時候の挨拶 7月上旬 梅雨明け前。 梅雨の季節の挨拶文

7月上旬の時期に挨拶は盛夏の候!ビジネスや梅雨明け前の例文

時候の挨拶 7月上旬 梅雨明け前

季語とは、簡単に説明すると「季節を表わす言葉」のことです。 俳句では、季節を表わすために季語を使うことが大切な決まり事とされていますが、手紙や挨拶文で必ず使わなけばいけないという決まり事はありません。 しかし、手紙や挨拶文の中に季節を感じることができる文章があることで相手に丁寧で心が込もった文章だと良い印象を持たれることもあります。 難しく考える必要はなく自分や相手が同じ季節を連想できる言葉であれば季語になります。 7月は、梅雨が終わりを告げ本格的な暑さをが訪れる時期です。 季語も、夏のうだるような暑さ、冷たい飲み物や食べ物など気温の暑さや日差しの強さを連想させる言葉が多いのが特徴です。 7月の季語をまとめていますので、手紙や挨拶文を書く際の参考にしてください。 7月の季語 暦・行事 祇園祭、朝顔市、ほおずき市、山開き、海開き、半夏生、七月 食べ物 麦茶、心太、胡瓜、トマト、ラムネ、アイスクリーム、ビール、水羊羹、冷奴 生き物 夏の虫、甲虫、天道虫、蝉、黄金虫、毛虫、玉虫 天気 梅雨明、返り梅雨、炎天、夏の空、夕立、スコール 植物 向日葵、青林檎、早桃、バナナ、夕顔、ダリア、日日草、麻、月下美人、月見草 地理 夏の雲、雲の峰、夏の星 生活 キャンプ、帰省、林間学校、夏風邪、寝冷、暑気あたり 人事 花火、風鈴、日傘、暑中見舞い、浴衣、夏帽子、団扇、サンダル 7月の季語で気をつけること 地域によっての違いに注意 時候の挨拶を使うときの手紙の書き出しは、「季節の挨拶」+「相手に対して安否を尋ねる挨拶」という形式が基本です。 これさえ覚えておけば相手の立場が変わっても手紙の書き出しに悩むことはありません。 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の書き出しで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった手紙の例文をご紹介します。 送り先の方へ礼儀正しい印象を与えたいときの手紙を書くときにも使えます。 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 小暑の候、貴社いよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。 向暑のみぎり、皆様におかれましてはお元気でお過ごしのことと存じます。 七夕の折、ご家族の皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。 次に、7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の書き出しで、友人など親しい人に書く際に使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(友人など親しい方へプライベートで送る文章)• 梅雨明けの暑さがひとしおですが、皆さんいかがお過ごしですか。 海開きの季節を迎え暑さも本格的になってまいりましたが、お元気にお過ごしですか。 睡蓮が花咲かせる今日この頃、その後お変わりないですか。 【上旬】7月の時候の挨拶を使った季節の挨拶・手紙の結び 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった手紙の例文をご紹介します。 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 梅雨明けの暑さひとしおでございます。 ご自愛の上、ご活躍ください。 暑さが増す時期でございます、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 次に、7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、友人などの親しい間柄の人にあてる際に使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(友人など親しい方へのプライベートで送る文章)• 本格的な夏の到来です、お体に気を付けて元気に暑さを乗り切りましょう。 夏休みにご家族の皆さんに会えるのを心待ちにしています。 こちらでは、7月上旬の時候の挨拶をご紹介しましたが、6月になるとまた違った時候の挨拶になりますので、下記の記事をご参考にして違いを見て下さい。 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の書き出しで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった手紙の例文をご紹介します。 改まった文章の中にも季語や相手を気遣う言葉を使える大人のマナーで好印象を与えることができます。 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 仲夏の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。 盛夏のみぎり、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 炎熱の候、貴社にはますますご清栄ことと拝察いたしております。 