ファイア サラマンダー。 ファイアサラマンダー

テレストレスファイアーサラマンダー

ファイア サラマンダー

>>イタリアファイアサラマンダー 撮影協力: 於: イタリアファイアサラマンダー 学 名: Salamandra salamandra gigliolii 別 名:マダラサラマンドラ 英 名:Italian Fire Salamander 分 布:イタリア中央部、西部 全 長:160から200mm ヨーロッパ各地に広く分布する美しい(見る人によっては毒々しい)有尾類「ファイアサラマンダー Salamandra salamandora」の一亜種です。 ファイアサラマンダーは非常に多くの亜種に分けられており、近年ではその中から別種として独立していった種もいます。 だいたい現在では10から15亜種程度に分けられているようです。 本亜種はそれらの亜種のうちイタリアに分布しているもので、一般的な傾向として他亜種よりも黄色い部分が多くより派手な感じの個体が多いようです。 基本的に陸生の種で、特別に水場に依存するようなことはなく森林から草原などで、倒木や岩の下、哺乳類が掘った穴などで生活をしています。 夜行性ですが、雨の後などは昼間に活動することもあるようです。 食性は動物食性で、比較的体も大きく頭部もがっしりしているのでさまざまな甲虫を含む昆虫類やミミズ、ナメクジなどを食います。 晩秋から翌春にかけて繁殖行動を行います。 ファイアサラマンダーは胎生で卵ではなく幼生を出産しますが、本亜種は変態の終わった状態の幼生を出産することが知られています。 ファイアの名の説明からよく知られるように頭部の発達した耳腺や皮膚から毒液を射出することができますので、派手な体色は有毒であることの警戒色と考えられています。 こういう派手な生き物って好き嫌いがはっきりしています。 有尾類って地味で陰性で...というイメージを変えてしまうような特に美しい種類と言えるでしょう。 飼育も有尾類にしては手間がかからない種であると言えますが、本亜種は流通量も少なくWCが多いため皮膚病などに注意が必要です。 飼育の基本情報 飼育容器 45から60cm程度のガラス水槽やプラケースに1ペアが基準、必ずしっかりとフタができるものを使う。 冷却の工夫ができるようにする。 照明 特に必要なし 床材 焼き赤玉土・水苔・ヤシガラ土など湿度を維持できる素材。 湿度を維持できるのならば大磯砂も可。 容器内レイアウト シェルターを設置する。 水容器は不要。 繁殖を狙うならば陸地と水深25cm程度の広い水場を作る。 餌 コオロギ・ミールワーム・ハニーワームなどの昆虫。 配合飼料の餌付けばそれでも良い。 ミミズも良いが釣り餌用は避けた方が良い。 基本的な世話 いわゆる有尾類の飼育方法• 皮膚病に注意• 狭い容器での複数飼育は避ける• <関連記事> from All About <おすすめINDEX> from All About from All About <参考サイト> Terra Herps. では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!• 自分の持っているイタリアファイアサラマンダーに関する情報を書きたい!• 星野の情報はココが間違っている!• みなさんが提供した情報や意見を読みたい! そんなあなたはをクリック!.

次の

ピレネーファイアサラマンダー

ファイア サラマンダー

こんにちは。 秋も深まり、めっきり涼しいどころか肌寒いこの季節。 おでんや鍋物がおいしく頂けますよね。 鴨鍋でも食べてお腹いっぱいになったら、さぁサラマンダーやイモリの飼育を始めましょう。 というわけで、有尾類在庫のご紹介です!ええと、とりあえず今回は陸生種に絞ってみました。 夏が入荷のハイシーズンの水棲有尾類の紹介はまた別の機会に。 ファイアサラマンダー Salamandra salamandra salamandra モトイファイアの和名もある代名詞的基亜種。 かつて使われたマダラサラマンドラという和名も渋い。 数年前までファイアといえばこの亜種というくらいポピュラーでしたが、最近になって現地の保護政策のせいか入荷が減少してます。 ファイアサラマンダー類は陸生のイモリの仲間で、飼い易くとても長寿。 フランスファイアサラマンダー Salamandra salamandra terrestris 極太のストライプパターンが魅力的な亜種。 CBベビーサイズの入荷が多いですが、今回は初めて立派なアダルトサイズで入荷。 今ならペアも取れますよ。 ピレネーファイアサラマンダー Salamandra salamandra fastuosa 同じストライプタイプでも全体の線が華奢な感じのするレア亜種。 イベリアファイアとも。 でもこの亜種は分類によっては別種とされることもあるくらい他と雰囲気違います。 より小型でカオの感じも端正(?)。 体をぐっと持ち上げて割と素早く歩き回ります。 ちなみに同じ亜種(種)内に、全身メタリック黄土色の全く違う色彩型がいます。 昔一度だけ入荷したことがあり、あれはあれでかなり渋くて魅力的だったのですが最近は聞かないですねぇ・・・。 アルジェファイアサラマンダー Salamandra algira 地中海を挟んで北アフリカに進出したファイア。 もはやコイツは別種扱いされることが多いです。 別種らしく、にょろりと胴長で手足の長い独特の体型をしています。 成長に伴ってスポット的に血のような赤の発色も見られます。 雰囲気はマダガスカルダイビングスキンクに負けないくらい、鰻犬っぽい。 これ、こういう体型で痩せているわけではないんですよ! イタリアファイアサラマンダー Salamandra salamandra gigliolii ファイアと言えばこの亜種で賞の呼び声の高い大人気の極美亜種。 ただ、基亜種等よりも高温に注意すること。 これに関してはあれやこれや考えるよりもあっさり冷蔵庫飼育がオススメですが、これからの季節は暖房の効いてない部屋ならイケますね。 逆に低温は凍らなきゃどこまでもOK。 ミナミイボイモリ Tylototriton shanging 久々に入荷のシャンジング。 一番キレイなイボイモリ。 アメイロイボイモリ Tylototriton verrucosus イボの仲間でもっとも温度や湿度にうるさくない強健大型種。 飼い易いから殖やしもしやすく、これもCB個体です。 マダライモリ Triturus marmorata marmorata 人気のヨーロッパイモリ最美種。 CB上陸ベビー CBSサイズ WC と、各サイズおります。 オビタイガーサラマンダー Ambystoma tigrinum mavortium 虎斑さんしょううお。 最強にして最大の陸生有尾類。 全く初めてサラマンダるならこれが間違いないけど、他の有尾との格差がスゴイかも。 ってくらい丈夫。 餌食いもよすぎるくらいよく、ほぼ体の長いベルツノ感覚です。 Mサイズ Lサイズ さらにこの個体、結構なイレギュラーパターンです。 スポッテッドサラマンダー Ambystoma maculatum 黄星さんしょううお。 ネオテニックなカオが可愛らしい。 タイガーを大将として、マルクチサラマンダーの仲間は、みな総じて餌付きがよく神経質でないため飼い易いです。 ニシユビナガサラマンダー Ambystoma macrodactylum macrodactylum マルクチサラマンダー科のレア種。 日本産サンショウウオっぽいカワイイ種。 今回ご紹介した有尾類についてのお問い合わせは peponi remix-net. jp もしくは、 052-779-2772 まで!.

