炎 の ゴブレット 解説。 【解説まとめ】爪周囲炎:爪周りの皮膚が赤く化膿して腫れが痛い!爪周囲炎のケアと予防方法│Athlete salon アスリートサロン|爪のコンディショニング専門メディア

4巻|新装版「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」概要&新イラスト

炎 の ゴブレット 解説

>>学校の庭で倒れていた人いましたよね?あれがクラウチ >この場面が思い出せません。 もう少し詳しく教えて頂けないでしょうか? お気持ちわかります。 だって、映画ではあんまりにあっさりと流してしまったシーンなので。 場面としては、第二の課題と第三の課題の間のできごとです。 映画での描き方は、唐突にクラウチ氏(ヒゲの生えたおじさん)が倒れていて、それをハリーが発見して、次の場面ではもう校長室にみんないて、死人が出た、大会は中止するべきか・・・みたいな話し合いをしていたと思います。 その帰りに、ハリーはクラム(他の学校の男子選手)と二人で森を歩いていたら、クラウチ父が倒れているのを見つけます。 クラウチはまだ生きていて、大変なことをしてしまった・・ダンブルドアに知らせなければ・・のようなうわ言のようなことを言っていました。 ハリーはクラムにクラウチを見ているように頼んで、ダンブルドアを呼びに行きました。 ところが戻ってみると、クラムが倒れ、クラウチは消えていました。 クラム曰く「クラウチに襲われた」 のちにわかるのですが、襲ったのはクラウチ息子で、父は死体で見つかります。 この場面は、かつて裁判でもう息子ではないと監獄送りにしたこと、脱獄後服従させられていたことへの息子の恨みと親心で脱獄させてしまった父親の後悔のようなものが見える、けっこう重要なシーンだと思います。 母親が身代わりなった、ワールドカップで逃げられたという話も映画ではカットされています。 これら一連のクラウチファミリー物語がないと、クラウチ息子はいったい誰?何?ということになってしまって、今回の話自体わからなくさせてしまうと思うんですけどね。 だから質問者さんが、1回みただけで理解できなかったのは仕方ないですよ。 この書き方だとイマイチ時代がわからないですよね。 つまりハリーが赤ちゃんのときに、両親が殺され、ハリーは生き残りましたよね。 その後ということです。 あの裁判はダンブルドアの昔の記憶なのです。 アズカバンで、クラウチJrと母親が入れ替わったという話の補足ですが、その後まもなく母親はクラウチJrの姿のまま死にました。 なので、世間ではクラウチJrは死んだということになっています。 母親もその後を追うように亡くなったとされていました。 ワールドカップでクラウチJrが逃げ出したあと、クラウチJrはヴォルデモートのために、マッド・アイ・ムーディ(目の出た男)に化け学校に入り込みました。 映画では描かれていませんが、新学期が始まる直前にムーディの家が荒らされる騒ぎがありました。 そのときにクラウチJrは入れ替わったのです。 映画でも、ムーディが始業式に遅れて登場しましたよね? あれは荒らされたことの事情聴取で遅れたのです。 ちなみにこの事情聴取をしにいったのは、ロンの父親です。 なぜ、ムーディが狙われたかは、ムーディはかつて死喰い人など悪い魔法使いを捕まえる役目をしていた闇払いの勇者でした。 でも今は隠居して、その仕事に疲れ果て、少々精神的に神経質になっていて、少しおかしくなっているという噂がある人でした。 常日頃から、何でも疑うクセのある人だったので、荒らされた騒ぎも結局なんでもなかったと片付けられ、自分の用意したものしか口にしないと言っても怪しまれない人だったので、携帯酒瓶から常に変身薬を飲んでいても怪しまれずに済んだというわけです。 これでお判りいただけたでしょうか? >その目がでた男の先生に化けてた人は一体だれなんでしょうか? 亡くなったクラウチの息子です。 (学校の庭で倒れていた人いましたよね?あれがクラウチ) 父親と同じ名前で、バーティ・クラウチと言います。 >・あと、学校の先生(?)の息子が裁判(?)にかけられていたようですがそこらへんが全然わかりません^^; 一体なんの裁判なのか?目がでた男の先生に化けてた人と関係あるのか? 学校の先生ではなく、魔法省の役人、バーティ・クラウチです。 あの裁判シーンはヴォルデモート卿がハリーに敗れて、力を失ったあとに行われたものです。 ヴォルデモート卿を支持するものたちを死喰い人と呼んだのですが、このものたちを処罰する裁判でした。 あの捕まっていた人もその一人で、他の死喰い人の情報を出せば、罪を軽くしてやるという取引をしていたわけです。 そこで最後に名前を出されたのが、バーティ・クラウチの息子Jrだったわけです。 裁く側にいた父親は、もう息子ではない、牢獄(アズカバン)に入れろと裁いたのです。 その後、クラウチはアズカバンに息子の面会に行きました。 そのとき、母親が変身薬を飲んで、息子の身代わりになり、クラウチは息子を家に連れ戻しました。 息子に魔法をかけ服従させ、家に閉じ込めておいたのですが、どうしてもクディッチワールドカップを見たいという息子の願いを聞き入れて、連れて行ってしまい、そこで息子に逃げられてしまったのです。 映画ではココのあたりのつじつまが合わなくなっているんですよね。 わかりづらい説明ですみません。 Q 明日、友達とハリーポッターと炎のゴブレットを見に行く約束をしました。 それで、今更ながら前作のアズカバンの囚人を夕べ見たのですが、 どうもわからないところがいくつかあります。 原作を読めばわかることなのかもしれませんが、 明日までには読めそうにありません。 そこで、解説していただきたいと思い、質問しました。 (1)シリウスはどうやって脱獄したのか? (2)シリウスはなんのために脱獄したのか?(ねずみを捕まえるため?ではなんでねずみがロンのところにいるとわかったの?前から知っていたの?) (3)シリウスはどうしてアズカバンで狂ってしまわなかったの? (4)シリウスはどうしてピーターペディグリューがヴォルデモートに情報を漏らしたと確信しているの? (5)ピーターペディグリューはずっとロンのところにいたのに、ハリーを狙わなかったの? (6)スネイプがシリウスに「復習は密の味、オマエを捕えるのが夢だった」みたいなことを言ってたが、恨みでもあるの? (7)ダンブルドアが13歳の子供には証言能力が無いと言っていたけど、スネイプやルーピンはどうして証言しないの? (8)マルフォイの子分ってあんなに細かった? 以上です。 わかるところだけでもかまいませんので、よろしくお願いします。 明日、友達とハリーポッターと炎のゴブレットを見に行く約束をしました。 それで、今更ながら前作のアズカバンの囚人を夕べ見たのですが、 どうもわからないところがいくつかあります。 