ヴァレ ル エンド ドラゴン。 LGB1

《ヴァレルエンド・ドラゴン》最強リンク5かと思いきや身内に弱かった。。

ヴァレ ル エンド ドラゴン

1 :フィールドのこのカードは戦闘・効果では破壊されず、モンスターの効果の対象にならない。 2 :このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。 3 :フィールドの効果モンスター1体と自分の墓地の1体を対象として発動できる。 対象のフィールドのモンスターの効果を無効にし、対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 LINK - 5• 全てのヴァレルシリーズを束ねた、究極の一枚。 耐性はなんとヴァレルシリーズの全部載せ。 あらゆる破壊を無効にし、モンスター効果の対象に取られないというもの。 おまけとして、フリーチェーンで相手効果を無効にしてヴァレットを蘇生、さらにチェーン不可という対モンスターにおける最終兵器といったところ。 全体攻撃を持つことで実質の連続攻撃を可能にしているが、さすがに自己強化はついていない。 ソードに比べゲームエンドに持っていくのは難しい。 ただし、その恵まれた攻撃力により、文字通りモンスターを一掃できるので、相手は確実に窮地に陥ることだろう。 対モンスターにおいては凄まじい耐性を持ち、リリースでもされない限りはほぼほぼ除去するのが困難。 ここまで来るとほぼほぼモンスター効果を受けないと同じような文面だが、効果無効に関しては対象をとる効果なので相手側に耐性がある場合発動できない事も。 また、そもそもヴァレットがいないと効果が発動できないので、リンクでもなんでもいいのでヴァレットを墓地に送っておく必要がある。 魔法罠は破壊こそされないものの、それ以外の除去はあっさり受けるので、過信はできない。 条件自体はシンプルではあるもの、効果無効を使う場合はヴァレットが必要なほか、展開力は上がったとは言え、リンク5は重いというのが正直なところ。 また、場持ちは良い方だが、魔法罠耐性ががら空きな事を考えるとゲームエンドに手早く持っていきたいが、あくまで全体攻撃という都合上、素直にゲームエンドへ持っていくのが難しい。 耐性を全部載せしたものの、やっていることは素直なアタッカーになっているのが実際であり、役割としてみるとライバルが多いのは事実。 とはいえ、圧倒的な耐性を持った強力な一枚であり、他のカードには真似できないような強力な耐性は非常に満足感がある。 ラスボス級の性能を誇るLINK5のヴァレルモンスター。 戦闘・効果で破壊されず、モンスター効果の対象にならず、全体攻撃が可能、ヴァレットデッキでは効果封じも可能と、とにかく倒されにくさに関しては一級品クラスです。 ただし、単純な戦闘・効果による破壊には滅法強いのですが、対象をとらない破壊以外の除去を食らうとせっかくのLINK5は一瞬で崩されてしまいます。 例えば、ヴァレルロードの攻撃を食らうだけでコントロールは奪われてしまうし、グラットンには食べられてしまうし、超融合やアルバスの落胤には吸われてしまうし、壊獣にも敷かれるし、挙句の果てには強制脱出装置やエア・フォースも食らう始末。 最近は汎用罠カードの採用率が少なめなのでそこまでそれで吹き飛ばされる心配はいりませんが。 それ故に、どうせ出すならヴァレットデッキで出して制圧を行うことでモンスター効果への対策を取るべきです。 ただ、3500の全体攻撃を耐えれるデッキは少ないので、カチカチの耐性を利用して妨害を突破し、他のモンスターと併用することでそのターン中にカタをつけてしまうのがいいでしょう。 打点3500によるノーコストの全体攻撃。 戦闘、効果で破壊されずモンスター効果の対象にもならない強固な耐性に加えて相手ターンでも発動できるモンスター効果を無効にする効果と、攻防揃った最強のカード!! …と言いたいところですが、環境で見かけることは案外少なかったりします。 フィニッシャーとして出すならこのカードより幾分か出しやすいヴァレルソード/ヴァレルロードがありますし、墓地に「ヴァレット」モンスターがいないと 3 の無効効果が発動できない故に他のデッキに出張させにくいのが痛すぎる。 総じて、「強いは強いがイマイチ使われない」という印象ですね。 しかしやはり出せれば強い事に変わりはなく、そして何よりヴァレルシリーズがごちゃ混ぜになったようなヴィジュアルがカッコいいので、ファンデッキを組む価値は十分にあると思います。 リボルバーの仮想リンク5モンスター。 ロードとソードとガードが悪魔合体。 戦闘効果で破壊されず対象にもならない耐性、全体攻撃、場のモンスター1体の効果を無効にし墓地のヴァレットをチェーンを禁止しながら蘇生する誘発即時効果を持つ。 非常に重いリンク5だが、従来のリンク5がモンスター5体強制のLGDや儀式融合SXを効果上求めるダークフルードであることを考えればだいぶ軽くなった。 耐性もLGDほどではないが強力であり、十分信頼できるモンスター。 攻撃面の効果は全体攻撃となっており、攻撃力と合わせて相手の場を一掃できる。 ソードほどの殺意はないが、攻撃表示のモンスターが相手に多ければ強力なダメージを与えうる。 最後の効果無効+蘇生効果は、両方の対象が存在しないと発動できないため要注意。 この効果をフルに活かすにはデッキがヴァレットである必要がある。 リンク5のスタンダードになれるカードだが、リンク5を採用すること自体が尖っているかもしれないか。 ヴァレルの最終形態、ヴァレル兄弟の集大成みたいな効果になっている。 完全破壊耐性+モンスター効果耐性、全体攻撃、ヴァレットの蘇生+モンスター効果の無効化とヴァレル兄弟のいいところを足して2で割ったような感じになっている、耐性は強力だが破壊以外の魔法罠、対象を取らない破壊以外のモンスター効果と穴は多いので過信できないが全体攻撃とヴァレット蘇生+モンスター効果無効化は文句なしに強力、殺意も高めだがソードロードより妨害力も強い。 リンク5と重めだが素材指定は相変わらず緩々で、本家のヴァレットでは守護竜展開が終わった後スリーバーストエルピィピスティで出せる、攻撃も防御もこなせる、ヴァレルの集大成にふさわしいカードと言えるだろう。

