ゆず なつ いろ。 ゆず 夏色 歌詞

ゆずゆずきいろ|絵本ナビ : 楠 章子,石井 勉 みんなの声・通販

ゆず なつ いろ

はる雪• 田口まこと(SD原画) シナリオ• 佐藤礼• 折畑啓助• 2015年に設立が発表された上記ブランドのデビュー作である。 あらすじ [編集 ] 自身の父に宛てた、娘と名乗る少女からの手紙を受け取った 杜丘岳史は、困惑しつつもの山村・白珠村へ向かった。 そこで待っていたのは岳史の異母妹にあたるという 八重原柚と、柚の祖母が経営していた食堂だった。 唯一の肉親である祖母を亡くした柚と、彼女とともに暮らすことになった岳史は食堂の再開へと向けて歩みだした。 登場人物 [編集 ] (出典: ) 主人公 [編集 ] 杜丘 岳史(もりおか たけふみ) 身長:180cm 東京在住。 現在大学四年度。 優しく誠実で不器用な性格。 本編冒頭の独白によると内定が出た会社は一週間前に潰れた。 生まれつきの強面で、かつ寡黙なことから、何かと誤解されがちで、柚に頼まれて薪割りのために斧を持って庭に出た所を、たまたま見かけたすずなたちに不審者と勘違いされた。 突如現れた腹違いの妹と名乗る柚の保護者を引き受けたことで、慣れない田舎での生活に溶け込むべく努力している。 父親は現在在住。 母親は幼いころに死去。 腹違いの姉妹の存在が明らかになったのは柚で4人目だったため、柚の出現に困惑しつつも存在自体には驚かなかった。 父親の本妻である母親にはさらに3人の娘(つまり岳史の姉妹)がおり、岳史には合計して7人の姉妹がいる計算になる。 本人曰く母親が死去したため、親戚宅をたらい回しにされ、祖母の家に行き着いたらしい。 祖母のの再開に向けて奮起するが、料理の腕はさっぱりなため、主にメニューなどを考える担当。 どんな些細なことでもメモをとる癖がある。 過去の経験もあってかかなり後ろ向きなところがあり、本編でも当初は「世界は悪い方向にしか行かない」などと溢していた。 などしか作れないが、それゆえのこだわりを持つ。 上の姉が村を出て就職しており、都会に憧れを抱いている。 甘いものが好きだが、をと呼ぶ、都会では薪割りをロボットにやらせていると勘違いするなど若干ズレているところがある。 手先が器用で、果物や野菜の皮むきが得意。 生活の知恵に長けており、どこか懐かしい言い回しをすることがあるため「こごみおばあちゃん」と呼ばれることもある。 が好きだが、生卵の白身が苦手。 スタイルがよく、近しい世代の中では一番年上。 面倒見がよく、柚たちから慕われている。 釣りの腕は一流で、魚を捌くのも上手い。 祖父である猪左夫曰く、頭はいいが素行が悪く、出席日数を計算してギリギリで登校しているとのこと。 サブキャラクター [編集 ] 小田巻 花梨(おだまき かりん) 声 - 身長156cm 白珠村の村長の孫娘。 柚に心酔しており、彼女のことを「お姉さま」と呼んで慕っている。 村の分校に通っており、柚の後輩にあたる。 初対面で、前述の目撃証言に尾ひれがついてしまったこともあって、岳史が柚とすずなを殺害したと勘違いして木刀で襲撃した。 荻野 未季(おぎの みき) 声 - 身長160cm 村に唯一あるの女医。 細かいことにはこだわらない大雑把な性格だが医者としての腕は確か。 食堂の常連客だったひとりで、食堂が閉まった今でも頻繁に顔を見せる。 移動にはバイクを愛用している。 早蕨 あざみ(さわらび あざみ) 声 - 身長159cm すずな、こごみの母。 世話好きで面倒見が良い。 白珠村にやってきた岳史に料理を教えたりと色々なアドバイスをするようになる。 を所有している。 鰺ヶ沢 猪左夫(あじがさわ いさお) 声 - 牛柳亀三 身長162cm 雑貨屋との管理所を営む椋香の祖父。 狩猟シーズンには猟師として猟を行っている。 猟の腕は達人の域だが、本人は血を見るのが大嫌いで、猟をするのを嫌がっている。 酒が好きで、「豚神祀」という名前のを好んで飲むが、椋香曰くかなり酒癖が悪いらしい。 自称詩人で、かつて「プライド、ポラロイド、ロイド眼鏡」なる詩集を自費出版したものの、全く反響が無く、泣く泣く猟師になったらしい。 早蕨 みつば すずなたちの祖母であざみの義母。 温和で優しく、孫、嫁想いの老人。 杜丘 茂雄(もりおか しげお) 岳史の父。 現在香港在住。 かなりの女好きらしく、既婚者であるにもかかわらず複数人の腹違いの娘がいる。 岳史の独白によると、現在は(本人申告とは言え)よき父親であり腹違いであっても自身の子を認知しなかったことはない。 八重原 蒔絵(やえはら まきえ) 柚の祖母。 名前は本編冒頭の手紙で判明。 元々の食堂の店主で、半年ほど前に柚を引き取った。 柚の言葉によれば「柚にはとてもよくしてくれたためちっとも不幸ではなかった」との事。 