蜂蜜 血糖 値。 蜂蜜會影響血糖嗎?認識蜂蜜與糖尿病的關係

蜂蜜对血糖调节的影响

蜂蜜 血糖 値

牛奶中的蛋白質是高生物價的完全蛋白質,含有人體一切必需胺基酸,可以充分被人體吸收,用來修補、組成身體。 鈣質可以增強牙齒與骨質的密度,尤其在預防骨質疏鬆症這點上最為人所熟知。 除了礦物質,牛奶中的維生素也很多樣,像是維生素可以預防夜盲症,有抗氧化的功能,可以防止皮膚乾燥暗沉,使皮膚白晰有光澤;維生素能促進皮膚新陳代謝、滋潤肌膚、美容養顏、預防口角炎以及眼睛病變。 蜂蜜是由兩種單醣類的葡萄糖與果糖所構成,人體可以吸收,不用先分解為單糖。 除了葡萄糖、果糖,蜂蜜的成分中還有各種維生素、礦物質和胺基酸,不僅美味,另有抗氧化、抗發炎、抗菌等效果,既可食用,也可入藥,可謂液體黃金。 蜂蜜的主要組成成分中97%是碳水化合物。 蜂蜜之所以能入藥,主要是因其所含的植物抗氧化劑以及酵素。 根據實證,蜂蜜的功效有:幫助改善記憶功能、降低口腔黏膜炎發生率、有益心血管健康、調控血脂、緩解因感冒所引發的咳嗽症狀等。 蜂蜜有抗氧化、抗菌的特性,食用蜂蜜有助消除胃部問題並穩定腸道功能。 (二)消炎。 蜂蜜成分中有類黃酮和多酚,這兩個抗氧化劑可以對抗炎症並消除慢性炎症。 (三)改善失眠。 蜂蜜的糖分會增加血液中胰島素含量,並使血清素轉化為褪黑激素。 褪黑激素對睡眠來說很重要,量不足會導致睡不好、失眠。 蜂蜜中的葡萄糖、維生素、鎂、磷、鈣可以調節神經系統功能,緩解神經緊張,促進睡眠,而且不用擔心會有其他藥物所有的副作用,像是壓抑、疲憊、分神等。 (四)預防癌症。 蜂蜜中黃酮類等抗氧化劑以及其他營養成分可以預防某些癌症,還能緩解心臟壓力。 (五)消除疲勞。 在所有天然食品中,大腦神經原所需要的能量屬蜂蜜含量最高。 蜂蜜中的果糖、葡萄糖可以很快被身體吸收利用,改善血液中所含養分。 中醫認為,蜂蜜性味甘、平,歸脾、肺、大腸經,有補中緩急、潤肺止咳、滑腸通便的功效,對腹痛、乾咳、便祕等都很有療效。 中醫對蜂蜜的評價很高,指它是「草木精英,含露氣以釀成」,《本草綱目》中也說,蜂蜜有:「和營衛,潤臟腑,通三焦,調脾胃」等功能。 其他功效:滋補健身。 作法:將牛奶稍微加熱後加入蜂蜜即可。 牛奶能提供多種且豐富的營養素,是最均衡的天然食品。 除有品質良好的蛋白質,還有多量的維生素、礦物質,而且牛奶所含脂肪顆粒小,成高度乳化狀,易於消化吸收,可以作為熱量主要來源,為人體提供能量。 正因為牛奶的營養素豐富、功效多樣、價格便宜、方便取得,所以有「天然的營養聖品」之稱。 備註:• 便溏者、一歲以下嬰幼兒不要吃蜂蜜,蜂蜜也不要與生蔥一起吃。 糖尿病患者、凝血功能障礙患者、有服用調節血糖藥物或相關降血糖保健食品者以及抗凝血劑者需謹慎食用蜂蜜。 有缺鐵性溶血、消化道潰瘍病、膽囊炎、胰腺炎患者不宜飲用牛奶。 本文出自世茂出版《超級蔬果綠拿鐵》一書.