次に、7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、友人などの親しい間柄の人にあてる文章で使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(友人など親しい方へプライベートで送る文章)• 暑さが厳しい折ですが、皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか。 夏休みを間近に控えた今日この頃、いかがお過ごしですか。 本格的な夏を迎え、大好きなビールの季節がやってきました、そちらにお変わりありませんか。 【中旬】7月の時候の挨拶を使った季節の挨拶・手紙の結び 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった手紙の例文をご紹介します。 結びの挨拶は、手紙を締めくくる大切な箇所です。 仕事の取引先の繁栄、友人の健康や幸せを祈る気持ちを言葉に込めて書くことで良い印象の文章が出来上がります。 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 暑さ厳しき折柄、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 これから益々厳しい暑さとなります、皆様のご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申し上げます。 夏風邪などお召しになりませぬようご自愛くださいませ。 次に、7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、友人などの親しい間柄の人にあてる際に使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(友人など親しい方へプライベートで送る文章)• 今年は、冷夏で過ごしやすい日々が続いていますが夏風邪にはお気を付けください。 夏休みにご家族の皆さまに会えることを楽しみにしています。 健康に注意し、お互い元気に夏の暑さを乗り切りましょう。 【下旬編】7月の季語・時候の挨拶・書き出し・結び 【下旬】7月の季語 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の書き出しで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった手紙の例文をご紹介します。 改まった文章の中に相手を思いやり気遣う丁寧な言葉を選び文章にすることで相手に好印象を与えることができます。 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 大暑の候、貴社におかれましてはますますご清祥のことと存じます。 酷暑のみぎり、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 灼熱の折、皆様には夏風邪など召されずお元気にお過ごしでしょうか。 次に、7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の書きだしで、友人などの身近な親しい人にあてる文章で使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(友人など親しい方へプライベートで送る文章)• うだるような暑さが続いておりますが、〇〇様はいかがお過ごしですか。 連日寝苦しい夜が続いていますが、皆さまお変わりございませんか。 例年以上の厳しい暑さの中、お元気にお過ごしですか。 【下旬】7月の時候の挨拶を使った季節の挨拶・手紙の結び 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった丁寧な手紙の例文をご紹介します。 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 連日の暑さでお疲れでしょうが、くれぐれも御身体大切にご配慮ください。 まだまだ熱帯夜の日々が続きます、くれぐれもご自愛ください。 ますますの酷暑に御身体を壊されませぬよう、どうぞご自愛くださいませ。 次に、7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、友人などの身近な親しい人にあてる文章で使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(友人など親しい方へプライベートで送る文章)• 寝苦しい熱帯夜が続きますが、お体に気をつけて夏を満喫してください。 身体にこたえる極暑がまだまだ続きますが、夏バテなどされませんように。 炎天下の毎日ですが、ご家族皆さんお体に気をつけて夏を満喫してください。 暑中お見舞いやお中元を贈る季節でなにかと手紙やお礼状を書く機会が多くなる7月と同様に、1年の終わりの挨拶やお歳暮を贈る12月の時候の挨拶を下記で紹介していますのでぜひ、ご参考にしてください。 RELATED ARTICLE 7月の時候の挨拶を知って上手な手紙を書きましょう! まさに夏真っ盛りの7月、待ちに待った梅雨明けと暑い夏の訪れ、連日の日差しの強さと厳しい暑さが体にこたえる季節です。 時候の挨拶は、「季節の挨拶」+「相手に対して安否を尋ねる挨拶」を組み合わせて成り立つ挨拶の文章です。 季語や時候の挨拶を上旬、中旬、下旬に分けて改まった場面とプライベートそれぞれをご紹介しましたが、必ずこの挨拶を使わなければならないという決まりごとはありません。 手紙を送る相手の趣味嗜好や住んでいる環境に合わせてあなたなりの感性で言葉を選んでください。 相手が自分にとってどのような立場であっても手紙で伝えたい思いに変わりはありません。 以下の記事も参考に、お世話になったあの方へ久しぶりに手紙を書いてみませんか。

