たけのこ 冷凍。 たけのこの保存方法は?冷凍保存、冷蔵保存の方法を教えます!

タケノコの冷凍保存の仕方。解凍方法と保存期間

たけのこ 冷凍

たけのこの旬は春、夏、秋! たけのこの旬はいつかご存知ですか? 春は有名ですが、実は 夏や秋にも採れるたけのこがあるんです。 春に私たちが食べている 円すい形のたけのこは、日本に多い 「モウソウチク」と種類のものです。 夏には、 「カンザンチク」という鹿児島県などで採れるものがあり、エグミがなく、そのまま炒めて食べられるのが特徴です。 また、秋は10~11月中旬に採れる 「シホウチク」という切り口が四角で細長いものがあります。 ちなみに、竹は60~120年に1度、 花を咲かせるのですが、花を咲かせたら一斉に枯れてしまうそうです。 竹が花を咲かせるなんて聞いたこともありませんでしたが、見れる機会もほとんどく珍しいので、見れたら何かいいことが起こりそうですよね。 たけのこは鮮度が大事! たけのことは、地面に埋もれていて 姿を出していない、または かろうじて姿が見えている若い竹を差します。 そういったものが 苦みやえぐみが少ないと言われています。 収穫が遅れると筍の繊維が増えて、苦みやえぐみが増して おいしくなくなってしまいます。 たけのこは 鮮度が命で、賞味期限が短く 日持ちしないことでも知られています。 掘ってから時間がたつと 香りも抜けてしまい、固くなってしまいます。 ですので、たけのこは買ってきたり、もらったりしたら、エグミや苦味を取るためにも、 できるだけ早く調理、下茹でをしてアクを抜いておくのがおすすめです。 確かに採れたてのたけのこの煮物や天ぷらは柔らかくて風味もよく、ほんとにおいしいですよね。 ところで、新鮮な竹の子は 生でも食べることができるのをご存知ですか?まだ、私も食べたことはないのですが、 たけのこ掘りをして獲れたてのものに出会ったら、生食してみるのもいいですね。 ただ、販売されているたけのこは収穫してから時間が経過してることが多いので、 生食は無理です。 掘りたてのもの以外は、えぐみを少し残しながら 灰汁抜きをして 茹でる必要があります。 その エグミを取る方法があく抜きで、一般的なあくの抜き方は、米ぬかを使う方法です。 ぬか以外でぬかを使わない方法もあり、 重曹や お米、大根おろし、お米のとぎ汁を使ったあく取りの仕方もあるんですよ。 お鍋を使った生のたけのこの煮方、下処理の方法はこちらをご覧ください。 皮のむきかたや下処理の仕方、あくの取り方、ゆがき方やゆで時間、圧力鍋での下茹での方法もご紹介しています。 水が濁ってくる前に1日、2日に1回、水を こまめに変えると 約2週間、保存は可能です。 ちなみに水煮に 白い粉がついていることがありますが、これはカビではなくむしろ 効果効能のある「チロシン」という栄養成分です。 神経や脳の働きをサポートする効果があるんですよ。 たけのこの栄養はこちらをご覧ください。 保存法は乾いた 新聞紙でくるんで 冷蔵庫で保存します。 たけのこは冷凍できる?保存法は? たけのこは食物繊維を多く含むため、あまり適していませんが 冷凍保存も可能です。 冷凍の仕方は、あくとりをして下ごしらえしたたけのこは適当な大きさに切って、空気に触れないようにラップに包んで、密閉容器に入れて保存します。 少し大きめにカットした場合は、煮汁も一緒にフリーザーバックに入れて保存します。 このとき冷凍前に味付けをしておくのもおすすめです。 保存期間は約1ヶ月です。 解凍方法は、細かく切った場合は、 凍ったままたけのこご飯やお味噌汁、煮物や炒め物に使えます。 大きめのものは凍ったままでも解凍してからでも、煮汁と一緒に加熱して煮物などに使えます。 たけのこの塩漬けの方法は? たけのこをすぐに使わない場合や大量にある場合は、迷わず 塩漬けをしておきましょう。 長期保存が可能な塩漬けだと、保存期間は長いと 1年ほど保存が可能です。 たけのこがしっかりつかるように 塩をたっぷり使います。 最後は塩をかけて蓋をします。 調理に使うには、 塩抜きが必要です。 塩抜きしたたけのこは、炊き込みご飯や春巻き、煮物などに使えます。 一度にたくさん保存しておけば、その都度、たけのこを使えるので年中楽しめますね。 おいしい新鮮なたけのこの選び方、見分け方は? たけのこはどれも同じように見えますが、たけのこにもやはり 新鮮なものの選び方があります。 たけのこを買うときは次のようなことを確認してみてください。 皮の色が薄く、あまり伸びすぎていないもの、適度に湿り気があって、皮につやがあり大きさは太いものがいいようですね。 そうなると、 アクやえぐみが強く、固くなっています。 また、 穂先が黒くなっているものは、地上に出てしまってから収穫されたものなので味が落ちます。 穂先は黄色でしまっているものを選びましょう。 また、あく抜きをして保存しておいたものも、傷むのも早くて、あまり日持ちがしないです。 たけのこは腐りかけや腐ると酸っぱいと感じたり、臭いやぬめりが出てきますので、こういった状態になったら食べるのはやめて処分しましょう。 たけのこもいろんな効果が期待できますよ。 たけのこの栄養や効能はこちらをご覧ください。 煮たり、炒めたり、揚げたりといろんな調理法で使える春を感じる食材のたけのこ、ぜひ旬の季節には、おいしいたけのこを堪能してください。 スポンサーリンク•