原作を読めばわかることなのかもしれませんが、 明日までには読めそうにありません。 そこで、解説していただきたいと思い、質問しました。 (1)シリウスはどうやって脱獄したのか? (2)シリウスはなんのために脱獄したのか?(ねずみを捕まえるため?ではなんでねずみがロンのところにいるとわかったの?前か... A ベストアンサー どれも映画の中では省略されている部分ですね。 原作を元にした私なりの解釈での解説ということになります。 (1)犬に変身して脱獄しました。 吸魂鬼は目が見えません。 人間のプラスの心を嗅ぎ取って人間を確認しています。 動物のことは察知することができないために、吸魂鬼が食事を配給するときに、犬の姿でそのわきをすり抜けることができたというわけです。 (2)夏休みにロンの家族は懸賞で当たったエジプト旅行に出かけました。 そのときの写真が新聞に載り(これは映画でも出てきました)、その写真をシリウスは偶然目にしました。 そして気が付いたのです。 ロンの肩に乗って写っているねずみがペディグリューだということを。 ペディグリューとシリウスは学生時代仲が良かったので、何度もネズミに変身した姿を見ていたからです。 新聞の記事で、ロンがハリーと同じ魔法学校に通っていてるということを知り、ネズミを捕まえて、ハリーの身を助けるために脱獄しました。 (3)自分は無実だということを知っていたからです。 吸魂鬼は嬉しいや楽しいという感情を吸い取ります。 でも自分は無実だという感情は、喜びの感情ではないので、吸い取られることがありませんでした。 また辛いときは犬の姿に変身すれば、吸魂鬼には見えないので吸い取られる拷問にあわずに済んだそうです。 (4)「秘密の守り人」という魔法があります。 これはどうしても守らなければならない秘密があったとき、誰か一人を秘密の守り人とすると、守り人が口を割らない限り、例えその秘密を目の前で見たとしても見ることができないというものです。 ハリーと両親が隠れている場所の秘密の守り人は、はじめシリウスにするはずでした。 でもシリウスは一番の友達なので、きっと誰もがシリウスが守り人だと思い、襲うだろうと予想したシリウスは、直前に守り人をペディグリューにするべきだと、ハリーの両親に薦めました。 そのことを知っているのはハリーの両親とシリウスだけだったので、シリウスにはペディグリューが秘密を漏らしたことがわたったのです。 (5)ペディグリューはずるいヤツで、強い者に突いて歩くのが好きでした。 ヴォルデモートが力を失った今、ヴォルデモートのために働いても意味が無いと思っていたために、ハリーを狙わず静かにしていたのです。 そしてヴォルデモートが復活したら手柄を見せ付けて、仲間に入れてもらおうと考えていたというわけです。 (6)ハリーの父とシリウス、ルーピン、ペディグリューはやんちゃな仲間でした。 対してスネイプはあの通り陰湿で・・・シリウスたちをねたんでいるところもありました。 それで、悪ふざけが好きなシリウスやハリーの父は、スネイプをいじめていたふしがあるんです。 ルーピンは学生のころから狼男で、満月の夜は叫びの屋敷で過ごすことにより、学生生活を送ることができていました。 これはダンブルドアの計らいです。 ルーピンのためにダンブルドアは叫びの屋敷への秘密のトンネルの入り口に、暴れ柳を植え、誰も入れないようにしていました。 スネイプはそんなルーピンの行動を怪しみ始めて、かぎまわっていました。 それを知ったシリウスは、暴れ柳はあるポイントを押すと、静かになるのですが、それをスネイプに教えたのです。 ハリーの父が直前になって、スネイプを止めたのでよかったのですが、そのままだったらスネイプは狼男に襲われていたはずです。 行き過ぎたいたずらでした。 それをスネイプは今でも恨みに思っています。 (7)叫びの屋敷でシリウスがハリーたちに真実を話しているとき、スネイプは遅れて入ってきたので、話を聞いていませんでした。 その後も気を失っていたので真実をしりません。 ルーピンは狼男なので証言しても誰も信じてくれないのです(魔法界で狼男は偏見視されています) (8)ははは(笑)そうですね。 変わりましたよね? 何もあんな細い子にしなくてもって感じでしたね。 ざっとですが、わかっていただけたでしょうか? どれも映画の中では省略されている部分ですね。 原作を元にした私なりの解釈での解説ということになります。 (1)犬に変身して脱獄しました。 吸魂鬼は目が見えません。 人間のプラスの心を嗅ぎ取って人間を確認しています。 動物のことは察知することができないために、吸魂鬼が食事を配給するときに、犬の姿でそのわきをすり抜けることができたというわけです。 (2)夏休みにロンの家族は懸賞で当たったエジプト旅行に出かけました。 そのときの写真が新聞に載り(これは映画でも出てきました)... A ベストアンサー 違うところですか。 クラウチJrは父と同じ名だったから、ハリーは忍びの地図で見たとき父だと勘違いしたこと、アズカバンに両親が面会にきたとき、ポリジュースで母親と入れ替わり、脱走し自宅に潜んでいたこと。 A ベストアンサー 「なぜ黙ってた?ベラトリックスに。 僕だと分かってて黙ってたな」とハリーが言いますが何の事ですか? ドラコの屋敷で、とらわれたハリー一行。 しかし、ハリーだけ、姿が変身できる魔法をかけられて別人に。 それを見抜いたのは、ドラコだけ。 ドラコのあの時、手柄を独り占めしようと、わざと、変身しているハリーを別人だと嘘をついた。 その時のことを、言っているセリフだと思います。 あとは、ドラコの屋敷でのシーンを振り返るべし。 燃え盛る炎の中から、ハリーは必死になって宿敵であるドラコを助けた。 あのシーンによって、迷っていたドラコの心に、ある一つの決断をもたらした。 勝てないと。 で、そのことは、彼の両親も同じ。 暴走気味のあの人の行動を見て、ドラコの両親もある決断をする。 そのシーンが、ハリーがあの人にやられたシーン。 わざと死んだと発言する代わりに、ドラコの生死を聞き出した。 生きているとのハリーの回答に、ドラコの両親の決断は決まった。 最も早くに、ハリーの側に負けると直感していたのは、ドラコ一家かもしれません。 と、言うか、彼らが想像していたあの人の未来と、あまりにもハリー一人に固執するあの人に、嫌気がさしたと言えるのではないでしょうか。 自分達が求めている未来とは違う。 その決断が、最後、あの人のもとから去るという形で、ドラコ一家の戦いは終わりを告げた。 一家の思惑は、もろくも崩れ去ったと言えるのでは。 最後19年後で、あの駅でドラコと再会したハリーは、彼に笑みを浮かべて答えるシーンがあります。 昨日の敵は、今日の友。 のように、ドラコとハリーは、ある意味で、分かり合えた気がします。 