次の

時候の挨拶7月上旬の候や結び!ビジネスや梅雨明け前の例文

時候の挨拶 7月上旬 梅雨明け前

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 時候の挨拶とは? c Shutterstock. com 時候(ジコウ)の挨拶は、季節や天候に応じた心情や季節感を表す言葉で、手紙の前文で頭語(「拝啓」など)に続く書き出しを指します。 四季の豊かな日本ならではの美しい手紙の習慣ですが、使い方がよくわからず、敬遠している方も多いのでは? このページでは、梅雨の時期にビジネスで使える、時候の挨拶をご紹介していきます。 「梅雨の時期」と一口に言っても、梅雨入り前から梅雨明けまで、季節は細やかに表情を変えますよね。 それに合わせて、時候の挨拶も選ぶ言葉が変わります。 その時々の季語を入れれば、季節感が割と簡単に出せます。 ですから、時候の挨拶は考えているよりも難しくありません。 一緒に学んでいきましょう。 梅雨の時候の挨拶・例文をチェック c Shutterstock. com 梅雨といえば、雨の日が続き、鬱陶しい季節ですよね。 天気が悪いと、気も滅入ります。 そんな気持ちを和らげるのが、時候の挨拶。 特に、ビジネスシーンで手紙を書く場合には、固い話から入ると相手との心の距離が縮まりません。 雨が続く季節だからこそ、受け取り手の気持ちをすがすがしくさせるような文章を届けたいですね。 ここでは、梅雨の時期に使える例文をそれぞれご紹介していきます。 梅雨の時候の挨拶・ビジネスで使える「漢語調」の慣用句 c Shutterstock. com 時候の挨拶には、「漢語調」のものと「口語調」のものの2通りがあります。 漢語調は、例えば「梅雨の候」というように、季節を表す言葉の後に「の候」とつけます。 「候」が表しているのは、季節や気候。 漢語調の時候の挨拶は、ビジネス文書や格調高い文書にしたいときに用いられていますよ。 一方、口語調は、「雨のうっとうしい季節が続いておりますが」というように、話し言葉のような柔らかい表現で季節感を表します。 気心の知れた友人や長年の付き合いのある相手など、親しい人に手紙を送る際に、使われることが多いですね。 ビジネスでも、親しみやすい文書にしたいときは、使うことがあります。 まずは、漢語調の時候の挨拶からご紹介していきましょう。 「初夏の候」は5月下旬~6月上旬まで 暦の上では、立夏から立秋の前日までを夏と言います。 暦には、初夏という区分はありませんが、夏の初めという意味合いを込めて、5月下旬から6月上旬を指すことが多いですね。 したがって、「初夏の候」(しょかのこう)は、梅雨入り前の6月上旬に用いるとよいでしょう。 ビジネス文書では、「初夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」などというように使います。 他にも、5月下旬〜6月上旬には、「万緑の候」(ばんりょくのこう)、「薄暑の候」(はくしょのこう)という時候の挨拶も使います。 「入梅の候」は6月上旬~中旬まで 「入梅の候」(にゅうばいのこう)は、「梅雨の季節に入りました」ということを表しています。 実際の梅雨入りの時期にあわせて用いるといいですよ。 ビジネス文書では、「入梅の候、貴殿ますますご清祥の由、何よりと存じます」などというように使います。 他にも、6月上旬〜中旬は、「紫陽花の候」(あじさいのこう)、「芒種の候」(ぼうしゅのこう)という時候の挨拶も使います。 c Shutterstock. com 「梅雨の候」は6月中旬~下旬まで 「梅雨の候」(ばいうのこう・つゆのこう)は、梅雨の期間中に用います。 一般的には6月中旬から下旬頃に用いることが多いですね。 ビジネス文書では、「梅雨の候、貴殿におかれましてはいよいよご健勝の趣、何よりと存じます」などというように使います。 他にも、6月中旬〜下旬は、「長雨の候」(ながあめのこう)という時候の挨拶も使います。 「夏至の候」は6月下旬 「夏至の候」(げしのこう)は、「夏至」の期間にあわせて使います。 2020年の夏至は、6月21日 日。 夏至の期間は、2020年7月7日 火 「小暑」の前日までとなります。 したがって、「夏至の候」は、6月下旬の挨拶に使うのがいいですね。 ビジネス文書では、「夏至の候、貴社にはますますご隆盛の段、お慶び申し上げます」などというように使います。 他にも、6月下旬は、「梅雨晴れの候」(つゆばれのこう)、「短夜の候」(たんやのこう)という時候の挨拶も使います。 「向暑の候」は6月全般に使える 「向暑の候」(こうしょのこう)は、「初夏の訪れを感じる季節」、「暑さに向かう時候」を表します。 