次の

たけのこ(筍)の冷凍保存方法

たけのこ 冷凍

茹で筍を水に浸けて保存は、 1週間程度• 洗ったたけのこは、頭の部分を斜めに包丁を入れ 5cmくらい切り落とします。 縦に入れた切り込みを手で軽く広げます。 お湯が沸騰しだしたら弱火にして50分程度煮ます。 水が減ってきたら足してください。 茹で上がりの目安は、たけのこに竹串を刺してすっと通るくらいです。 こうすることで、風味が損なわれずに済みます。 触れるくらいまで冷めたら、切り込み部分より皮をはいでいきます。 よく水洗いしてから水に2時間程度さらします。 米ぬかは少々ついていても問題ありません。 あとは、お好みの料理に合わせてお使いください。 たけのこの瓶詰めで長期保存できる アク抜きしたたけのこを、瓶に詰めやすい大きさに切り、 瓶に詰めて、いっぱいになるまで水を入れて、ふたを軽く締めます。 瓶が肩までつかるくらいのお湯に入れて、火にかけます。 沸騰してから30分程度煮たら、瓶を取り出して 蓋をしっかりと閉めます。 今度は、瓶全体がお湯につかるように入れて 再度30分程度煮ます。 瓶を取り出して、逆さにして自然冷却します。 冷めたら完成です。 冷暗所で保存してください。 保存期間(賞味期限)の目安は?• 瓶詰たけのこの賞味期限は、開封しなければ 1年程度• 開封後は、水を毎日変えて 1週間程度 塩漬けで長期保存 あく抜きしたたけのこを半分切ってから、水気をしっかり切ります。 たけのこに塩をたっぷりと塗る感じでまぶしていきます。 塩を敷き詰めた容器にたけのこを入れて、さらに上から 塩でふたをしてから、容器を蓋で閉めます。 使用する際は、呼び塩をしてから使いましょう。 呼び塩とは? 薄い塩水に浸けて塩を抜く方法です。 浸透圧の関係で濃い塩から薄い塩に移る性質を利用しています。 5くらいが目安となります。 保存期間 賞味期限)の目安は? たけのこの塩漬けの賞味期限は、 1年程度 干したけのこで長期保存 アク抜きしたたけのこを薄くスライスします。 ザルなどにたけのこ同士が重ならないように並べて 天日干しします。 カラカラになるまで乾燥したら完成です。 使用する際は、水に1時間程度浸けてから水洗いして、 鍋に新しい水を入れてさきほどの筍を入れて、茹でます。 あとは、お好きな調理をしてください。 保存期間(賞味期限)の目安は? カラカラに乾いた状態で、 1年程度• 異臭がする• 酸っぱいにおいがする• 少しかじってみて酸っぱい味がする• ぬめりがある• 赤やピンクなどに変色している• 白い液がでてきている• ふにゃふにゃになり過ぎている• ドロドロになっている たけのこを切ったときに白いカビのようなものがありますが、 たけのこの成分『 チロシン』というアミノ酸が 結晶化したものなので問題ありません。 また、根元のいぼいぼのところが青紫や青黒くなっているのは、 たけのこ内の アントシアニンが反応して青っぽくなっているだけなので、 これも問題ないかと思います。 腐った場合は、酸っぱいにおいや味がしますし、見た目でわかるかと思います。 新鮮なたけのこの選び方は?• 掘ってから時間が経つと苦味が出るため、すぐに茹でる• 茹でる際は米ぬかなどを使いしっかりとアク抜きを行う• 茹でたたけのこは、数日なら水に浸けて冷蔵保存する 長く保存したい場合は、濃い塩水に浸けて冷蔵保存する• 瓶詰にすると1年くらいもつ。 開封後は早めに食べた方が良い• 塩漬けにすると1年くらいもつ。 使う際には呼び水をする• 干したたけのこは、1年くらいもつ。 保存は冷暗所か冷凍庫。 使用するときは、水でもどしてから使用する。 冷凍保存する際は、薄くスライスするか千切りなど細かく切ってから 水気を取ってフリーザーバッグに入れて冷凍保存する。 保存方法により、数日のもの、1ヵ月のもの、1年のものと 使い分けることができます。 たけのこの使用量や保存の手軽さなども 考慮して美味しくいただきたいですね。

