休職中ボーナス。 休職中でもボーナスが支給される条件【知っ得!】

教員の休職、期間は?給料は?

休職中ボーナス

休職中のボーナスは「なし」か「寸志程度」 休職中の場合、基本的にボーナスは支給されないことが多く、支給される場合でも寸志程度のようです。 ボーナスは給与とは異なり、個々の実績に対する報酬であることがほとんどだからです。 ただし、中には休職前の実績に対する評価としてボーナスがもらえる場合もあります。 休職しなければならなくなった場合は、就業規則を確認したり、上司や総務部に聞いたりするなどして、ボーナスについて把握しておくと良いでしょう。 査定期間に勤務実績がある場合 ボーナスの査定期間に勤務実績があれば、 ボーナスが支給される可能性は高くなります。 ボーナスの支給が7月と12月の場合は、それぞれ4月~9月、10月~3月などを査定期間としている企業が多数。 休職に入る前に一定期間働いていないか確認してみましょう。 ただし、最低限の出勤日数が設けられていたり、支給額に制限が設けられていたりと、会社によって規定が異なるため、必ずしももらえるとは限りません。。 有給消化により勤務期間に該当する場合 休職期間に有給休暇を利用することで、 ボーナスを支給される可能性が高くなります。 有給休暇中は「休み」ではなく「勤務期間」として扱われるため、査定期間に勤務実績ができることになり、会社によってはボーナスの対象となるケースがあります。 ただし、こちらも会社独自の規定がある場合が多いので、事前に確認しておきましょう。 コラム:産休・育休中はボーナスをもらえる? 産休・育休中のボーナスは、一般的には 本来の支給額よりも減額されるか、まったく支給されない場合が多いようです。 産休・育休期間は有給休暇を計算するための勤務期間には含まれています。 しかし、労働が伴わない産休・育休期間をボーナスの査定としてどのように判断するかは会社によって異なります。 ただし、企業によっては満額支給されたり、わずかな減額で済んだりする場合もあるようです。 【公務員】休職中のボーナスは支給される? 公務員の休職やボーナスの支給に関するルールは、国の規則や地方自治体の条例により規定されています。 ここでは、具体的な休職規定の内容とボーナスの支給額を紹介します。 公務員は休職しても過去半年に勤務があれば支給される 国家公務員のボーナスは6月と12月に支給されます。 地方公務員の場合も、これに準じるケースがほとんどです。 ただし、ボーナス査定期間の勤務日数が少なければその分減額され、1年以上休職している場合は支給されません。 公務員のボーナスは休職期間によって支給額が変わる 国家公務員のボーナスは、 休職期間の長さによって支給割合が変わります。 ボーナス査定期間は12月2日~6月1日、6月2日~12月1日となっており、この期間の休職が長くなるほどボーナス支給額が低くなります。 具体的な支給割合は人事院規則で規定されています。 「人事院規則」11系列第4項目「職員の身分保障」によると、公務員は公的施設や政府関連の特別な業務に従事する場合や、災害や病気といった場合に休職が可能で、休職期間が3年以内ならば原則として復帰ができます。 また、3ヶ月以内の休職では給料の全額が、1年以内の休職なら給料の8割程度が支給されます。 地方公務員も、多くは同じような規定となっています。 勤務期間とボーナス支給額の割合は、以下のようになっています。 産休は産前6週間と産後8週間、双子以上の多胎妊娠の場合は産前14週間となっていますが、多胎妊娠でもボーナスの金額に影響はありません。 ただし、育児休業期間中は勤務日扱いとならないため、過去半年以内の勤務がなければボーナスは支給されません。 コラム:郵便局で休職した場合のボーナスは? 郵便局に勤務していて休職した場合、ボーナスは 過去半年で実働日数が60日以上あれば支給されます。 郵便局は2007年に民営化しましたが、ボーナスの規定は基本的に「人事院規則」に準拠しており、公務員と同じような形となっています。 休職中のボーナスと手当や支給金の関係 休職理由によっては、休職中に手当が支給されますが、それがボーナスに影響することはあるのでしょうか? ボーナスは手当や支給金に影響しないが例外もある 休職中に給料をもらうと各種手当が減額される可能性がありますが、 ボーナスは給料とみなされないため、もらっても減額の対象にはなりません。 ただし、休職中であってもボーナスが年3回以上ある場合は、ボーナスでなく給与とみなされるため、手当や支給金が減額される可能性があります。 休職中にはどんな手当や支給金がある? 休職中には、条件によって以下の手当や給付金をもらうことができます。 傷病手当.

