竜宮 宮崎。 御朱印帳が大人気!【宮崎&鹿児島】神社ドライブ3コース|じゃらんニュース

竜宮伝説のある富山県宮崎の鹿島神社の歴史や装飾彫刻がすごい!

竜宮 宮崎

御朱印帳が大人気!【宮崎&鹿児島】神社ドライブ3コース 2015. 06 神社めぐりをさらに深く、楽しくさせる「御朱印集め」。 気になるエリアをチェックして、早速お出かけしてみては。 亀石のくぼみに男性は左手、女性は右手で運玉を投げよう。 入ると願いがかなうとか 御本殿奥には、ヒメが御子のために岩に乳を貼りつけたという「お乳岩」が見られる 山幸彦と結ばれたトヨタマヒメが出産をした宮とされ、誕生したウガヤフキアエズノミコトを主祭神として祀る。 今も縁結びや安産祈願の参拝者が絶えない。 洞窟内や参道には、神の使いであるウサギの像が見られる。 大切にされているウサギを探してみて。 御朱印DATA ・御朱印初穂料 300円 ・受付時間 7時~18時 ・オリジナル御朱印帳 4種類 1冊1000円 鵜戸神宮(うどじんぐう) TEL/0987-29-1001 住所/宮崎県日南市宮浦3232 営業時間/7時~18時(4~9月は6時~19時) 定休日/なし アクセス/宮崎道宮崎ICより45分 駐車場/400台 榎原神社《縁結び・安産》 堂々たる楼門をくぐると鐘楼と美しい社殿が。 目にも鮮やかな拝殿。 隣接する摂社桜井神社には伊勢エビの彫刻も 江戸時代初期に当時の飫肥藩の鎮守として鵜戸神宮の分霊を祀っている。 威風堂々たる楼門をくぐってすぐに見える鐘楼(鐘つき堂)は、県指定有形文化財建造物第1号として認定されている。 山の緑に映える朱塗りの社殿は鮮やかな彫刻が施され、見飽きないほど。 境内は毎朝、はき清められ、すがすがしい空気が漂う。 兄神・海幸彦を主祭神として祀るのは全国で唯一とされる。 潮は海、嶽は斎場を表し、遠く離れた海を思う海幸彦の気持ちが込められているという。 里人は今も海幸彦を敬い、春大祭には、海の幸・山の幸の両方が奉納される。 豊玉姫は開聞付近を出発し、この地に封ぜられたという伝説が残る トヨタマヒメと夫・山幸彦、父である海神ワタツミノカミ、妹タマヨリヒメが祀られている。 豊玉姫が立派な子を産んだという言い伝えから安産を願う参拝者が多い。 水車を利用した国選択無形民俗文化財「水車からくり」の舞台があり、毎年7月9・10日と知覧ねぷた祭で披露される。 希望者には社殿の中を案内してもらえる。 天井の花木絵や装飾を見よう 太陽神アマテラスオオミカミを祀り、創建は天智天皇に由来する。 現在の社殿は、第27代島津齋興公の古希を記念して建てられ、勅使(ちょくし)殿の鶴の彫刻や本殿の鶴亀松の装飾など、長寿を願う装飾が随所に施されている。 境内の樹齢1000年を超える大楠など、見どころも多い。 御朱印DATA ・御朱印初穂料 300円 ・受付時間 9時~17時 ・オリジナル御朱印帳 なし.

次の

★デカ盛り!清武「竜宮ラーメン」のチキン南蛮★

竜宮 宮崎

鹿嶋神社の歴史 鹿嶋神社は、かつては現在の海にある沖ノ島にあったと言われています。 海岸の浸食によって、現在の場所に移されました。 私が幼い頃は今よりもかなり広範囲に砂浜があったのですが、現在は浸食されて本当に砂浜が少なくなりました。 ですから、現在海になっているところが、昔は陸だったというのは想像が付きます。 きっと、 江戸時代、さらに古い時代には今よりもずっと北側に、神殿があったに違いありません。 そして、 今の神社よりもかなり大きかったのではないかとも言われているそうです。 もともと、現在の朝日町、入善町、黒部川の左岸の一部の総社だったそうです。 日本海の要塞として海上安全を祈り、中世には宮崎城のある位置から、北陸の宮を迎え入れたり、上杉景勝、織田信長の祈願所にもなったと言われています。 江戸時代になり、加賀藩の領地となり前田藩から特別な庇護を受け、参勤交代の折には、加賀藩主がこの神社を参拝したそうですよ。 鹿嶋神社造営と彫刻について 現在の鹿嶋神社の造営は、明治9年に開始されました。 神社の建築は、本体工事を担当する宮大工と装飾彫刻をする大工は、分業制だったそうです。 装飾彫刻を担当したのは、北村喜代松という人です。 北村喜代松は、今の新潟県糸魚川市市振の宮大工の長男として生まれました。 親元で修行した後に江戸にでて山車彫刻の修行をしたそうです。 現在宮大工と呼ばれる方は大変貴重なようですが、当時は沢山の方が活躍しておられたのでしょうか。 昔は、各地区に鎮守の神様として神社があり、大きな山車もお祭りになると出ることが多かったですよね。 そう思うと、宮大工として活躍した方は、数多くいらっしゃったのかもしれません。 鹿嶋神社装飾彫刻の見どころ 鹿嶋神社の装飾彫刻の主題は、日本神話「八岐大蛇退治」だそうです。 八岐大蛇の話というと、素戔嗚尊(スサノオノミコト)が主人公ですよね。 私も昔祖母が話してくれた様な記憶があります。 非常に簡単に言うと、高天原で乱暴を働いたスサノオノミコトが追放されて、出雲の国に来て、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)という、八つの頭と八つの尾をもつ怪物と戦い、勝利するという話です。 その戦いの要因になるのは、クシナダヒメという美しい女性を救うために戦う事になります。 そして、戦いに勝つために、強い酒を造り八つの甕に入れて,ヤマタノオロチに飲ませて酔い潰れて眠ったところを成敗します。 そのヤマタノオロチの尾からでてきたのが、「草薙の剣」です。 今年令和元年は、この「草薙の剣」が注目されましたね。 天皇陛下が退位され、新天皇が即位されるときに、三種の神器の一つとしてテレビでも話題になりました。 この写真に見える 右側の人物がスサノオノミコト、左側がクシナダヒメだそうです。 スサノオノミコトが草薙の剣を持っていますよね。 とても立体的に表現されています。 ちょうど 二人の間に、ヤマタノオロチがいるようです。 その他、まわりにも龍や獅子などが掘られていますが、今にも出てきそうなほどの迫力です。 これほどの、彫刻を彫った北村喜代松という人の他の作品も見てみたいと思います。 きっと、どこか他の神社にもあるのではないでしょうか。 まとめ 今回は、私の町の有名な鹿嶋神社の彫刻について調べたことをまとめてみました。 彫刻は、神話の中のヤマタノオロチ退治がモチーフになっていることが分かりました。 神話をモチーフにしたことは、この神社が神話とも関係があるほど由緒があることから来ているのかもしれません。 神話の世界とつながっていると思うと、さらにこの神社がとても貴重な文化財のように思いました。 ぜひ、この彫刻を見に来てくださいね。

次の

御朱印帳が大人気!【宮崎&鹿児島】神社ドライブ3コース|じゃらんニュース

竜宮 宮崎

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg.

次の