したがって、梅雨の無い地方や梅雨らしさを感じない年などの6月全般に使えますよ。 ビジネス文書では、「向暑の候、貴社にはますますご隆盛の由、慶賀の至りに存じます」などというように使います。 梅雨の時候の挨拶・ビジネスで使える「口語調」の慣用句 c Shutterstock. com 続いて、口語調の慣用句をご紹介します。 慣用句とは言っても、そのままの言葉で使わなければならないという厳格なものではありません。 したがって、あなたの感性に合わせて言葉をアレンジして使うことも可能ですよ。 また、先ほどもお伝えした通り、口語調の時候の挨拶は主に親しい人への手紙に使われるもの。 ビジネスで口語調を使う際は、親しみやすい演出をしたいとき、漢語調だと固すぎると感じるときに使ってみてください。 5月下旬~6月上旬の例文 梅雨入り前の5月下旬から6月上旬は、先にも述べた通り、初夏に当たります。 ですから、この時期は、「初夏」や梅雨入り前の天候等に触れた時候の挨拶が使いやすいでしょう。 例文は下記になります。 ・「さわやかな初夏となりました」 ・「清々しい初夏を迎え」 ・「梅雨がもうそこまでやってきておりますが」 6月上旬~中旬の例文 梅雨入りの時期に入る、6月上旬~中旬。 この時期は、「梅雨入り」や「紫陽花」に触れた時候の挨拶が使いやすいでしょう。 例文は下記になります。 ・「入梅とともに雨が続きますが」 ・「雨に紫陽花の花が映える季節となりました」 ・「梅雨晴れの一日、夏本番を思わせる日差しとなりました」 6月中旬~下旬の例文 梅雨の期間中である6月中旬から下旬頃は、「梅雨」や「長雨」に触れた時候の挨拶が使いやすいでしょう。 例文は下記になります。 ・「梅雨明けの待たれる今日この頃」 ・「鬱陶しい梅雨空の毎日ですが」 ・「長雨の続く毎日ですが」 c Shutterstock. com 6月全般に使える例文 6月全般に使うとしたら、暑さに向かっている様を表すといいでしょう。 梅雨のない地方の方にも使えますね。 例文は下記になります。 ・「暑さ日増しに厳しく」 ・「吹く風も次第に夏めいてまいりましたが」 梅雨の時候の挨拶・お礼状で使える例文は? プライベートな手紙では時候の挨拶から始めることもありますが、ビジネス上での手紙は、「拝啓」から始めて、「時候の挨拶」を書いたら、「繁栄を慶ぶ言葉」、「感謝の言葉」を入れます。 「繁栄を慶ぶ言葉」というのは、「貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」などで、「感謝の言葉」は「平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申しあげます。 」などがよく使われています。 その後に「主文」を入れ、「結びの言葉」、「敬具」の構成が一般的です。 c Shutterstock. com お礼状で使える例文をご紹介しましょう。 「拝啓 吹く風も夏めいてまいりましたが、〇〇様にはその後もお変わりなくご精勤なさっていることと拝察いたします。 さて、このたびはご多忙中にもかかわらず、〜にしていただき、ありがとうございました。 今後も〜(重ねてお礼のひと言)これからも変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。 略儀ながら書中にてお礼申し上げます。 誠にありがとうございました。 敬具」 「梅雨の時候の挨拶+安否の挨拶」の形で手紙を書く c Shutterstock. com 梅雨の時候の挨拶は、これまで幾つかご紹介してきました。 時候の挨拶だけで終わらせずに、安否を尋ねる挨拶を加えることで、よりスマートな文章になります。 以下に例文をご紹介しましょう。 ・「さわやかな初夏となりました。 貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 」 ・「入梅とともに雨が続きますが、貴殿におかれましてはなお一層ご隆盛の由拝察いたしております。 」 ・「梅雨明けの待たれる今日この頃、皆様お変わりはございませんでしょうか。 」 最後に c Shutterstock. com ここまで、「梅雨の時候の挨拶」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 6月は梅雨の影響を受け、天気と同様に気分が晴れないことも多い月です。 そんな季節こそ、時候の挨拶を使って、相手へのねぎらいの気持ちを伝えたいですね。 TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の

