まほ やく ネロ。 魔法使いの約束(まほやく)人気キャラクター一覧!元ネタと年齢は?

【まほやく感想】青春花嵐イベスト

まほ やく ネロ

Twitter見てたら結構走るの辛いよ〜〜!!って意見を見たのでとりあえず効率よく、できるだけアイテムを消費せずポイントを稼ぐための自己流のまとめです。 まだ手探りなのでこれは違うよ〜とかあったら情報提供お願いします。 特攻キャラについて イベントのガチャから得られるキャラの特性から特攻キャラが作れます。 また、育成時に特攻キャラをPTに組み込むと特攻ボーナスがつきます。 特攻の倍率は下がりますがRのカードでも限定特性はつくのでSSRの枚数が足りなくてもなんとかなります。 私は運良くSSRクロエが引けたのでこのPTにフレンドの限定シャイロック スキルの体力回復が優秀なので で育成 限定のネロは花弁でフル覚しました。 結果こんな感じ。 育成ポイント使っちゃったあとですみません。 今回のイベントの有利属性である赤 パッション と黄 ハッピー に極振りで育てつつ、たまに青 クール をあげてました。 凸数は関係なし 特攻は最大値のみが適用されるので ルールに書いてあります 1人育てれば十分です。 10人育てる必要はないです。 厄災の殴り方 初級と中級はミッションをクリアしたら無視でOKです。 上級を殴って育てます。 レベルの上限は15の模様。 討伐用のPTはこんな感じ。 推しなのでルチルが多め。 表示バグってるところはさっきの特攻のクロエです リーダーのルチル、ミチル、クロエあたりには育成ポイント使ってます。 青が弱いのがネック 手持ち的に青特化が育てにくい で、厄災のHPが結構あるのでつい尻込みしてフルパワーで殴りたくなるのですが 実はこれ MP3 で倒せました。 ポイント数はこれくらい。 こうやってみるとそこそこ特攻の恩恵がある。 なんでこの火力で倒せるかっていうとまほやくにはミッションアイテムというドーピングアイテムがあります。 使いましょう。 私は白特性持ちの手持ちが多いので白カード3枚使ってます。 この辺はもっと調整したいな〜〜と思いつつこれが一番安定して倒せてます。 多分人によって効果的なアイテムは違うと思います。 あくまで一例です。 超級は獲得できるポイントが5000ptを超えましたがMP消費も増えるので効率的にはそこまで変わらないかもしれません。 チップはこんな感じ。 チップ数の修正入るらしいですが 1MPあたりの効率は上級よりかなり良さそうです。 ミッションアイテムの調達 厄災探しがてら育てたいキャラ 今回は詫び石で出たシノくん +強い特性持ちでPT組んで西か東か好きなところへ行きましょう。 今回のイベントの厄災は西か東で育成しないと出ませんので注意。 とりあえず西の天文台行きます。 オート育成します。 オートだとひらめきは使ってくれないんですがすでに持っている特性と被る可能性があるので使わなくてもまぁ……。 使いたい時は手動で使いましょう。 設定はこれで。 回復タイミングはお好みで。 スキップとオートでサクサク進めます。 この間厄災は上級1回しか出てきませんでした。 うーん、マラソンが必要そう。 いい感じに育ちましたがお別れします。 これでドーピング用のミッションアイテムが増えます。 あと普通に育成に使えるアイテムなんかも手に入ります。 まほやくはTPがあまりがちなのとMPの回復が早いのでこんな感じでボス探しながらアイテム稼ぎつつ上級殴るのが一番効率いいと思います。 探してる間に結構MP回復してたりするので。 ただ結構貼り付きプレイになっちゃうのがつらいけども。 多分最初の段階でつまづく人が多いと思うんですが討伐用のPTをちゃんと強化して厄災のレベル上げればちゃんと相応のポイントが手に入るっぽいです。 それにしても設定ポイントは若干エグいな〜〜と思いますが。 まだ初回イベントですしあまり悲観的にならずゆるりと楽しんでいきましょう〜.

