北斗転生リーチ目。 パチスロ北斗の拳 転生の章

CR北斗の拳7 転生 パチンコ 通常時リーチ 演出 信頼度

北斗転生リーチ目

記事内目次 クリックでジャンプ• 5円 29. 8回転 3. 0円 27. 7回転 3. 3円 26. 8回転 3. 5円 26. 2回転 4. 0円 等価 25. 倒した数「100人」 バトル発展時 超激アツ! 黒王アクション予告 はじめまして、クマぱぱと申します。 パチンコとスロット歴約10年。 今は某メディア関係の仕事をしつつ兼業として期待値稼働をして副業感覚で稼いでいます。 2人の子供もいまして家でも奮闘中です・・。 今のご時世メインのお仕事だけだと不安で、最近はスロやパチだけでなくいくつかのサイト運営 ネットビジネス も始めました。 これからも積極的になんでも挑戦して将来的に今の仕事を辞めるのが密かな夢ですw このブログも今までの経験・知識を活かし見て下さる全ての方がスロット・パチンコで必勝することをメインに、シンプルで見やすいサイトを目指し皆様の勝利のお役に立つことを一番にと考えております。 今後ともよろしくお願い致します。

次の

P北斗の拳8 覇王【演出・予告・リーチ・信頼度・期待度まとめ】

北斗転生リーチ目

止め打ち攻略 電サポ中止め打ち 電チュー1個賞球、おまけチャッカー2個賞球のため、増やすというよりは玉減りを軽減します。 8秒と長めになっているため、打ちっぱなしだと毎ラウンド3個程度の無駄打ちが発生します。 また、大当り時も図柄が揃ってからアタッカー開放までの時間が長いです。 いずれも無駄打ちとなりますので、実践を推奨。 初当り時ランプパターン 本機の初当りはすべて実質4Rの大当りとなっていますが、内部的には16Ror6Rに振り分けられます。 予告演出信頼度 ボタン裏技 ン裏技は本機にも随所に存在します。 0 ロゴVISION落下or百裂拳予告から発展するストーリー系リーチは全部で5種類です。 中でもケンシロウVSラオウが最強リーチとなっています。 リーチ中はチャンスアップの有無が重要で、共通チャンスアップは、発展時のセリフ色・タイトル色・ロゴ落下・カットイン・破壊ビジョン・カットインボタン・最終煽りなどが存在します。 また、それとは別に各リーチの固有チャンスアップにも存在します。 各リーチのチャンスアップパターン発展がカギとなります。 後半発展時はストーリー系リーチ同様、文字色やロゴ落下、カットイン、破壊ビジョンなどに注目です。 そのため重要なのはリーチではなく予告となっています。 その他のモード 雑記 新バトルモード「BATTLE RUSH」を搭載し、シリーズ7作目が登場です! 確変中はバトル勝利でALL約2400発を獲得できます。 確変「BATTLE RUSH」中は液晶下部にバトルアイコンを表示しています。 図柄テンパイ後に最大4回のバトルに発展します。 確変中は自キャラとして「義星の男」レイを新たに選択可能になっています。 盤面の北斗の拳ロゴはサブ液晶を搭載し、「ロゴVISION演出」に転生し、落下・回転など縦横無尽に動き回ります。 液晶演出では修羅の国ステージとして原作終盤の死闘を完全収録しており、カイオウとのバトルも必見です! PV動画.