次の

休職中のボーナスについて。7月の末ごろからうつ病を患い休職中です。

休職中ボーナス

職業:ファイナンシャルプランナー "行政書士・ファイナンシャルプランナーの志塚洋介と申します。 学生時代に行政書士・ファイナンシャルプランナーの資格を取得し、大学卒業後、大手証券会社に就職しました。 資産コンサルタント業務として株・債券・投資信託など顧客の資産運用に従事。 その後、同社のシステム企画を経て不動産管理会社に転職。 賃貸不動産の資金管理部門で不動産の収支計算や契約書の作成・チェック業務を担いました。 そして独立し、志塚行政書士FP事務所として開業しました。 行政書士としては、相続・許認可を中心とし、手続きの代行やアドバイスなど幅広い業務を行っております。 ファイナンシャルプランナーとしては資産運用を中心として幅広くアドバイスや講演を行っています。 お客様の希望があれば全国幅広く飛び回るフットワークの軽さがウリです。 よろしくお願いします。 Youtubeで資産運用動画配信中! 保有資格は行政書士、CFP・1級FP技能士、証券アナリスト検定会員補、宅建主任士、管理業務主任者。 Q 以前、別のカテで質問していましたが、こちらのほうがたくさんの回答をいただけるかと思って移させていただきました。 うつ病のため、休職を考えています。 お医者様からの診断書もいただいております。 いやらしいかもしれませんが、今後の生活を考えると、このボーナスは大きいですし、これをもらって休職するのがいちばん安心です。 あと1週間のがまんですが、でも、心身ともに限界はきています。 有休は消化してしまい、欠勤が続いています。 ボーナスは支給日まで働かないともらえないのでしょうか?ボーナス査定期間は、3~8月です。 私は、11月いっぱいくらいまで働いていたら大丈夫かな、と思っていたのですが・・・。 会社の規定を見ても、このあたりは書いていませんでした。 人事に聞けばいちばん早いですが、なんか聞きづらいです。 乱文で申し訳ございません。 それぞれの会社によって違うとは思いますが、教えていただけないでしょうか。 A ベストアンサー 賞与支給については、過去「大和銀行事件」という最高裁の判例があります。 (昭57. 7最高裁第一小法廷判決) これは、社員が退職した後に支給日が来る場合には、会社が就業規則に「支給日に在籍する社員にのみ支給すること」と定められている場合に限定し、会社は支払わなくても良いという判断です。 逆に就業規則にそういった定めが無い場合は、社員が退職した後に支給日が来ても、評定期間に勤務実績があれば、支払う必要が発生します。 通常3月決算の会社の場合、12月の冬期賞与の場合は、4月~9月までが評定期間です。 今回ご質問の場合は退職ではなく、休職ですので、原則賞与支払いは行われるべきです。 但し、賞与の金額は会社側がある程度裁量権を持っていますので、(学校法人東朋学園・高宮学園事件)多少減額されるかもしれません。 いずれにしても、会社が一切賞与を支払わないということは、認められませんので、きちんと支給されるようお話されてはと存じます。 「年内の退職を申しいれたら賞与が半分以下に」(学校法人東朋学園・高宮学園事件 東京地判平10. ibarakiroudoukyoku. asunaro-as. html 賞与支給については、過去「大和銀行事件」という最高裁の判例があります。 (昭57. 7最高裁第一小法廷判決) これは、社員が退職した後に支給日が来る場合には、会社が就業規則に「支給日に在籍する社員にのみ支給すること」と定められている場合に限定し、会社は支払わなくても良いという判断です。 逆に就業規則にそういった定めが無い場合は、社員が退職した後に支給日が来ても、評定期間に勤務実績があれば、支払う必要が発生します。 通常3月決算の会社の場合、12月の冬期賞与の場合は、4月~9月までが評... 会社に到着後、2~3日うちに提出してくれていれば、概ね10日くらいで振込まれるのではないでしょうか。 ちなみに、政府管掌の都道府県健保協会へ最近請求したところです。 