴らしさを世界へ発信できたことは北村隆氏の功績が大であった。 後継者育成については、弟子の北村麻子氏を大型ねぶた制作者として輩出した。 平成19年 青森山田学園「聖人 聖徳太子」.

次の