クジラは英語でなんて言うの。 アサガオは英語でなんて言う?英語で覚えたいNZでよく見かける植物

「お尻」は 英語で“ヒップ” ……ではない!? 上品系から下品系までお尻の英語表現イロハ

クジラは英語でなんて言うの

もう少し詳しく説明すると、クジラ目という大きなグループがあり、その中でさらに、口の中にクジラヒゲ(海水中の食べ物を濾しとる役割をもつ)を持つヒゲクジラ類と、口の中に歯を持つハクジラ類の2つのグループに分かれます。 この中で、ヒゲクジラ類全種とハクジラ類の中で4mを超える種類を「クジラ」、ハクジラ類の中でも4mより小さい種類を「イルカ」と呼び分けているのですね。 しかし、この4mというのはなんとも曖昧なもので、命名規約などではっきりルールとして決まっている訳ではありません。 あくまで、一般的にはそういう暗黙のルールに従って呼び分けられていると思ってください。 また、「イルカ」「クジラ」の他に、コビレゴンドウやハナゴンドウなど「ゴンドウ」という名前がつく種類もいます。 コビレゴンドウやハナゴンドウなど は、体長が4m前後になることと、バンドウイルカなどのように口先が尖らず丸っこいという特徴があります。 英語でイルカを指す「dolphin」は、口先の尖っているものを指しているようなので、クジラというには小さいがイルカというには頭が丸い種類を「ゴンドウ」と名付けたのではと考えられますね。 イルカ?それともクジラ?じつは曖昧な名付け方 さて、体長4mを境目として呼び方が分かれるといっても、世界共通の正式なルールではないため、ちょうど4m前後の大きさの場合名付けが曖昧になることがあります。 例えば、4~5mになるシロイルカは、英語では「white whale(白いクジラ)」と呼ばれています。 頭が丸っこく、口先も少し突き出してる程度なので、海外ではクジラと呼ばれているのかもしれません。 また、日本で「ゴンドウ」と呼ばれる種類のほとんどが、英語では「whale」となっています(ハナゴンドウ・カワゴンドウはなぜかdolphin)。 このように、日本と海外でもイルカとクジラの認識にズレがあり、名付け方が異なったりするんですね。 では、こういったイルカやクジラの名前はどうやって決められているのでしょうか? 生物の名前は、その生物の新種記載論文を出した人に命名権があります。 詳しく言うと、「今まで見つかっている種類とはこういう所が違うので、この生物は新種だ!」ということを、きちんと論文にまとめて最初に発表した人が、その生き物の名前を付けられるのです。 あまりにも突拍子もない名前は、混乱を招くからNGという暗黙のルールがありますが、イルカかクジラか曖昧な種類に名付ける場合、名付ける人の匙加減でどちらになるか決まってしまうのかもしれませんね。 まとめ ・イルカは「クジラ」と同じ仲間である ・ヒゲクジラ類全種とハクジラ類の中で4mを超える種類は「クジラ」、ハクジラ類の中でも4mより小さい種類は「イルカ」 ・4m前後の大きさの場合名付けが曖昧になることがある イルカとクジラは同じ仲間であり、私たちが思うほどはっきりとした区別はないということをお話してきました。 生き物の名前は私たち人が決めたものなので、人の数だけ様々な解釈があり、曖昧な部分が出てきてしまうんですね。 野生のイルカってどんな生活しているかご存知ですか?こちらの記事で詳しくご紹介しています。

