お忙しい ところ 恐縮 です が。 「お忙しいところ恐縮ですが」に続く言葉は?英語表現まで徹底解説

「大変恐縮ですが」の意味と使い方・類語|ビジネス/メール

お忙しい ところ 恐縮 です が

「お忙しいところ恐れ入りますが」は締めの言葉として最適! 「お忙しいところ恐れ入りますが」は 会話やメールを結ぶ際に使用できる締めの言葉として最適なフレーズです。 ビジネスの世界では締めの言葉も含め、相手に失礼のないよう振舞うことが求められることから、「お忙しいところ恐れ入りますが」を定型句として使用している人も多いでしょう。 「お忙しいところ恐れ入りますが」は便利なフレーズですが、毎回同じ言葉ばかりを繰り返していては相手にしつこい印象を与えてしまいます。 それを防ぐためにも同じニュアンスとして使用できる類語を確認し、言い換えられるように準備しておくと良いでしょう。 「お忙しいところ恐れ入りますが」の例文【ビジネスメール】 ビジネスメールで「お忙しいところ恐れ入りますが」を使用する際は締めの文章となります。 提示する例文はどれも 目上の人やクライアントに対して使用可能です。 ・お忙しいところ恐れ入りますが何卒よろしくお願いいたします。 ・お忙しいところ恐れ入りますがご確認いただけると幸いです。 直接的な言い回しにならず、柔らかな印象を相手に与えることが可能です。 「お忙しいところ恐れ入りますが」の例文【返信を依頼する場合】 「お忙しいところ恐れ入りますが」はこちらが伝えたことに対して 返信が欲しいときにも使用できます。 【返信が欲しいときの例文】 お疲れさまです。 ご確認いただけますと幸いです。 お忙しいところ恐れ入りますがご教示のほどよろしくお願いいたします。 「お忙しいところ恐れ入りますがご教示のほどよろしくお願いいたします」を締めの言葉として使用することで、上司に対して、何か修正点があれば 「教えてください」と丁寧にお願いすることが可能です。 「お忙しいところ恐れ入りますが」の使いすぎには要注意 「お忙しいところ恐れ入りますが」は締めの言葉として便利ですが、あまり使いすぎるのもよくありません。 「お忙しいところ恐れ入りますが」ばかりを使っていては 相手にしつこい印象を与えてしまいます。 そのため使用頻度には注意すべき!もしも、使いすぎてるな・・・と感じた人は類語を使うことで解決しましょう。

次の

「お忙しいところ恐縮ですが」は英語でなんて言う?シーン別に例文を紹介します

お忙しい ところ 恐縮 です が

[スポンサードリンク] 基礎 意味 金品や書類などを調べて受け取ることを表します。 正しく使うには ビジネスで使用される用語です。 「ご」が付いているので尊敬語となり、 目上や取引先相手が査収を行う場合に使用します。 書類や作品等を渡す場合に「どうぞご査収下さい」と言っても何ら問題はありませんが 査収という言葉の意味合い上、 確認や検査を相手にしてもらう、させる意味も含まれていますので その点だけは心に置いて、何でもかんでも査収を使うというのは 少し控えた方が良いかも知れません。 相手にしっかりと確認して検査して欲しい場合に使うようにしましょう。 単なる通達や、何も検査や確認の必要が無いものをやり取りする場合は 査収は使わずに「お受け取り下さい」等を使った方が適切です。 言葉の由来 検査の「査」 収めるの「収」から。 よく検査して収める、という意味合いになります。 使い方・例文 ビジネスの場面で このような企画で行こうと考えております。 大丈夫かどうか今一度、ご査収のほどお願い致します。 後日送付いたします添付ファイルに概要をまとめておりますので、お時間のある時にでもご査収頂ければと存じます。 お忙しいところ恐縮ですが、一度お目通しいただき、ご査収頂けますと幸いです。 どうぞよろしくお願いします。 関係各位の皆様、何卒ご査収のほど、宜しくお願い致します。 後ほどお見積もりを提出させて頂きますので、ご査収のほど宜しくお願い申し上げます。 今回の納品です。 前回と変わりありませんが、念のためご査収ください。 お忙しいところ大変恐縮ではございますが、ご査収のほどよろしくお願いします。 ご連絡ありがとうございます。 折り返し返事させていただきましたのでご査収頂ますよう、お願い致します。 ビジネス風に冗談で 皆さんが僕を気に入っているのがよく分かったので、笑顔の一枚をお送りします。 ご査収ください。 今年度の家族会議の議事録です。 ご査収下さいませ。 お父さんが前年度に比べ、家事を手伝うようになりました。 歩きながら放屁したら、後ろから風がふいて自分に直撃した事をご連絡いたします。 ご査収ください。

次の

「お忙しいところ恐縮です」は間違ってないのか?ビジネスメールでの敬語の使い方

お忙しい ところ 恐縮 です が

「お忙しいところ恐れ入りますが」は締めの言葉として最適! 「お忙しいところ恐れ入りますが」は 会話やメールを結ぶ際に使用できる締めの言葉として最適なフレーズです。 ビジネスの世界では締めの言葉も含め、相手に失礼のないよう振舞うことが求められることから、「お忙しいところ恐れ入りますが」を定型句として使用している人も多いでしょう。 「お忙しいところ恐れ入りますが」は便利なフレーズですが、毎回同じ言葉ばかりを繰り返していては相手にしつこい印象を与えてしまいます。 それを防ぐためにも同じニュアンスとして使用できる類語を確認し、言い換えられるように準備しておくと良いでしょう。 「お忙しいところ恐れ入りますが」の例文【ビジネスメール】 ビジネスメールで「お忙しいところ恐れ入りますが」を使用する際は締めの文章となります。 提示する例文はどれも 目上の人やクライアントに対して使用可能です。 ・お忙しいところ恐れ入りますが何卒よろしくお願いいたします。 ・お忙しいところ恐れ入りますがご確認いただけると幸いです。 直接的な言い回しにならず、柔らかな印象を相手に与えることが可能です。 「お忙しいところ恐れ入りますが」の例文【返信を依頼する場合】 「お忙しいところ恐れ入りますが」はこちらが伝えたことに対して 返信が欲しいときにも使用できます。 【返信が欲しいときの例文】 お疲れさまです。 ご確認いただけますと幸いです。 お忙しいところ恐れ入りますがご教示のほどよろしくお願いいたします。 「お忙しいところ恐れ入りますがご教示のほどよろしくお願いいたします」を締めの言葉として使用することで、上司に対して、何か修正点があれば 「教えてください」と丁寧にお願いすることが可能です。 「お忙しいところ恐れ入りますが」の使いすぎには要注意 「お忙しいところ恐れ入りますが」は締めの言葉として便利ですが、あまり使いすぎるのもよくありません。 「お忙しいところ恐れ入りますが」ばかりを使っていては 相手にしつこい印象を与えてしまいます。 そのため使用頻度には注意すべき!もしも、使いすぎてるな・・・と感じた人は類語を使うことで解決しましょう。

次の