牛久 ラーメンショップ。 ラーメンショップ牛久結束店は日本一旨いとのウワサ!

日本一おいしいラーメンショップ?牛久結束店に行ってきたので味をレビューします

牛久 ラーメンショップ

みなさま、おいしいもの食べてますか? osyokuji708と申します。 先月下旬から始めた「ラーショ牛久結束店への道」。 いよいよクライマックスといきましょう。 「ラーメンショップ牛久結束店」さんへ! 混雑を避けるため平日遅めのランチタイムにお店到着です。 時間は14:30。 入り口の引き戸を開けると「いらっしゃいませ〜」の元気な声に迎えられました。 入って左側、2台並んでいる券売機の前に立ちます。 おえっ?!日本一とも言われるラーショでもこのお値段?!とまず驚きました。 どうやらりきまるさんの店主が牛久結束店で修行したというウワサは本当っぽいですね。 本日は 「ネギラーメン」 620円 太麺 0円 をポチっと。 カウンターの空いている席に腰掛けてお兄さんに食券を渡します。 「麺硬め、アブラ少なめ」でお願いしました。 店内は平日の14時半過ぎにもかかわらず9割ほどの入り。 やっぱりすごい人気です。 スタッフは男性1名女性2名。 麺が茹で上がるとうわーっとみんなで寄ってたかってトッピング。 配膳が終わるとサッと散ってまたそれぞれのお仕事に。 すんばらしいチームワークです。 でっかい寸胴鍋が絶えず威勢よく湯気を上げています。 そんな光景を眺めていたらオーダー後約5分で配膳となりました。 結構な客数なのに手際がいいですね。 トッピングはほぐしチャーシュー、海苔2枚、ワカメにメンマ、それともちろんネギ。 ネギはネギラーメンにしてはちょい遠慮がちな量に見えます。 「日本一のラーショ」の名前に気圧されてか、スープではなくいきなり麺から食べてしまいました(笑) 硬めコールでしたが、とってもいい感じ。 自家製麺、程よいもっちりパッツリ感で抜群の歯応えですね。 こりゃあうまい。 すんごくうまい。 中太の麺にスープもネギもほぐしチャーシューもよく絡みます。 スープ。 アブラ少なめのせいかわずかに甘さすら感じるマイルドな豚骨醤油ですね。 飽きのこない香ばしさとコクを感じます。 思ったよりもずっとさっぱりしているように感じました。 ネギはシャキシャキ。 ほんのりわずかにごま油で味付けされてるのかな? 海苔は意外にスープには溶けないタイプ。 麺をくるんで食べるも良し、ライスを包んで食べてもきっと美味でしょう。 途中からニンニクと豆板醤で味変。 スープをすくうレンゲがやめられない止まらない。 なんだかんだでラーショのスープです。 やめなきゃ、止めなきゃ、と思いながらも、気がついたら完飲(笑) 日本一 かもしれない のラーショへの旅、これにてひとまず区切りです。 ラーメンショップ牛久結束店のラーメンは確かに抜群に美味しかったです。 やっぱり自家製麺が他のラーショを凌駕しているんですかね。 なかなか難しい気もしますが、味噌や塩の味も知りたいですね。 ラーショの塩なんて、今のワタクシには想像つきません。 興味深々です。 ワタクシ、これまで正直「ラーメンショップ」系のお店、お味をナメていたことは否定できません。 もしかしたらみなさまの中にもそんな方がいらっしゃるのでは?でも、一度食べてみてくださいな。 ちょっと価値観が変わるかもです。 1000円でそこそこの有名店か、その半額でうまいラーショか…迷うところです。 ごちそうさまでした!ありがとうございました!.

次の

【ラーメンショップ牛久結束店】つくば・牛久・ラーメン

牛久 ラーメンショップ

お疲れ様です。 マンボリアンです。 部屋の座椅子を変えたことにより、レイアウトを見直しました! 全国にあるのラーメン店ってことですね! もちろん私の地元にもあります! 行列を回避するために早めに行ったんですが、すでに満員! 食券を買ってカウンター席に座ります。 【麺】 細麺で少し柔らかい感じ。 秦野店とほぼ一緒かな。 酸味が食欲をすする。 やや濃いかな? 【ネギ丼】 これは美味しい! てか味は秦野店とほぼ一緒だけどね。 全国のをコンプリートした人が言ったんでしょうか? 一番になった詳細が調べてもわかりませんw なんか良くわからないけど、 【全国一番】になったことは凄いことなので きっと色んな努力があったのだと思います。 次回はネギチャーシューメンを食べたいので、近いうちに行こうと思ってます!

