えきねっと 東海道新幹線。 【東北/上越/北陸/東海道新幹線】えきねっとで路線をまたいだきっぷは購入可?

新幹線が半額 「お先にトクだ値スペシャル」今日から受付開始 JR西日本e5489も半額

えきねっと 東海道新幹線

もくじ• 新幹線のネット予約サービス6種類はそれぞれどう違う? 新幹線のネット予約サービスは以下の6種類が存在し、予約できる新幹線の路線が異なります。 サービス名 予約できる新幹線 備考 えきねっと(JR東日本) 全ての新幹線 年会費なし・割引あり エクスプレス予約(JR東海) 東海道新幹線、山陽新幹線 年会費あり・割引あり スマートEX(JR東海) 東海道新幹線、山陽新幹線 年会費なし・割引なし e5489(JR西日本) 東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線、北陸新幹線 有料会員になると購入できる割引切符が増える JR九州ネット予約サービス 山陽新幹線、九州新幹線、東海道新幹線 年会費なし・割引あり JRサイバーステーション 全ての新幹線 かなりクセモノ・割引なし JRと言っても、新幹線を所有するJRはJR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州、JR北海道の5種類が存在します。 北海道以外のそれぞれのJRが異なったネット予約サービスを展開しているので、表を見ていただいてもわかりますが、 JR東日本のネット予約サービス「」 えきねっとで予約できる新幹線 えきねっとでは日本全国のすべての新幹線の予約が可能です。 会員費や年会費は不必要。 また、東北新幹線・秋田新幹線・山形新幹線・北陸新幹線・上越新幹線・北海道新幹線が割引価格で購入することも可能です。 えきねっとを使った新幹線に乗車する方法 新幹線の予約はスマホやPCから行います。 代金はクレジットカードから引き落とし。 予約をした後は切符は基本的に駅の窓口や指定席券売機での受け取りとなります。 切符の受け取りに関しては、JR北海道、JR東日本、JR西日本の北陸エリアでのみ可能です。 えきねっとはどんな人にオススメ? えきねっとでは、上記の新幹線以外にJR東日本やJR北海道の特急列車も予約することが出来ます。 ですので、 JR東日本・JR北海道エリアの特急や新幹線をしばしば使う人にオススメのネット予約サービスです。 えきねっとでしか買えないお得な切符などもあるのでね! 新幹線ネット予約サービス「エクスプレス予約」 JR東海が運営する「」 エクスプレス予約で予約できる新幹線 エクスプレス予約で予約できる新幹線は「東海道新幹線」(東京~新大阪)と「山陽新幹線」(新大阪~博多)です。 なお、エクスプレス予約の利用には年会費1080円が必要。 エクスプレス予約を使った新幹線の乗車方法 エクスプレス予約ではスマホやパソコンから乗る新幹線の種類や座席を指定します。 チケットレス、つまり切符無しで新幹線に乗ることが出来ますが、切符の発行も可能です。 チケットレスで新幹線に乗る場合はエクスプレス予約会員登録時に「EX-IC」と呼ばれる新幹線乗車用のICカードが送付され、これを改札でかざすだけでOKです。 あとは予約時に指定した新幹線の座席に向かうのみ。 一方、切符を発券する場合は JR西日本もしくはJR東海の指定席券売機で「EX」とロゴが付いている券売機で切符を発券することが可能です。 切符を受け取った後は、普通の切符と同じような感じで新幹線に乗ればOKです。 なお、新幹線代は基本的にクレジットカード決済です。 エクスプレス予約はどんな人にオススメ? エクスプレス予約は年会費1080円かかりますので、東海道・山陽新幹線を年に最低でも2~3回は使う人でないとオススメできません。 ですが、割引サービスが豊富なので、例えば、エクスプレス予約を利用して、年に1回東京~新大阪を往復するだけでも年会費分は回収できます。 JR東海が運営する「」 スマートEXで予約できる新幹線 スマートEXで予約できる新幹線は「東海道新幹線」(東京~新大阪)と「山陽新幹線」(新大阪~博多)です。 エクスプレス予約と予約できる新幹線は全く同じですが、年会費が不必要です。 イメージとしては、エクスプレス予約の無料バージョンといった感じ。 ただし、年会費がない代わり、新幹線の割引は少ないです。 (まったくない、というわけではないのです) スマートEXを使った新幹線の乗車方法 スマートEXでも新幹線の予約はスマホやパソコンから行います。 こちらもチケットレス、つまり切符無しで新幹線に乗ることが出来ます。 チケットレスで新幹線に乗る場合、まずお手持ちの交通系ICカード(suicaやICOCAなど)をスマートEXに登録しておく必要があります。 