「なぜ黙ってた?ベラトリックスに。 僕だと分かってて黙ってたな」とハリーが言いますが何の事ですか? ドラコの屋敷で、とらわれたハリー一行。 しかし、ハリーだけ、姿が変身できる魔法をかけられて別人に。 それを見抜いたのは、ドラコだけ。 ドラコのあの時、手柄を独り占めしようと、わざと、変身しているハリーを別人だと嘘をついた。 その時のことを、言っているセリフだと思います。 あとは、ドラコの屋敷でのシーンを振り返るべし。 燃え盛る炎の中から、ハリーは必死になって宿敵であるドラコを助けた... Q ハリーポッターの3巻でブラックを逃がす時にハーマイオニーが『逆転時計』を使うのですが、ここで疑問です。 『逆転時計』は、確か魔法省からマコゴナガル先生経由で入手したものと書かれてあります。 と、いうことは魔法省は、『逆転時計』を少なくともいくつかは持っていることになりますよね。 ブラックを逃がしたくない魔法省は、なぜ『逆転時計』を使用してバックビークでの逃亡前の状態まで時間を戻し逃亡するブラックを捕まえなかったのでしょうか。 (逃亡する時間は、後になってだいたい分かってるし。 ) こんなことを言い出せば、じゃあ『逆転時計』を使ってポッターの両親を助けることもできるんじゃないの?…というかもしれません。 でも、そうするとその後の運命に逆らうことになるような気がします。 それに事件が起こるたびに魔法省が『逆転時計』を使うと速攻で犯人を捕まえることが可能にも思えます。 それならじゃあ、ハーマイオニーが授業の選択に使うのはいいのか?なんてことも思えます。 となると、結局いかに凶悪な殺人事件が起ころうとも『逆転時計』は決して使わないという魔法省の姿勢が伺える気がしてきます。 使わなくても犯人を検挙できるという自信ありなのか?それにしては逃亡したブラックをすぐに捕まえられずにマグルの新聞などに出してるぞ。 それに『例のあの人』がらみが、起こす事件だって『逆転時計』を使用せずに話が進んでるしね。 結論として、(まぁ、例外でしょうが…授業選択以外の)運命にさからうなってことでしょうか。 みなさんの意見が聞けれたら幸いです。 ハリーポッターの3巻でブラックを逃がす時にハーマイオニーが『逆転時計』を使うのですが、ここで疑問です。 『逆転時計』は、確か魔法省からマコゴナガル先生経由で入手したものと書かれてあります。 と、いうことは魔法省は、『逆転時計』を少なくともいくつかは持っていることになりますよね。 ブラックを逃がしたくない魔法省は、なぜ『逆転時計』を使用してバックビークでの逃亡前の状態まで時間を戻し逃亡するブラックを捕まえなかったのでしょうか。 (逃亡する時間は、後になってだいたい分かってるし。 A ベストアンサー bluestyleさん、こんにちは。 はじめまして。 ハリーポッターの3巻を読んだのは、1年前ですが、 私もbluestyleさんと同じように思いました。 時間を戻すことができるアイテムは、他のアイテムとは次元が違いますよね。 いくら魔法の存在する世界といっても、これはどうかな?と思いました。 批判している訳ではないのですが、 ハリー・ポッターの本は、魔法を使うにも、ただ呪文を唱えるだけでなく きちんと学校で教科書を使って勉強し、実技ができるようになる…という設定ですよね。 ここで気になるのが、タイムスリップ関連の小説で、よく出てくるタイムパラドックス。 (1)過去を変えると、現在の状況が変わる。 (歴史が変わる) (2)過去を変えても、現在の状況に影響はない。 変えた部分だけが修正され、歴史に影響はない) ハリーポッターの場合は(2)なのでしょう。 でも、それならハリーの両親や例のあの人の行動を取り締まれたのでは?と思うわけです。 やっぱり逆転時計の存在や、たかが授業を重複して受けるために使用させる先生など、疑問です。 個人的な感想ですが、このアイテムだけは出して欲しくなかったと思います。 なお、ここまで書いておいてタイムパラドックスの解釈が正しいか不安になりました。 自分の記憶で書いたので、もしかしたら間違っている部分があるかもしれません。 もし、そうだったらすいません。 bluestyleさん、こんにちは。 はじめまして。 ハリーポッターの3巻を読んだのは、1年前ですが、 私もbluestyleさんと同じように思いました。 時間を戻すことができるアイテムは、他のアイテムとは次元が違いますよね。 いくら魔法の存在する世界といっても、これはどうかな?と思いました。 批判している訳ではないのですが、 ハリー・ポッターの本は、魔法を使うにも、ただ呪文を唱えるだけでなく きちんと学校で教科書を使って勉強し、実技ができるようになる…という設定ですよね。 それなのに、時... Q 最初は敬遠していたハリー・ポッター。 いつなぜ手にしたのかすでに覚えていませんが、今はもう辞書と首っ引きで原書に向かうほどはまりこんでいます。 が、思いました。 ハリーって、結構性格悪くありませんか? なぜかと問われるとわかりませんが・・処罰で「黒い森」に連れて行かれるとき、仲の悪い同級生が震えているのをみて「いい気味だ」とか。 味方に厚く敵に厳しい項羽タイプ(司馬遼太郎「項羽と劉邦」以来私の造語です)というか。 わりと暗く激しいものを持っているような性格に見えるのですが・・。 生い立ちのわりに自分を通すことのできる強さとか、心理学専攻の私にとってはちょっと納得できないところも。 他にも、なんていうかあんまり潤いのないところとか。 もしかして作者の方の性格が一部反映されているのでしょうか?(作者のJKローリングはハーマイオニーが一番自分の中学生時代に似ているとおっしゃったそうですが) 皆様、私の方が性格悪いんでしょうか(笑)。 A ベストアンサー ハリーって性格悪いですか・・?? 私もはまって何回も読み直しましたが、嫌なやつと思ったことはないです。 笑 だからなぜ回答されてる皆さんがハリーの行動をそんなに悪く取るのかなっとどちらかというと不思議に思ってます。 なんだか主人公は模範生みたいでないといけない、というような意識があるような気がしたのですが、どうでしょう? 最近まで高校生活をおくっていた私としては、舞台は空想の世界なのに 登場人物の行動や悩みは今私たちが直面しているものと酷似していて、う~んうまいなっと思ったんですよね。 やっぱり人それぞれ受け取り方が違っておもしろいですね! ちなみに私も「はてしない物語」では心は洗われなかったです。 coranevilさんの回答にびっくりしました。 そうなんだ~。 アトレーユに、ならわかります! でも取りあえず私はず~っとイライラしてました。 それじゃダメ!セバスチャン!!なんでわからないの!!!って。 一人で。 