次の

(文法)中2で分かる鯨構文

クジラは英語でなんて言うの

クジラ構文の典型的な例文A whale is no more a fish than a horse is. この比較 クジラ構文「no more A than B」を理解するのに大切なことは• 2つのことを比べている• no は「差がゼロ」を表す• no が more を強く否定し「~なんてとんでもない」を表す• than は「どれだけありえないのか」を表すための引き合い この4つのポイントをしっかりと理解出来ていれば大丈夫です。 「~でないのと、~でないのは同じだ」というのをそのまま覚えるよりも分かりやすいし、色んな場面でパッと英文が理解出来ると思います。 クジラ構文って名前がついていますが、これも比較の文ですので必要以上に恐れないようにして下さい。 比較は2つのことを比べている まず、クジラ構文は比較の文ですので、この場合も2つのことを比べています。 この例文では、 「A whale is a fish」と「a horse is a fish 」を比べています。 どんな点で比べているかというと、この場合は「 a fish 」という点で比べているわけですね。 とりあえず「魚」とか、「魚っぽさ、魚度」とでも言えばいいでしょうか(笑) 要は 「クジラと馬の、魚っぽさ」を比べているわけです。 まずこれを理解して下さい。 形容詞ではないので、魚っぽさというのは厳密にいうとおかしいかもしれませんが。 「 どっちがより魚か」ということですね。 no は「差がゼロ」を表す 次に、「 no more 」の no です。 これは「比較しているものの 差がゼロ」ということを表します。 つまり、「クジラと馬の魚っぽさ」を比べた時に「 どちらがより魚であるかに差がない」ということです。 「 クジラと馬の、魚度は同じ」です。 no が more を強く否定し「~なんてとんでもない」を表す no が more を強く否定します。 クジラ構文「no more A than B」の than は「どれだけありえないのか」を表すための引き合い than a horse is a fish. クジラの例文ではこの部分です。 「馬が魚である」というのはありえないですよね? こういう「ありえないこと」を引き合いに出すことで、それと「クジラが魚である」というのは 同じレベルでありえないことなんだよということが言いたいのです。 比較 クジラ構文「A whale is no more a fish than a horse is. 」のまとめ A whale is no more a fish than a horse is. 4つの材料が全部揃ったので、それを使ってこの有名な例文を考えてみましょう。 「クジラが魚であるというのは、馬が魚であるのと同じくらいとんでもない」 つまり、 クジラは魚なんかでは決してない。 ということが言いたいわけですね。 than 以下はどれくらいありえないかを表すために引き合いに出された、おまけのようなものとも言えます。 これを少し言い換えると、クジラ構文の定番の訳「クジラが魚でないのは、馬が魚でないのと同じだ」となるわけですね。 別にこの形で必ず訳さないといけないわけではありませんが一応。 どうでしたか?一度しっかりと理解しておくと、英文で出会うたびに慣れてくると思います。 暗記した和訳を当てはめるやり方よりも、考え方自体を理解しておくのがおすすめです。 比較 クジラ構文のno more... thanの使用率、改まり度・自然さ度 no more … thanの個人使用率• ビジネスレター 69%• くだけた会話 94%• 改まった会話 88% no more … thanの改まり度・自然さ度(各5段階評価の回答者平均値)• 改まり度 2. 自然さ度3. 7 田中茂範「データに見る現代英語表現・構文の使い方」 このような結果が載っています。 この本では、80%を超えると「使用率がかなり高い」表現となっているので、会話では普通によく使われる表現のようですね。 50~79%は「どちらかと言えば使用率が高い」表現となっていますので、ビジネスレターでもどちらかというと使用率が高い表現のようです。 また、 「」という、Googleの持っている古今の大量の書籍データの中から、ある単語や表現がどのくらい使われているのかなどを調べられるサービスがあります。 先ほどの田中茂範先生の本は90年の出版なので、「古いデータで信用ならん!」という人はこちらで調べてみて下さい。 もちろん、次の例のようにこの構文は1単語でない場合も沢山ありますので、実際はもっと多く使われているはずです。 クジラ構文が実際に英語のネイティブスピーカーに使われた例 次は、実際にクジラ構文「no more A than B」が使われた英文を1つみてみましょう。 有名どころでは、2013年のオバマ元アメリカ大統領の2期目の就任演説で出てきていますね。 こちらです。 先ほどのデータとこの就任演説の例で、「クジラ構文はネイティブも使わない表現」というのは否定されたかと思います。 この演説は有名なので知ってる人もいるかもしれませんが、一応少し解説しておきます。 fascism or communism は「独裁主義と共産主義」ですが、「第2次大戦と冷戦」のこと• muskets and militias は「マスケット銃と民兵」ですが、これは「独立戦争の時に使った武器と兵」のこと まず、この2つを前提知識として知っておきましょう。 その方が、この英文の理解がよりしやすくなると思います。 「 アメリカ国民が単独で世界の要求に応えることが出来るってのは、(独立戦争の時代の武器である)マスケット銃と民兵で、独裁主義(第2次大戦)・共産主義(冷戦)を戦えたというのと比べて同じくらいとんでもないことだ」 要は、「アメリカ国民が団結しないと今日の世界の要求には応えられんよ」 ってことですね。 「アメリカ国民が単独で世界の要求に応えることが出来る」ということがどれだけありえないことかの例として「独立戦争時代の戦力で第2次大戦と冷戦を戦う」ということを引き合いに出しているわけです。 「これくらいありえないんだぞ」と。 これを少し言い換えると、クジラ構文の「アメリカ国民が単独で世界の要求に応えられないのは、(独立戦争の時代の武器である)マスケット銃と民兵で、独裁主義(第2次大戦)・共産主義(冷戦)を戦えないのと同じだ」となります。 最後に 今回は、有名な比較のクジラ構文「no more A than B」を解説しましたが、どうでしょうか。 ただ和訳を覚えて当てはめるよりも、この記事で解説したようなことをしっかりと理解して上で読むほうが近道だと思います。 クジラ構文は本当に苦手な人が多いので、この記事を読んだ人が少しでも苦手を克服できればいいのですが…。 英文を前から読んで一度でしっかりと理解出来るくらい慣れておきたいですね。

