イジワル 同期 ととろ 甘 同居。 イジワル同期ととろ甘同居・最新13話のネタバレと感想|comic Berry’s 85号|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

comicBerry'sの商品一覧

イジワル 同期 ととろ 甘 同居

イジワル同期ととろ甘同居・第13話のネタバレ 特約店会議がはじまり、緊張する乃梨子。 そんな様子を見て須賀は優しくフォローします。 しかし、久住とは気まずいまま…。 顔を合わせると無言状態が続いてしまいます。 そんな時、社員が乗っている電車が事故で遅れてしまい、急に現場が慌ただしくなってきます。 状況を見た久住は、須賀に乃梨子をサポートするように言います。 乃梨子はそれを見て、やりがいのある仕事の興奮や達成感を一緒に分かち合いたかったけれど、今はもうそんな関係ではないんだということを実感。 すると、乃梨子は手を怪我していることに気が付きます。 救急箱を取りに行くと、そこには久住が。 気まずいと思いながらも救急箱を取ろうとすると、久住は血のついた乃梨子の腕を掴み、心配します。 そんな2人の元に偶然通りかかった永坂。 2人のくっつき具合を面白がると、久住はなにもないと行って、去っていきます。 乃梨子はその後、久住の営業力で現在の仕事が実現していることを永坂から聞きます。 仕事が一段落すると、須賀から飲みに誘われる乃梨子。 戸惑っていると、久住が「手を出さなければいい」と許可を出したと言い、その言葉に乃梨子は嬉しくなってしまうのでした。 勢いで飲みの誘いを断り、 やっぱり久住に自分の気持ちを伝えたいと乃梨子は強く思います。 数日後、社内で吾川と離していると、久住が海外出張中であることを聞きます。 海外に行くなら一言声をかけてくれてもいいのにと落ち込んでしまう乃梨子。 仕事で関係なくなったら私達は本当にこれまでなんだろうと落ち込んでしまいます。 すると、その時、 久住の出張先の国でクーデターが起こり、情勢が悪化したことを知ります。 さらに日本人のけが人も出たと言うニュースが流れ、ざわつく社内。 乃梨子は倒れる久住を想像してしまい、思わずその場を立ち去ります。 お願い。。。 無事で居て…。 乃梨子はただただ久住の無事を祈るしかありませんでした…。

次の

【期間限定価格】イジワル同期ととろ甘同居1巻 電子書籍/戯あひさ、西ナナヲの本の詳細情報|mibon 未来屋書店の本の電子書籍サービス【ポイント貯まる】

イジワル 同期 ととろ 甘 同居

イジワル同期ととろ甘同居・第13話のネタバレ 特約店会議がはじまり、緊張する乃梨子。 そんな様子を見て須賀は優しくフォローします。 しかし、久住とは気まずいまま…。 顔を合わせると無言状態が続いてしまいます。 そんな時、社員が乗っている電車が事故で遅れてしまい、急に現場が慌ただしくなってきます。 状況を見た久住は、須賀に乃梨子をサポートするように言います。 乃梨子はそれを見て、やりがいのある仕事の興奮や達成感を一緒に分かち合いたかったけれど、今はもうそんな関係ではないんだということを実感。 すると、乃梨子は手を怪我していることに気が付きます。 救急箱を取りに行くと、そこには久住が。 気まずいと思いながらも救急箱を取ろうとすると、久住は血のついた乃梨子の腕を掴み、心配します。 そんな2人の元に偶然通りかかった永坂。 2人のくっつき具合を面白がると、久住はなにもないと行って、去っていきます。 乃梨子はその後、久住の営業力で現在の仕事が実現していることを永坂から聞きます。 仕事が一段落すると、須賀から飲みに誘われる乃梨子。 戸惑っていると、久住が「手を出さなければいい」と許可を出したと言い、その言葉に乃梨子は嬉しくなってしまうのでした。 勢いで飲みの誘いを断り、 やっぱり久住に自分の気持ちを伝えたいと乃梨子は強く思います。 数日後、社内で吾川と離していると、久住が海外出張中であることを聞きます。 海外に行くなら一言声をかけてくれてもいいのにと落ち込んでしまう乃梨子。 仕事で関係なくなったら私達は本当にこれまでなんだろうと落ち込んでしまいます。 すると、その時、 久住の出張先の国でクーデターが起こり、情勢が悪化したことを知ります。 さらに日本人のけが人も出たと言うニュースが流れ、ざわつく社内。 乃梨子は倒れる久住を想像してしまい、思わずその場を立ち去ります。 お願い。。。 無事で居て…。 乃梨子はただただ久住の無事を祈るしかありませんでした…。

次の

comicBerry'sの商品一覧

イジワル 同期 ととろ 甘 同居

イジワル同期ととろ甘同居・第13話のネタバレ 特約店会議がはじまり、緊張する乃梨子。 そんな様子を見て須賀は優しくフォローします。 しかし、久住とは気まずいまま…。 顔を合わせると無言状態が続いてしまいます。 そんな時、社員が乗っている電車が事故で遅れてしまい、急に現場が慌ただしくなってきます。 状況を見た久住は、須賀に乃梨子をサポートするように言います。 乃梨子はそれを見て、やりがいのある仕事の興奮や達成感を一緒に分かち合いたかったけれど、今はもうそんな関係ではないんだということを実感。 すると、乃梨子は手を怪我していることに気が付きます。 救急箱を取りに行くと、そこには久住が。 気まずいと思いながらも救急箱を取ろうとすると、久住は血のついた乃梨子の腕を掴み、心配します。 そんな2人の元に偶然通りかかった永坂。 2人のくっつき具合を面白がると、久住はなにもないと行って、去っていきます。 乃梨子はその後、久住の営業力で現在の仕事が実現していることを永坂から聞きます。 仕事が一段落すると、須賀から飲みに誘われる乃梨子。 戸惑っていると、久住が「手を出さなければいい」と許可を出したと言い、その言葉に乃梨子は嬉しくなってしまうのでした。 勢いで飲みの誘いを断り、 やっぱり久住に自分の気持ちを伝えたいと乃梨子は強く思います。 数日後、社内で吾川と離していると、久住が海外出張中であることを聞きます。 海外に行くなら一言声をかけてくれてもいいのにと落ち込んでしまう乃梨子。 仕事で関係なくなったら私達は本当にこれまでなんだろうと落ち込んでしまいます。 すると、その時、 久住の出張先の国でクーデターが起こり、情勢が悪化したことを知ります。 さらに日本人のけが人も出たと言うニュースが流れ、ざわつく社内。 乃梨子は倒れる久住を想像してしまい、思わずその場を立ち去ります。 お願い。。。 無事で居て…。 乃梨子はただただ久住の無事を祈るしかありませんでした…。

次の