母を亡くした柚の唯一の保護者だったが一月前に亡くなった。 八重原 志保理(やえはら しほり) 柚の母親。 同じく名前は本編冒頭の手紙で判明。 一年前に亡くなった。 箕輪さん 町の新聞屋。 こごみ曰く、昔は五人兄妹だったため、村人たちからは「箕輪さんとこの新聞」を縮めて「新聞さん」と呼ばれている。 本人曰く特攻帰りで、頭から機銃掃射を受けた際の弾が見つかったり、骨の複数カ所にヒビが入った状態でも長距離を歩いて移動出来るほどのかくしゃくたる老人。 本編冒頭で入院が決まったため、求職中だった岳史を配達員に採用した。 舞台 [編集 ] 白珠村 本作の舞台。 本編冒頭の解説によると東京都心から電車で約5時間離れた高原に位置する山村。 かなりの田舎だが、すずな曰く電気、ガス、水道が来る程度には文明化されている。 岳史の独白によれば柚が住む家から徒歩で30分の位置には村の中心部があり、半径100mの範囲に郵便局や後述のスーパー兼、妙に真新しい村役場兼公民館兼図書館などの施設が集中している。 規模が小さく人口も少ないため、猪左夫曰く基本的に住民の多くは自給自足の生活を送っている。 名産品として柔らかくて甘いと評判の「白珠」と「豚神祀」という名の地元民にしか振る舞われない地酒がある。 食堂 柚の祖母が生前営んでいた木造二階建ての店舗。 裏手には自宅である古びたがあり、裏手には壊れたがある。 白珠村の中心部からバスで1時間ほどの台地「高棚台」にある小さな石造りの橋のそばに立つ。 公式サイトのあらすじによると元々はだった物を食堂に改装したもの。 入り口の前には大分前に廃止されたと思われる古びたが置かれたままになっている。 店主である祖母が亡くなったため、閉店していた。 あじさわ雑貨店 鯵ヶ沢家が営む。 店主である鯵沢家はキャンプ場の管理も行なっているため不在時には空き缶に代金を入れる仕組みになっている。 早蕨家 すずなやこごみたちの実家。 かなり大きな木造二階建ての日本家屋。 レタス農家を営んでいる。 オダマキ 村にある。 柚の行きつけの店。 規模は小さく、品数も少ないが直売所も兼ねている。 スタッフ [編集 ]• 企画・ディレクション - 朝妻ユタカ• シナリオ - 佐藤礼、折畑啓助、高嶋栄二• キャラクターデザイン・原画 - 、はる雪、• 音楽 - ヤヅチスエタ• WEB制作 - きむら• SD原画 - 田口まこと• グラフィックチーフ - いっぱんへい• ごはんイラスト - bcd• 美術設定 - 平澤晃弘、bcd、上田メタヲ• 背景美術 - 池田裕輔• デザイン - まーと• 演出チーフ - 御剣ヒロ• アシスタントディレクション - 月月• プロデュース - Yow 主題歌 [編集 ] オープニングテーマ「わたしのさしすせそ」 歌:市川ひなこ、作詞:ヤヅチスエタ、作編曲:ヤヅチスエタ エンディングテーマ「ふたりごはん」 歌:市川ひなこ、作詞:ヤヅチスエタ、作編曲:ヤヅチスエタ サウンドトラック [編集 ] 初回版にはサウンドトラック「なついろレシピ 限定メニュー『さんとらレシピ -季節の歌を添えて-』」が特典として添付された。 主題歌2曲とゲーム内で使用された全BGMの合計23曲が音楽CD1枚に収録されている。 収録曲 タイトル 作詞 作曲 時間 1. 「 わたしのさしすせそ」 歌:市川ひなこ ヤヅチスエタ ヤヅチスエタ 3:53 2. 「 ふたりごはん」 歌:市川ひなこ ヤヅチスエタ ヤヅチスエタ 4:03 3. 「 あさのかおり」 ヤヅチスエタ 2:21 4. 「 おむすびころころ」 ヤヅチスエタ 3:01 5. 「 たまごはおどる」 ヤヅチスエタ 2:50 6. 「 ほっとティータイム」 ヤヅチスエタ 4:14 7. 「 どうぞめしあがれ」 ヤヅチスエタ 3:14 8. 「 しみじみゆどうふ」 ヤヅチスエタ 1:46 9. 「 おかしはたのし」 ヤヅチスエタ 4:36 10. 「 ぬかどこのきもち」 ヤヅチスエタ 2:01 11. 「 おかえりのしょくたく」 ヤヅチスエタ 2:16 12. 「 うりきれごめん」 ヤヅチスエタ 2:22 13. 「 あわだてこんだて」 ヤヅチスエタ 2:59 14. 「 おなべがこげた」 ヤヅチスエタ 2:44 15. 「 たべられるかな」 ヤヅチスエタ 2:50 16. 「 さめたらにがい」 ヤヅチスエタ 2:50 17. 「 ひとりごはんのよる」 ヤヅチスエタ 2:33 18. 「 おべんともって」 ヤヅチスエタ 3:16 19. 「 ふきこぼれちゅうい」 ヤヅチスエタ 3:44 20. 「 はんぶんこ」 ヤヅチスエタ 4:33 21. 「 あまくてとろける」 ヤヅチスエタ 4:00 22. 「 ごちそうのじかん」 ヤヅチスエタ 3:32 23. 「 なついろレシピ」 ヤヅチスエタ 1:23.