ただ、交通事故によるものなので通常より書類が色々と必要だったり確認が入ったりしたので おそらく通常よりも日数がかかっているものではないかと思います。 なので、質問者さんの場合はもっと早いと思います。 健保組合だと、処理速度はわかりませんが、そんなに大きくはかわらないんじゃないかと思います。 Q 休職から復職をしようとしたら、不安感・恐怖感に襲われて胸が苦しい状態です。 これは「怠け」なのでしょうか? はじめまして。 ご相談させて下さい。 鬱暦4年です。 現在休職していて、8月に休職満了による解雇になります。 (休職していた期間は通算で1年半ほどです。 ) 金曜日に会社の上司と面談をして7月に復職する予定になりました。 しかし昨日の夜から、とても恐怖感と不安感に襲われて戸惑っています・・・ 主治医からは別の道を選ぶのが一番良いが、(週に3~4日くらいの労働もしくは短時間)経済的な問題もあるのなら復職してもいいと言われています。 私も色々な本やサイトで、そのように段階を追って社会復帰をするのがベストだと思っています。 ただ、年齢的なこと(30歳になります)、今までの正社員としてのキャリアの少なさ(通算3年)、一人暮らしで生活していかなければいけないなどからの経済問題があり(親族からの金銭的援助は受けられません)、上司と面談する前までは「復職しよう」という気持ちが高まっていました。 しかし繰り返しになりますが、恐怖感と不安感に襲われて今こうして 相談を書くだけで精いっぱいです。。。 休んでいる間も時々ですが、「これはただ怠けてるんじゃないか」と 思う事がありました。 これは怠けてるだけなんでしょうか・・ 相談できる相手がいないので、こちらに書き込ませて頂きました。 補足 補足です。 今回の休職は3回目になります。 上記の経験もあり、復職に関して恐怖感不安感がより強いのだと思います。 休職から復職をしようとしたら、不安感・恐怖感に襲われて胸が苦しい状態です。 これは「怠け」なのでしょうか? はじめまして。 ご相談させて下さい。 鬱暦4年です。 現在休職していて、8月に休職満了による解雇になります。 (休職していた期間は通算で1年半ほどです。 ) 金曜日に会社の上司と面談をして7月に復職する予定になりました。 しかし昨日の夜から、とても恐怖感と不安感に襲われて戸惑っています・・・ 主治医からは別の道を選ぶのが一番良いが、(週に3~4日くらいの労働もしくは短時間)経済的な... A ベストアンサー 「復職したら100%元のような仕事が出来なければいけない」 って変な義務感は捨てて下さい。 出来ませんから。 身も蓋もない事を言ってすみません。 でも、復帰の手順はそういうものなんです。 リハビリしながら徐々に仕事に体を慣らすのです。 最初は本当にお茶くみやコピーが精一杯といった状態のハズです。 そんな自分が許せなくて自責の念に悩まされますが辛くても容認しましょう。 数年かけて徐々に出来る事が増え、元の仕事のパフォーマンスとストレス耐性が戻ります。 医師がOKを出したとき、復職したときにスイッチが切り替わるように健康に戻るものではないことはあなたも経験的に痛いほど解っているはずです。 このリハビリ期間に、仕事が向いていないと強く思いがちです。 幸い正社員であれば、出勤して、会社に意図的に損害を出すようなことをしなければ解雇はされません。 転職するにしてもあなたの現在の体調では相当体力を消耗し、貯金を切り崩して時間的制約を抱え、大きな賭になるんじゃないでしょうか。 モラルに反するかも知れませんが、少なくともある程度健康に戻るまで会社にしがみつくことをオススメします。 経済的な基盤さえあれば復帰はいくらでも望めます。 健康になれば仕事もできますから後で改めて会社に恩返しするって手もありますよね。 一度社会の仕組みからドロップアウトすると本当に社会復帰出来なくなってしまうリスクだけは回避した方がいいです。 失業と体調不良を二重苦に抱えるのは想像を絶するストレスになるでしょうから。 復職直後なんですから完全なパフォーマンスを望まず、スロースタートを目標に復帰してみましょう。 変な緊張感が少なくなりますよ。 「復職したら100%元のような仕事が出来なければいけない」 って変な義務感は捨てて下さい。 