次の

まほやく覚醒キャラALL999チャレンジ ハーブ編

まほ やく ネロ

こんにちは!さかえです。 今回は「魔法使いの約束」季節イベント「青春とのノスタル」イベスト感想を書きます。 開催期間:2020年4月3日~。 エイプリルフールイベント あらすじ 「お会いできて光栄です、転校生様」 この春、私立フォルモーント学園に入学することになったあなた。 だが、ここは・芸能高・不良校の三高を無理やり合併して創立させためちゃくちゃな学園で!? 真面目だったり陽気だったり獰猛だったり、とっても個性豊かな生徒たちと一緒にハッピーな青春を始めよう! (公式サイトより) 転校生は、生徒会長のアーサー・ミスラ・ルチルに招かれ創立祭の内容を考えるが、全くまとまらない。 創立祭は「ある生徒」にとっては送別会にもあたるらしく、三人はしきりに内容を討論している。 結果、元生徒会長でのに意見を仰ぐことになったが、彼は過去のトラブルがきっかけで図書室に引きこもっており、自分にダーティなイメージがつかない限りは協力できないという。 ルチルの提案でのカインに教えを乞う五人だが、彼はを紛失してしまったという。 結局カインのは不良校のネロが偶然見つけたらしく、ミスラに対しネロは「抗争チームから足を洗って勉強がしたい」と訴えかけた。 それをきっかけに生徒達は、運用や喧嘩での護身術、勉学などそれぞれの強みを生かして、創立祭のために奮起することに。 そこでふと転校生は「ある生徒とは誰?」と口を開く。 そこに現れたのはムル! 『元の世界に帰りたい』という願いを汲み、最後のお別れをセッティングしたのだという。 任務も果たしていないのに別れるなんてと嫌がる賢者を突き放すムル。 名前を呼ばれ、賢者はふと目を覚ます。 夢を見るお茶を飲まされたらしく、ベッドのそばには魔法使いたちが不安げに様子を見守っていた。 戻ってきてくれてよかった、と感謝する魔法使いが茶葉を見せてくれる。 桜によく似た花だった。 感想 Colyはエイプリルフールに力を入れていると聞いてはいましたが、確かにも大ボリューム、イベストも全13話と少し長めでしたね! あまりの興奮に、まったり勢ながら二時間でイベスト回収してしまいました。 今回のバナーキャラはまほやく顔役のアーサー! カードも美麗です。 導入シーン、すぎて夢女になりかねなかった 本編での重い設定が平和に学パロナイズされてましたね〜。 平和な世界だ……。 レモンパイラバーズの解散即再結成にはました、しゃんとせい幼馴染。 今回は特にミスラがかわいかったです! 本編ではその異常な感性からボケに回りがちですが、たちに対して突っ込みに回ってたのが新鮮でしたね。 魔力の差がないからシノに噛みつかれててキレてるの失笑しました。 マフィアの女に育てられた設定はチレッタを意識してるのかな。 そしてまほやくといえば、根底に優しさがあふれる笑いあり涙ありのシナリオです。 今回ももちろん学パロギャグ部分はしっかり面白かったのですが、ムル登場以降のシリアスな雰囲気にはぐっときました。 突き放す様な「愛してくれてありがとう」。 元の世界に帰りたい気持ちと、世界を守りたい・魔法舎での任務を果たしたいという相反する気持ちがお茶をきっかけに瓦解したんですね。 普段魔法使いたちはプレイヤー名ではなく「賢者」「賢者様」と呼んでくるのに、ここにきて名前呼びなんてずるいです……。 考えてみれば賢者(真木晶)が魔法使いたちと過ごせるのはたった一年間。 それでも夢から覚まそうと必死で名前を呼んでくれたシノやネロ、たちに、魔法使いと賢者という立場を超えた絆を感じました。 最後のお花の演出は粋のひとこと。 やラスティカあたりに読ませたら褒めてくれそうです。 厄災のことでしょうか。 まほやくシナリオはなにかと考察が捗るので、今回のイベストもなんらかの形で今後に絡んできたら面白いですね。 エイプリルフールネタですけど。 それではまた! 公式サイト: 公式パロディサイト: yes108.