笑 だからなぜ回答されてる皆さんがハリーの行動をそんなに悪く取るのかなっとどちらかというと不思議に思って... A ベストアンサー 私も同様の疑問があり、先日、その他の疑問も含めて 原作を読んだことのある友人に解説してもらいました。 字幕では「ホウキの使用は禁止」のように書かれていましたが 原作では「ホウキの持込み禁止」ということらしく、 あの呪文もハリーの学年ではまだ習得していないもので、 事前にハーマイオニーと一緒にかなり練習をしたようです。 原作にはハリーが呪文を唱え、ホウキが反応して飛んでいくまでの描写もあるそうです。 関連して、映画では前の3人はあっさり終わってハリーはかなり苦戦していましたが、 原作ではその逆で、ハリーが一番短時間で終わらせたようです。 その他、解説を聞くと納得、というシーンがかなりありました。 Q 今まで、色々引越しましたが木造の家でもマンションでも ミシッとかバキッという音がしました。 それがラップ音なのでしょうか? 江原さんいわく、ラップ音によって色々メッセージがこめられているらしいですが 私はどこの家でもすると思います。 今まで、3人くらいの人に聞きましたが、しない。 といわれました。 私は、聞いているけれど慣れてしまっていてわざわざ意識していないんじゃないかと思っています。 鳴るときは良く鳴るし、鳴らないときは鳴らないという感じです。 私も差ほど意識はしていませんが、ずっと不思議に思っています。 家のきしみの音ってどこでも鳴るんじゃないでしょうか? みなさんはどうでしょう? もし、本当にメッセージなら少し意識してみたいと思います。 A ベストアンサー 木造の場合、それは柱や梁などの構造材が割れる音ですよ。 大きめの音ですよね。 薄っぺらな板材はそんな音はたてませんから、太く厚い木材が使われている証拠でもあります。 昔のように何年もかけてゆっくり芯まで均等に天然乾燥させた材ならば割れは少ないのですが、 現代はそれを望むのはちょっと無理でしょう。 冬の乾燥した時期、暖房で急に暖められ乾燥した部屋では、木材の表面だけが急に乾燥し始め、水分が飛んでいきます。 そうして木材の表面つまり外側と、内側の水分の差が大きくなると、外側は内側より縮もうとする力が働くので、耐えられず表面の部分が割れてしまうのです。 樹種によっても違いますが、たとえばスギの場合、最も深い割れでも表面から4分の1位までのはずです。 そして、木材が1~2シーズンを経験すればたいてい落ち着いて、割れの音もほとんどしなくなると考えられます。 コンクリートのマンションの場合も床がフローリングであれば床鳴り、クッションフロアーや畳でも下地が木であれば同様に音はしますよ。 主要因はこの辺にあると思います、ただし、もしほとんど木を使っていないコンクリートマンションでしたら?ですね。 (断面詳細図でも見ないと確認出来ませんが) 木造の場合、それは柱や梁などの構造材が割れる音ですよ。 大きめの音ですよね。 薄っぺらな板材はそんな音はたてませんから、太く厚い木材が使われている証拠でもあります。 昔のように何年もかけてゆっくり芯まで均等に天然乾燥させた材ならば割れは少ないのですが、 現代はそれを望むのはちょっと無理でしょう。 冬の乾燥した時期、暖房で急に暖められ乾燥した部屋では、木材の表面だけが急に乾燥し始め、水分が飛んでいきます。 そうして木材の表面つまり外側と、内側の水分の差が大きくなると、外側... A ベストアンサー こんにちは。 えっと?あなたは男性でしょうか?女性? 行為の後、すぐに抜かれてもいいですよ。 射精の時は、男性は奥につけずに、ちょっと離れ加減で射精してください。 行為後は普通に抜かれて、女性は仰向けで寝たまま、軽く拭かれてから 腰を上げてください。 下半身が逆立ち状態というか、全身逆立ちでなく、両手で腰を高く上げて逆さ状態にします。 そのまま5~10分で結構です。 そのまま立たずに寝てください。 出てきた液は女性のと精液であって精子ではなく、 精子は混ざっていますが、お役御免の精子です。 良く行為後にバタバタ歩いたり、シャワーを浴びられる方もおられますが、 NGです。 これは迷信でもなんでもなくちゃんとした根拠があります。 精子は、射精されて20分~1時間で子宮へたどり着きますが 動きがノロいので、精液と一緒に子宮へ行くのを助けてやります。 ほとんどはお役御免精子ですが、難関をくぐるには数が必要なのです。 14回ほどの妊娠がありますが、やはり腰を上げるだけでだいぶん違いますよ。

次の

足底筋膜炎のストレッチ方法について解説|予防と痛みの緩和に効果的

炎 の ゴブレット 解説

シリーズ一覧 この「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」は、4作目でーーす。 なんか、弱ったヴォルデモートは学校のそばの森に潜んでたけどその後どうなったか不明。 てんで、今回~~。 ハリーは、ヴォルデモートが自分を狙っている夢をみる ハリーは、ヴォルデモート、ワームテール、謎の男(謎の男は、この後でてくるクラウチJr. という男)、ナギニ(蛇)が、ハリーを捕まえようと話をしている夢を見る。 夢かよ。 ハリーよく夢見るな。。 ハリー達は「クィディッチ・ワールドカップ」の観戦後、ヴォルデモートの復活の印が空に上がるのを見る クィディッチ・ワールドカップ決勝戦へ観戦に行くハリー達 ハリーは、ハーマイオニーとロン家族、ロンの父の働いている魔法省の同僚エイモス・ディゴリーとその息子セドリックと一緒に、ポートキー(触れたら目的地まで移動できる物。 この時はブーツ。 )を使ってクィディッチ・ワールドカップ決勝戦へ行く。 (30年ぶりに開催)楽しそうだね。。 試合後の夜、観客はデスイーター(ヴォルデモートの手下。 これは、ヴォルデモートの復活を告げる印なんだって。 (息子)。 下のやつね。 ) 闇の印。 空に打ち上げられてたよ。 ガイコツから蛇がでてきている。 変なの。 ハリーは、自分が見た夢とワールドカップで見た闇の印のことを、ヘドウィグ(白フクロウ)に手紙をたくし、逃亡中のシリウスに知らせることにする。 ホグワーツの新学期が始まり、「トライ・ウィザード・トーナメント」が開催。 選手になったハリーはみんなに妬まれる 3大魔法学校対抗試合(トライ・ウィザード・トーナメント)が開催決定 新学期がはじまった。 ダンブルドア校長が、 3大魔法学校対抗試合(トライ・ウィザード・トーナメント)が一年間にホブワーツで行われると発表。 そのため、ホグワーツ魔法魔術学校に、ぞくぞく他校の生徒がやってくる。 下は、ボーバトン魔法学校の生徒。 校長は背の高いマダム・マクシーム。 下はダームストラング専門学校。 校長は、後ろの黒帽子のイゴール・カルカロフ。 選手は各校1名づつ選ばれ、危険な試合だから17歳以上の生徒しか参加権利がないらしい。 