出来ませんから。 身も蓋もない事を言ってすみません。 でも、復帰の手順はそういうものなんです。 リハビリしながら徐々に仕事に体を慣らすのです。 最初は本当にお茶くみやコピーが精一杯といった状態のハズです。 そんな自分が許せなくて自責の念に悩まされますが辛くても容認しましょう。 数年かけて徐々に出来る事が増え、元の仕事のパフォーマンスとストレス耐性が戻ります。 医師がOKを出したとき、復職し... Q 4月に転勤になり、職場の人間関係に苦しみ、不眠になり意欲もなくなり、精神科受診し、うつ状態と診断されました。 診断書を提出し有給で1ヶ月休職しました。 上司は、休職の間も、1週間に1度は電話するように言われました。 電話しても、何を話してよいかわからず、上司も冷たい反応です。 電話することにストレスを感じ、仕事を休んでいても憂うつでした。 上司は休職期間の1ヶ月を過ぎたら、復職してくると思っています。 しかし心療内科の医師は、まだ休職が必要と再度1ヶ月の診断書を記入してくれました。 質問1 診断書は直接職場に持参したらよいでしょうか? (職場に行くことにものすごくストレスを感じています) もし郵送するのであれば、手紙を添えたいと思っているのですが。 内容はどのように記入すればよいのでしょうか 質問2 休職中に、電話をしないで済むにはどうすればよいのでしょうか。 (このことも、ものすごくストレスです) 39歳女性 夫、子供人3人暮らしです。 アドバイスよろしくお願いします。 4月に転勤になり、職場の人間関係に苦しみ、不眠になり意欲もなくなり、精神科受診し、うつ状態と診断されました。 診断書を提出し有給で1ヶ月休職しました。 上司は、休職の間も、1週間に1度は電話するように言われました。 電話しても、何を話してよいかわからず、上司も冷たい反応です。 電話することにストレスを感じ、仕事を休んでいても憂うつでした。 上司は休職期間の1ヶ月を過ぎたら、復職してくると思っています。 しかし心療内科の医師は、まだ休職が必要と再度1ヶ月の診断書... A ベストアンサー 私もウツ状態で休職中です。 最初は3カ月ということだったのですが、さらに休職が3カ月延長となっています。 上司と電話するのって、これといった話題はないうえに、どこか引け目を感じてしまうのでとってもいや~な感じですよね。 痛いほどわかります。 私の場合は、週に1回電話するようなことはなく、ときどきどんな要すか知らせてほしいと言う感じなので、メールのやりとりが基本になっています。 質問1 まず第一に「休養」することが必要なのですから、郵送でいいと思います。 職場に行ったら同僚の目もあって相当ストレスを感じるのではないでしょうか? 手紙を添えるとしたら、私はこんな文面で添えました。 「ご厚意に甘えて休職中は療養に専念してまいりましたが、あいにくも回復が思わしくなく、医師の判断としてさらに休養が必要との診断を受けました。 私自身の感覚といたしましても、さらにご迷惑をおかけすることになることは重々承知しておりますが、もう少し復職まではお時間をいただけたらと感じております。 職場に復帰してから、ふたたび仕事に専念するためにも、どうかご寛恕いただきますようお願い申し上げます。 なお、本来なら出社いたしまして診断書をお渡しすべきところではございますが、体調思わしくなく、郵送する失礼を重ねてお許しください。 」 質問2 これは、メールのやりとりでなんとかできないでしょうか?要はお互いどんな要すか把握できればいいのですから、直電話よりもずっと気が楽になります。 私の場合は、上司と相談したわけではありませんが、暗黙のウチにメールで近況報告することになって、上司も私がやっていた仕事についてわからないことがあると緊急時以外はメールで尋ねてくるようになりました。 上司も休職中の私に電話するのが気が引けるようです。 最初は3カ月ということだったのですが、さらに休職が3カ月延長となっています。 上司と電話するのって、これといった話題はないうえに、どこか引け目を感じてしまうのでとってもいや~な感じですよね。 痛いほどわかります。 