次の

ネロ 覚醒条件まとめ【魔法使いの約束│まほやく】 │ おとめ遊戯

まほ やく ネロ

厨房ではネロが珍しく少し焦ったようにバタバタと動いていた。 先程まであるトラブルの後始末をしていて、夕飯のスケジュールが押しているのだ。 そんなネロの背後に、人影が一つ。 その気配になんとなく嫌な予感がしつつも仕方なく振り返ると、入り口には、赤い髪に長身の男が立っていた。 ーー北の魔法使い、ミスラ。 げっ、と口から出てしまいそうになるのを慌てて飲み込む。 そんな事を言おうものならどんな目に遭うか……。 昔から、金輪際関わり合いたくないと常々思っていた。 そして今も極力顔を合わせたくない相手。 「な、何か用か?」 「お腹が空きました。 何か作って下さい。 」 予想していた通りの言葉が飛んでくる。 ここにくる奴らは殆どが同じ用件だ。 ミスラは、言葉使いは丁寧だし、いつも気怠げな雰囲気で悠然としていて気を削がれそうになるが、その実力や北の魔法使いの名に相応しい冷酷さは身をもって知っている。 今は同じ賢者の魔法使いだが、それでも反射的に警戒して身を硬くしてしまうのはもう染み付いた習性だ。 「悪い、今から夕飯の準備を始める所なんだ。 時間ねぇからそこのパンでも、」 「これは?」 「あっ、それは……。 」 駄目だ、とこちらが止めるのも待たずに手掴みで食べてられてしまう。 如何にも不味そうな黒く焼け焦げた、今日の晩ご飯になる予定だったものを。 そう、時間に合わせて、ちゃんと晩ご飯を作っていたのだ。 だが、こっちが全て計算の上で完璧に作っていた料理を、あいつが途中で摘み食いしにきやがった。 逃げるそいつを追いかけるのについ夢中になってしまって、慌てて厨房に戻った時には既に手遅れの状態だった。 それもこれもあの野郎が! と、くしゃみでどこかに飛んでいってしまった彼の顔を思い描く。 結局逃げられてしまったも同然だ。 帰ったら覚悟しておけよ……。 思い返してふつふつと怒りが湧いてくるが、ハッと現実に戻る。 そういえば、あの、ミスラに。 火を通しすぎてもはや消し炭と化してしまったものを、食べさせてしまったのだった。 まずい。 ここで暴れられたら、あの食器や貴重な食材だけは死守しなければ。 最悪の状況をイメージしながら、ギギギ、と錆び付いた機械のようにぎこちなくミスラの方に顔を向けると、彼は平然とした顔で汚れた指を舐めていた。 手元の皿には先程まで確かにあった黒い物体はなく、小さなカスが疎らに散っているだけだった。 「は……? え、それ食ったのか?」 「はぁ。 いけませんか?」 「いやいけなくはないけど……。 」 動揺するネロを尻目に、ミスラは何事もなかったかのように皿を置いて、立ち去ろうとする。 その姿を見たネロは反射的に彼を引き止めてしまった。 その声に振り返ったミスラに、このまま穏便に済むならいいじゃないか。 何故引き止めてしまったんだ? と後悔の念が押し寄せるがやってしまったものは仕方ない。 「あー、その、なんだ。 さっきの、悪かったな。 食えたもんじゃなかっただろ。 」 「香ばしくて、苦味があって良いんじゃないですか? まぁ、多少固かったですが。 」 香ばしさを通り越してたと思うんだが。 というか、あれが料理における香ばしさだと勘違いされているようだったら、いち料理人として複雑だな……。 ここで集団生活なんてものをするようになってから料理全般は主に担当させてもらっているネロだったが、特に北の奴らは自由人が多く、時間関係なく直接厨房にきてはアレを作れコレを食べたいだの注文していく。 ミスラもそのうちの一人だったが、メニューの指定はしてこないので今まではその場にあった適当な作り置きやらであしらっていた。 だが、まさかここまで食に興味がない奴だったとは。 何も言えないでいるネロを他所に、ミスラはさらに一言発した。 「それに、腹に入れば全部同じなので。 」 その一言が、ネロの心を揺さぶった。 究極で言えば確かにそれは正しい。 どれだけ時間をかけて工夫を凝らした料理も、丁寧に細工して見た目を飾った料理も。 結局胃袋に入って消化されちまえばその事実は無いに等しい。 けれど。 ーーそれを言われてしまったら。 「……なぁ、今度はちゃんとメシ作るよ。 それが俺の料理だと思ってもらっちゃ困るからな。 」 「別に食べられれば何でも良いですが。 」 「いや、これは俺の自己満足みたいなもんだ。 だが俺がいるからには、お前さんの舌にも美味いメシってやつを教えてやるよ。 」 「はぁ。 好きにしてください。 」 そう言うと、今度こそネロに背を向け厨房から去っていく。 あのミスラに、だとか関係ない。 料理人として言ったからには、腹に入れば同じだなんて感想が出てこないぐらい美味いもんを食べさせてやる。 と、その前に。 今夜も自分の料理を楽しみにしてくれているだろう奴らの期待に応えるのが今の俺の役目だ。 自らに課した新たな使命を胸に、再度夕飯の支度を始めるのだった。

次の