石川 ひとみ。 石川ひとみ LP・レコード一覧(1978

石川ひとみの現在の画像!夫は山田直毅?住まいとエホバの証人?

石川 ひとみ

来歴・人物 [ ] 生い立ち [ ] (現:)出身。 出生は、が東海地方に上陸()した直前で、台風のさなかすやすやと眠っていたという。 2歳の時に海部郡美和町に転居した。 子どもの頃はおてんばな女の子だった。 (七宝幼稚園)時代には近所の男の子と田んぼの中で大喧嘩し、泥だらけになって帰宅したこともあった。 小学6年(正則小学校)時にはに熱中し、エースで4番を務めた。 スポーツ以外では幼稚園の頃からを始め、小学6年のにの、のど自慢番組『』に出場し の「」を歌い優勝し、それが初めてのTV出演となった [ ]。 中学生(美和中学校)時代は軟式テニス部に所属。 ダブルスでは前衛を務めた。 当時から大きなひとみで、一際かわいらしさが目立っていて、男子生徒の間で早々に親衛隊が形成された。 名古屋短期大学付属高等学校(現:)卒業。 高校2年時、系で放送されていたオーディション番組『』でチャンピオンとなる。 同番組のオーディション1週目ではの「」を歌ったが、歌詞を間違えたため思わず「ごめんなさい」と叫んでしまい、収録のVTRを止めたことがある。 駅にあったの広告を見て同校に見学へ行ったが、その日は偶然入試の日だった。 同校職員に「もしよければ受けていただいてもいい」と言われたため受験したところ、合格する。 デビュー〜ブレイク [ ] 、のより「」で歌手デビュー。 同年、全国58大学で構成されるから「'78マスコット・ガール」に選ばれるなど、デビュー当時からルックスと歌唱力が高く評価され、大学生を中心に絶大な支持を得る。 そのためか男性誌を中心に水着姿でのグラビア撮影が多かったが、石川は水恐怖症だったので芸能界入りするまでは水着を1着も持っていなかった。 なお石川は、自らの水恐怖症の原因として、生まれて6日後に襲来したの影響を示唆している。 には11枚目のシングル「」(のカバー)がヒットする。 それまでヒット曲に恵まれなかった石川は、同曲を最後の曲とするつもりだったという。 同曲のキャンペーンで全国を駆け回り、「歌の楽しさを思い出して、辞めるのはやめようと思った」という。 「まちぶせ」がロングヒットを記録したため、次のシングル曲として予定されていた「」の発売見通しが立たず、にわか雨の時期を過ぎてしまったということもあって発売見送りとなった。 代わりに「まちぶせ」と同じく三木聖子のカバー曲である「」が発売された。 この年、念願だった『』に初出場を果たす。 なお、「にわか雨」は2年後のに16枚目のシングルとして発売された。 からまでの『』でとして主役のプリンセス・プリンプリンの声を担当し 、同局の歌番組『』ではと司会を務めるなど、歌手活動以外でも活躍、『レッツゴーヤング』では1978年にサンデーズに加わったと顔が似ているとも言われていた。 ブレイク以降〜B型肝炎発病まで [ ] 1982年2月、のによる「」と、5月「」を発売した。 この2曲はファンの間では評判が高かったものの、ヒットにはつながらなかった。 1982年、ので、高校生の川越進氏の作詞作曲による、石川自身が歌唱した「パープル ミステリー」が同年の年間優秀曲に選ばれ、一部歌詞を改編し1983年2月にシングル「」として発売された。 その後6月、「」が発売された。 この時は、新曲キャンペーンとして、ミニFMステーションを模した「にわか放送局」を日本各地で開局し、その場で集めたリクエスト曲やアンケートを元にしたを織り交ぜた、新曲発表会、サイン会を行った。 1983年9月、「」発売。 その後、雑誌『』の衝撃館をはじめとした露出度の高いグラビア写真を発表した。 この頃から、脱アイドル路線を模索し、その後も露出度の高いグラビアが、『』や『』などにも立て続けに公開され、1984年11月、「心変わり」が発売された。 この間は脱アイドルとしての方向性を模索するために、TVドラマに出演するなど、様々な分野への挑戦を行った時期といえる。 1984年12月23日、立川WILLで行われたクリスマスライブで、石川自身が「今まで、色々なことに挑戦してきたが、来年からは歌に全精力を傾けてゆく」という決意を表明した。 