次の

血糖値と蜂蜜の関係: 血糖値とは

蜂蜜 血糖 値

高血糖のみなさん、はちみつはお好きですか? はちみつと言えば、パンに塗ったり、紅茶に入れたり、風邪のときにはちみつ大根を作ったりと、砂糖とは違った風味を楽しめる甘味料として馴染みのある食品です。 またはちみつには、ビタミン・ミネラル・アミノ酸・ポリフェノールなどの栄養が豊富に含まれているうえ、殺菌作用もあるため薬用としての働きもあるのです! さらには、砂糖よりもカロリーが低くダイエット向きであるという噂も! このように、「栄養豊富」で「低カロリー」なはちみつは、血糖値コントロールにも使えるのではないかと思いませんか? 実際に、「はちみつは血糖値を上げにくい」という噂もあるようです。 本当に、はちみちは、砂糖と比べて血糖値を上げにくいのでしょうか? 今回は「はちみつと血糖値の関係」についてご紹介して行きます。 スポンサーリンク はちみつは血糖値を上昇させる?させない? はちみつは、砂糖よりもヘルシーなイメージがあります。 「はちみつ+レモン」を炭酸水で割れば夏の暑さが吹っ飛びますし、お湯で割れば冬の時期に心を温めることができますよね? このようにはちみつは、主役にはならないものの、私たちの食生活にとって一年中欠かせない食品だと言えるでしょう。 しかし、はちみつは「甘い」ですから、やはり血糖値が気になります。 「砂糖より血糖値を上げにくい」といわれるはちみつですが、本当にはちみつは血糖値を上げないのでしょうか? 結論からいうと、 はちみつは血糖値を上昇させます。 なぜなら、はちみつの主な成分はブドウ糖だからです。 実際に、妊娠糖尿病の方が看護師に尋ねてみたところ 『はちみつは糖質なので食べれば血糖値は上がるから少なめにすべき』 『砂糖と比較すると血糖値の上がり方が違うかもしれないが、その違いは微々たるもの』 というような答えが返ってきたそうです。 確かに、血糖値の上がり方を示すGI値を見てみると、「砂糖:110」「はちみつ:88」となっており、はちみつは砂糖と比べるとGIは低いですが、 高GI値食品であることに変わりはありません。 このように、はちみつは砂糖と違って血糖値の上がり方は緩やかかもしれませんが、最終的に上がる値は大きいと考えられます。 血糖値を気にしている方や糖尿病の方は、はちみつの使用量には注意した方がいいでしょう。 なぜなら、はちみつは栄養豊富だからです。 このほかはちみつには、殺菌作用や抗酸化作用もあるようです。 一方、白砂糖の主な成分は以下のようになっています。 <白砂糖100gあたりの栄養成分> ・カロリー 384Kcal ・銅 0.01mg ・炭水化物 99.2g ・ナトリウム 1mg ・カリウム 2mg ・カルシウム 1mg このように、白砂糖には、鉄分、亜鉛、ビタミンC、葉酸、ナイアシン、マグネシウムなどの栄養素は含まれていないようですから、栄養成分という点で見た場合、はちみつの方が白砂糖より優れていると言えます。 さらに、カロリーを見てみると、白砂糖よりもはちみつの方が低いですからダイエット向きでもあるようです。 しかし! 実はカロリーを「大さじ1杯あたり」で比較した場合、 白砂糖よりはちみつの方が高カロリーなのです! <はちみつ> ・重量 21g ・カロリー 62Kcal <砂糖> ・重量 9g ・カロリー 35Kcal ですから、砂糖よりヘルシーだと思って砂糖と同じ匙の量のはちみつを摂取していると、知らない間にカロリーオーバーとなり、肥満に繋がる恐れがあります。 はちみつはあくまでも甘味料ですから、栄養補給のためと言ってたくさん食べ過ぎないよう注意が必要ですね。 血糖値に効果的なはちみつの摂り方は「はちみつ黒酢」? はちみつはブドウ糖が主成分ですから、はちみつを食べ過ぎると血糖値が上がり過ぎてしまいます。 特にはちみつは、パンやホットケーキに塗るのが定番ですから、「炭水化物+はちみつ」といった食べ方をしていると高血糖を招いてしまいそうですよね? しかし、はちみつにはビタミンやミネラルが含まれていることも事実です。 ですから、はちみつを食生活に取り入れたいと考える方もいらっしゃるでしょう。 そんなとき、血糖値コントロールにお勧めしたいはちみつの取り方があるのです! それが 「はちみつ黒酢」。 はちみつ黒酢は、黒酢とはちみつを水やお湯で割った飲み物ですが、 酢には血糖値の上昇を抑える働きがあります。 特に黒酢は、米酢よりもアミノ酸が豊富に含まれているため健康効果が高いとされており、1日に大さじ1杯ほどの黒酢を摂取することで、 ・高血圧の改善 ・血液をサラサラにする ・内臓脂肪を減らす ・疲労回復 ・代謝を良くする ・老化防止 ・便秘の予防と改善 などの効果が期待できるそうです。 ですから高血糖の私たちほど、はちみつ黒酢を習慣にすると良さそうですよ! 最近では、「はちみつ黒酢ジュース」として販売されていますので、自分で作るのが面倒な方でも手軽にはちみつ黒酢を摂取することができそうです。 ただ、市販のはちみつ黒酢ジュースを購入する際は、 ・できるだけ糖質の量が少ないもの ・はちみつ以外に砂糖やブドウ糖などの甘みが使われていないもの ・糖質やカロリーが少ないもの を選ぶといいでしょう。 もちろん、も忘れないで下さいね。 おわりに 私は休日のランチに子供達用にホットケーキをよく作るのですが、子供達がはちみつをかけすぎていても「はちみつなら体に悪くなさそうだし・・・いいかな?」と思って、つい見逃してしまうことがあります。 「はちみつが持つヘルシーなイメージによって使い過ぎてしまう」・・・そこが、はちみつのデメリットかもしれませんね。 ただ、疲れたときや甘いものが食べたいときに、お菓子を食べるよりははちみつをなめる方がよほどいいと思います。 はちみつをそのままなめると、強いとろみと甘味のせいでスプーン一口でも満足感が得られますよ! また、はちみつはほとんどがブドウ糖なので、脳の疲れにもお勧めです。 はちみつと言っても、種類によって味や風味にかなり違いがあり、一般的には色の薄いものよりも「色の濃いはちみつの方がミネラル分が多く、その分クセも強い」と言われていますので、はちみつをそのまま食べるのであれば、クセの弱い方が食べやすいでしょう。 そして注意したいのは、はちみつの中には、はちみつ以外の材料(砂糖など)が含まれている商品もあるということです。 このような商品は、栄養素も少ないうえカロリーや糖質が多くなっている可能性がありますから、はちみつを購入する際は「100%の純粋はちみつ」を選ぶようにしましょう。 スポンサーリンク.