私の場合は、週に1回電話するようなことはなく、ときどきどんな要すか知らせてほしいと言う感じなので、メールのやりとりが基本になっています。 質問1 まず第一に「休養」することが必要なのですから、郵送でいいと思います。 職場に行ったら同僚の目... Q うつ病になり1月に休職しました。 1月中旬に上司から休職が必要だと言われ、休職願いを出すまでは有給休暇を消化すると言われその通りにし、1月下旬に診断書を職場に提出し休職願いを書きました。 職場からは『給料の? 割(失念してしまいました)がもらえる傷病手当てが出る』と説明されました。 詳しいことは事務に聞いてくれと言われ。 (その日は事務が忙しく後日聞くことになりました) 後日事務に詳しいことを聞くと傷病手当ては申請してから数ヶ月かかると言うことを言われ、傷病手当て申請の書類は1~2週間で送付すると言われ、未だ来ていません(現在2週間少し経過)。 私は有給休暇を消化(それも全てではありません)してすぐに休職に入ってしまい、数ヶ月は無収入と言うことになります。 しかし、その流れを知らなかった私は休職願いに記入し判も押してしまいました。 欠勤扱いになると、休職と何が違うのでしょう? もし、上記の流れを取らなかった(知らなかった)事で損になっても、休職願いに判まで押してしまったらどうしようも無いのでしょうか? 私は世間知らずで説明もよく分からなくて、毎月末には給料の何割かはもらえる物と思っていました。 大変情けなく思います。 けれど今回の事に非常に危機感を感じます。 どうしたらいいのか教えてください。 うつ病になり1月に休職しました。 1月中旬に上司から休職が必要だと言われ、休職願いを出すまでは有給休暇を消化すると言われその通りにし、1月下旬に診断書を職場に提出し休職願いを書きました。 職場からは『給料の? 割(失念してしまいました)がもらえる傷病手当てが出る』と説明されました。 詳しいことは事務に聞いてくれと言われ。 (その日は事務が忙しく後日聞くことになりました) 後日事務に詳しいことを聞くと傷病手当ては申請してから数ヶ月かかると言うことを言われ、傷病手当て申請の書類は1~2週間で... 割がもらえる傷病手当てが出る』と説明されました。 これは健康保険組合からもらえます。 それが基本かどうか解りませんが俺は有休残して休職しました。 そういうことになります。 理由は傷病手当はもらえるまでに1,2ヶ月 かかりますから。 欠勤は在職扱いですから。 休職すれば賞与の査定や給料の査定昇進の査定に響きます。 会社が赤字になれば休職組はまっさきにクビです。 休職すると復職しなければなりませんから、ほんとうに 復職できるか不安にもなってきます。 できれば在職のまま欠勤で休んでた方がいいですよ。 でも一般の会社では欠勤は何日までって決まっています。 はてしなく欠勤できません。 その間で病気が治らない場合 休職になります。 ですので一般的には有休で治す、有休を使い切れば傷病欠勤 扱いで治す、傷病欠勤の日数も使い切れば、次に休職して 治す、休職期間中になおらなければクビです。 これは無理です。 会社が傷病手当支給するわけではなく 健康保険組合が支給しますから。 でもたいてい1ヶ月もあれば支給されますよ。 それくらい の期間くらい給料0でも貯金があれば平気じゃないですか。 どうしたらいいのか教えてください 別に危機感持つ必要はありません。 さっさと書類送ってもらって手続きすれば良いだけです。 その間は貯金を取り崩して生活するんです。 永久的に休職OKなんてあり得ませんから。 さらに復職した際にrino69さんの配置転換もあり得るかも しれませんし。 割がもらえる傷病手当てが出る』と説明されました。 これは健康保険組合からもらえます。 それが基本かどうか解りませんが... Q はじめまして、二十代会社員です。 現在仕事の休職を考えておりますので、それについて質問させてください。 ここ数カ月、仕事上のストレス(業務多忙、直属の上司からの嫌がらせ等が原因です)で 心身ともに不調が続いています。 会社のことを考えると食事が喉を通らなくなり、体重が一気に落ちました。 夜は眠れますが、仕事の夢を見て夜中や早朝に目が覚めてしまいます。 