次の

ラーメンショップ牛久結束店@茨城県牛久市の『チャーシューメン』がラーメン史に残る美味さ

牛久 ラーメンショップ

ラーメンショップの特徴 ラーメンショップの特徴は色々あるのですが、まず最初にひとつ挙げるとすれば、その 看板。 写真は群馬県太田市のラーメンショップ太田店さん この太田店さんのように、赤字に白抜き、カタカナで『ラーメンショップ』、そしてその両脇に『うまい』と書かれるパターンのお店が圧倒的に多いです。 加盟店に対してメニューや使用食材についての制約がほとんど無いため、 豚骨ベースに細めの麺を使用したラーメンという緩やかな括りのもと、それぞれのお店の工夫や主張がそのお店の個性となって表れてくるんです。 そのため、チェーン店であるにも関わらず飽きがこないんですね。 ラーメンショップ道が奥深くなっている所以です。 旅先なんかでも、ラーメンショップを見つけるとつい立ち寄ってみたくなってしまいます 笑 ラーメンそのものについての特徴は、何と言っても看板メニューの『ネギラーメン』に見て取れます。 写真はラーメンショップ122号騎西店さんのネギチャーシューメン 930円 麺硬め脂多め 基本は、いわゆる『東京豚骨ラーメン』と呼ばれる、濃厚な豚骨ベースの醤油ラーメン。 細く切られた白髪ネギは調味油と 『 クマノテ』と呼ばれるうま味調味料で和えられていることがほとんどで、醤油豚骨スープと合わさると絶品です。 麺は細麺のお店が多いですが、ウェーブがかかっていたりかかっていなかったり、ちょっと太めだったりとお店によって様々。 最後に1つ豆知識を。 現在ではラーメンの一つのジャンルとしてすっかり定着した、横浜発祥の 家系ラーメン。 この家系ラーメンの元祖として知られるのが 吉村家ですが、 吉村家の創業者である吉村実さんが当時平和島にあったラーメンショップで短期間修行したことは有名です。 このことから、 家系ラーメンのルーツがラーメンショップであるという説が有力に唱えられているのです。 ラーメンショップ金田亭 埼玉県幸手市 埼玉県北エリアの雄、 さん。 20種以上の素材からとった絶品スープが自慢• 定休日は、毎週月曜日と火曜日(2019年1月から)• チャーシューが国産ブランド豚に変わった(2019年3月から)• 8:00 〜 20:00の通し営業• 禁煙のお店• ぬるいラーメンをはじめ、攻めたメニューが豊富• 麺のゆで加減、脂の量、味の濃さを好みでオーダーできる• 値段設定が全体的にかなり安い• 梅干、たくあん、紅しょうがが卓上サービス• 第2駐車場を含め、駐車場完備• 接客が素晴らしいことで定評あり 安い・美味い・量多い、接客いい、営業時間も長く訪問しやすいといいことづくめでしかないラーショです。 台風など荒れた天候の日も営業していることが多く、店内には悪天候時に営業した時の写真などが貼られています 笑 穂先メンマを使用しているのがラーショとしては非常に珍しいですね。 これからも永くお元気で営業してほしい、愛してやまないラーショです。 ラーメンショップ牛久結束店 茨城県牛久市 全国的に名店として有名なのが、こちら さん。 人気の行列店で、他県からの客も多い• 定休日は1月1日元旦のみ• 常時通し営業 10:45~23:30• 禁煙のお店• 大きな駐車場あり• 値段設定が全体的にめちゃめちゃ安い• ラーショでは珍しい自家製麺で、細麺・太麺から選べる• 美味しいのはもちろんですが、価格も激安。 20年近く値段を変えていないらしいです。 ラーメン 490円、味付玉子 60円、餃子6個200円など。 茨城に行ったら是非訪問を狙いたい超名店。 ラーメンショップ椿 東京都小金井市 全国的に名店として有名な さん。 人気の行列店• 無休のお店• 店内一部喫煙可• 入り口完全開放店舗で、夏暑く冬寒い• メニューが少なく、ご飯、味玉なども無し• 駐車場あり(狭め、混雑するのでトラブルに注意)• 食券制 営業時間がトップクラスに長く超人気のラーショなのですが、難点も多いです。 入り口全開放の店舗は、夏は暑く冬は寒くてお客のことを考えていません。 メニューの少なさもマイナス。 ご飯もの、サイドメニューはおろかご飯、塩ラーメンも無し。 接客も悪くて、わたしが見ている前でチャーシュースライサーから店員がつまみ食いしてました 笑 なんで人気があるのかよくわからないラーショ。 わたしは推しません。

次の