1985年5月、「」発売。 この楽曲はのコマーシャルソングに使用された。 1986年4月「」発売。 1987年、初めてのミュージカル「はだかの王様」の主演が決定し、リハーサルに忙殺される中、発病。 病状が悪化し入院に到った。 闘病中にそれまでスタッフとして石川を支え続けていたは、石川に対し発病前と何ら変わらずに接し、精神的に支え続けた。 休業〜復帰後 [ ] 退院後にから契約を破棄されたため、しばらく芸能界を退いていたが、翌に復帰する。 、でデビュー以来バックバンドを務めていた、作・編曲家のと結婚した。 その後、から2年間『』に出演(ぬいぐるみのと共演)するなど、ファミリー向け活動を展開している。 映画『』のの大ファンであり、友人であると「柴又ツアー」と称して映画ロケ地の柴又界隈を廻ったことがある。 3月、新聞の取材を受けるために訪れていたホテルのラウンジで、寅さん役のと遭遇。 色紙の持ち合わせがなかったため無地のレポート用紙にサインを書いてもらい、現在も額縁に入れて大切に保存しているという。 この時、渥美からサイン入り写真との交換をリクエストされたため、偶然持っていた自身の写真をお返しとして渥美に渡した。 その後はによるCDアルバムをリリースしているほか、やに関する講演活動も取り組んでおり、闘病記には『いっしょに泳ごうよ』()がある。 近年の活動 [ ] 2015年の暮れから浅草のアミューズ・カフェ・シアターにてアイドル時代のオリジナル曲を中心とするライブ活動を開始。 デビュー40周年を迎えた2018年には1983年の「」以来、実に35年振りとなる9枚目のオリジナル・アルバム「わたしの毎日」を発売、7月にはアルバム発売記念ライブ、10月には40周年記念コンサートを開催、さらに2019年2月には東京と名古屋で追加公演を開催している。 音楽 [ ] シングル [ ] 発売日 A面 B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 1970年代 1 5月25日 A 面 B 面 ピピッと第六感 2 1978年 9月5日 A 面 三浦徳子 B 面 タイトロープ 3 1月21日 A 面 大村雅朗 B 面 らぶ・とりーとめんと 大村雅朗 4 1979年 4月21日 A 面 大村雅朗 B 面 ムーンライト・ドリーム 森雪之丞 馬飼野康二 5 1979年 6月21日 A 面 馬飼野康二 B 面 ハッピー・アドベンチャー 6 1979年 8月21日 A 面 馬飼野康二 B 面 人の気も知らないで… 7 1979年 12月21日 A 面 ミス・ファイン B 面 サンシャイン・モーニング 西島三重子 大村雅朗 1980年代 8 4月21日 A 面 オリーブの栞 三浦徳子 馬飼野康二 B 面 空色のフォトグラフ 9 1980年 9月5日 A 面 秋が燃える 岡田冨美子 B 面 さよならGood-bye 井上鑑 10 1月21日 A 面 夢番地一丁目 渡辺茂樹 B 面 人形が見てる 佐瀬寿一 11 1981年 4月21日 A 面 B 面 懐かしきリフレイン 山上路夫 渡辺茂樹 12 1981年 10月5日 A 面 松本隆 B 面 夕暮れて 丸山圭子 13 2月21日 A 面 B 面 彼をかえして 康珍化 佐瀬寿一 松任谷正隆 14 1982年 5月21日 A 面 天野滋 B 面 マリンブルーに溶けないで 大谷和夫 15 1982年 9月21日 A 面 冬のかもめ 康珍化 西島三重子 B 面 いつわり 石川ひとみ 松任谷正隆 16 2月21日 A 面 松任谷正隆 B 面 ガラスの恋人 戸塚修 17 1983年 6月21日 A 面 岡田冨美子 西島三重子 松任谷正隆 B 面 Follow You -空港まで- 竜真知子 18 1983年 9月21日 A 面 岡田冨美子 B 面 何も言わないで 石川ひとみ 鷺巣詩郎 19 1月21日 A 面 B 面 恋はダイスまかせ 玉置浩二 鷺巣詩郎 20 1984年 7月5日 A 面 アモーレ 竜真知子 B 面 Melody of Memory 21 1984年 12月5日 A 面 裸足でダンス 竜真知子 B 面 Deja-vu 22 5月5日 A 面 岡田冨美子 B 面 誘われ上手 ANNIE 