次の

たけのこを上手に冷凍保存すれば シャキシャキ感もキープできる!冷凍の注意点や解凍のコツをレクチャー

たけのこ 冷凍

土地柄、私もこの季節、たけのこをたくさん頂きます。 まとめて下ゆでしたら、丸ごと、水と一緒に保存容器に入れて、 冷蔵庫で保存しています。 毎日、水を替えれば、2~3週間ぐらい持ちます。 それでも食べきれない場合は、冷凍保存しています。 細かく刻んだにんじんや干ししいたけと共に甘く煮て、 冷凍しておけば、混ぜ寿司やいなり寿司を作るときに重宝します。 ポイントは、あまり大きく切らないこと、ぐらいかな? 冷凍すると、どうしても食感が落ちますが、 小さく切ってやると、あまり気になりません。 レシピというほどのものではありませんが、参考になれば。 混ぜ寿司のタネ 1. にんじんとたけのこ、戻した干ししいたけをなるべく細かいみじん切りにする。 鍋に昆布だしと干ししいたけの戻し汁を沸かして、1を投入。 砂糖、塩、しょう油少々で調味、汁気がなくなるまで煮詰める。 バットなどに広げて冷まし、ラップに1回分ずつ包んで冷凍。 レンジでチンすると、風味が壊れるので、自然解凍の方がおすすめ。 使う少し前に外に出しておくだけでOK。 それほど解凍に時間はかかりません。 たけのこ入り肉団子 1. たけのこはさいの目切りにする。 (寿司タネより心持、大きめ) 2. ボウルに合い挽きミンチ、1のたけのこ、卵、片栗粉を入れ、よく混ぜる。 塩・こしょう、しょう油少々で調味し、熱した油で揚げる。 バットなどに広げて冷まし、ラップに数個ずつ包んで冷凍。 使うときは、あらかじめ解凍(こちらは電子レンジでもOK)。 甘辛いだしで煮たり、フライパンでたまねぎと一緒に炒めてケチャップで 味付けすれば、子供にも喜ばれます。 お弁当のおかずにもよいです。 A ベストアンサー 長期間保存するなら皮を剥いたタケノコを、米のとぎ汁で茹でてアクを抜きます。 あとは水を満たした密閉容器やジップロックに入れてしっかり蓋をして保存しましょう。 より長期間保存したいなら、未使用の保存瓶にタケノコを入れて、水を口まで注いで軽く蓋をして、すのこなどを敷いた(瓶が割れないようにするため)大き目の鍋に入れ、瓶がかぶる位の水を注いで約1時間煮込みます。 火を止めたらすばやく、蓋をきつく閉めてください。 自然に冷ましたら冷暗所に保管します。 手間はかかりますが、この方法だと、半年~1年はもちます。 3~5日程度でいいなら皮付きのまま冷蔵庫で保管してください。 皮を剥ぐとえぐみが増します。 A ベストアンサー こんばんは。 2 表面に鹿の子に包丁目を入れます。 3 濃口醤油・1、味醂・2、酒・0. 5で割り醤油を作り、 筍を一時間ほど漬け込みます。 4 木の芽を粗みじんに叩き、少量の 3 出しと合わせます。 5 水分を拭いた筍をオーブンに入れ、 刷毛で、木の芽醤油を数回塗りながら、香ばしく焼き上げます。 2 全卵溶き玉子と出し汁を同割りで合わせ、 薄口醤油、塩、味醂で、玉子豆腐の味付けにし、一旦、漉します。 3 2 の半量の玉地と、刻んだ筍を合わせ、 湯煎に掛けて、ゆる~い「びしゃ玉子」を作ります。 4 お手元の容器 できれば流し缶がベスト に、 残りの半量の玉地と、「びしゃ玉子」を ゆっくり攪拌しながら、流し込みます。 5 あとは、蒸し器で玉子豆腐を蒸す要領で、蒸し上げます。 6 掛け出しは、麺つゆを割ってもいいですし、 出し汁・6、薄口醤油・1、味醂・1. 2くらいで。 ご参考までに。 こんばんは。 2 表面に鹿の子に包丁目を入れます。 3 濃口醤油・1、味醂・2、酒・0. 5で割り醤油を作り、 筍を一時間ほど漬け込みます。 4 木の芽を粗みじんに叩き、少量の 3 出しと合わせます。 5 水分を拭いた筍をオーブンに入れ、 刷毛で、木の芽醤油を数回塗りながら、香ばしく焼き上げます。 A ベストアンサー こんにちは。 私の家(田舎です)には竹やぶが有り、毎年外の大きな釜で 何度も何度も茹でます。 この時期の日曜日は、ご近所、親戚、知人に配るのが仕事です。 保存の方法ですが、今までにいろいろと試した結果、 結論は、 『保存しない。 