オートファジー 若返り。 ノーベル賞も認めた!?「オートファジー」という健康法&ダイエット法とは?

若返りホルモンを出すのは断食だった(オートファジー)

オートファジー 若返り

青木厚(あおき・あつし) あおき内科・さいたま糖尿病クリニック院長・医学博士。 2002年、福井医科大学(現福井大学)卒業。 長野赤十字病院、川崎市立川崎病院、自治医科大学附属さいたま医療センターに勤務したのち、自治医科大学大学院医学研究科に入学。 2014年、修了。 2015年、青木内科・リハビリテーション科を開設。 専門は、糖尿病、高血圧、高脂血症、生活習慣病。 書籍に『「空腹」こそ最強のクスリ』(アスコム)などがある。 (CiNii) (公式サイト) 8時間食事術とは 「 8時間食事術」とは、8時間以内に1日のすべての食事をとる食事法のことです。 医師である私自身も、この食事法で16kgもの減量に成功し、最大で78cmあったウエストは70cmになりました。 9年たった現在も、身長170cmで体重53kg、体脂肪率6. 6%の体形を維持しています。 私が8時間食事術を始めたきっかけは、40歳で舌ガンを経験したことでした。 早期のうちに見つかったことも幸いし、ガン自体は手術で無事取り除くことができましたが、同じような生活を続けていたら、ガンを再発する恐れもあります。 また、私は30代後半から太り始め、腹部に内臓脂肪がつき、ちょっとしたメタボ体形になっていました。 そのままでは糖尿病や高血圧、脂質異常症、動脈硬化なども心配でした。 そこで私は、さまざまな医学論文や書籍を読みあさりました。 そして、糖尿病をはじめとする生活習慣病の患者さんたちの治療を通して得た自分自身の経験や知識も踏まえて、「どのような食事をすれば、最も無理なく、ストレスなく、病気を遠ざけることができるか」を真剣に考えました。 その結果、たどりついたのが8時間食事術、すなわち1日に 16時間以上、食べない時間を作る食事法だったのです。 以前の私は、朝昼晩、等間隔で1日3食、バランスのよい食事をとっていました。 しかし、8時間食事術に切り替えて4カ月後には、ポッコリおなかが平らになり、冒頭に述べたとおり、小太り中年体形から超スリムな体に変身しました。 そのうえ、体が元気で疲れにくくなり、カゼやインフルエンザをうつされることもなくなりました。 見た目も若返り、50歳で髪はフサフサ、白髪もありません。 もちろん、ガンが再発する気配もありません。 肥満が解消するだけでなく、体の内側から若返り、病気や老化を遠ざける究極の食事法なのです。 「食べない時間」が細胞の修復機能をオンにする 従来の食事療法は、カロリー制限や糖質制限など、「食べるものの量や内容を制限する」方法が主流でした。 一方、8時間食事術は「何を食べるか」、よりも「 ものを食べない時間を増やす」ことに主眼を置いた食事療法です。 これを「 間欠的ファスティング」といいます。 「ファスティング」とは、断食のことです。 ファスティングは、細胞の質の劣化や病気を防ぐ食事療法として世界的に注目が高まり、ここ14〜15年で論文数が急増しました。 そうした最新の研究成果から、食べ物を口にしない時間を長く取ると、健康面で多くのメリットが得られることが明らかになってきたのです。 オートファジーとは、 古くなった細胞を、内側から新しく生まれ変わらせるしくみのことです。 細胞は主にたんぱく質で作られており、日々の生命活動の中で、古くなったり壊れたりするものも出てきます。 それらの多くは外に排出されますが、排出しきれなかったものは細胞内にたまり、細胞を衰えさせ、体の不調や病気の原因となります。 オートファジーは、そうした 不要なたんぱく質を集めて分解し、新たなたんぱく質を作るのです。 ただし、オートファジーは、食べ物によって得られた 栄養がじゅうぶんにある状態では、ほとんど働きません。 最後に食べ物を口にしてから10時間たつと、肝臓に蓄えられた糖がなくなって脂肪が分解され、エネルギーとして使われ始めます。 そして 16時間たつと、いよいよオートファジーが機能し始めるのです。 というのも、オートファジーは、体や細胞がストレスを受けた際にも生き残れるように体内に組み込まれたシステムで、飢餓状態になったときこそ働きが活発化するからです。 オートファジーによる細胞の生まれ変わりが起これば、不要なものや老廃物が一掃され、全身の細胞や組織・器官の働きが活性化し、肥満の解消はもちろん、病気になりにくく若々しい体になるのです。 空腹の時間を設けないと内臓は疲れる 下の表は、食事の頻度とタイミングが体に及ぼす影響をまとめたものです。 食事と間食を1日に数回とり、朝食抜きで、夜遅くに食べ物を口にし、脂質や糖質を多くとる食生活は肥満を招く典型的なパターンです。 こうした食生活は、食べ過ぎを招き肥満につながるうえ、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールが増えて、血管の状態も悪くなります。 