山田直毅 23 4月5日 A 面 山田直毅 B 面 KA・KU・RE・N・BO 24 7月21日 A 面 みなしごハッチ B 面 ハッチでチャチャチャ (歌:) - 1990年代 25 2月1日 A 面 元気あげるね B 面 ターミナル 26 11月20日 A 面 世界中が宝物 B 面 ZOO (動物園) 石川ひとみ 山田直毅 2000年代 27 3月1日 A 面 キミらしいまま 及川眠子 前田克樹 B 面 きてよパーマン (歌:) - 28 5月25日 A 面 だいすき! ラスカル 京田誠一 B 面 ぼうけん日和 (歌:) - オリジナルアルバム [ ]• (1978年12月21日)• (1979年6月21日)• (1980年2月21日)• (1980年10月21日)• (1981年7月21日)• (1981年11月21日)• (1982年6月21日)• (1983年8月21日)• (2018年6月20日) 子供向け音楽• 夫妻で制作したオリジナル曲で構成。 一五一会シリーズ のレーベルから発売。 みんなの一五一会〜唱歌・童謡編(2004年5月21日)• With みんなの一五一会〜フォークソング編(2005年9月21日)• With みんなの一五一会〜RADIO DAYS(2006年6月21日)• ライブ・アルバム [ ]• カバー・アルバム [ ]• THE REBORN SONGS~すずらん~(2013年5月29日) タイアップ曲(未商品化曲) [ ]• 懸賞用の非売品のみ存在する。 カセット [ ]• (1978年9月10日)• HITOMI SONGS(1979年9月10日)• 石川ひとみ・全曲集(1985年12月05日)• 石川ひとみベストアルバム(1989年12月5日)• 不思議少女・ナイルなトトメス(1991年2月1日)• 元気あげるね(作詞:、作曲:、編曲:)• ターミナル(作詞:、作曲:本間勇輔、編曲:岩田雅之) ベストアルバム [ ]• クション(2001年11月17日)• 石川ひとみベストセレクション(2002年4月25日)• 石川ひとみ SINGLES コンプリート(2007年8月17日)• Myこれ! Liteシリーズ 石川ひとみ(2010年4月21日)• ザ・プレミアムベスト 石川ひとみ(2012年11月21日)• 40th 石川ひとみアンソロジー(2018年3月21日) CD-BOX [ ]• 78-86 ぼくらのベスト 石川ひとみCD-BOX(2002年9月19日)• 78-86 ぼくらのベスト2 石川ひとみCD-BOX(2004年1月7日) ビデオ [ ]• Tenderly(1983年)• 参加作品 [ ]• トリビュートアルバム『ザ・ピーナッツ トリビュート・ソングス』(2016年9月7日) 「」(とデュエット) 出演作品 [ ] テレビ番組 [ ]• (、1978年 - 1979年)• (、1979年 - 1982年) - プリンセス・プリンプリン 役(声の出演。 主題歌も担当)• (、1979年 - 1980年)• (TBS、1980年)• (、1980年 - 1981年)• (、1980年 - 1981年) - 司会• (TBS、1980年 - 1981年)• (、1981年 - 1982年)• (フジテレビ、1982年) - 山川友代 役(声の出演)• (、1982年 - 1986年) - 司会• (テレビ朝日、1985年 - 1986年) - 三ツ江真由子 役• 水曜ドラマスペシャル 水曜日の恋人たち 同棲の傾向と対策(TBS、1985年11月6日)- 橋口きょう子 役• (、1989年 - 1990年) - 主人公・ハッチ 役(声の出演。 