登録した交通系ICカードを新幹線の改札にかざすと、新幹線駅構内に入ることが出来ます。 なお、 このとき新幹線代は交通系ICカードのチャージからは引き落とされず、スマートEX登録時のクレジットカードから代金は引き落とされます。 一方、切符を発券することも可能で、 JR西日本もしくはJR東海の指定席券売機で「EX」とロゴが付いている券売機で切符を発券することが可能です。 切符を受け取った後は、普通の切符と同じような感じで新幹線に乗ればOKです。 スマートEXはどんな人にオススメか JR西日本の新幹線ネット予約サービス「」 e5489で予約できる新幹線 e5489で予約できる新幹線は東海道新幹線(東京~新大阪)・山陽新幹線(新大阪~博多)・九州新幹線(博多~鹿児島中央)・北陸新幹線(東京~金沢)です。 e5489は有料会員と非有料会員がありまして、有料会員ですと割引額が増えるなどの特典があります。 e5489で新幹線に乗る方法 e5489で新幹線を予約する場合、スマホやパソコンから予約をできます。 新幹線代のお支払方法はクレジットカード、もしくはコンビニ決済です。 e5489で新幹線を予約した場合は、駅に切符を受け取りに行く必要があります。 切符の受け取りができるのは、JR西日本・JR九州・JR四国・JR東海(2019年4月~)の指定席券売機やみどりの窓口(きっぷうりば)です。 JR東日本の一部エリアでも切符のうけとりが可能ですが、JR東海区間を含む切符の受け取りができないなどの制約があります。 より 切符を受け取った後は、普段と同じ手順で新幹線に乗るだけです。 e5489はどんな人にオススメ? e5489では、上記の新幹線の予約だけでなく、主にJR西日本をはじめ、JR四国・JR九州の特急列車やお得な切符の予約も可能です。 くわえて、2019年の4月からはJR東海エリアの特急列車の予約も可能となりました。 JR西日本・JR四国・JR九州・JR東海エリアの特急や新幹線、もしくは北陸新幹線を使う機会がしばしばあり、切符も受け取りが可能な方にオススメです。 e5489でしか購入できないお得な切符などもあるので、とりあえずは非有料会員になっておくことをオススメします。 有料会員になると、割引額や特典が増えます。 新幹線ネット予約サービス「JR九州インターネット列車予約サービス」 JR九州インターネット列車予約サービスで予約できる新幹線 JR九州インターネット列車予約サービスで予約できる新幹線は九州新幹線・山陽新幹線・東海道新幹線です。 年会費・入会費などは不必要で、ネット限定の割引切符の販売などもあります。 JR九州インターネット列車予約サービスを使った新幹線の乗車方法 新幹線の予約はスマホやPCから行います。 代金はクレジットカードから引き落とし。 予約をした後は切符は基本的に駅の窓口や指定席券売機での受け取りとなります。 切符の受け取りに関しては、JR九州、JR西日本エリアでのみ可能です。 JR九州インターネット列車予約サービスはどんな人にオススメ? JR九州の在来線特急や九州新幹線・山陽新幹線をしばしば使うひとにオススメです。 JR九州インターネット列車予約サービスではJR九州の在来線特急などのお得な切符なども購入できるからです。 新幹線ネット予約サービス「JRサイバーステーション」 新幹線ネット予約サービス「」 JRサイバーステーションから新幹線を予約するための条件 JRサイバーステーションからの予約はクセ者です 笑 というのも、JRのインターネットプロバイダー「」に入会する必要があるからです。 特に割引などがあるわけでなく、ネットから予約できるというだけ。 新幹線を予約するだけのために、わざわざJRのインターネットプロバイダーに入会する人はいないと思いますので、予約方法などは省略します。 新幹線のネット予約サービスの違いまとめ サービス名 予約できる新幹線 備考 えきねっと(JR東日本) 全ての新幹線 年会費なし・割引あり エクスプレス予約(JR東海) 東海道新幹線、山陽新幹線 年会費あり・割引あり スマートEX(JR東海) 東海道新幹線、山陽新幹線 年会費なし・割引なし e5489(JR西日本) 東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線、北陸新幹線 有料会員になると購入できる割引切符が増える JR九州ネット予約サービス 山陽新幹線、九州新幹線、東海道新幹線 年会費なし・割引あり JRサイバーステーション 全ての新幹線 かなりクセモノ・割引なし もう一度、おさらいとして最初の表をのせておきます。 結論としては、 あなたが住んでいる地域で切符が受け取れるサービスを使った方が良いということです。 例えば.