参加できない16歳以下のロンやロン兄貴は落胆する。 ちなみに、下がクラウチ。 ダンブルドア校長が、選手を選ぶ「炎のゴブレット」を出す。 出場したい人は、これに自分の名前を書いた紙を入れるらしい。 するとゴブレットが勝手に選んでくれるんだってさ。 マッドアイ・ムーディが先生に就任 元「闇祓い」マッドアイ・ムーディが「闇の魔術に対する防衛術」の先生に就任。 ハリーが試合の選手に選ばれ、生徒みんなに妬まれる さて、選手立候補の期限がきて、炎のゴブレットが立候補した名前の中から各校1名づつ代表選手を選ぶ。 選ばれたのは、ボーバトン魔法学校からはクラム(左)。 ダームストラング専門学校からはフラー(真ん中)。 ホグワーツ魔法魔術学校からはセドリック(右)。 そうこうしていると、炎のゴブレットが最後になぜか、ハリー自身が名前も炎のゴブレットに入れていないし、まだ17歳になってないハリーを選ぶ。 (ハリーはまだ14歳)険しい顔のダンブルドア校長。 年齢が足りず、出たかったのに出られない生徒達もハリーがずるをしたと不信な顔。。 先生達はハリーに聴取し、ハリーが自分で名前を入れていないと知る。 マッドアイ・ムーディが言うには、炎のゴブレットに年齢を騙して入れるのには、強力な錯乱の呪文を使わないといけなくて、それは生徒には使えるものではないらしい。 クラウチは炎のゴブレットの魔法契約は絶対でハリーの出場は取り消せないと言う。 ハリーは参加せざる終えなくなった。 しかし学校のみんなはこのことを知らず、この後、ハリーはロンや学校のみんなにずるをしたとなじられます。 かわいそ。 シリウスと話すハリー ハリーから手紙をもらったシリウスは逃亡中で学校には入れないのでなぜか暖炉に。 ハリーは、シリウスと話し、学校に誰かスパイがいそうだから気をつけろと言われる。 てか、なんで暖炉?なんかうけるな。 課題1:ハリーは、ドラゴンから金色の卵を奪う ハリーはずるをしたと学校のみんなに勘違いされ中傷されている ハリーは第1の課題にドラゴンが出ると情報を入手し、同じ学校の代表であるセドリックに教えてあげた。 しかし、その帰りハリーは学校のみんなに選手になりたくてずるとしたと中傷される。 ドラコもここぞとばかりにハリーに嫌みを言いハリーを背後から杖で攻撃しようとするが、それをじっと見ていたマッドアイ・ムーディーに、背後から狙うとは卑怯だとイタチに変身させられる。 笑うハリー。 記者リータ・スキーターのでっちあげ記事 課題1の当日、ハリーを心配したハーマイオニーがハリーに抱きつくと、「日刊予言者新聞」の記者リータ・スキーターがハリーとハーマイオニーのスキャンダル記事をでっちあげる。 下の女がスキーターね。 (ネタバレ:映画にはないけど、この後、リータ・スキーターが特ダネをコガネムシに変身して(しかも無許可の「動物もどき」)盗み聞きしていたことがハーマイオニーにばれ、1年間ペンをもたないように言われる。 無許可の動物もどきは違法。 ) 課題1当日、ハリーは金の卵を奪う 試合の前に、マッドアイ・ムーディーは自身のないハリーに、ハリーの強みはホウキだから、ホウキは持ち込めないが、「呼び寄せ呪文」でホウキを呼び寄せるようにアドバイスをする。 課題1の当日、ルールが説明される。 どうやら、卵の中に次の課題のヒントが入っているため、これをクリアしないと次が厳しいようだ。 ハリーは、マッドアイ・ムーディーのアドバイス通りホウキを「アクシオ ファイアボルト!」と呼び寄せ得意のホウキで金の卵を奪うことに成功する。 それまで、ハリーはずるをしたと孤立していたが、こんなに死にそうな競技に自分からハリーが立候補するなんてないなってことでロンの誤解も解け、課題の活躍でハリーは学校の英雄となる。 ダンスパーティーで、ハリーはチョウに断られる ハリーはチョウに振られる トライ・ウィザード・トーナメントでは、クリスマスダンスパーティをする伝統になっている。 ハリーはチョウ・チャンに相手を申し込むが、セドリックと行くことになっていると断られる。 がーん。 クリスマスダンスパーティ当日 チョウはセドリックとダンスパーティーへ。 それを見て微妙なハリー。 ハリーは違う人とダンスパーティーへ ロンとハーマイオニーが喧嘩する ハーマイオニーはロンに誘って欲しかったのに、ちゃんと誘ってくれないからクラムとダンスに行きます。 ロンは嫉妬してハーマイオニーにクラムの文句を言うと泣くハーマイオニー。 女心がわからんかね。 こいつ。 ハーマイオニーかわいそ。 課題2:ハリーは水の底の人質を助け課題クリア。 その後、国際魔法協力部のクラウチが殺害 課題2のヒントは水中 ハリーは、第2の課題のヒントの金の卵のなぞがわからなかったが、セドリックが風呂に行けとヒントをくれ、金の卵を風呂につけると、開けると金切り声しか聞こえなかった卵の音が歌に聞こえた。 ヒントの歌では、水中で呼吸する必要があるようだ。 ハリーはネビルから水中で息の出来るエラ昆布を使えば良いと聞きエラ昆布をもらって課題2へ進む。 課題2当日、ハリーはロン以外も救出し高得点 課題2は、水中に沈む選手の大切な人を助けるという課題。 それぞれ選手の大切な人が水中にいる。 ハリーはエラ昆布を飲み込み水中へ潜る。 下はマッドアイがハリーがエラ昆布を飲み込み終わるように背中を叩いている。 ハリーが水中に潜るとそこにはチョウ、ハーマイオニー、フラーの妹、ロンがいた。 チョウが選手セドリックに、ハーマイオニーが選手クラムに助けられ陸に向かう中、選手フラーだけが水魔に襲われ棄権したため、ハリーはロンと、フラーの妹のガブリエルを助ける。 ハリーは陸に上がったのが一番遅かったが、自分の担当でないフラーの妹を助けたことが非常に道徳的であると判断され、高得点となった。 ハリーはクラウチと話す クラウチは第2課題の後ハリーに話しかける。 ほのぼの話していたが、マッドアイ・ムーディーが邪魔をする。 クラウチはここで、マッドアイ・ムーディーが舌舐めずりをしている姿を見て、ビックリした顔をする。 (ネタバレ:最後わかるけど、ここでクラウチはマッドアイ・ムーディが実は変身したクラウチJr. (自分の息子)だと気づく。 舌なめずりは息子の癖。 ちょいちょい飲んでた飲み物は、ポリジュース(変身薬)。 ) クラウチ死亡 ハリーが森を歩いていると死んだクラウチを発見。 ちーん。 (ネタバレ:マッドアイ・ムーディに変身した自分の息子のクラウチJr. に殺されました。 変身して学校に潜伏いるのがばれたから口封じ。 自分の息子に殺されるなんてかわいそう。。 ) ハリーは、クラウチの息子「クラウチジュニア」の過去を知る ハリーは、ダンブルドアの部屋に行ったときに、たまたま憂いの篩(うれいのふるい)を発見し、ダンブルドアが溜め込んだ「記憶」の中に入る。 ハリーはそこでクラウチ親子の過去を知る。 