主題歌も担当)• 第1シリーズ(TBS、1991年) - 前田先生 役• 秋の山(、1997年 - ナレーション• (NHK、1997年 - 1999年) - 司会• (NHK、1999年)• ((制作局)、、、、、、、1999年 - 2003年)• (NHK、2002年5月26日)• (NHK-BS、2010年1月10日、会場:栃木県・宇都宮市文化会館)• ラジオ [ ]• 石川ひとみ 青春メモワール• 土曜の夜はドヨヨ電リク(1979年10月 - 1980年3月、)• (2009年3月 - 2013年3月、) テレビCM [ ]• サッポロ一番 中華そば(1980年)• ブラザーミシン オーパス8(1981年)• カップスープ(1982年 - 1983年)• モイストシャンプー・リンス(1983年)• HAIG(1984年)• (1985年)• (1985年) ラジオCM [ ]• ナノクリスフェア(2018年) WebCM [ ]• ホソカワミクロン化粧品 ナノクリスフェア(2018年) 書籍 [ ] 著書 [ ]• こころ魅かれて やさしい風のくちづけ(1980年7月、)• いっしょに泳ごうよ 愛が支えたB型肝炎克服記(1993年11月、) 写真集 [ ]• 妖精の旅立ち(1978年11月、ペップ出版)• Je t'aime(1982年7月、、撮影:波多健二、山崎邦彦)• 心変わり(1984年11月、ワニブックス、撮影:) 脚注 [ ]• 月刊BOMB(1981年12月号)• 月刊BOMB(1981年12月号)• 映画ファン(1979年3月号)• 月刊BOMB(1981年12月号)• 月刊BOMB(1981年12月号)• 月刊BOMB(1981年12月号)• 宮根誠司の青春ソング(関西テレビ、2012年1月2日放送)• (1981年7月2日号)• 朝日新聞 be on Saturday: p. 2017年10月21日• いっしょに泳ごうよ• 宮根誠司の青春ソング(関西テレビ、2012年1月2日放送)にて。 なお、石川の著書『いっしょに泳ごうよ』の記述によれば、渥美は石川の闘病についても知っており、励ましの言葉をかけてくれたという。 のテレビ人形劇「」OP主題歌。 NHKのテレビ人形劇「プリンプリン物語」ED主題歌。 の同名曲のカバー。 の同名曲のカバー。 三木聖子の同名曲のカバー。 系テレビアニメ「」OP主題歌。 系特撮テレビドラマ「」OP主題歌。 フジテレビ系特撮テレビドラマ「不思議少女ナイルなトトメス」挿入歌。 系テレビアニメ「」OP主題歌。 アニメ映画「」ED主題歌。 「」OP主題歌。 ORICON STYLE. 2016年8月11日. 2016年8月12日閲覧。 顔出しで出演し、エンディング「ハッピー・アドベンチャー」を歌唱した回もあり。 外部リンク [ ]• - 公式サイト• - TEICHIKU ENTERTAINMENT•

次の

石川ひとみの現在。病気?年齢の割にかわいい!画像あり。夫と子供との住まいは?

石川 ひとみ

プロフィール 出生名: 石川ひとみ 別名: ひっちゃん 生誕: 1959年9月20日(59歳) 出身地: 愛知県海部郡美和町(現:あま市) 学歴: 名古屋短期大学付属高等学校(現:桜花学園高等学校)卒業 ジャンル: アイドル歌謡曲、J-POP 職業: 歌手 担当楽器: ボーカル、 一五一会 活動期間: 1978年 — 1987年 1988年 — 事務所: ファーイーストカンパニー 共同作業者: 山田直毅 失礼ながら.. もうすぐ還暦なんですね。 でもお年相応以上の 美貌を誇っていますね。 担当楽器が「一五一会」となっております。 「 一五一会」とはどのような楽器なのか調べた所、 弦が4本で、ギターのような形状の楽器です。 1987年に一度、 芸能活動を停止されているようです。 翌年の 1988年に再開しているようです。 何かあったのでしょうか?調べてみましょう。 石川ひとみの現在の活動 1987年に、 慢性B型肝炎を発症したため、 芸能活動の休止を余儀なくされました。 1年間の自宅療養を終えた石川ひとみは芸能活動を再開させ、1993年に、ミュージシャンの山田直毅と結婚。 現在は、歌手活動以外にも、NHKの子供やファミリー向けの番組などにも多く出演しているほか、自身の体験をもとにB型肝炎に関する講演活動も行っています。 1987年に一度、 芸能活動を停止されているのは、 病気療養の為だったようです。 現在は回復されているのでしょうか?心配です。 ご自身の経験を元に、歌手としての芸能活動に加え、ご病気に関する講演もなされているようです。 後で記載いたしますが、かなりご苦労なされたようです。 今年 2018年 は「石川ひとみ」さんのデビュー40周年記念の年だったようです。 