次の

サラマンダー

ファイア サラマンダー

>>マダラファイアサラマンダー 撮影協力: マダラファイアサラマンダー 学 名: Salamandra salamandra salamandra 別 名:ファイアサラマンダー、サラマンドラサラマンドラ 英 名:Fire Salamander 分 布:ヨーロッパ東部(ポーランド南西部からバルカン半島南部、ブルガリア東部から南フランスおよびイタリア北東部) 全 長:最大30cm ヨーロッパを、そしてペットとしての有尾類を代表するファイアサラマンダーの基亜種です。 ファイアサラマンダーはヨーロッパの各所に分布していますが、色彩等の変異が大きく、多くの亜種に分けられています。 一般には10-15の亜種に分けられていますが、混沌としています。 本亜種は基亜種であり、もっとも分布が広く一般的な亜種と言えます。 しかし分布が広いため地域による形態の差が激しく、一概に亜種としての特徴は言えません。 ただし、近隣の亜種であるフランスファイアサラマンダーやほどは黄色の部分の面積は広くなく、やや大きめの斑紋というレベルのパターンの個体が多いようです。 生態等の情報はを参照してください。 基亜種ということで、もっとも流通量も多く、CBも少しずつ見られますので入手するのには、それほど困らないでしょう。 ただし、人気種でありますので、有尾類にしては高値安定型の種類といえます。 また飼育は確立されているとは言っても、有尾類ではありますので夏場の高温に注意をしないと長生きさせることはできません。 それでも非常に魅力的な種類で、一度は飼育してみたい有尾類なんですよね。 よく考えたら、こういう黄色くて大きい有尾類って、日本にだってベッコウサンショウウオがいるわけですよ。 これ、全然負けてないと思っています。 ところが、ベッコウサンショウウオなんて採集ばっかりされてしまっていて、全然CB化のメドも立ってないわけです。 そういう意味では、全然負けちゃってますよね。 ヨーロッパに。 赤っ恥をかかない程度の知識• ファイアサラマンダーの基亜種• 卵ではなく幼生を出産する• 分布が広い• 流通量は多い• それほど黄色部分の面積は広くない 飼育の基本情報 飼育容器 45から60cm程度のガラス水槽やプラケースに1ペアが基準、必ずしっかりとフタができるものを使う。 冷却の工夫ができるようにする。 照明 特に必要なし 床材 焼き赤玉土・水苔・ヤシガラ土など湿度を維持できる素材。 湿度を維持できるのならば大磯砂も可。 容器内レイアウト シェルターを設置する。 水容器は不要。 繁殖を狙うならば陸地と水深25cm程度の広い水場を作る。 餌 コオロギ・ミールワーム・ハニーワームなどの昆虫。 配合飼料に餌付けばそれでも良い。 ミミズも良いが釣り餌用は避けた方が良い。 基本的な世話 いわゆる有尾類の飼育方法• 皮膚病に注意• 狭い容器での複数飼育は避ける• 33(マリン企画)」、「ビジュアルガイド イモリ・サンショウウオの仲間(誠文堂新光社)」および海外サイトを参考にしました。 <関連記事> from All About <おすすめINDEX> from All About from All About Terra Herps. では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!• 自分の持っているマダラファイアサラマンダーに関する情報を書きたい!• 星野の情報はココが間違っている!• みなさんが提供した情報や意見を読みたい! そんなあなたはをクリック!.

次の