グランド メッカ。 メッカXP

グランドメッカ

グランド メッカ

朝イチ1000ちゃん 導入直後とあってリセット高確?からすくBIGを引くも、特化ゾーン入らず。 そのまま天井直行。 特化ゾーンにいれたものの、400枚で終了。 稼働前情報や機械割り情報よりもかなりきつい印象。 設定1と思われました。 移動 その後、聖矢海王覚醒 聖矢島とは別に一台だけバラエティに移動してきたので座ってみる。 2スルーして800回転ほどしたときに中段チェリー直撃。 直ラッシュ突入。 すぐに発展してvs黄金からのアイオリア。 906ゲーム上乗せ。 更に30ゲーム後千日戦争。 430ゲーム上乗せ。 そこから7時間ほど細かい上乗せが続き、最終ゲーム4000gオーバー。 万枚越えました。 確定演出はありませんでしたが、きっと6だったのでしょう。 また、出玉データについては弊社作業員が実際に遊技ホールを訪れ、データ表示機等から取得した情報のみ掲載し、分析に利用しております。 弊社は遊技ホールとはいかなる関係も一切ございません。 各取材・キャンペーンについて、遊技ホールと共同で催事を開催し、設定変更やイベントを行っているものでは一切ありません。 「おすすめ」についても、当サイトが様々な過去の状況を独自に数値化し、独自の計算式に基いて算出したものであり、遊技ホールやメディアとは一切関係ございません。 Copyright C 2015 MOY All Rights Reserved.

次の

アル=ハラム・モスク占拠事件

グランド メッカ

朝イチ1000ちゃん 導入直後とあってリセット高確?からすくBIGを引くも、特化ゾーン入らず。 そのまま天井直行。 特化ゾーンにいれたものの、400枚で終了。 稼働前情報や機械割り情報よりもかなりきつい印象。 設定1と思われました。 移動 その後、聖矢海王覚醒 聖矢島とは別に一台だけバラエティに移動してきたので座ってみる。 2スルーして800回転ほどしたときに中段チェリー直撃。 直ラッシュ突入。 すぐに発展してvs黄金からのアイオリア。 906ゲーム上乗せ。 更に30ゲーム後千日戦争。 430ゲーム上乗せ。 そこから7時間ほど細かい上乗せが続き、最終ゲーム4000gオーバー。 万枚越えました。 確定演出はありませんでしたが、きっと6だったのでしょう。 また、出玉データについては弊社作業員が実際に遊技ホールを訪れ、データ表示機等から取得した情報のみ掲載し、分析に利用しております。 弊社は遊技ホールとはいかなる関係も一切ございません。 各取材・キャンペーンについて、遊技ホールと共同で催事を開催し、設定変更やイベントを行っているものでは一切ありません。 「おすすめ」についても、当サイトが様々な過去の状況を独自に数値化し、独自の計算式に基いて算出したものであり、遊技ホールやメディアとは一切関係ございません。 Copyright C 2015 MOY All Rights Reserved.