また頭痛や胃痛、発熱があり、以前は耐えて出社していた程度の体調不良でも 気持ちが折れてしまい、突発で会社を休むことが増えてしまいました。 これまで真面目に仕事に取り組んできた自分にそんな怠け癖がついてしまったことに 酷い罪悪感を覚え、休んでも気が休まらず、ずっと翌日のことばかり考えてしまいます。 このままでは本当に精神的にどうかなってしまうと判断し、先日に退職を申し出ましたが、 もうちょっと考えて見て欲しいと言われ、現在答えを保留中の状態です。 しかし仕事をしていると動機や吐き気、冷や汗が止まらず、 続けられる気がしないのも事実です。 ところが友人に相談したところ、ちょっと休職してからじっくり考えてみても 遅くはないんじゃないかとアドバイスをされました。 視界が狭くなり今すぐにでも辞めたいと思っていたのですが、 休職という猶予があることは確かに魅力的な提案のように思えます。 (次の職が見つかるかという心配も当然ありますので……) 自分でいろいろ調べたところ、休職するには医師の診断書がいるとのことが分かりましたが、 自分の場合体には異常はなく(頭痛や胃炎も薬を飲んだらひとまずは治るので) だとしたら心療内科に行くべきなのか、と悩んでいるところです。 ただ自分が鬱というほど酷い症状ではなく(休日や上司と関わらないときは普通でいられる) 休職が出来るような診断がでるか分かりません。 嫌なことがあって憂鬱になるのは誰にでもあることですし、それが病気なのかと言われると ただの甘えなのではないか、という気もしてくるので……。 心療内科というと物々しくて行くのに勇気がいるのも躊躇う要因になっています。 長くなってしまいましたが、質問させていただきたい内容としては、 ・心療内科ってどのような診断をするのでしょうか? 事前に体には異常がないことを検査しないと精神面による休職の診断はいただけないのでしょうか? ・診断書はその日にもらえるんでしょうか?(何度も通院が必要になるとその間の出社が辛い) ・仮に診断書がもらえたとして、すぐに休職させてもらえるのでしょうか? 引き継ぎなしで突然休職するのは非常識でしょうか? ・こういう精神状態だと鬱という診断になってしまうことが多いのでしょうか?(鬱という診断がつくことに抵抗がないかと言えば嘘になる。 自分でもどうしたいのかよく分かりませんが……) 質問が多くて申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。 また心療内科で診断を受けて休職した方で体験談等あれば添えていただけると有り難いです。 長文失礼致しました。 はじめまして、二十代会社員です。 現在仕事の休職を考えておりますので、それについて質問させてください。 ここ数カ月、仕事上のストレス(業務多忙、直属の上司からの嫌がらせ等が原因です)で 心身ともに不調が続いています。 会社のことを考えると食事が喉を通らなくなり、体重が一気に落ちました。 夜は眠れますが、仕事の夢を見て夜中や早朝に目が覚めてしまいます。 また頭痛や胃痛、発熱があり、以前は耐えて出社していた程度の体調不良でも 気持ちが折れてしまい、突発で会社を休むことが増えてしまい... A ベストアンサー 自律神経失調症の経験し、うつ病で休職経験のあるものとして、回答させていただきます。 ご質問順にお答えします。 まず、心療内科や精神科の診察を受けるのには、何のハードルもありません(内科的事前診断は不要です)。 私の場合には精神科で診察を受けましたが、診察では、まず今の精神的・肉体的な状況を聞かれます。 質問文にある内容をすべてお話すればいいと思います。 その他、家族構成や生い立ちも聞かれるかもしれません。 次に診断書の件ですが、ご質問の病状から見て、初回の診断で自律神経失調症あるいはうつ病と診断されると思います。 診断書の発行は病院ごとに違うかもしれませんが、1週間程度かかる場合もあります。 すぐ休職させてもらえるか?については基本的に健康上の理由であるため、会社側が休職を拒む理由はありませんから、可能だともいます。 私の場合は、有休分の病欠後、休職扱いとしていただきました。 診断書は病欠の間に郵送して、あとの手続きは会社側でしていただきました。 