食事のたびに血糖値が上がるため、血糖値を下げるインスリンを分泌するすい臓にも負担がかかります。 食事の間隔が短いと、内臓は休む間もなく働き続けることになるので疲弊し、消化機能が低下。 消化しきれなかった食物が腸内に残って腐敗し、腸内環境も悪化します。 さらに、肥満で内臓脂肪が増えると、脂肪細胞から悪玉ホルモンが分泌され、体内に慢性炎症が起きたり、インスリンの効き目が低下したりと、体に悪影響を及ぼします。 まず、内臓を休める時間を確保できるので、内臓の消化・吸収・解毒・排泄機能が高まり、腸内環境も改善して免疫力も高まります。 ものを食べない時間を長く取るほど、血液中の糖質や脂質が減り、血液や血管の状態が改善されます。 体内の余計な脂肪も分解され、エネルギー源として使われていきます。 特に、ポッコリおなかの一因であり、さまざまな悪玉ホルモンを分泌する内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて落ちやすいという特徴があります。 加えて、オートファジーが活性化して細胞の生まれ変わりが促進され、体の不調や老化が改善されます。 さらに、朝食をとり夜食を避ける食習慣は、体に備わっている1日周期の生体リズムに沿っているので、睡眠・覚醒のサイクルや体温調節などの生理活動が乱されません。 そのため「8時間食事術」は、糖尿病、高血圧、脂質異常症、心臓の血管の病気、アレルギー、ガン、認知症など、さまざまな病気の予防や改善に役立つと考えられるのです。 ナッツとヨーグルトはOK 8時間食事術では、 1日のうち8時間は「 食べてOK」の時間です。 好きなタイミングで食事をとり、基本的には、何をどれだけ食べるのも自由です。 何も食べずに16時間も過ごすのはつらそうに見えるでしょうが、実際はそうでもありません。 私たちは毎日約8時間は睡眠をとっています。 寝ながらものを食べる人はいませんし、睡眠中は空腹を感じることもありません。 睡眠時間の前後に合計8時間の「 空腹の時間」を割り振れば、「おなかが空いた」「何か食べたい」といった思いにさほど苦しむことなく過ごすことができます。 「食べてOK」の時間をいつにするかは、 自分の生活スタイルに応じて決めるのが成功のコツです。 下に、モデルケースを紹介しました。 《ライフスタイル別「8時間食事術」》 【 向いている人 】 ・夕食が遅くなってしまう人 ・集中しているときおなかが空かない人 【 メリット 】 仕事の効率が上がりやすい ランチ代の節約になる 【 気をつけたいこと 】 朝食を食べる場合は、肉、卵、魚などのたんぱく質中心に取る。 糖質を取り過ぎると、お昼頃に空腹感が強くなる 夕食の時間が遅くなり、しかも、日中、集中しているときにおなかが空かない人は、昼食抜きにするという方法もあります(上図)。 「空腹の時間」におなかが空いたら、 ナッツ類や ヨーグルトなどを食べます。 これらは少量でも空腹感が和らぎ、体に必要な栄養素を補給できて腹持ちもよいので、空腹がつらいときは我慢せず食べてOKです。 飽食で栄養過多な状態に体は適応できない 「8時間食事術」に関する質問で多いのが、「 1日3食しっかりとらないと体に悪いのでは?」「 16時間も空腹を我慢できない」という2つの声です。 皆さんも、同様の不安をお持ちかもしれません。 しかし、そんな心配は無用です。 日本に1日3食の習慣が広まったのは、江戸時代のこと。 原始時代から江戸時代まではせいぜい1日2食で、狩りや労働の間はものを食べないのがあたりまえでした。 人類の誕生以来、人間の体のしくみはほとんど変わっていません。 人体には飢餓に備えて体内に栄養を蓄え利用するしくみは発達していますが、飽食で栄養過多な状態に適応するしくみは、まだ不十分なのです。 現代人の1日3食の生活は、それだけで食べ過ぎになる可能性が大いにあります。 糖尿病や高血圧、脂質異常症、肥満、動脈硬化、ガンなど、現代人の生活習慣病の多くは、食べ過ぎが関係しています。 「食事のあと眠気や体のだるさを感じる」「最近、疲れやすくなった」「胃腸が弱っている気がする」「イライラや不安、無気力など気分の変動が激しい」といった症状に思い当たるものがある人は、食べ過ぎの可能性があります。 1日3食の最大の弊害は、胃腸を休ませる時間がなく、内臓が疲弊してしまうことです。 内臓が疲れて消化機能が衰えると、食べ物からきちんと栄養素を吸収できなくなり、栄養不足で髪や肌のコンディションが悪くなったりします。 また、本来は肝臓で解毒されるはずの毒素や老廃物が体内に残ったり、体内で産生できるエネルギー量が減ったりして、体が疲れやすくなるなどの不調を招きます。 食べ物が胃腸で消化し終わるまで8時間くらいかかるので、朝昼晩と食事をとると、内臓を休ませる時間がなくなってしまいます。 脳や体に休息が必要なのと同じく、内臓にも休みが必要です。 食事をとらない時間を16時間確保してようやく、内臓は1日8時間の休息・メンテナンス時間を得られるのです。 空腹12〜14時間でもいい.