次の

打ち方/レア役の停止形:パチスロ北斗の拳_転生の章

北斗転生リーチ目

パチンコメーカーサミーの人気コンテンツ北斗の拳の最新作【北斗の拳7】かなり仕上がりがいいです。 演出に関してはこれまでの伝統的な予告を継承しつつ、新ギミックの「ロゴVISION」「百裂VISION」や新演出を大幅に追加。 そしてシリーズ初搭載の修羅の国ステージなども用意され、カイオウ・ヒョウなどのリーチも堪能できる仕様。 スペックは一撃性が高く、現行内規最強のバトルスペックにっています。 パチンコ業界が低迷している中、ホールの救世主なるのでしょうか!ここでは CR北斗の拳7転生の保留予告をはじめ、各種演出・信頼度、そして法則などを紹介していきます。 随時新情報を搭載していきます。 変動時よりも先読み保留として変化した方が熱い。 黄色保留はそれなりの頻度で出現しますが、ノーマルリーチで終ることもあります。 空気レベルです。 緑保留は仕事をするときもありますが、先読みとの複合がなければ弱いです。 SP前半で終ることも多い。 赤保留は出現率がグンと落ちます。 熱いことは確か。 キンリはプレミア級です。 出現の際は演出をコメントでよろしく。 拳王軍エンブレム先読み 拳王軍エンブレム 信頼度 先読み(赤) 約33% 変動時 30~40% 七星出現 15%~ 液晶下にある拳王軍ギミック。 先読みのエフェクト色は白と赤があります。 白でも発生タイミング次第では10%ほどになりますが、期待しないでいいでしょう。 先読み赤に期待です。 変動中は白・緑・赤の3色になります。 緑は5~15%しかないので、過度の期待は禁物です。 ここでも赤待ちですね。 この予告は先読みとして強い印象です。 疑似がなくても変動開始時に赤発光しそのままストーリー直発展などのパターンを実践で確認できました。 ロゴカウントダウン先読み ロゴカウントダウン 信頼度 先読み 白 2~40% 赤 約58% キリン柄 約95% 変動時 ロゴ落下 約40% ケンシロウ 約60% キリン柄 約93% 液晶右上の「北斗の拳」と書かれたロゴの先読み演出です。 白色以外のカウントは信頼度50%を超えるので激アツです。 青は出現率も高いですが、信頼度も低く継続もしない。 緑も単体では弱いので、保留変化や拳王軍エンブレム先読みなどと複合が必要ですね。 赤は僕自身も出現未確認です。 先読みとしては強烈に強いでしょう。 最初は最も出現することが多い図柄連続予告です。 図柄連続予告は各ステージのキャラもしくはケンシロウが登場します。 ここがポイントです。 連続回数2回から信頼度25%超える。 ここはチェックポイントです。 出現キャラは図柄連続予告と同様で、 ステージキャラではなくケンシロウの出現なら大チャンスとなる。 手刀も百裂拳も信頼度に大差はない。 帯の色とは画面周りのエフェクトの色のことです。 緑色以上がチャンス。 ザコのセリフはなくても赤でも信頼度は変わらないので気にしなくていいでしょう。 継続出目は特に気にしなくともよいです。 赤ならチャンスアップ。 バイブは通常とチャンスがありますが、ブルったらOKです。 出現率も抑えられている感じがしますね。 今まで以上の迫力満点アクションです。 発展場所は図柄テンパイ後だけでなく、バトルリーチ後半発展でも発生する。 大当たりの半分に絡むと言われている重要予告。 SP発展時 ボタン 通常 約10% チャンス 約30% ケン指ポキ 約62% 背景 強敵背景 53% リーチ後に出現する伝統の背景予告。 強敵背景(メインステージ)・五車星(五車星ステージ)・羅将軍(修羅の国ステージ) ゾーン演出 ゾーン先読み 信頼度 強敵ゾーン 約15% 覇王ゾーン 約35% 強敵ゾーンは期待度はそれほど高くはありません。 なんじゃこれりゃ~って演出で終わることもあります。 