引継ぎの件は、お仕事の内容にもよるでしょうが、あなたの代わりはどなたかが務めるというのが会社の本質ですから問題ないと思います。 常識・非常識を考える必要はありません。 私の場合は、自分の代わりはいない特殊な業務をしていましたが、突然の休職に対しても何とか対応したようです(なんとでもなります)。 「うつ病」に対する抵抗もお強いようですが、うつ病は今の時代広く受け入れられている病気であり、社会的にはそれほど問題のあるものではありません。 (抵抗があるのは自分だけだと思っても過言ではありません。 )診断書にはご自身への抵抗も考慮して「うつ病」ではなく「うつ状態」と記載されると思いますが、ご心配でしたら医師にお願いしてください。 以上が個別の質問に対する回答ですが、私の経験や私の主治医の言葉を借りて、少しお話します。 「これまで真面目に仕事に取り組んできた自分にそんな怠け癖がついてしまったことに 酷い罪悪感を覚え、休んでも気が休まらず、ずっと翌日のことばかり考えてしまいます。 」 とありますが、うつ病にかかるひとは、基本的に真面目で頭のイイ(自分を客観視できるという意味で)人だそうです。 私もそれに当てはまり、休むことへの罪悪感は拭えませんでした。 でもやっぱり会社より自分の方が大事です。 休職されることをご検討されてはいかがでしょうか?給与の6割程度だったと思いますが、雇用保険からの収入も担保されます。 とにかく、一度、心療内科か精神科の診察を受けてください。 いま自分の抱えているストレスや不安を第三者に吐き出すというだけでも意味はあります。 ただし、医師と患者には相性というのがありますから、診断書を貰った後、相性がわるいと思えば他の病院の診察を受けてもいいでしょう。 2回目以降の診察は主にカウンセリングや投薬治療ですが、これも十分な時間をとってくれる病院(1人5分とかいう制限のないところ)をおすすめします。 私も通院中ですが、2分で終わる時もあれば30分も話をする時もあります。 うつ状態から脱却するためには自分の中の価値観の転換が必要になります。 自分が信頼できるとお感じになるお医者さんを探されることも必要かと思います。 私は現在は、パートタイムでの復職をしましたが、会社のEAP制度(従業員支援プログラムEmployee Assistance Program)というのを利用して、月1~2回のカウンセリングも受けています。 あなたのお勤め先ではこの制度が導入されているかどうかはわかりませんが、それくらい社会的に認知されている病気ですので、ご自分でハードルを高めず、まずは気軽に診察を受けてみてください。 自律神経失調症の経験し、うつ病で休職経験のあるものとして、回答させていただきます。 ご質問順にお答えします。 まず、心療内科や精神科の診察を受けるのには、何のハードルもありません(内科的事前診断は不要です)。 私の場合には精神科で診察を受けましたが、診察では、まず今の精神的・肉体的な状況を聞かれます。 質問文にある内容をすべてお話すればいいと思います。 その他、家族構成や生い立ちも聞かれるかもしれません。 次に診断書の件ですが、ご質問の病状から見て、初回の診断で自律神経失調症あ... A ベストアンサー ご質問の回答をするならば、生命保険金の請求は、 入院治療をしなければ、請求出来ません。 しかしながら、金銭面で出来ることとして、 障害年金制度をご存知でしょうか? 鬱病の程度にもよりますが、精神障害として、 年金を支払っていれば、身体の障害を同等に、 心の障害として、国に申請することが出来ます。 手続きとしては、まず担当医に相談されてみて、 鬱病としての診断書を取ることが可能か? 障害年金を申請したい。 と申し出てみて下さい。 担当医が出来ますということでしたら、 ご自分のお住まいの役所の年金課へ行き、 書類を貰ってきます。 ご自分か、もしくはご家族の手で記入する覧と、 担当医の記入する覧があります。 かなり、手続きは面倒ですが、 それで、申請が通れば2ヶ月に一度、指定した口座に、障害年金が支払われる制度があります。 それ以外には、通院費を国に負担してもらう制度があります。 