バフ 手作り。 バフとは?ランニングで山中伸弥教授がオススメしてたので格安品や手作りについて調べてみた

夏向きバフ風フェイスマスクの作り方!息苦しくなくて顔と首の日焼け防止にも

バフ 手作り

自身もマラソンランナーです。 ランニングエチケット、コロナウィルス対策では布マスクを使って走ると汗で蒸れにくいですが、今回は通気性が良く、速乾性のあるBuffを使ってどなたにでも簡単にできるマスクを考えてみました。 準備するもの Buff(素材によっては息がしにくいものもあるので口に当てて通気性が良いか確かめる) ハサミ 女性用15cm程度 男性用20cm程度 紐1. 5cm2本をハサミでカット 筒に紐を切らずに通して結ぶ 以上 試しにBuffをハサミでカットしてみたら、細くしてもちぎれなく、ほつれないと分かりました。 ランナーの皆さんはおしゃれな方が多いので、いつものランニングスタイルでマスクがコーディネートできていいのではと思いました。 切った残りは首にするとマスクと首元がお揃いコーディネートになりますよ。 マスクとしてのお役目が終われば短めのバフとして、ヘアバンドにもなります。 早く落ち着いて安心して外出できる日が来ますように。 どなたかのお役にたてば幸いです。 Amanda Mandy 森ゆみ子 手芸作家 普段はリバティプリントを使って布小物を制作しております。 趣味 マラソン ネットショップ ブログ Instagram.

次の

最近多くの市民ランナーが使うバフ…もう暑くて無理。吉報です!着脱簡単・涼しい・5分で作れるバフをご紹介!

バフ 手作り

ランニング時マスク代わりになるバンダナ以外のもの ランニング時マスク代わりにバフ Buff がおススメ バンダナを口の周りに巻いて頭の後ろで縛るイメージです。 でも、実際に それで走ると、伸縮性がないために外れてしまう事もあります。 外れたら立ち止まって縛り直して・・・などしていると面倒ですよね!? そんな時、あのiPS細胞でノーベル生理学・医学賞を受賞した 山中伸弥教授がユーチューブで紹介した「 バフ Buff 」こと「 ネックゲイター」という ランニング時にしても苦しくないマスク代わりになるものを見つけました。 山中教授は京都マラソンの時にもらったというバフをしてランニングしているそうですよ! これをマスク代わりにして走ると普通のマスクよりも快適なんだそうです。 【動画】山中教授が紹介した「バフ」 ランニングする時に苦しいからと、 マスクも何もつけていない人も多いのですが、 絶対に必要です! ランニングすると息が大きくなって、 くしゃみや咳をした時よりも広範囲に色々なものが飛散するそうです。 特に マスクをしていないランナーの後ろは危険ですので、なるべく距離を取ったり、その人を避けて歩いた方が良いと思います。 ランナーの方は、必ずマスクやバフのようなマスク代わりになるものをして、 周囲のエチケットを忘れないでください。 バフ Buff はネット通販でも買えるみたいですよ! たしかに布マスクでいいならストレッチも効いて洗える薄手のヘアバンドでじゅーぶんだよね。 しかもこの端がへよへよヘアバンドの柔らかさはストレスにならないし 中にガーゼも仕込めるし ファッションやヘアスタイルとの合わせ技にもなってて、このひと好き!ってなりました。 なので自分はイベント等で買ったマフラータオルを巻いてくことにする。 まさかマフラータオルをマスク代わりにする日が来るとは思わなかったな。 — ORION Orion71Alfort ジョギング中もマスク必須です マスクもバフも手に入らない方に。 輪ゴムとハンカチでつくるなんちゃってBuffです。 — さよ sunaonisugoi 【マスクって本当に必要?】 わたしの母は開業医ですが、このような農業などに使用するUVカットマスクで診察しています。 — アロハフォックス alohafox BUFFマスクはそのままだとズリ下がりやすいし首も暑いです。 なので…… 1. 半分に切る。 写真1 2. ゴム紐を通して結ぶ。 短めがいいです。 写真2 3. バフを装着してゴム紐を耳にかける 写真3 のがオススメです。 写真のように半分に切っても鼻から顎の下まで覆えます。 — 江西 enishidb2 ランニングなどの呼吸の激しくなる運動時は、咳をしたのと同様の飛沫飛散があるそうです。 そこでマスクやbuff バフ の装着が推奨されています。 しかし、走っているとどうしても下がってしまいます。 そこで両側に切れ目を入れます。 飛沫飛散防止で呼吸もマスクより随分楽ですよ! — ひだだ hidanon ランニング時マスク代わりになるバンダナ以外のもののまとめ いかがでしたか? ランニングやジョギングをする時にマスクをつけてするのは、とても苦しいものです。 ですが、バフやその他、色々な工夫を凝らして、マスクの代わりになるものを用意することは、意外と簡単。 この時期、ランニングやジョギングをするのであれば、ぜひ、この記事に書いてあるマスク代わりを参考にしてくださいね!

次の

バフ(Buff)より安いクールネックゲーター580円をワークマンで購入してみた

バフ 手作り

ワークマン【クールネックゲーター】580円 ワークマンの、腕や頭をカバーする用品のコーナーにありました。 商品名は、クールネックゲーターです。 価格は税込み580円。 ワークマン、さすが安定の安さ。 台紙にイラストで、使用例が8通り書かれています。 口元を覆う場合は、2パターンの着用方法があります。 フリーサイズです。 もちろん伸縮性があるので、ある程度は伸びます。 頭の大き目なわたしも、普通に通せました。 重さは41g。 手触りは、つるりサラサラといった感じ。 水着の素材に似た感じです。 クールと名付けられているように、ひんやりします。 主に夏場の使用を目的としているのでしょう。 では付けてみました。 横から。 確かにマスクをしているより、圧迫感がなく、ひんやりした肌触りがこれからの季節でも使いやすそうです。 ジョギングの時に使ってみたいと思います。 口元はしっとりしますが、慣れればそれほど不快ではないかも。 ただ、デザインはワークマンらしく格好良くはない・・・。 店舗ではこの柄も含め2種のデザインで各2色、4パターンの商品がありましたが、いかにも580円な感じです。 各店舗の仕入れや在庫状況によるのでしょう。 Buffの方は、価格は倍以上しますが、デザイン豊富でカッコイイんですよね。 こちらのショップで、かなり豊富なデザインを通販しています。

次の