なので、覇王ゾーンへの昇格に期待したい。 新予告の覇王ゾーンはラオウ専用の演出で、突入すれば強リーチへの発展が濃厚になる。 煽り演出で崖の上にラオウ出現もしく強敵ゾーンから 背景チャンジ 背景チェンジ 信頼度 通常 ユリア 約30% 稲妻大 約45% 赤 通常 約10% ユリア 約45% 稲妻大 約55% キリン柄 通常 85% ユリア 大当たり濃厚 稲妻大 大当たり濃厚 パチンコ北斗の拳の伝統的な予告の一つが背景チェンジです。 今回はロングverがなくなり、通常・赤・キリンの背景に稲妻大・ユリアの組み合わせとなっている。 ユリアがいれば最低でも30%、稲妻大なら最低でも45%と覚えておこう。 また、ジャギステージはチャンスとされているが、普通に発展しても熱くもなんともありません。 ただ強い背景チャンジを経由した場合は信頼度が急上昇します。 リーチ後予告 ナレーション 信頼度 チャンスだ~ 10~30% リィィィチィィ 25~45% 激アツだ~ 74~83% リーチのボイスも忘れてはいけません。 音量を小さくしている聞き取れませんが、何かボイスが聞こえたらチャンス リーチ後ボタン 信頼度 チャンスボタン 35~50% 激押し 55~70% 激引き 90~95% 図柄テンパイ後に出現するボタン演出。 ナレーションが発生すれば熱いボタンにも期待したい。 チャンスボタンでも十分な高信頼度になっています。 激押しの出演も何度が確認していますよ。 激引きは、異常なほど信頼度が高いのでなかなか出ることはありませんね。 期待度示唆 信頼度 乱世 3~15% 世紀末 5~17% 救世主 10~25% 血闘 10~20% 死闘 20~35% 激闘 24~30% 激熱 73~83% ボタン後に現れる期待度示唆予告。 死闘・激闘・激熱、この3つに期待したい。 それ以外はどれでもいい感じがします。 ボタンからの演出は期待度示唆予告ではなく、強敵背景や次回予告(信頼度77%over が望ましいです Sponsored Link CR北斗の拳7リーチ演出 リーチ演出の流れはこれまでのシリーズ同様にシナリオ&バトル系・ストーリー系になる。 シナリオ&バトル系は7パターン存在しており、前半後半に分かれている。 後半発展が大当たりのカギを握る。 ストーリー系は5種類あり、新たにケンシロウVSカイオウが追加されている。 シンリオ&バトル系 VSバトル 信頼度 ジャギ トータル 約50% タイトル 赤タイトル 約55% キリン柄タイトル 約92% ロゴ落下 赤 約70% キリン柄 約92% カットイン 緑 約38% キリン柄 約87% ウイグル トータル 約22% タイトル 赤タイトル 約25% キリン柄タイトル 約75% ロゴ落下 赤 約37% キリン 約75% カットイン 緑 約14% キリン柄 約64% ユダ・リュウガ・サウザー・ヒョウ・ガルダ トータル(後半) 約27% タイトル 赤タイトル 約17% キリン柄タイトル 約80% ロゴ落下 赤 約43% キリン柄 約80% カットイン 緑 約18% キリン柄 約70% チャンスアップ 激熱 前半:約97% 後半:約78% CHANCE 前半:約10% 後半:約30% チャンスアップ(前半) ガルダ:ガルダVS五車星から発展するVSガルダリーチ。 ガルダの鉄扇が赤ならチャンスアップ ヒョウ:ケンの兄さんヒョウとのVSバトル。 手を合わせる時に赤い稲妻が走ればチャンスアップ サウザー:非情の軌跡リーチ(前半)が発展すればケンVSサウザーへ。 サウザーが槍を投げる前に、汚物消毒男がいればチャンスアップ。 リュウガ:天狼の涙リーチ(前半)が発展すればVSリュウガリーチへ。 リンの背後にバットがいればチャンスアップ。 ユダ:最後の炎(前半)が発展すればVSユダリーチへ発展。 