保険証を使って通院されていましたら、 担当医に、「第32条の申請をしたい。 」と申し出て下さい。 その申請をすれば、特定の精神科、又は心療内科での治療費、薬代の負担が0%になります。 (免除される) そのような手段で金銭的負担を軽減することは出来ますが、生命保険という手段は、入院治療の際、お使いになればいかがでしょうか? ご質問の回答をするならば、生命保険金の請求は、 入院治療をしなければ、請求出来ません。 しかしながら、金銭面で出来ることとして、 障害年金制度をご存知でしょうか? 鬱病の程度にもよりますが、精神障害として、 年金を支払っていれば、身体の障害を同等に、 心の障害として、国に申請することが出来ます。 手続きとしては、まず担当医に相談されてみて、 鬱病としての診断書を取ることが可能か? 障害年金を申請したい。 と申し出てみて下さい。 担当医が出来ますということでしたら、... A ベストアンサー こんばんわ。 2年の休職後、復職して一年3ヶ月が過ぎたものです。 まず、お勧めのHPがあります。 特に復職のところはよく読んでみるといいかと思います。 再発しないよう、また、復職に成功するためのノウハウが詰まっています。 NHKでも取り上げられていました。 amazon. ・復職時のポイント 復職を焦らないこと。 薬は医者の指示通り飲むこと。 勝手な断薬はNG。 今までと違い働くわけだから、むしろ薬は必要。 病院にきちんと通うこと。 今まで例えば残業やノルマのある部署だったなど、鬱の原因が職場環境にあると思われる場合、人事などに配置転換を申し出ること。 定時で帰れて、ノルマのない、バックオフィス的な部署に配置転換されれば、復職しやすいです。 以前の部署に戻るのと違い、周りが休んでいたときの自分を知らないので、あれこれ言われる事もありません。 きちんと寝て、毎日遅刻早退欠勤せず会社に行くこと。 復職後しばらくは仕事最優先だから、プライベートはないに等しいです。 でも、復職したいなら、勤怠を一番に考えること。 出世した同僚など、周りと自分を比べないこと。 ・復職後の悩み、解決策 病気のことに触れてきたり、無神経なことを言ってくる人がいる。 自分なりのストレス発散法を身につければ、徐々に耐性がついてきます。 こんばんわ。 2年の休職後、復職して一年3ヶ月が過ぎたものです。 まず、お勧めのHPがあります。 特に復職のところはよく読んでみるといいかと思います。 再発しないよう、また、復職に成功するためのノウハウが詰まっています。 NHKでも取り上げられていました。 amazon.

次の

休職中でもボーナスは支給される? 一般企業・公務員の場合|転職Hacks

休職中ボーナス

Contents• ボーナスがもらえるかどうかは、会社の規定による 一般的に大きな会社では、会社がボーナスを出す場合、賞与の支給規定として、その受給資格を規定に定めています。 これは各会社の支給規定を見なければわかりません。 規定により、傷病手当金を受給中でもボーナスがもらえる可能性はある 例えば、4月から休職し傷病手当金を受給していた人の会社の賞与支給規定が「6月30日の時点で休職していないものには7月1日にボーナスを支給する」としていた場合は、有給があれば、6月30日のみを有給休暇として申請して、6月1日から29日までの傷病手当金をもらい、7月1日にボーナスをもらうことは可能となります。 また、この場合でも7月の傷病手当金が減らされることはありません。 傷病手当金は報酬が支払われた場合は、その額により支給されなかったり、差額が支給されたりしますが、年3回未満のボーナスは報酬とならないため、調整の対象とならないのです。 ボーナスの支給規定がない会社の場合 この場合は、社長の考え方次第でどうなるかわかりません。 小さな会社で、社長が太っ腹な人柄であればもらえる可能性があるとしか言えません。 とにかく、賞与の支給規定がどうなっているかを会社の総務の人とかに可能であれば確認し、なんとかボーナスをもらうことを考えましょう。 私は傷病手当金の受給中にボーナスをもらうことは、悪いこととは思いませんし、支給対象期間に働いていたのであれば、当然、もらう権利があると思います。

次の