次の

若返りの秘訣「オートファジー」を活性化する方法

オートファジー 若返り

健康の部屋からお送りします 今回は 定期的に体調を壊したり ガン、糖尿病、痛風、高血圧などの慢性的に具合が悪い方 また、肌荒れが気になる方 ダイエットに悩む方 そんな方に聞いて頂きたい内容です 2016年にノーベル生理学医学賞を受賞した大隅博士はご存知ですよね その大隅博士が研究した オートファジーの仕組みを理解する事で もしかしたら あなたの体調不良の悩みやダイエットの悩みが解消されるかもしれません 今回は体内で行われている オートファジーの仕組みが あなたを健康的で若々しくしてくれる と言うお話です 内容は2つ その仕組みについて そしてどうやったら オートファジーを活発にできるのか このような内容になります まず大隅博士がノーベル賞を受賞したオートファジーってどんなものか?と言うことを簡単にお話します 身体は 60兆個近い細胞がギッシリ詰まって その一つ一つが固有で生きていて その集合体が私たちです その細胞は臓器ごと また、働きによって寿命が違うのですが いずれにしろ寿命があるわけです では身体の中で死んだ細胞はどこに行くのか?と言う疑問が出ますよね その死んだ細胞を処理したり また、その再利用の仕組みの中心がオートファジーなんです ギリシャ語で オートとは自分自身 ファジーは食べる オートファジーとは 自分を食べる!と言う意味なんです 寿命が来たり、病気で死んだ細胞を消化して再利用 細胞に溜まった老廃物 また、細胞の中に入り込んで死んだ細菌などを 食べてリサイクルする働きをしています 老廃物が身体に溜まった状態 は 炎症の原因になります また それらが溜まると 免疫力、新陳代謝を悪くします 健康的にも、美容的にも かなり、良くない状態と言えます それを解消してくれるのが オートファジー ところが 飽食の時代はそのオートファジーの働きを弱くしているようです そこでどうしたら オートファジーを活発に働かせることができる?ですが もうお判りですよね ファスティング 断食 がそのオートファジーを活発に働かせる方法なんです 何故、そんなことが言えるかと言うと 体内では一日に200〜300gのタンパク質が入れ替わるそうですが 普通食事から摂れるタンパク質量は平均70g と言うことは、必要量が足りてないですよね その足りてない分は オートファジーが補っているのです もし 丸1日、タンパク質が身体に入らなかったら? どうなるでしょうか? それを補う為にオートファジーが全力で働き始めるのです すると 細胞の中の老廃物などの処理が活発になり 体調不良の原因が 取り除かれると言うことです 研究によると ファスティングをした時 オートファジーの働きによって 体内のタンパク質量も 炭水化物の量も変化がなかったと言う結果が出ています したがって ファスティングによって起こる栄養のバランスの乱れは あまり心配は無いと言うことです 糖尿病、痛風、ガン、肌荒れ、肥満 これらの症状は 全て代謝異常が原因です その代謝異常を引き起こす一つの大きな原因が オートファジーの働きが 弱くなっているわけです そのオートファジーを最大限に力を発揮させるのが ファスティングだと 大隅博士のオートファジー理論から 証明されました これまで医学的には ファスティングはあまり良くは言われていませんでした しかし このオートファジー理論から 医学もファスティングが 体調改善に効果的だと 認める時が来た そんな感じがします 医学、栄養学、スポーツ、代替医療など 本来向かう目的は一つ それは勿論、健康に生きる!という事です 色んな分野が 一つになって本当に健康な世界を作って行けると嬉しいですよね ちなみに 1日の食事のスタートから 最後の食事の終わりまでの時間を短くすればするほど ダイエット効果、健康になるそうです だらだらと夜、お菓子を食べたりするのをちょっと控えるだけでも その時間が短縮されますよね 例えば朝食を 通常7時に食べ 夕食が19時 その間は12時間 でも、その後夜10時にお菓子を食べたら15時間 この時間が長くなればなるほど 太ります オートファジーの働きが弱まるようです この間隔を短くすれば 痩せるし、健康にもなる カロリーや食べる内容には 無関係に痩せやすくなるそうです 本当に理論通りなのか お試しください 今日はノーベル生理学医学賞を受賞された大隅博士のオートファジーの働きと それを活発にするファスティングが 健康や美容に役立つ 特に 慢性病、ダイエット、肌荒れなどに良いですよという お話をしました 人気の音声• 466 views 2019年7月15日 公開 カテゴリ:• 280 views 2019年6月5日 公開 カテゴリ:• 272 views 2019年6月7日 公開 カテゴリ:• 259 views 2019年8月11日 公開 カテゴリ:• 216 views 2019年8月9日 公開 カテゴリ:• 137 views 2019年6月3日 公開 カテゴリ:• 121 views 2019年7月13日 公開 カテゴリ:• 93 views 2019年6月8日 公開 カテゴリ:• 58 views 2019年7月20日 公開 カテゴリ:• 55 views 2019年7月29日 公開 カテゴリ:.