デビュー40周年だからでしょうか、主にライブを中心に活動されているようです。 美貌をかわれたのでしょうか、化粧品会社のイメージキャラクターも務められているようです。 商品のイメージに関わりますので、「石川ひとみ」さんの美貌が認められているという事ですよね。 又、35年ぶりにフルアルバム「私の毎日」をリリースしたようですね。 あの名曲も収録されているようで、思わずポチってしまいました! フルアルバムは名曲揃いでした。 先日、「石川ひとみ」さんのフルアルバムを購入させてもらいました。 声量もぜんぜん落ちておらず、 美しい歌声に磨きがかかっていました。 名曲「まちぶせ」も含まれていますが、個人的には8曲目の「自由な世界」がとても気に入っています。 後で記述されている、「石川ひとみ」さんの闘病や、ご主人との信頼関係を優しく、強く歌われており、ホロっとする歌詞や、涙を誘うメロディが多い曲の構成でした。 このCDは現状に満足され、特に癒しを求めていない方には不要だと思います。 しかし、心を痛めて癒しを求めている方、大切なパートナーから心温まる支えを受けていると感じている方には強くお勧めしたいアルバムだと思います。 ところで、「石川ひとみ」さんが患っているご病気とはどのようなご病気なのでしょうか? 石川ひとみが闘病している病気とは? 私が 慢性B型肝炎で入院したのは1987年、27歳のときでした。 実はその1~2年前の血液検査で、B型肝炎のキャリアー(未発症のウイルス保有者)と知らされていました。 経路は母子感染です。 今は ワクチンがあって母子感染は激減していますが、私が生まれた 当時はまだなかったんです。 当時、世間ではB型肝炎に対する知識が薄く、握手しただけで感染する(実際には感染しません)、一緒にプールや温泉に入ると感染する(感染しません)と 謂れなき差別を受けていたようです。 ショックを受けると共に、 強く生きていくと決心した瞬間でもあるようです。 その裏には現在の旦那様の存在があったようです。 旦那様はどのような方なのでしょうか。 ご家族構成はどうなっているのでしょうか。 調べました。 ご家族の住まい 当然と言えば当然かもしれませんが、どちらにお住まいなのかを調べましたが、根拠ある情報はありませんでした。 ご主人はどのような方なのでしょうか。 調べてみましょう。 石川ひとみの旦那様 「石川ひとみ」さんの旦那様は「 山田直毅」さんという現在は 音楽プロデューサーをなさっている方のようです。 「石川ひとみ」さんが病気療養の為、芸能界を一時引退し、謂れなき差別を受けている頃、精神的な支えとなって励ましていたようです。 やさしい方ですね。 自然の流れで、結婚されたのではないでしょうか。 美しい話だと思います。 石川ひとみに子供はいるの? 調査した結果、お二人の間にはお子様はいらっしゃらないようです。 B型肝炎は母子感染するケースがあるので、 出産を控えたのかもしれません。 事実だとしたら、悲しい話ですね。 石川ひとみは年齢を重ねても、かわいい 現在の石川ひとみさんなんですが、あの頃とあまりお変わりなく、今でも非常に 若くてかわいいんです!! ネット上の情報を調査していると、奇跡的にかわいいというコメントを良く見かけます。 若い頃の写真と比較すると、もうすぐ還暦とは思えないかわいさがあると思います。 何か、若い頃から変わっていないもの(美貌)と、変わったもの(心の強さ)が合わさっているような。 それは、「かわいい」というものではなく、 良い年の取り方をしていると言うべきではないでしょうか。 差別に負けず、強く生きる事を選択した方は、みなさん 素敵な方だと思います。 まとめ 今回の調査結果を以下の通りまとめます。 現在も多忙に芸能活動を実施している。 若い頃、病魔に襲われたが心の強さと優しい旦那様を得た。 子供はいない。 変わらぬ美貌の持ち主。 石川ひとみさんの別の記事は、下のリンクからどうぞ。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

石川ひとみ LP・レコード一覧(1978

石川 ひとみ