【時候の挨拶】7月上旬の言葉と例文まとめ!!梅雨明け季節にピッタリの挨拶まとめ

時候の挨拶 7月上旬 梅雨明け前

知人やお知らせなどの一般的な手紙 そんなに親しくない知人や、学校行事のお知らせなどで出す手紙は、一般的な時候の挨拶を使います。 漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 時候の挨拶の後には、安否のおうかがいを続けますが、「お元気でしょうか」「お変わりありませんか」といった疑問形は親しみのある表現になるので使いません。 7月は、小暑・大暑と「暑中」の時期ですので、暑さに関連する定型表現が多い月です。 冷夏や梅雨明けが遅れているときは、気候にあわせて挨拶を選びましょう。 親しい人に出す手紙 親しい人に出す手紙では、暦の季節だけでなく、その時々の天候や自然、イベントなどを時候の挨拶に盛り込みます。 7月には、 夏バテ、夏休み、蝉、海開き、夏祭り、朝顔市など、夏ならではの事柄がたくさんありますね。 形にとらわれずに、季節感あふれる時候の挨拶を楽しんでみてください。 では、ここまでの7月の季節感や時候の挨拶のTPOルールを踏まえて、7月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と例文を見ていきましょう。 7月上旬の時候の挨拶 7月の上旬は、 梅雨明け間近で、まだお天気が不安定な時期です。 ですが、梅雨の雨や曇り空よりも、 梅雨明け後にやってくる夏を中心とした時候の挨拶を使います。 七夕や、海開き・山開きなども、7月上旬の時候の挨拶にピッタリです。 また、暦の上では 7月6日前後から「小暑」が始まります。 「小暑」と続く「大暑」を合わせた約1ヶ月は、昔から一年で最も暑い時期として「 暑中」と呼ばれてきました。 暑中見舞いというのは、小暑・大暑の時期に出す夏のご機嫌伺いですね。 そんな7月上旬によく使われる時候の挨拶を手紙のTPO別に整理したものが次の表です。 改まった時候の挨拶• 向暑の候、折、みぎり• 小暑の候、折、みぎり• 盛夏の候、折、みぎり• 仲夏の候、折、みぎり• 七夕の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 暦の上では暑中に入り• 長かった梅雨も明け• 梅雨明けの暑さはひとしお 親しい人への時候の挨拶• 長い梅雨がようやく明け• 夏本番を迎え• 本格的な夏を目前に• 七夕、 ビアガーデンなど では、7月上旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 7月上旬の時候の挨拶の例文• 海開き、山開きの時期を迎え、いよいよ本格的な夏の到来となりました。 皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 暦の上では暑中に入りましたが、本格的な暑さはまだ少し先のようです。 色とりどりの七夕飾りに、夏の訪れを感じる頃になりましたが、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 梅雨明けの暑さはまたひとしおに感じられますが、ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 戻り梅雨のようで、ここ数日ぐずついた日が続いておりますが、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 梅雨明けを知らせる白南風が吹き抜け、本格的な夏がやってまいりました。 梅雨明けを待たずに暑さが本格的になってい参りました。 ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 本格的な夏を目前に、いよいよビアガーデンが恋しくなる季節ですね。 お変わりございませんか。 小暑を過ぎ、夏本番を迎えました。 皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 七夕の短冊に願い事をしたことがついこないだのように思い出されます。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 七夕飾りに、子供たちの願い事を書いた短冊が揺れております。 その後お変わりございませんでしょうか。 梅雨明けと同時の猛暑に早くも少々夏バテ気味です。 ご家族の皆様はお元気でしょうか。 長い梅雨が明けたらと思ったら、早速毎日暑いですね。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気でいらっしゃいますか。 いよいよ梅雨も明け、木立の緑が色濃く感じられるこの頃です。 その後、お変わりございませんか。 7月中旬の時候の挨拶 7月の中旬は、各地で梅雨が明けて、夏の暑さが一気に押し寄せる時期ですね。 暑さに体がまだ慣れていないため、体調管理が難しく、いきなり夏バテという人も多くいらっしゃいます。 7月中旬の手紙では、 暑さに対して体調を気遣う挨拶が定番です。 近年の暑さは本当に厳しく、冷夏ということは少なくなりましたが、梅雨明けが遅れるということはあります。 実際の季節感を表現する挨拶を使う時は、その年の気候にあわせて選んでくださいね。 改まった時候の挨拶• 真夏の候、折、みぎり• 酷暑の候、折、みぎり• 猛暑の候、折、みぎり• 驟雨の候、折、みぎり• 夕立の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 暑さ厳しい日々• 連日の猛暑• 酷暑の折がら 親しい人への時候の挨拶• 海や山が恋しい季節• うだるような暑さ• もうすぐ夏休み• 蝉時雨、 風鈴など では、7月中旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 7月中旬の時候の挨拶の例文• 酷暑の折がら、久しぶりの雨に花壇の花も生き返ったかのようです。 