経絡破孔をつかれたレイのエフェクトが赤ならチャンスアップ。 ウイグル:不落のカサンドラ獄長ウイグルとのリーチ演出。 ミツ(少年)がいればチャンスアップ。 ジャギ: ケンシロウの七つの胸の傷が光ってればチャンスアップ。 シナリオ&バトル系リーチは大当たり占有率も高いSPです。 前半で当たることはないで、後半発展に期待。 今回からは ジャギとウィグルは後半発展が約束されます。 ジャギは信頼度50%を超える激熱SPとなっている。 ウイグルは後半発展するが、信頼度は高くはない。 その他の5キャラは信頼度に差はありません。 チャンアップはキリン柄(激熱)は前半なら鬼熱!後半なら激熱 ストーリー系 ストーリー系 信頼度 レイVSラオウ トータル 約17% タイトル 赤タイトル 約20% チャンスアップ チャンスアップ(マミヤがいる・ラオウの後ろに死兆星) ロゴ落下 赤 約31% キリン柄 約70% カットイン 緑 約10% キリン柄 約58% ジュウザVSラオウ トータル 約36% タイトル 赤タイトル 約40% チャンスアップ チャンスアップ(空に五車星・飛び散る鎖が赤) ロゴ落下 赤 約54% キリン 約85% カットイン 緑 約25% キリン柄 約78% トキVSラオウ トータル 約36% タイトル 赤タイトル 約55% チャンスアップ 殴り合いトキ優勢・背景にケン・リン・バット ロゴ落下 赤 約55% キリン柄 約85% カットイン 緑 約25% キリン柄 約79% ケンシロウVSカイオウ トータル 約28% タイトル 赤タイトル 約33% チャンスアップ チャンスアップ(強敵群の中にラオウ・ケンシロウのオーラがある) ロゴ落下 赤 約46% キリン柄 約81% カットイン 緑 約19% キリン柄 約72% ケンシロウVSラオウ トータル 約57% タイトル 赤タイトル 約60% チャンスアップ 黒王がいる・バットのセリフが違う ロゴ落下 赤 約75% キリン柄 約93% カットイン 緑 約45% キリン柄 約90% CR北斗の拳7のストーリー系は全5種類。 発展ポイントは仲間系リーチ(リン・マミヤ・ユリア・アイン・シャチ)や名シーンからロゴビジョン落下からです。 レイVSラオウを除けば全体的に信頼度が高い。 新搭載されたケンシロウVSラオウは修羅の国ステージからしか発展しない。 信頼度はそこまで高くはありませんが、北斗ファンとして見逃せない演出ですね。 ストーリー系のタイトルキリン柄なら大当たり濃厚となります。 無双転生リーチ 無双転生リーチ 信頼度 回想1回目 シン・ユダ・サウザー 約22% ジュウザ・フドウ・リュウガ 約33% シュウ・トキ・レイ 約47% 百裂あり 約60% 回想2回目 サウザー・ユダ・シン 約28% ジュウザ・フドウ・リュウガ 約40% シュウ・トキ・レイ 約57% 百裂あり 約65% 3回目 キャラ不問 約57% 百裂あり 約80% 特殊図柄停止から発展する無想転生リーチ。 ボタンを押して発生する回数と種類が重要。 3回まで発展すればキャラは関係なく熱い。 百裂経由さと信頼度は倍以上にもなる。 アミバチャンス アミバチャンス トータル 約27% タイマー白 約28% タイマー赤 約50% 弱系リーチ外れ後に発展する可能性がある。 制限時間内に図柄が揃えば大当たり。 信頼度を見てわかるとおり、地味な演出だが、それなり当たる。 赤タイマーなら半分は大当たるする。 また、765などの逆順目も熱い。 アミバが「完成の時は近い」と喋れば信頼度41%! バトルラッシュ 北斗の拳7では1回のバトルで4人の対戦相手とバトルする仕様になっているので、4回のチャンスがあることになる。 今回選べる自キャラはケンシロウ・ラウオ・トキ・レイの4人。 新たに犠牲の男レイが追加されている。 