次の

えきねっと(JR東日本)|新幹線・JR特急列車のきっぷ予約

えきねっと 東海道新幹線

さまざまな機能の中でも、アップルウォッチをかざすだけで公共交通機関に乗り降りできる「モバイルSuicaアプリ」は本当に便利。 わたしはJR東海道新幹線に専用のICカードで乗り降りできる「(エクスプレスIC)」というサービスをかれこれ15年以上利用してきているのですが、「モバイルSuicaアプリ」にはその機能も統合されているため、東海道新幹線もスマホであらかじめ予約し、アップルウォッチをかざすだけで乗車できてしまいます。 でピッとパッと新幹線に乗るところを、撮ってみた! (BGMついてます🎵) — ヌー : すっきり、さっぱり。 これでJR東海道新幹線以外の新幹線にもチケットレスで予約・乗車ができることになるので、いちいち空席があるかどうかを気にしながら窓口に並んだりする必要がなくなり、ほんとうに便利になります。 あたらしく始まる「新幹線eチケットサービス」でできることと、利用するための登録方法をまとめます。 Suicaなどの交通系ICカード、モバイルSuicaアプリで新幹線にラクラク乗車!「新幹線eチケットサービス」とは? まずは「新幹線eチケットサービス」の概要を。 「新幹線eチケットサービス」とは? 券売機や窓口できっぷを受取ることなく、お持ちの交通系ICカードやモバイルSuicaで、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線にチケットレスでご乗車いただけるサービスです。 早めのお申込みでおトクな「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」もご利用いただけます。 JR東日本「えきねっと」より引用 「新幹線eチケットサービス」でできることは?• JR東日本管内の新幹線( 東北・山形・秋田・北陸・上越)が対象• 乗車券と特急券が一体となった「新幹線eチケット」を、スマホやパソコンから予約購入できる• 予約時に利用選択した交通系ICカードを新幹線の改札にタッチするだけで、新幹線に乗車することができる 「新幹線eチケットサービス」利用に必要なものは?• 「Suica」や「PASMO」「ICOCA」などの交通系ICカードか、「モバイルSuicaアプリ」の入ったスマートフォンやアップルウォッチ• JR東日本の「」もしくはJR西日本の「 」での会員登録 「新幹線eチケットサービス」利用にかかる費用は?• 基本無料• (「Suica」などの交通系ICカードを利用するのであれば、そのICカード利用開始の実費は別途必要) 「新幹線eチケットサービス」利用のための「えきねっと」登録方法は? 「新幹線eチケットサービス」を利用するためには、JR東日本の「」もしくはJR西日本の「」での会員登録が必要となります。 以下は、JR東日本の「えきねっと」でわたしが会員登録したときの画面の流れです。 