次の

人生で1度は体験したい!サッバーハが案内するイスラム大巡礼|中東解体新書|NHK NEWS WEB

グランド メッカ

当時の状況 [ ] 1979年初頭のは、イスラム湾岸諸国(特にサウジアラビア)にとって、「国内にいるを刺激すること」および「国家体制の西欧化を批判しを標榜するを増長すること」の2つの点で脅威となった。 は、サウジアラビアの支配を厳しく批判し、サウジアラビアの国民や膨大な数のに対して革命を扇動していた。 また、この事件の首謀者ジュハイマーン・アル=ウタイビーはかつてのの指導者スルターン・ビン・バジャードの孫で「アル・イフワーン」を名乗っており 、先祖代々のサウジ王室への復讐を目論んでいた。 占拠 [ ] 同年朝、のに巡礼者に混じって死者の体を乗せた輿を担いだ若者の集団が現れた。 死者を埋葬する前に聖地を礼拝させることは珍しいことではなかったので人々は気にしなかったが、これは遺体ではなく、武器を人型に包んだものだった。 彼らは巡礼者に紛れて先着していた数百人 の仲間と合流すると、礼拝の始まった人気のない地下で武器を配り、二手に分かれて広大なモスクの占領を開始した。 一方はモスクを囲む7つの塔と48の門を陥落させ、もう一方は聖職者を拘束する手はずになっていた。 「アッラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫びながら礼拝所に突入した後者のグループは、聖職者を拘束したが、その際、モスクの指導者に命令に従うように言って拒否されたため、その側近を射殺した。 銃声がしたことから、制圧グループが門を完全に掌握する前に、数多くの巡礼者たちが難を逃れてモスクを脱出した。 それでも約1,000人もの人々が人質となった。 鎮圧 [ ] 脱出した巡礼者の通報から事件を知った国王は、鎮圧を決意したものの、まずは高位聖職者たちの会議に許可を求めなければならなかった。 神聖なモスクの中で流血の事態をもたらすことは禁忌だったからである。 結局、鎮圧は止む無しとするが出されるまで半日を要した。 国王は鎮圧に際して、モスクへの被害を最小限にし、人質の生命を守り、犯人は生け捕りにするべく努めるよう訓令した。 、、治安警察あわせて5万人が動員され、や、さらにはも用意された。 翌21日の早朝から作戦が始まり、治安部隊は48ある門のうち2つから突入した。 分厚い鉄製の扉をで破壊し、装甲車を前面に立てて突入、要所要所にバリケードを築いて待ち構えていた武装集団と間に激しい銃撃戦が展開された。 あわせてヘリコプターによる降下も試みられたが多大な犠牲を出して失敗に終わっている。 24日、武装集団はモスクの地下構造に逃げ込み、治安部隊は地上部を制圧することに成功した。 しかし鎮圧側の死傷者の数は膨大であった。 モスクの地下には200を越す部屋がある巨大な空間があり、ここを制圧することはさらなる困難と犠牲を強いるだろうと思われた。 そこで、に応援を要請し、の・1個大隊が派遣された。 さらに、からの隊員 を呼び寄せ、作戦計画の指導を受けた。 である彼らはモスクでの活動に制約が生じるので、臨時にに改宗するという非常手段が取られた。 このことは当時極秘とされた。 放水とで武装集団の抵抗を弱めながら、防毒マスク装備の特殊部隊が突入して一部屋一部屋徐々に制圧していった。 難しい状況にあるであったので、彼らは主にナイフを使って作戦を行った。 水とガスの力で三々五々投降する者が出始めたが、なお頑強に抵抗する集団もいたため、完全制圧が発表されたのはになってからだった。 その後 [ ] 当時の公式発表によれば、武装集団のうち死者は75人、拘束者は170人で、鎮圧側は死者60人、負傷約200人である。 武装集団は、マフディー(救世主)を自称するカハターン・カハターニと彼等を教導した反王制イスラム主義の指導者ジュハイマーン・アル=ウタイビーに率いられており、彼らはほとんどがサウジアラビア人、一部が周辺国出身のの学生であった。 との繋がりを示すものもいたが、シーア派との関連はないとされた。 しかし、彼らの中にはホメイニーの写真を大事に持っていた者もおり、その思想に対する影響力を窺わせた。 彼らへの尋問から、占拠の起こった20日、モスク訪問が予定されていた国王を捕えて人質とすることが計画されていたことが明らかになった(国王のモスク訪問の予定は変更されていたため、国王は難を逃れた)。 拘束されたアル=ウタイビーと67名の仲間らはサウジアラビアの法により翌に4ヶ所の処刑場でされ、その模様はテレビ中継された。 この占拠事件に呼応するように、東部を中心にシーア派による暴動、衝突が起こっている。 シーア派の暴動や過激な運動はその後勢いを増し、シーア派への懐柔と取り締まりはサウジアラビアの重要な課題となった。 これに対して、シーア派地域へのを増やして不満を和らげ、同時に公安部門による監視を強めるなどの対策が行われた。 この事件は、サウジアラビアの国家方針に少なからず影響を与えた。 王家と政府(サウジアラビアでは一体である)は特殊部隊の育成をはじめとする国家安全保障体制の整備を急ぐ一方で、これ以降イスラム過激主義者を刺激しないようにする配慮が欠かせなくなった。 化やの勢いは停滞し、外国文化の流入をより一層厳しく制限するようになった。 のがの注目を集めると、イスラム過激主義者たちはの派遣や資金の援助を主張するようになった。 サウジアラビア政府は、王室への攻撃を止めることと、彼らを厄介払いする目的で、資金援助つきでこれらの過激主義者を送り出した。 もアフガニスタンに送られた一人であった。 脚注 [ ] [].

次の