旬の食材はその時期に頂いてしまい、未練たら しく保存したりしない。 』が基本。 ですが、これでは回答にならないので、私のやっている保存 方法は、やはり茹でて冷凍です。 でも旬の食感は期待せずに 小さく切って、味噌汁の具にする程度です。 又、茹で竹の子の冷凍を作るときは、茹でた竹の子の甘皮も細く 線状に切り冷凍し、お澄ましの具に使っています。 甘皮は 食べれる程度に硬い部分まで使います。 硬い部分の食感も良いので 竹の子の保存といえば、こちらの方がメインになっています。 今日も、朝から家族で竹の子堀りに行き、大漁?に茹でました。 A ベストアンサー 筍のえぐみは筍が大きかったり、採ってから時間が経っているからだと思うのですが。 スーパーマーケットなどで買ったんですよね?朝堀りと名前がついていても、時間がずいぶん経っていたりしますよね。 ということで、えぐみのある筍は元々に問題があるのでは。 私もyokorinさんと同じようにして下処理しますが、えぐい筍はこういうものだとあきらめてしまいます。 実はえぐい筍はバターで仕上げると、えぐみが独得の風味に変っておいしくなるんです。 えぐみの強い筍を薄くスライスして、塩、胡椒を振り、小麦粉を付けて、バターで焼きます。 筍のムニエルですね。 これ、ほんとおいしいですよ。 もう、煮物にしてしまったのであれば、筍ご飯にしてしまいましょう。 こうすれば、えぐみも気にならなくなるはず。 にんじんと油揚げを用意して、一緒にご飯と炊きこんで、木の芽を飾りましょう。 木の芽は筍のえぐみを感じにくくさせてくれますよ。 そうだ、煮物に山椒を振りかけてみてください。 少しはえぐみが気にならなくなりませんか?それで食べられるようになれば一番簡単ですよね。 小さめに切って、かつお節、山椒をからめてみたらどうでしょうか? 筍のえぐみは筍が大きかったり、採ってから時間が経っているからだと思うのですが。 スーパーマーケットなどで買ったんですよね?朝堀りと名前がついていても、時間がずいぶん経っていたりしますよね。 ということで、えぐみのある筍は元々に問題があるのでは。 私もyokorinさんと同じようにして下処理しますが、えぐい筍はこういうものだとあきらめてしまいます。 実はえぐい筍はバターで仕上げると、えぐみが独得の風味に変っておいしくなるんです。 えぐみの強い筍を薄くスライスして、塩、胡椒を振り、小麦... A ベストアンサー 実家で母がしていた方法です。 よく手伝わされたので多分間違いないと思います。 【保存法】 葉などを取り除き、水の中で軽くたわしなどでこすり、毛ばだったとげのようなものを落とす。 10~15センチに切って、水に数時間させしてアクをとる。 さっと熱湯で茹でする。 今晩してしまうならば、重曹でゆでるとか、ゆでる前に塩で板ズリするといいと思います 冷水にとり、すじを一本一本はがす 切り口から爪をかけると、糸のようにはがれます。 少し長けて硬いものは、すじだけでなく皮を剥いたほうが美味しいと思います。 このまま塩水につけてビン詰めして冷蔵庫に入れるか、ゆでたものを数本ずつラップに包んで冷凍すると保存できます。 お料理としては、 【煮物】 下処理したふきを、出汁・醤油・みりん 酒 ・砂糖で煮て味付けします。 揚げと一緒に煮ると一層美味しいです。 他に【きんぴら】【そぼろあんかけ】なども母はよく作っていましたが、私はこれは手伝ったことがないので、作り方が分かりません。 検索したら次のページをみつけました。 色々レシピが載っているようです。 kikkoman. html 実家で母がしていた方法です。 よく手伝わされたので多分間違いないと思います。 【保存法】 葉などを取り除き、水の中で軽くたわしなどでこすり、毛ばだったとげのようなものを落とす。 10~15センチに切って、水に数時間させしてアクをとる。 さっと熱湯で茹でする。 今晩してしまうならば、重曹でゆでるとか、ゆでる前に塩で板ズリするといいと思います 冷水にとり、すじを一本一本はがす 切り口から爪をかけると、糸のようにはがれます。 少し長けて硬いものは、すじだけでなく皮を剥いたほ...

次の