「えきねっと」会員登録のながれ 「」へアクセスし、左上の「はじめての方 会員登録」ボタンをクリック。 下の方にスクロールし、「会員登録(無料)する」ボタンをクリック。 個人情報の取り扱いおよび規約類に同意であればチェックボックスにチェックを入れ、「同意して次へ」ボタンをクリック。 登録するメールアドレスを入力し、「確認画面へ」ボタンをクリック。 この後JR東日本から送信されてくるメールでリンクをクリックし、ジャンプした先で必要情報を入力すると登録が完了します。 「SuicaID番号」の確認・登録方法 「えきねっと」の必要情報登録時に「SuicaID番号」の入力を求められますので、その確認方法を以下にご紹介します。 「Suica」などの交通系ICカードを登録する場合 「Suica」などの交通系ICカードを「新幹線eチケットサービス」に利用登録する場合、カードの裏側にある番号をそのまま入力します。 「モバイルSuicaアプリ」を登録する場合 「モバイルSuicaアプリ」を 「新幹線eチケットサービス」に利用登録する場合、「モバイルSuicaアプリ」を開いて出てくるSuicaカードのデザイン部分をクリック。 次の画面の中段にある「SuicaID番号」(アルファベット2文字で始まる数字列)を入力します。 あっという間に登録は完了です! 「新幹線eチケットサービス」は、新幹線乗り継ぎに注意 「Suica」などの交通系ICカードか「モバイルSuicaアプリ」を改札にかざすだけで乗車できるのが非常に便利な「新幹線eチケットサービス」ですが、乗り継ぎには気を付ける必要がありそうです。 JR東海道新幹線からJR東日本の東北・山形・秋田・北陸・上越新幹線へ共にチケットレスで乗り継ぐ場合、本来であればいちばんシンプルに乗り継ぎできるはずの「のりつぎ改札」を利用することができません。 JR東海道新幹線から一旦在来線の改札へ出て、そこからぐるりと回って、あらためてJR東日本の新幹線改札を通る必要があります。 …やや遠回りになるので、めんどくさいです。 乗り継ぎ時間にはご注意ください。 おわりに 以前は 「(エクスプレスIC)」 という専用のICカードが必須だったJR東海道新幹線のチケットレスサービスも、「」サービスの開始でスマホを持っている人ならば誰でも利用できるようになりました。 (乗車運賃は「エクスプレスIC」の方が安くなりますが…。 ) 「スマートEX」でJR東海の東海道新幹線、「新幹線eチケットサービス」でJR東日本の 東北・山形・秋田・北陸・上越新幹線に乗ることができるようになれば、乗りたい新幹線の空席の有無を気にしながらみどりの窓口や券売機前に並ぶ必要もなくなります。 しかも早く予約すると割引も。 スマホやPCから乗車予約でき、手持ちの交通系ICカードやスマホをタッチするだけで新幹線にラクラク乗車できる。 3月14日から始まる「新幹線eチケットサービス」、たのしみです。 下の四角いボタンをクリックして応援していただけるととっても嬉しいです。 テーマごとにランキング順でご覧いただけます。