バトルラッシュ中は液晶下に期待度を示すバトルアイコンが表示されています。 アイコンは全部で4つ、変動ごとに1つ消え新たに1つ追加される仕組み。 このアイコンは対戦相手・必殺技などに変化する。 つまり、期待度の高いシルエットや敵表示リーチになれば大チャンスとなる画期的な仕組みです。 バトルラシュの先読み予告 先読み系 信頼度 図柄発光 赤 勝利濃厚 緑 約65% 青 10%未満 拳王軍エンブレム 七星 大当たり濃厚 赤 大当たり濃厚 緑 約65% キャラカットイン 赤 約80% 白 10%未満 カウントダウン キリン柄 勝利濃厚 赤 約80% 白 約4% 先読み系の赤系はめちゃ熱いです。 拳王軍エンブレムは通常時のお伝えしましたが、液晶下部にあるギミックです。 七星出現もしくは赤なら勝利濃厚です。 緑でも大チャンス。 図柄発光予告は、図柄のエフェクトが発生する予告です。 赤なら勝利濃厚。 その他の予告 バトルラッシュ予告 勝率 通常テンパイ 赤 約78% 炎上テンパイ 赤 約80% 複数図柄テンパイ 赤 約78% 白 約10% セリフ予告 1or2段階目(赤) 約80% 自キャラ図柄予告 七星出現 約70% 煽り(縮小) 約80% ルーレット 赤 約80% 赤演出が発生してバトルに発展すれば勝利が80%あると思っていてください。 次回予告は勝利濃厚です 図柄テンパイ リーチ図柄 勝率 3or7図柄 勝利濃厚 5図柄 約74% 1図柄 約70% 8図柄 約65% 6図柄 約60% 2・4図柄 約55% バトル開始タイトル キリン柄 勝利濃厚 赤 約80% 通常 約62% リーチになったときの図柄は3・7なら問答無用で勝利が約束されます。 これは今まで通りですね。 テンパイしてほしい図柄は1・5の緑図柄です。 勝率も70%を超えてきます。 青図柄でも8は熱い! バトル発展時のタイトルも赤に期待ですね。 またBGMが変わった場合も大当たり濃厚との噂も。 バトルアイコン バトルアイコン 勝率 シルエット(赤) 約95% シルエット(緑) 約55% シルエット(青) 約26% 自キャラの攻撃(中) 約55% 敵キャラ(弱) 約67% 敵キャラ(中) 約23% 毎回転変動するバトルアイコンが本機の最大の特徴といえます。 シルエットは赤・緑・青・黒の4種類。 シルエットアイコンは緑以上でテンパイしたところですね。 自キャラの攻撃アイコン中の発生も熱い。 金文字・ 死兆星・自キャラのアイコンなら勝利濃厚になります リーチバトル ケンシロウVS 1~3回目 ラスト アミバ 勝利濃厚 ジャギ (ケン弱攻撃) 32~46% 約50% ジャギ (ケン中攻撃) 77~84% 約87% ウイグル (ケン弱攻撃) 7~10% 約14% ウイグル (ケン強攻撃) 36~46% 約54% サウザー (ケン弱攻撃) 3~4% 約6% サウザー (ケン強攻撃) 18~25% 約32% ラオウ (ケン弱攻撃) 2~3% 約4% ラオウ (ケン強攻撃) 13~18% 約23% ケンシロウの対戦相手は全員で4人です。 バトルは1~3の勝率は少し低く、最終バトルが最も信頼度が高い。 これは全キャラ共通です。 ジャギ相手なら弱攻撃でも、十分に勝利できるレベルです。 ウイグル以上の相手なら強攻撃が必須ですね。 ラオウ相手はでは強攻撃でも厳しい。 ラオウVS 1~3 ラスト フドウ 勝利濃厚 レイ (ラオウ弱攻撃) 39~49% 約57% レイ (ラオウ強攻撃) 81~87% 約90% ケンシロウ (ラオウ弱攻撃) 13~19% 約25% ケンシロウ (ラオウ強攻撃) 53~65% 約70% トキ (ラオウ弱攻撃) 10~15% 約20% トキ (ラオウ強攻撃) 44~45% 約62% リュウケン (ラオウ弱攻撃) 1~2% 約2% リュウケン (ラオウ強攻撃) 7~10% 約15% ラオウの技が強攻撃なら誰でも勝利可能です。 