今年(2019年)還暦を迎える歌手の。 一般的には「元アイドル」というカテゴリで知られている一方で、地道な音楽活動を続け、2018年には、なんと35年ぶりにオリジナルフルアルバムを発表するなど驚きの活躍を見せています。 <2020. 15> のトレンドにランクインした日 2019年4月6日 土)フジテレビ系列で放映された「名曲お宝音楽祭」に歌手が出演し 収録は3月22日)、4月6日のの人気ランキングでトレンド位にランクインするなど話題となりました。 公式サイトがサーバーダウンしてる。 5startvyk 公式サーバーがダウンするなどの現象が見られたようですが、デビューから40年も経っているこの70年代元アイドルの人気は、今回のテレビ出演だけのことだけではなく、何か特別な秘密が隠されているような気がしてなりません。 の略歴 まず、の略歴についてみていきましょう。 1959年9月生れ、愛知県海部郡美和町(現:)出身。 本名は。 後に結婚して山田ひとみとなる。 70年代~80年代にかけて活躍したアイドル 高校2年のとき、フジテレビ系のオーディション番組「! 」でチャンピオンとなり、高校卒業をまって1978年5月に歌手デビュー。 1981年に11枚目のシングル「まちぶせ」が大ヒット。 テレビ番組「」の司会、人形劇「」での主役プリンセス・プリンプリンの声優など、幅広い活動で人気を博した。 「まちぶせ」の大ヒット以降も、のによる「君は輝いて天使に見えた」や、西島三重子作曲の「にわか雨」、「パープルミステリー」などの作品が好評だったが、脱アイドルを目指し、グラビアやテレビドラマ、ミュージカルなど様々な分野への挑戦を試みるようになる。 病気による休業と結婚 しかし、1987年にを発症、所属事務所から契約を打ち切られ、翌88年に復帰するも、以前のような活躍はできなくなる。 1993年、デビュー以来バックバンドを務めていた山田直穀氏と結婚。 ファミリー向けの活動 この頃、闘病経験に基づいた肝炎やに関する講演に取り組んだほか、90年代後半に入るとファミリー向けコンサートに活路を見出す。 で子供向けキャター「」が登場する番組(当時は、「母と子のテレビタイム日曜版」)で1997年から1999年まで2年間3代目お姉さんを務める。 音楽活動を本格化 99年からは、音楽活動を本格化させ、2000年代に入るとBeginが開発の弦楽器「」をフィーチャーしたカバー集をシリーズ化させる。 2015年からの浅草「カフェシアター」でのライブ活動をはじめ、ディナーショーやテレビ出演も増える。 2018年にデビュー40周年 2018年、デビュー40周年を記念し35年ぶりとなる9枚目のオリジナル・フルアルバム「わたしの毎日」を同年6月にリリース。 アイドル当時の歌声を聴いてみる~まるでオ・ジョン 1978年にデビューした。 アイドルとはいっても、当時から歌唱力には定評がありました。 の人形劇「」に起用されたのもその評価の現れでしょう。 デビュー直後に録音されたというのカバー「想い出のセレナーデ」では、原曲をはるかに超える表現力で聴くものを圧倒させます。 2枚目のシングル「」がのヒットチャート50位以内に入りましたが、以降は100位圏外のことも多く、実力を発揮できずにいました。 振り返ると、所属事務所やレコード会社のプロモーションの方向性や選曲などに問題があったのでは、という意見もちらほらあるようです。 <「まちぶせ」以前の歌声~より> 9枚目のシングル「秋が燃える」では、少し大人っぽさを加えて歌唱力の高さを示しました。 しかし、なかなかヒット曲に恵まれず、歌手活動にくぎりをつけようかと考えていた頃、11枚目のシングルにして、あの「まちぶせ」が大ヒットします。 <動画_まちぶせ> わずかの狂いも無い透明感のある高音 以降、「まちぶせ」の大ヒットに匹敵するようなヒットには恵まれませんでしたが、を見ると、非常に多くの音源が紹介されているのが分かります。 中でも、伝説のフォークグループ「」のが作詞作曲した「君は輝いて天使に見えた」は、人気絶頂だったの若くて伸びやかな歌声が映える一曲です。 <動画_君は輝いて天使に見えた> 「君は輝いて天使に見えた」のサビの上昇フレーズで聴ける一寸の狂いのない透明感のある高音は、今思えば「アイドル」というカテゴリで語るのはもったいない、と感じてしまいますね。 