次の

捕鯨って何が問題なの? 日本は世界の「目」とどう向きあうべきか。

クジラは英語でなんて言うの

記事の目次• 馬鹿だなぁ。 子供が覚える悪口の代表と言えば「馬鹿」なんじゃないでしょうか。 How many times do I have to say this, stupid. (一体何回言えば分かるんだよ、馬鹿だなぁ。 ブスだね。 相手に不快感を与える醜い顔を表す時に使う英語ですので、失礼と言えば失礼です。 (超ブスだね。 デブだね。 彼気持ち悪いんだけど。 「気味の悪い」、「ゾッとする」という意味があり、人に対して使う時はよく男性が対象になることが多いかもしれませんね。 ウザいんだけど。 しかしやはり悪口なので言われて嬉しいものではありません! This is lame. ダサいね。 アメリカで使われる軽蔑表現で、「時代遅れの」、「ダサい」を表す言葉です。 君って変人だね。 彼って負け犬だよね。 「敗者」、「負けた人」を表します。 本当にお前って弱虫だな。 「弱虫」、「意気地なし」を表す英語。 男性に対して使うと、よりダメージが大きい悪口ですね。 (泣くのやめろって、いくじなし。 ) You fool. 馬鹿め。 比較的定番の悪口ですね。 ただし意味はマイルドで、「おばかさん」というニュアンスで友達間や恋人間で使うこともありますよ! Such a whiner. 泣き言ばっか言ってるよね。 シチュエーションや使い方によっては物議を醸すかもしれません! Screw you. くたばれ。 船などの「スクリュー」はこの言葉から来ているのですが、悪口での使い方は全く意味が違います。 スラングで「めちゃくちゃにする」、「つぶす」といった意味があり、命令形で使うと苛立ちを表すことができます。 You idiot. 馬鹿め。 ただし以前は「白痴」を示す差別的・侮辱的用語で、知的障害者に使われた英語でした。 そのため本来は使用を避けるべき言葉ですが、「お前は馬鹿か!」を伝える時に比較的頻繁に使われています。 彼って不愉快だよね。 常識がなかったり、自分勝手に動く人に対して使うのがいいでしょう。 アホだね。 こちらも「馬鹿な」や「アホな」を表す英語。 場合によっては「口の利けない」、「言葉の不自由な」を意味することもありますが、差別的・侮辱的用語であることは間違いありません。 「馬鹿」を表現しますが、「トロい」というような馬鹿さ加減に使われることが多いかもしれません。 Are you a moron? 以前は軽度の知的障害者を指す専門用語でしたが、その侮辱的な意味合いから不適切な言葉とみなされるようになりました。 そのため不謹慎な英語ではありますが、相手を侮辱する時にはよく聞かれる悪口ですね。 You suck. あんたって最悪。 「最悪」以外にも、「全然できてないじゃん」、「うまくいってないじゃん」といった意味にもなります。 彼はクソったれだ。 相手をそんな場所にたとえるわけですから、非常に侮辱的です。 嫌なことをしてくる「ろくでなし」、「馬鹿者」、「クソったれ」に対して使うことができます。 知識として知っておくだけで、決して人前で使わないようにしましょう! Fuck you. くたばれ。 これは日本でも有名になってきた英語かもしれません。 タブーな言葉なので、これを用いたフレーズは頭文字をとって「Fワード」をくくられることも。 怒りを表す時や、相手を罵る時にピッタリの英語。 しかし非常に汚い言葉で、アメリカではテレビで放送できない英語を認識されています。 そのため出演者がこの言葉を使った場合は「ピー」と音が入るのが鉄板です。 とは言うもの、実は日常会話で結構耳にするこの英語。 非常に過激な言葉です。 彼女ってくそばばあ。 しかしスラングとしての使われ方が主流になっており、「嫌な女」、「くそばばあ」を意味する悪口でもあります。 日本では「ビッチ」と聞くと、性的に乱れているというニュアンスがありますが、実はそういった要素は本来含まれていません。 ただ単に気に入らない女性に対して使うのが基本となります。 (彼女ってホント嫌な女よね。 (お前はくそったれだ。 ) You cunt. この野郎。 これをあえて男性に使うことで、ひどい罵り英語となるのですね! 下劣な悪口であることは間違いありません。 あんたって尻軽女。 ということで、もちろん基本は女性に対して使われますが、激しい侮辱としてあえて男性に使われるケースも少しありますよ。 (あんたってふしだらな女よね。 ) Kiss my ass. くたばれ。 このフレーズは直訳すると「私のお尻にキスしろ」という意味になり、非常に下品な英語。 相手を挑発する時や怒りを表現する時に使われる悪口ですね! おわりに いかがでしたか? 中には興味本位で覚えたことのある英語表現もあったのではないでしょうか? 何度も繰り返しますが、これらの悪口は相手を不愉快な気持ちにさせるだけでなく、自身の品位や教養をも疑われるものです。 ということで意味を知るだけに留めて、日常会話で使わないのがベスト! 扱い方には気をつけて、これらの悪口を学んでいきましょう!.

次の