今クラムがいる学校の校長のイゴール・カルカロフは、元デスイーター(ヴォルデモートの手下)でアズカバン刑務所にいたが、クラウチにヴォルデモートの情報を渡すことで自由の身になった。 ただ、その情報はクラウチJr. (クラウチの息子)がヴォルデモートの手下でありスパイだというもので、クラウチはこのとき裁判官?だったが、自分の息子をアズカバンに送ることになる。 下は、捕まったクラウチJr. とクラウチ。 課題3:ハリーは強大迷路から優勝杯を探し出すが、ヴォルデモートの罠にはまる 課題3当日、ハリーはセドリックと同時に優勝杯を取る ハリーは、生垣に囲まれた強大迷路でなんだかんだ障害があってセドリックとほぼ同時に優勝杯にたどり着く。 ハリーは2人で、優勝杯を取ることを提案する。 2人が同時に優勝杯に触れると、何故か見知らぬ場所に移動。 ハリーの血でヴォルデモート卿が復活し、セドリック死亡 優勝杯は移動キーになっていて、ハリー達は「トム・リドル」と書かれた墓 (映画にはないが、これはヴォルデモートの父親の墓。 ヴォルデモートと同じ名前なんだよ。 )がある場所(場所の名前はリトル・ハングルトン)へと瞬間移動した。 するとそこには、ヴォルデモートと、1年前にハリーから逃れたネズミのワームテール(ピーター・ペティグリュー)が、ハリーを待つ。 んで、セドリックが速攻ワームテールに死の呪文で殺されます。 ちーん。 ヴォルデモートが邪魔なやつは殺せだってよ。 んで、ワームテールはハリーをとらえると血を取り、ヴォルデモートの父親の骨、ワームテールの肉、ハリーの血の3つでヴォルデモートを復活させる。 下、ワームテールがヴォルデモートを結構、雑に釜に入れている。 笑 んで、復活したヴォルデモートはハリーと決闘。 ハリーとヴォルデモートが杖を振ると、ヴォルデモートの杖で殺された人々の霊が彼の杖から現れる。 ここででてきたハリーの両親の霊がハリーが逃げるのを助けると言う。 そして、セドリックの霊が遺体を父の元に持って帰ってくれとハリーに頼む。 (解説:ハリーとヴォルデモートの兄弟杖(2人の杖は同じ不死鳥の尾羽が素材)は互いを傷つけることができない。 正常に呪文が働かず、直前呪文の現象が起こる。 直前呪文とは過去に使った呪文がでてくるというもの。 ) ハリーはポートキーを使って、セドリックの遺体と共にホグワーツへ戻る。 (ネタバレ:映画ではでないけど、ポートキーがホグワーツに戻った理由だが、ヴォルデモートは復活にハリーの血と父親の骨が必要だったためポートキーの転送先を父親の墓にした。 復活後、ヴォルデモートは、進入が困難なホグワーツにポートキーを使って進入する予定だったのかね。 開場が歓喜に沸く中、ダンブルドア校長はハリーの異変に気づき真っ先に駆けつける。 ハリーはヴォルデモートが復活したこととセドリックが死んだことを伝えて号泣する。 セドリックが死亡したことが分かり、騒然とする開場。 すると、マッドアイ・ムーディーがハリーを部屋に呼び、ヴォルデモート復活を詳しく聞きたがる。 そして、ヴォルデモート復活のためにハリーを優勝させたのは全部自分がお膳立てしたんだと言う(ドラゴンとかエラ昆布とか)。 そして、復活したヴォルデモートがきっと喜ぶからとハリーを殺そうとする。 危機一髪でダンブルドア校長達がハリーを助けに入る。 ポリジュース薬(変身薬)が切れ、マッドアイ・ムーディーは本当の姿のクラウチJr. に戻り、アズカバンに戻される。 (解説:クラウチJr. は、スネイプに「真実薬」を飲まされ真相を話す。 映画にはないが、アズカバンに送られた後、余命幾ばくもない母親がクラウチJr. の代わりに息子に変身してアズカバンに入り、クラウチ(父親)の手引きでクラウチJr. を脱獄させた。 その後、クラウチJr. は父親に服従の呪文で監禁されるが、自力で呪文を破りヴォルデモートに会いに行く。 その後、マッドアイ・ムーディーを捕らえて彼に変身しホグワーツに侵入した。 しかも、自分に気づいた父親を殺害したと言う。 ) ダンブルドアは、かつての仲間に連絡をとるようにスネイプに告げる。 終業式でダンブルドア校長がセドリックの死とヴォルデモートの復活について語る 終業式の祝いの席で、ダンブルドアは生徒達にセドリックの死とヴォルデモートの復活について語った。 ダンブルドアはハリーと話す。 直前呪文とか夢のこととか教えてもらいました。 (映画にはないが、ハリーは賞金をセドリックの両親に渡そうとするが断られたため、悪戯用品専門店を開くのに資金が必要なウィーズリーの双子兄弟に与える。 ) 他の学校のみんながホグワーツから帰っていく。 ハリーの4年生の1年が終わり。 その他 フェルチがうける フェルチが試合開始の合図を毎回フライング。 なんだこいつは。。 ハリーが必死でかわいい チョウにダンスを断られ去るんだけど、チョウに呼ばれて必死で戻ってきた。 もしかしたらOK? って感じの顔がうける。 かわいいな。 結局、ただ本当にごめんってだけ言われるんだけど。。 そんなんで呼ぶなよ。 期待するだろ。 感想 クラウチ親子中心の話しだったな。 とうとうヴォルデモートが復活したね~~。 ひえ~~。 こわいこわい。

次の

足底筋膜炎のストレッチ方法について解説|予防と痛みの緩和に効果的

炎 の ゴブレット 解説

概要 [ ] の4年生となったが、望まないまま三大魔法学校対抗試合の選手となり、その裏に史上最悪の魔法使いの謀略を感じつつ、厳しい試練に立ち向かう一年間を描く。 あらすじ [ ] 夏休み、ハリーは、奇妙な夢で目が覚めた。 その夢とは、にあるリドルの館でとが自分を殺す計画を立てていて、そこへ現れたマグルの老人()がヴォルデモートに殺されるというものだった。 その後、ハリーはウィーズリー家からの招待を受け、ディゴリー親子と共に・ワールドカップの決勝を観戦しに行く。 ハリーは会場で、の「魔法スポーツ・ゲーム部」の部長、やの兄であるの上司、、そして彼の屋敷しもべ妖精のと出会う。 ウィンキーはドビーの知り合いであり、ドビーは本来は無給で働かなければいけない屋敷しもべ妖精でありながら、給料をもらえる職場を探しているため、新しい職場が見つからないのだと語った。 アイルランド対ブルガリアのクィディッチの試合をアイルランドが制した激戦のその夜、仮面をつけた複数の魔法使い、通称「」と呼ばれるヴォルデモート卿の配下達によって13年ぶりにとある事件が起こった。 そしてハリー、ロン、の3人が混乱から逃げる間近に13年ぶりに不気味なが打ち上げられた。 事件現場の真下には魔法省の役員数十名が放った「失神呪文」に当たったウィンキーが、ハリーが気づかないうちに失くしていたハリーの杖を持ち、失神していた。 クラウチは自分が指示した場所にウィンキーがいなかったことに激怒し、ウィンキーをクビにする。 