ただし1人を除かないといけませんけどね。 その1人はリュウケンです。 リュウケンとのバトルは諦めて下さい。 これまたテンパイしたら必ずリュウケンがいますからね。 トキVS 1~3 ラスト アミバ 勝利濃厚 ウイグル (トキ弱攻撃) 32~42% 約50% ウイグル (トキ強攻撃) 77~84% 約87% リュウガ (トキ弱攻撃) 7~10% 約14% リュウガ (トキ強攻撃) 35~45% 約53% ラオウ (トキ弱攻撃) 1~2% 約3% ラオウ (トキ強攻撃) 10~14% 約20% ケンシロウやラオウよりトキの対戦相手は1人少ない。 ウイグルなら弱攻撃でも勝利できるレベル。 リュウガなら必殺技が必須。 ラオウなら諦めるといった感じです。 リュウガとのバトルが多い感じですね。 レイ 1~3回目 ラスト 牙一族 勝利濃厚 牙親父 (レイ弱攻撃) 32~42% 約50% 牙親父 (レイ強攻撃) 77~83% 約87% ユダ (レイ弱攻撃) 6~9% 約12% ユダ (レイ強攻撃) 32~42% 約50% ラオウ (レイ弱攻撃) 2~3% 約4% ラオウ (レイ強攻撃) 12~18% 約23% トキと同じく対戦相手は1人少ない。 親父とのバトルの発展に期待ですね。 実践ではラオウとのバトルは少なかったです。 ユダに負けるパターンが多い。 大当たり後の演出 バトルボーナス 勝率 ラオウのオーラ オーラ小 約60% オーラ大 約40% ラオウ攻撃 パンチ 約80% 北斗剛掌派 約50% 天将奔烈 約30% 復活演出 赤文字 勝利濃厚 白文字 約23% 3・7図柄揃いはバトルラッシュ直通。 それら以外の図柄はラウンド昇格演出に発展してラオウに勝つことができればバトルラッシュ突入となる。 まず最初はラオウのオーラの大きさです。 一見見逃しがちですので要確認です。 次は攻撃です。 パチンは別格に熱いですが、ラオウの必殺技の種類も注目ですよ。 ケンシロウでなく トキなら勝利濃厚!バトルに負けてもユリア登場するパターンもあり。 スロットの初代北斗の拳のBGMが懐かしいです^^ ひでぶゾーン バトル敗北時は7回転の「ひでぶゾーン」に突入します。 通常or確変の電サポ7回転のゾーン。 ひでぶゾーンの3割は確変なので、内部確変割合は高いです。 このゾーン中はひでぶポイトを獲得する仕様です。 ポイントはレイやトキ、ケンシロウの必殺演出で大量ポイントを獲得のチャンス。 ポイントの獲得数が多くなればなるほど、最後のひでぶチャレンジの成功率が上がる。 成功すればバトルラッシュに突入。 ・ひでぶゾーン突入時のタイトルが赤なら内部確変の期待度は約51% ・合計5000到達で確変の可能性大!(6000超えでも通常ありとのことです。 大爆発させるためには、時短での引き戻しがカギとなります。 7なので、引き戻し確率は26. 4回に1回は引き戻すことができる。 一拳ゾーン中も保留変化など演出は多彩です。 先読み 信頼度 保留 緑保留 約10% 赤保留 約55% 自キャラ保留 約25% その他 炎エフェクト 緑:約14% 赤:約53% チャンス目 緑:約10% 赤:約55% ロゴ振動 緑:約14% 赤:約53% 図柄発光 緑:約10% 赤:約60% 自キャラカットイン 赤)約45% 時短中は緑系の予告は10%前後、赤系の予告は50%程度になります。 一拳ゾーンバトル バトル中 信頼度 拳王エンブレム 七星上昇(赤) 約53% ほし発光(赤) 約27% ボタン集まり煽り チャンス 約18% ボタン変化 チャンス 約25% 時短中はワンパンチできめるシンプルな演出です。 バトル発展時トータル信頼度は10%と低めだが、バトル発生率は高い。 バトル中の赤の発生がチャンスとなる。

次の