次の

ヴァレルエンド・ドラゴン、ドラグーン・オブ・レッドアイズの登場によって変わるヴァレット|みりおん|note

ヴァレ ル エンド ドラゴン

2 :1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 3 :このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。 その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。 そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。 LINK - 4 パスワード:31833038• 収録 収録 略号連番 発売日 レアリティ CIBR-JP042 2017年07月08日 Secret、 Ultimate、 Ultra LVB1-JPS04 2017年12月23日 Ex-Secret SD36-JPP03 2019年06月22日 N-Parallel ヴァレルロード・ドラゴンのカード評価・考察 必殺のヴァレソに対しこちらは盤面崩しのヴァレロといった感じ。 ダメステに発動する破壊じゃない対象もとらない実質的な除去効果ということで、ほとんどの耐性はぶち抜く盤面捲りに特化した超優秀な効果である。 ヴァレソにもアクセスにも手が出せないマスカレーナアストラムを葬ると言えばこのカード。 攻撃宣言時に優先権でチェーンできない攻守増減効果を使えばエアフォも怖くない。 リンク召喚成功時なら奈落や激流にも対応可能。 時々勘違いされるが、対象耐性はモンスター効果限定であり大捕り物や無限泡影は普通に効くので注意しよう。 耐性はヴァレソよりは信用できるが、相手にターンを渡してしまうと案外脆いのは向こうとそんなに変わらない。 やっとの思いでリンク4を出すので横に添え物を置く体力のないデッキ、対象耐性に弱いデッキではヴァレソに優先する価値があるだろう。 リボルバーのエースモンスターの一体であり、ライバルカードとして相応しい強力なモンスターとして出来上がった。 耐性、火力、突破力、いずれにおいても高い性能で収まっており、盤面をひっくり返しうる強大なポテンシャルを秘める。 魔法や罠には無力ではあるものの、効果モンスターの効果に頼りがちな現在では中々厄介な耐性といえる。 この効果のおかげで実質の攻撃力は3500と言って差し支えなく、チェーン無効効果により妨害もされないため、戦闘にはかなり強い。 次のエンドフェイズには墓地に送られるとはいえ、効果も使えて攻撃に加勢させることも出来る。 対象にとらない効果であるため、かなりのモンスターを奪うことができ、強力なモンスターを並べられているほど、大きな戦力補充となる。 奪った後は、メイン2でリンク召喚の素材にしても問題なく、無駄のない効果。 耐性にやや穴があるため、場持ちは意外としないがそれでも突破力に秀でているため、積極的に出して相手の盤面を崩していきたい。

次の

「ヴァレルエンド・ドラゴン」の考案と考察!相性の良いカードと評価は?重量級のリンク5ドラゴン!!

ヴァレ ル エンド ドラゴン

1 :このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから儀式魔法カードまたは「融合」1枚を手札に加える。 2 :自分エンドフェイズに発動できる。 デッキからレベル8以上のドラゴン族モンスター1体を手札に加える。 3 :墓地のこのカードを除外して発動できる。 自分フィールドの全てのレベル8以上のドラゴン族モンスターの攻撃力は1000アップする。 1 :「宝玉獣」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 2 :表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、 墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。 3 :永続魔法カード扱いのこのカードを除外して発動できる。 デッキからレベル4以下の「宝玉獣」モンスター1体を効果を無効にして特殊召喚し、 デッキから「究極宝玉神」モンスター1体を手札に加える。 2 :フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。 3 :1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、 または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。 4 :このカードの 3 の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。 除外されているこのカードを特殊召喚する。 1 :自分フィールドに「ギャラクシーアイズ」モンスターが存在する場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。 2 :X素材のこのカードがXモンスターの効果を発動するために取り除かれた場合に発動できる。 手札・デッキから「銀河眼の光子竜」1体を選び、 特殊召喚するか、自分フィールドのXモンスターの下に重ねてX素材とする。 この効果をバトルフェイズに発動した場合、 さらに自分フィールドの全ての「No. 」Xモンスターの攻撃力は倍になる。 1 :自分フィールドの「契約書」カードを任意の数だけ対象として発動できる。 そのカードを破壊し、Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。 その後、このカードのレベルを、破壊した数だけ上げる、または下げる事ができる。 【モンスター効果】 このカード名の 2 のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分は「DDD」モンスターしか特殊召喚できない。 2 :フィールドのこのカードを素材として融合・S・X・リンク召喚した 「DDD」モンスターは以下の効果を得る。 自分のフィールド・墓地から「契約書」カード1枚を選んで持ち主のデッキに戻し、 対象のカードを破壊する。 その後、自分は1000LP回復する。 1 :フィールドのこのカードは戦闘・効果では破壊されず、 モンスターの効果の対象にならない。 2 :このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。 3 :フィールドの効果モンスター1体と自分の墓地の 「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。 対象のフィールドのモンスターの効果を無効にし、 対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。 1 :このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 自分の墓地からリンクモンスター1体を選び、 装備カード扱いとしてこのカードに装備し、 そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。 2 :このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。 3 :相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。 その発動を無効にする。 出典: 【情報ソース】|【公式】遊戯王OCG.

次の