ハーマイオニーはそんなクラウチの行動に納得がいかず腹を立てた。 新学期が始まり、元「闇祓い」が「闇の魔術に対する防衛術」教授に就任。 そしてが、ホグワーツ魔法魔術学校、ダームストラング専門学校、ボーバトン魔法アカデミーの3校による 三大魔法学校対抗試合(トライ・ウィザード・トーナメント)が約100年ぶりにこの一年間に亘って行われることになり、代表選手は各校の17歳以上の生徒から1人ずつ選ばれると発表した。 の日、ダームストラングとボーバトンの生徒たちと各校長達がホグワーツに到着した。 その夜、ダンブルドアは代表選手を選び出す「炎のゴブレット」を紹介し、立候補する者は名前を書いた紙をゴブレットの中に入れるよう告げる。 代表選手の名前のみが、ゴブレットから出ることになっている。 結果、ホグワーツからは、ダームストラングからは、ボーバトンからはが出場することとなった。 しかし、その3人が選ばれた後も火は燃え続け、ゴブレットからハリーの名前が出てくる。 ハリーは自らの名前を入れていなかったため困惑するが、魔法契約の拘束力によりハリーは辞退することは出来ず、ハリーは4人目の代表選手として三大魔法学校対抗試合に出場することになる。 規定外でありながらも代表となったハリーは、多くの生徒から顰蹙を買うことになってしまう。 親友のロンまでもが彼を疑うため、彼らは絶交状態になってしまった。 さらに「日刊予言者新聞」の記者、が悲劇的に脚色した中傷記事が掲載され、生徒達からはさらに誤解されてしまう。 第一の課題は、1頭のから第二の課題についてのヒントが隠されている金色の卵を奪うことであった。 の助けもあってこの課題を早く知ったハリーは、クラムとフラーの二人も課題の内容を知っていることに気付き、セドリックにも内容を教える。 ハーマイオニーの助力を得てドラゴンを出し抜く方法を考えていたハリーは、ムーディからのアドバイスを参考に「呼び寄せ呪文」の練習を始める。 第一の課題で、ハリーは呼び寄せ呪文を使って、からもらった箒、ファイアボルトでの飛行による陽動作戦で見事金の卵を奪う。 肩を怪我したものの、結果はクラムと同点で1位になった。 ロンの誤解も解け、ハリーは彼と仲直りする。 ある日、ハリーがハーマイオニーに連れられホグワーツの厨房を訪れると、そこではドビーが働いていた。 彼は、週給1ガリオン、1ヶ月に1日の休日をもらっていると言い、ハーマイオニーは喜ぶ。 一方、ドビーと一緒にダンブルドアに雇われたウィンキーは、クラウチを思って泣き続ける日々を送っていた。 三大魔法学校対抗試合に伴い、クリスマスにダンスパーティが開かれることとなった。 ハリー達代表選手はパートナーと最初に踊ることが決められており、ハリーはパートナーを探さなくてはならなくなる。 意を決して初恋の相手、に申し込むが、セドリックと行くことになっていると断られる。 ロンもフラーに申し込んだが断られ、2人は焦る。 ロンは、最後の手段だとばかりにハーマイオニーを誘うが、彼女はすでにパートナーが決まっていると言われ、断られてしまう。 なんとか学年一の美女、を誘うことに成功したハリーは、彼女の妹のをロンに紹介してもらえることになり2人ともパートナーが決まることになる。 パーティ当日、ハリーとロンは、美しくドレスアップして代表選手のクラムのパートナーとなっているハーマイオニーを見て驚く。 パーバティとパドマに愛想をつかされた2人が庭を歩いていると、がダームストラングの校長にホグワーツから逃げるよう言っているのを聞く。 さらに、ハグリッドがボーバトンの校長、マダム・マクシームに自分が半巨人であることを明かすのも聞き、ショックを受ける。 第二の課題が近づいているのに、ハリーは金の卵のヒントの謎を解き明かせていなかった。 ダンスパーティの帰りにセドリックから卵を持ってに入るよう言われていたため、意を決し、彼はそれを実行する。 そこでハリーはに出会い、卵を水の中に入れてみろとヒントを言われ、水の中に入れてみると水中人(マーピープル)の歌が聞こえた。 その歌の内容は「湖の深い底にいる自分にとって大切なものを時間内に取り戻せ」というものだった。 風呂場から帰る途中、ハリーは「忍びの地図」に書かれているスネイプの研究室に、病気のため、クリスマスからホグワーツに姿を見せていない「」と書かれているのを見つけ、不思議に思う。 卵の中のヒントは分かったもののどうやって水中で呼吸すれば良いのか分からないハリーは、ロンとハーマイオニーと図書室で本を調べるが、二人は途中でから呼び出されたまま戻って来ない。 一人で探しているうちに眠ってしまい、試合開始の10分前にドビーに起こされる。 諦めかけたハリーはドビーからを使うアドバイスを受け、ハリーは試合に参加する。 の底にはロン、ハーマイオニー、フラーの妹のガブリエル、チョウが水魔に捕らわれていた。 チョウがセドリックに、ハーマイオニーがクラムに助けられ陸に向かう中、フラーだけが現れない。 ハリーはロンとガブリエルを連れて、棄権したフラーを除く3人のうちの最後に陸に戻った。 ハリーは到着が一番遅かったがその行いは非常に道徳的であるとの判断で、カルカロフを除く全ての審査員から高得点を受け、2戦の合計でセドリックと同点一位となった。 に隠れ住んでいるシリウス・ブラックを訪ねたハリー、ロン、ハーマイオニーは、彼からクラウチの息子のことを聞かされた。 死喰い人だったクラウチの息子は、父親に見捨てられアズカバンに送られた後に死亡したのだ。 クラウチも周りから息子の行状を監督できなかったことを批判され、魔法省での立場が悪くなってしまい、今に至っているという。 一方、リータ・スキーターに中傷の記事を書かれたハーマイオニーは、学校に出入り禁止になっているはずの彼女が、何故個人的な会話を立ち聞きして記事にすることが出来るのか探り始める。 第三の課題の説明を受けた後、クラムと歩いていたハリーは浮浪者のような姿になったクラウチを見つける。 訳のわからないことを口走る彼をクラムに見張らせ、ハリーはダンブルドアを呼びに行った。 戻るとそこにクラウチの姿は無く、クラムが失神し倒れていた。 クラムは無事だったが、ハリーはむやみに出歩かないようにハグリッドとシリウスから注意を受ける。 ハリーが占い学の授業中に居眠りをしていると、ヴォルデモートがワームテールを拷問する夢を見た。 額の傷の痛みで目が覚めたハリーはダンブルドアに報告に行く。 校長室に行くとダンブルドアは留守で、部屋にあった水盆、「憂いの篩」に顔を突っ込むと、ハリーはダンブルドアの「記憶」の中に入る。 過去でクラウチの息子が法廷で父親に裁かれている場面を見て、同級生のの両親がクラウチの息子とに拷問された末に正気を失ったことを知る。 その後、戻って来たダンブルドアに夢のことを話し、ネビルの両親については黙っているよう言われ、ハリーは校長室を出た。 