和製オ・ジョンか つづいて、現在の活躍を裏付ける素晴らしい歌唱が聴ける曲があります。 <動画_にわか雨> 筆者は、音楽については素人ですが、サビの部分の透き通るような高音には、惚れ惚れします。 ハイトーンボイスの女性歌手というと、、、Superfly、などが思い浮かびますが、いずれもパワー系です。 のように優しく力まずに伸びる透明感のあるハイトーンボイスは、意外と少ないのではないでしょうか。 そう考えると、というのは、さしずめ「日本版オ・ジョン」といっても過言ではありません。 本格的なシンガーとしての片りん <動画_パープルミステリー> 「パープルミステリー」は、の視聴者参加型番組「あなたのメロディ」から生まれた曲です。 埼玉県の高校生 川越進さんが作詞作曲した曲を番組内でが歌い、これが好評だったことから一部歌詞を修正してレコーディングしたとのこと。 現在、この曲については、NHKとが権利をしており、半ばお蔵入りのようになっています。 サビ付近の難しいメロディでは一寸の狂いも無く、透明感のある高音が冴えており、鳥肌ものです。 で購入 アイドル当時の歌声のまとめ こうして聴いてみると、アイドルというジャンルでは語れない、実力の持ち主だということが改めて分かります。 たまたま可愛らしい容姿をしていたために、アイドルとして芸能活動をしていましたが、逆に、歌手としての魅力が見逃されていた可能性もありますね。 普通は、ライブでレコード音源に忠実に歌えたら賞賛されるものですが、に限っては、レコード音源よりもライブでの歌唱が素晴らしいというのがもっぱらの評判で、そのせいなのか、いろいろな映像がに投稿されています。 を襲った悲劇そして復活 そのさん(ここからは「さん」付けにします)ですが、前述の「略暦」でも触れたように、人気絶頂のさ中病魔に倒れ、テレビやラジオから姿を消してしまいます。 の闘病と夫の支え それは、1987年7月のことでした。 初の主演ミュージカル「」の公演に向け稽古に励んでいたときのこと、母子感染によるのキャリアであった石川さんは、体調の悪化を訴え緊急入院します。 は劇症化すると命にかかわる病気です。 医師からは絶対安静を告げられベッドから動けない状態が続き、体重は36キロまでに減りました。 ようやく退院したものの、人前に出られる状態ではなく、所属していたからは契約の解除を告げられ芸能活動は休止に追い込まれました。 輝かしい芸能生活を送っていた石川さんでしたが、大手芸能事務所から解雇されたことで、著名な作詞家・作曲家に作品を依頼することができなかったのでしょう。 以来、ヒット曲は1曲もありません。 新たな事務所に所属し、なんとか芸能活動を再開しシングル2枚を発売したものの、1991年には事務所が倒産しギャラ未払いの問題などが発生。 そんな石川さんを支えたのが、デビュー時からバックバンドのリーダーとして芸能活動をサポートし、そして恋人でもあった山田直穀さんです。 彼は、立場も活動場所も失った石川さんに、これまでと変わりなく接しつづけ、「君は歌の人なんだよ」と励ましつづけます。 そして1993年、2人は結婚し、1999年には二人で制作した11曲入りオリジナルアルバム「HOME・MADE-ただいまー」をビクターより発表します。 この頃の画像についてはの所在が不明なものが多く、当ブログで引用しませんが、結婚当時および比較的最近の夫婦2人のショットは下記のブログに掲載されています。 で購入 病気への偏見と闘う活動 程度では感染しないですが、石川さんが闘病していたころ、などとともに、いまだに病気に対する偏見は根強く、握手を拒まれたり、リハビリのため通っていたプールでは石川さんが入ると他の利用者が引き上げるなどの辛い経験をしました。 これらの経験から、芸能活動と並行してこれらの病気への偏見と闘う活動として数多くの講演活動を行っています。 「いっしょに泳ぐと感染する」などと、へのいわれなき偏見と誤解のなかで、闘病、療養に明け暮れた6年間(商品説明より)。 この本が出版されたのは、ちょうど石川さんが山田直穀さんと結婚した年でした。 40代後半からの挑戦 公式サイトから活動履歴を見ると、音楽活動は、2005年頃から活発化していったようです。 石川さんは既に40代後半を迎えていました。 