皆様お健やかにお過ごしのことと拝察いたします。 夏に入ったとはいえ、ここ数日の暑さは格別です。 ご家族の皆様もお元気と承り何よりと存じます。 時折の驟雨が酷暑の日々に、一時の涼をもたらす昨今、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 蝉の声に暑さを覚える今日この頃、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 土用の入りとなり日ごとに暑さが増してきましたが、皆様お元気でお過ごしのことと拝察いたします。 うだるような暑さが続いておりますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 連日の猛暑しのぎがたい昨今、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 夕顔が白い花を咲かせる季節となりました。 、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます• 夕立の後の涼風が心地よい今日この頃です。 今年も朝顔市の季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 海や山が恋しい季節となりました。 お変わりございませんか。 夏はまだ始まったばかりだというのに、うだるようなこの暑さに早くも音を上げています。 お元気でいらっしゃいますか。 蝉時雨が賑やかに降り注ぐ季節となりました。 ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 蝉の声に暑さもひとしおの今日この頃でございますが、いかがお過ごしでしょうか。 このところ急にお暑くなりましたが、ご体調はいかがでしょうか。 もうすぐ夏休み、子どもの昼ごはんのしたくがたいへんな時期に入りますね。 お元気ですか。 チリンチリンと鳴る風鈴の音に、日本の夏を感じるこの頃です。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 ほおずき市に参りましたところ、たいへんな人出でにぎわっておりました。 いかがお過ごしでしょうか。 外は猛暑、中は冷房と体にこたえる時期です。 皆様お変わりございませんか。 草木も萎れてしまいそうな炎暑が続いております。 ご一同様にはお変わりございませんでしょうか。 炎暑しのぎがたい日々が続いておりますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 大暑の本日、まさに暑さも絶頂を迎えたような一日でした。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 大暑を迎え、暑さもいっそう厳しくなってまいりました。 夏祭りのお囃子がどこからか聞こえてきそうな季節となりました。 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 寝苦しい熱帯夜が続いております。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 エアコンなしでは過ごせない昨今ですが、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 花火が夜空を彩る季節となりました。 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 垣根の朝顔も咲き始め、いよいよ夏本番。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 連日の炎暑でございます。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 うだるような暑さが続いておりますが、お変わりございませんか。 暑さ本番、生ビールが美味しい季節がやってきましたね。 ご家族の皆様もその後お元気ですか。 ふるさとの夏祭りが懐かしく思い出される季節となりました。 お変わりございませんか。 夏休みに入り、子どもたちが元気に遊ぶ声が聞こえるようになりました。 皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 真っ白な入道雲と青空のコントラストが美しい季節になりました。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 花火大会の音に誘われ、川べりまで夜の散歩をしてきました。 いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 炎天下にひまわりの花がたくましく咲いています。 ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 今年は冷夏とのことで、例年になく過ごしやすい日々が続いております。 お元気ですか。 上旬は、 梅雨明け間近という気候。 暦の上では 小暑を迎え、 一年で最も暑い時期とされる「暑中」に入ります。 各地で海開きや山開きも相次ぎます• 中旬は、 梅雨明けの頃。 体がまだ暑さに慣れていないため体調管理が難しい時期です。 お相手の健康を気遣う挨拶が定番です。 暑さの最盛期とされる大暑を迎える 下旬、厳しい暑さが続きます。 これらの季節感を表す 7月の代表的な時候の挨拶を整理したものが次の表です。 7月 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶 上旬• 向暑の候、折、みぎり• 小暑の候、折、みぎり• 盛夏の候、折、みぎり• 仲夏の候、折、みぎり• 七夕の候、折、みぎり.

次の