次の

えきねっと(JR東日本)|JR券申込 ご利用ガイド>お受取り・お支払い方法

えきねっと 東海道新幹線

東海道新幹線以外でも全国の新幹線をはじめ、特急列車や成田エクスプレス、など色々予約できるので、関東方面の鉄道利用には大変便利です。 ただし、受け取り場所など利用において制限があります。 それら制限について詳しくご紹介していきます。 下手に予約してしまうと予約だけして、切符が受け取れないことになります。 えきねっとで東海道新幹線を予約する場合の制約 受取場所が東日本地域に限定 えきねっとで予約した列車のきっぷは、JR東日本地域近辺でしかを受け取りができません。 受取可能地域 北は青森、南は新横浜、西は長野までのJR東日本地域に限り、受け取りが可能です。 受取不可 名古屋、新大阪、京都、博多、北海道、北陸地方では、みどりの窓口であろうと受取できません。 自動券売機、窓口の発券機がいずれも他社(JRが地域が違うと他社)なので扱えません。 2016年12月1日以降JR東日本の列車に限り、北海道でも受け取りが可能になりましたが、東海道新幹線のきっぷは今でも受け取りはできません。 北陸新幹線の開通により金沢でJR西日本の一部地域のきっぷが受取れるようになりましたが、やはり東海道新幹線はダメです。 受け取り場所が制限される理由 JRの仕組みが見直されない限り改善されません。 他のJRで発券すると、JRが会社間で手数料を支払う必要があり、お互いに発券を制限しています。 おかげでネット予約が乱立、制限ありまくりで利用者のことなんて二の次の状態が続いています。 サラッと流して先に進んでしまいそうですが…。 乗車駅では「えきねっと」の予約をお受取りいただけません。 お申込みいただいたきっぷは以下の駅でお受取りください。 ・JR東日本の駅 (出典:JR東日本えきねっと会員画面) JR東日本以外に住む人は使えない 受取ができない制約があるので、私みたいに関東以西だと利用は難しいです。 名古屋から東京の行きは、窓口で購入して帰りだけ「えきねっと」で予約するという使い方は可能ですが、果たしてそんな遠回しな使い方をされる方はいないと思います。 名古屋から東北出張がある時のために私は登録しています。 名古屋から東京はエクスプレス予約。 東京から東北地方へ行く列車の予約には「えきねっと」を利用するために私も一応は登録しています。 予約はできるので、窓口で直前に買うよりもはるかに便利です。 料金割引はありませんが、窓口に並ばなくても良いので直ぐ乗車できる上、空席の心配がいりません。 座席指定は大体の場所に制限 えきねっとで東海道新幹線の予約を行う際は、以下のとおり座席指定はおおざっぱにしかできません。 出典:えきねっと シートマップ 空席を見ながらピンポイントで予約できるメリットとしては、隣が空席の席を予約して、快適に乗車できる可能性が高くなる点です。 えきねっとで東海道新幹線を予約する場合は、ピンポイントで座席指定ができないため、この恩恵がありません。 きっぷの変更は1回だけ えきねっとで予約した東海道新幹線の乗車日や座席の変更は1回限りです。 2回目からは手数料がかかります。 この制度は、窓口で購入した場合と同じです。 えきねっとでJR東日本の新幹線を予約した場合は変更が何度でも無料ですが、会社が違う東海道新幹線は1回限りです。 2回目の変更が必要な場合は一度を支払い、払い戻しをしてから再予約します。 東京から名古屋を東海道新幹線でそれぞれ操作して予約します。 帰りの分も合わせて計4回の予約操作をします。 受け取り 仙台駅で券をすべて発券して切符を受け取っておきます。 帰りの券もすべてです。 名古屋駅はJR東海の管轄なので、えきねっとの発券ができないためです。 とにかくえきねっとで東海道新幹線を予約する場合、帰りの切符を受け取っておくのがポイントです。 万が一、帰りの列車時間を変更する場合は諦めて窓口に並びましょう。 往復乗車券で安くする 少々面倒になりますが、乗車券は仙台から名古屋まで通しで買いましょう。 えきねっとで予約時に、同じ区間の乗車券なら購入できますが、仙台から名古屋まで通しでは買えません。 窓口または、えきねっとの発券後に、同じ発券機で仙台〜名古屋の乗車券を購入しましょう。 仙台〜東京、東京〜名古屋と分けて購入した場合と比べて2,050円違います。 更に乗車券を往復で買えば、さらに1割安くなります。 往復乗車券は601km以上からの割引制度で、仙台から名古屋は718kmのため対象です。 えきねっとで東海道新幹線の割引がない分、ちょっとした手間で利用できる乗車券の割引を活用しましょう。 まとめ 繰り返しになりますが、 えきねっとで東海道新幹線を予約する場合は、とにかく受け取り場所に注意です。 えきねっとは、JR東日本でしか受け取れないため、JR東日本の管轄に住まない人は東海道新幹線を予約するメリットがありません。 JR東海のエクスプレス予約や、スマートEXに加入すれば少なくとも東海道新幹線の区間は快適に利用できます。 私は愛知県在住ですが、東海道新幹線用「エクスプレス予約」と、JR東日本を利用するために「えきねっと」の両方に会員登録しています。 名古屋から東京駅までは「エクスプレス予約」を使い、東京から「えきねっと」を利用しています。 今のJR各社(特にJR東海と、JR東日本)はサービスを一本化する気は無いようなので当面はこのスタイルが続きそうです。

次の