次の

アカシア蜂蜜は血糖値を上げにくい甘味料

蜂蜜 血糖 値

女性にとって甘いものは生活に欠かせないものです。 最近は、女性だけではなく男性も甘いものを食べる人が増えてきています。 特に働いている方は、仕事で糖分を必要とすることがあるので 仕事の合間にチョコレートやキャンディを食べると良いです。 疲れてきた時に甘い物をとると、心と体にリラックス効果をもたらしてくれます。 これは、体内の血糖値が一時的に上がり、昂揚感を感じるためです。 簡単に説明すると、アルコールやタバコを飲んだ時に近いような状態になります。 特に、血糖値を一気に上げるチョコレートは、このような効果が顕著です。 それに、白砂糖を使ったお菓子にも、このような効果があります。 スポンサードリンク 甘いお菓子の危険 このような菓子類は、一気に血糖値を上げる代わりに、急激に血糖値を下げる作用もあります。 ですので、血糖値が急激に下がると、体は元の状態に戻ろうとして またチョコレート等のお菓子を必要とします。 これを繰り返していくと、白砂糖の中毒になってしまい あまりに度が過ぎると糖尿病になってしまします。 重症の糖尿病になると腎臓等の臓器に、甚大な被害をもたらします。 食習慣も変える必要があるので、患者にとってはストレスです。 しかし、このようなリスクを得ずに甘いものを楽しみたい場合 蜂蜜で糖分を摂取すると良いです。 蜂蜜の効能として様々な物があります。 例えば、美容に良かったり、喉に良かったりします。 このような蜂蜜の効能の中でも、糖尿病に良いとされるのが 血糖値を緩やかに上げてくれるというものです。 ですので、この蜂蜜の効能を利用して、お菓子や料理を作る際にも 白砂糖の代わりに利用すると体に良いですね。 スポンサードリンク.

次の