次の

ゆずの全シングル&アルバム作品解禁!「栄光の架橋」「夏色」「飛べない鳥」などの名曲を「AWA」で配信開始|AWA株式会社のプレスリリース

ゆず なつ いろ

J-Pop• provided courtesy of iTunes BGMとして、お聞きください。 笑 いつもこうしてブログを書く時に、このアングルから!あ!このバージョンも!ってなります。 笑 純粋に楽しむ時と、ブログ用の時とで2回行きたくなります。 これブロガーあるあるだったりして。 笑 坂の上からのショットはこんな感じです。 これ、絶対ここに「自転車1回乗るのに100円でお貸しします」みたいなのあったら、問答無用で借りてPVっぽく撮影するのにな〜とか思いました。 笑 PVっぽく撮影するコツは? PVっぽく撮影しようと頑張った結果がこちら こう撮れるまでは結構試行錯誤しました。 車が双方向から来ないかチェック• 坂上で撮る• 背景がボヤけないのと、被写体との距離が近いので取り直し• 撮影者 僕 、坂の中腹まで走る。 もう一度撮影• 坂の中腹にいるということが立っているアングルからはうまく伝わらない• 撮影者、もう少し下がる• 道路に寝そべって下アングルを意識して撮影• 完成!!! みたいな行程を経て、以上の作品が出来ましたので、これから行って撮影する人は是非参考にしてみて下さい! お昼は近くのラーメン屋さんで 3駅隣の『長谷駅』降りてすぐの、麺屋五鉄さんにて五鉄ラーメンを!• 店名 : 麺屋五鉄• 電話番号 : 0467-24-6088• アクセス 〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2-14 江ノ島電鉄『長谷駅』降りてすぐの長谷ビル2階• 営業日 : 月・火、木〜日 11:00〜20:00• 定休日 : 水曜日• 平均予算 : 900円 引用 : 頼んだ五鉄ラーメンは、830円! 背脂たっぷりの家系こってり系ラーメンです。 スープ自体は飲みやすく、重過ぎずかと言ってこってりさはある絶妙なバランスでした。 そして何よりもチャーシュー。 僕はいつもラーメン屋の優劣はこのチャーシューで決めるんですが、ここのチャーシューは美味かったです。 柔らかく、程よく脂も乗ってました。 麺屋五鉄の総合評価• 家系ラーメンの相場は700円前後なので、少々割高•

次の

ゆずのライブの夏色はとにかく長いんです!?ってどうゆうこと?

ゆず なつ いろ

夏色 「夏色」(なついろ)は、日本のフォークデュオ、ゆずの楽曲で、デビューシングル。 1998年6月3日に発売。 発売元はセーニャ・アンド・カンパニー。 同年7月の第1週に初めてオリコンチャートのトップ30に入り、9月の第1週にはトップ20入り、9月第3週には最高位である17位を記録した。 2008年11月18日より、京浜急行電鉄の上大岡駅(神奈川県横浜市)において、「夏色」が接近メロディーとして使用されている。 収録曲 夏色 3:21 作詞・作曲: 北川悠仁 『スペースシャワーTV』1998年度6月期 POWER PUSH曲。 音楽番組や雑誌で集計される「夏に聴きたい曲」等のアンケートでは、上位にこの曲の名前が挙がる機会も多い。 楽曲制作は春に行われており、思わず夏には相応しくない「5時半の夕焼け」という歌詞を入れてしまったと、北川は語っている。 また、「夏色」という曲名は、岩沢が「色が見えました。 夏色っていう色が」という由来から付けられた。 シンガーソングライターの山崎まさよしと岩沢厚治が音楽雑誌で対談した際、山崎が「サビの『この長い長い下り坂を〜』から疾走感がどんどん増すのに、突然『ゆっくり〜ゆっくり〜』とブレーキを握る歌詞になるのがずっと疑問だった」と述べ、その理由を代わって岩沢が返答した(北川の実家の前に急な坂がある、という内容)。

次の