次の

細胞が「自分を食べる⁉」細胞レベルで若返るオートファジーとは?

オートファジー 若返り

画像はリリースより 細胞死は大別して、アポトーシスと非アポトーシス細胞死に分けられる。 アポトーシスは個体発生や生体の恒常性維持に関わる非常に重要な機構だ。 しかし、研究が進むにつれて、非アポトーシス細胞死の重要性に注目が集まってきた。 非アポトーシス細胞死の中では、とくにオートファジー細胞死やネクロープトーシスが、重要な細胞死であることがわかっている。 今回の研究では、オートファジー細胞死が、生体内で実際に起こっているのか、いつ、どこで起こっているのか、ということを明らかにすることを目的に、オートファジー細胞死が起こらないマウスを作製して、その表現型を解析したという。 通常、マウスの指の形成は指と指の間にある水かき細胞のアポトーシスによって、胎仔期の13. 5日目におこる。 今回作成したDKOマウスでは、アポトーシス不全によって指の形成が遅れるが、1日後には指が形成され、水かき細胞でオートファジー細胞死が観察されたという。 また、TKOマウスでは、アポトーシス不全とオートファジー細胞死不全によってさらに指の形成が遅れたという。 これらの結果により、指の形成においてオートファジー細胞死がアポトーシスを代償している事が判明した。 また、胎仔期の脳ではアポトーシスが盛んに起こるが、アポトーシス不全マウスにおいても、脳の形成にはほとんど異常がみられず、何らかの代替機構の存在が予測されていた。 そして今回、TKOマウスを作成してみると、高頻度で脳の奇形が生じることが判明。 すなわち、DKOマウスでは、オートファジー細胞死がアポトーシスを代替することによって正常な脳形成が行なわれているものと考えるとしている。 非アポトーシス細胞死は、現在世界的に注目されている研究テーマであり、その生理的役割を示した報告はこれまでなかった。 今回の研究成果について、研究グループは「非アポトーシス細胞死の生体での役割を明確に示した初めての論文となります」と述べている。

次の