このころ、出身のバンド・BEGINとヤイリギターが開発した新しい弦楽器「(いちごいちえ)」をフィーチャーしたや歌のカバー集を立て続けに発表しています。 <のカバー曲とデビューから2014年までの画像を見ながら> 2013年には、セルフカバーを含むカバー集「The Reborn Songs ~~」を徳間ジャパンから発売しています。 このとき既に53歳になっていましたが、この頃にもテレビで披露した歌声に「あの頃と変わっていない!」と大きな話題となっていました。 2015年からは、浅草の「カフェシアター」でのライブが恒例となり、2018年の40周年に向けて活動は加速していきます。 <50代で歌った「まちぶせ」を聴いてみる> その1 <50代で歌った「まちぶせ」を聴いてみる>その2 <2012年53歳でテレビ出演したときの映像>. 現代のアイドルさんにも参考にして欲しいと思います。 しかし、石川さんのファンの場合、必ずしもそれは当てはまりません。 還暦近くになって、新しいファンを獲得し続けているのです。 長い闘病・療養生活を経てファミリー向けの音楽活動を続けながら、一方ではオリジナル曲とともに小さなステージに立ち続け、歌手としての誇りと喜びを持ち続けたことが、現在の評価と輝きにつながっているのではないでしょうか。 元々アイドルとかいうカテゴリーにはほとんど興味が無かった自分が、いい歳になってさんの歌声に見事にはまってしまい、一昨年ライブに初参戦してさらにはまってしまうことに。 ということで、禁断症状が出始めたらたまに呟くことにします。 — stargabugabu stargabugabu さんは、既に「元アイドル」でも「懐メロ歌手」でもない、現在進行形の、現役歌手としての輝いているのです。 2018年に 40周年記念オリジナルアルバムを発表 2018年、デビュー40周年記念を記念して、実に35年ぶりとなる9枚目のオリジナル・フルアルバム「わたしの毎日」を6月に発売。 彼女は、公式サイトで「一曲一曲レコーディングするたびに、歌える喜びとアルバム制作ができる嬉しさで胸がいっぱいです。 」とコメントを出しています。 <動画_最新作「わたしの毎日」より> BEGINの上地等が作曲した「願いはひとつ」がこのアルバムの聴きどころでしょうか。 やはり、作曲陣に恵まれていないため全体として大きなトを放つことは難しそうですが、現役歌手としての存在感は十分に示せたのではないでしょうか。 そう言えば、さん、驚異的な歌唱力だったなぁ。 40周年なのに、猛烈な声量、多分キーも当時のまんまで、高音とか全然無理なく、音程もバッチリ。 多分スタイルとかも全然変わってないんじゃないかと。 どうなってるんだろ?ちゃんと努力してるのですかね。 見習わないと。 — Natsuaki Fumihisa JackNatsuaki 40周年記念コンサートは、わずか1時間でチケットが完売、翌月に追加コンサートが企画されました。 昨日は、「40周年追加ライブ」に行ってきました。 当時と同じキーで歌って高音も難なく出していました。 ひとみ還暦 若い! — BAYWEEN 1985sevenkeys で購入 2019年の活躍にも期待 そして、2019年になりました。 9月には、なんと還暦(60歳)になります。 このブログを書いている4月上旬現在、さんはでのライブを控えてリハーサル中のようです。 そして間もなくカフェでのライブが告知されるとのこと。 <より> 決して過去の人ではないさんですから、個人的には、の、やなど90年代から2000年代にかけて活躍したメロディメーカーのサポートで新曲を出してほしいと思います。 この記事を書くために、いろいろ調べものをしているうちに、透明感のあるハイトーンにすっかりハマってしまい、「君は輝いて天使に見えた」がフェイバリットソングになってしまった筆者なのでした。 さんの、今後のますますの活躍を願わずにはいられません。 2020年1月25日、テレビ番組「ミュージックモア」に出演し、素晴らしい歌声を披露してくれました。 「まちぶせ」以外の曲が聴けたのはファンにとってはとてもうれしいことではなかったでしょうか。 そして、この声を聴いてください。 60歳を過ぎてもなお透明感のある高音が冴え、誰しもが聞きほれてしまいます。

次の