第三の課題ではハリーは迷路でスフィンクスや他の選手達を抜かし、今まで助け合ってきたセドリックと一緒に優勝杯を取る。 しかし、優勝杯は移動キーになっており、2人は「(ヴォルデモートの父親)」と書かれた墓があるリトル・ハングルトンに連れて行かれ、セドリックは待ち構えていた配下のワームテールに死の呪文で殺されてしまう。 そしてその後、父親の骨、下僕(ワームテール)の肉、敵(ハリー)の血という3つのアイテムにより、ヴォルデモート卿はついに復活した。 その後、配下の達が彼の招集に応じて集まる。 そして、ハリーはヴォルデモートと決闘するが、互いの呪文がぶつかりあった時、ヴォルデモートの杖で殺された人々のゴーストのような姿が彼の杖から現れる。 ハリーは現れた両親のアドバイスや、セドリックのゴーストの最後の願いによって助けられ、セドリックの亡骸と共にホグワーツに戻ることができた。 直前まで墓場で起きていた惨事をまだ信じきれないハリーは、何があったのかをダンブルドアに嗚咽しながら話す。 ハリーは優しく諭すようなムーディに連れられて彼の部屋へ向かうが、そこでムーディは「闇の印」を打ち上げたのもハリーの名前をゴブレットに入れたのも、さらにハリーが優勝するよう仕向け、ゴブレットを移動キーに替えたのも自分だと語る。 ムーディは真相を話し終えると、周りを警戒しながらもハリーに向かって杖を上げる。 唖然として動けないハリーだが、間一髪の所でダンブルドアに救出される。 ムーディが所持していた魔法のトランクの中からは本物のムーディが現れ、狂気に取り憑かれハリーを殺そうとしたムーディはポリジュース薬(変身薬)を飲み忘れていたため元の姿に戻る。 その正体はだった。 「忍びの地図」に現れた「バーテミウス・クラウチ」の名前は、父親と同じ名前をつけられた彼のものであった。 「真実薬」を飲まされたクラウチ・ジュニアは、アズカバンにいた時、命がもう少ないと分かっていた母親が父親に代わりに自分を助けるよう頼んで、ポリジュース薬でお互い姿を変わり脱獄したこと、その後父親に服従の呪文で監禁されたが徐々に呪文を打ち破り何とか抜け出してヴォルデモートに会ったこと、そして父親を逆に服従させ、ムーディを捕えて彼に変身し、ホグワーツに入ったことを語った。 さらに息子は父親をハリーがクラムと歩いていた日に殺したという。 その場に呼び出されたウィンキーはそれを聞いて号泣した。 ハリーは、ヴォルデモートの杖から両親やセドリックの姿が現れたのは、彼の杖とハリーの杖の芯に使われている不死鳥の尾羽が、フォークスのものだったからだとダンブルドアから聞かされた。 ロン、ハーマイオニー、ロンの母の、兄の、シリウスに付き添われ医務室に入院することになったハリーのもとに魔法省大臣が訪れる。 ファッジに付き添っていたはクラウチ・ジュニアの魂を吸い取り、ハリーのことを中傷記事にするリータの記事を信じるファッジは真っ向からヴォルデモートの復活を信じず、ハリーに優勝賞金を与えてすぐに去ってしまった。 ダンブルドアは彼と決別し、かつての仲間に連絡をとるようにシリウスに告げ、スネイプにも任務を与えた。 終業式の祝いの席で、ダンブルドアは生徒達にセドリックの死とヴォルデモートの復活について語った。 ハリーは賞金をセドリックの両親に渡そうとするが断られたため、悪戯用品専門店を開くのに資金が必要なウィーズリーの双子兄弟に与える。 ハーマイオニーは、リータ・スキーターが無許可の「」であることを暴き、一年間ペンを持たないよう命令した。 汽車の中で楽しい一時を過ごしたハリーは、再びダーズリー家に帰宅した。 映画 [ ]• ちなみに、原作の「解放戦線」の話は、映画ではまるごと削られている。 そのためドビーやウインキーも映画では登場せず、鰓昆布を渡す役が、映画ではドビーからネビルになっている。 本作で初めて英国人監督が起用された(1、2作目はアメリカ人の、3作目はメキシコ人の)。 エンドクレジットの最後には、制作中に亡くなったキャスティング・ディレクター(Mary Selway)への追悼文が挿入されている。 尚、ビデオカセットの発売(セル・レンタル)はこの4作目が最後となり、次作以降のハリー・ポッターシリーズはすべてディスクメディア(、、)での発売となっている。 スタッフ [ ]• 監督:• 製作:• 脚本:• 音楽:• メインテーマ:• 視覚効果:、、、、 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替え () 魔法大臣 () 佐々木勝彦 フィリップ・ラーム ホグワーツ特急のワゴン販売員 判事補 卿• 日本語版制作スタッフ その他声の出演:、、、、、、、、、、、、、 演出:、翻訳:岸田恵子、翻訳監修: 調整:高久孝雄/金谷和美/池田裕貴、録音:田中和成/オムニバス・ジャパン 日本語版制作: ソフト化 [ ] 日本ではよりブルーレイ、DVDが発売。 ハリー・ポッターと炎のゴブレット 期間限定生産版(DVD1枚組、2006年4月21日発売)• ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版(DVD2枚組、2006年4月21日発売)• 【初回限定生産】ハリー・ポッター 第1章〜第4章 お買い得パック(DVD4枚組、2007年11月21日発売)• ハリー・ポッターと炎のゴブレット ブルーレイ(1枚組)• 【数量限定生産】ハリー・ポッターと炎のゴブレット アルティメット・コレクターズ・エディション(3枚組、ブルーレイとDVDでリリース、2011年4月21日発売)• ハリー・ポッターと炎のゴブレット コレクターズ・エディション(Blu-ray版、DVD版共に3枚組、2016年3月23日発売)• 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 ゲーム [ ] 詳細は「」を参照 同タイトルのコンシューマゲームも発売がなされた。 日本においてはハードは、、メーカーはこれまでと同一の、2005年11月26日発売。 この他にゲームではないが、やはり映画を題材にしたトレーディングカードが発売されている。 日本語版キャスト• ハリー・ポッター(声 - )• ロン・ウィーズリー(声 - )• ハーマイオニー・グレンジャー(声 - )• セドリック・ディゴリー(声 - )• ビクトール・クラム(声 - )• フラー・デラクール(声 - )• アルバス・ダンブルドア校長(声 - )• マッド・アイ・ムーディ先生(声 - )• アーサー・ウィーズリー(声 - )• ピーター・ペティグリュー(声 - )• バーテミウス・クラウチ・ジュニア(声 - )• ヴォルデモート卿(声 - )• ナレーション(声 - 中博史) 脚注 [ ].

次の