ボンベロ。 DINER ダイナー感想 ホウレンソウの概念が全くない登場人物

ネタバレ『Diner:ダイナー』結末やウェイトレスはどうなったのかなど謎を解いて徹底解説

ボンベロ

ヤングジャンプ連載 原作小説 平山夢明 漫画 河合孝典 のダイナー(DINER)に「 これはあかんやろ」と思った登場人物がいたのでその感想ブログ書くことにしました。 私は漫画感想ではできるだけ面白かったとか可愛かったとか ポジティブ感想を書きたいんですけど、今回は あかんやろ感想です。 ダイナーは、 殺し屋& レストランをテーマにした漫画です。 舞台は現代の東京だけど現実世界よりも裏社会が幅を効かせてる フィクション設定的東京。 そこに 殺し屋が利用するためのレストラン「キャンティーン」があります。 客はみんな殺し屋なんだそうです。 店長は ボンベロという名の男で、怖くて殺し屋の客よりも強くて、料理の腕が超一流。 そしてウエイトレスが カナコという女で、一般人でしたがヤクザの罠にはまって殺される寸前でこの店に身請けされて、殺し屋相手に接客や雑用をやらされて毎回酷い目に遭ってます。 ……とまーざっと軽く説明しましたが本当に 滅茶苦茶な世界です。 しかしそこはいいんです。 世界観や 舞台が荒唐無稽なのは全く問題ない。 問題なのは人物の言動です。 で、今連載中の話です。 この店によく来る殺し屋の一人 スキン。 全身傷だらけですが異常者という印象はなく、むしろ殺し屋の異常性を客観視できるほどで、カナコに裏社会のアドバイスをしてあげたりするまともな人格な男。 スキンはこの店で スフレを注文します。 彼曰く殺し屋という仕事で精神を消耗してもこの店のスフレを食べて英気を保っていられるとのこと。 ボンベロは超一流だから甘くてフワフワでスキンの「おふくろの味」を完璧に再現するほどで、彼が満足するおいしいスフレを作れますが……彼への スフレにはなぜか必ず異物が入っています。 コンドームとか、10円玉とか、チョロQとか。 ボンベロはもちろん故意に入れています。 カナコは「ボンベロ何してんの!?」ととまどいますが、異物が入っているスフレを食べてもスキンはなんか様子が変で、怒らないどころかなぜか一切ノーコメントで満足なのか不満なのかよく分からない顔して帰っていきます。 カナコは意味が全く分かりません。 そしてある日、カナコは他の客のザコ殺し屋に因縁をつけられ時限 爆弾を首につけられて絶体絶命になりボンベロには見捨てられますが、爆発寸前でスキンに助けてもらいます。 命の恩人です。 そこでカナコはせめてもの感謝として、ボンベロが調理途中のスキン用のスフレの皿から異物(今回は将棋の駒)を 独断で取り除いて、ちゃんとした 完璧なスフレを彼に振舞います。 スキンは大喜びで完璧なスフレを食べて興奮していくのですが、 興奮しすぎてその場で正気を失って暴れ出してしまいます。 スキンは 母のスフレに対して異常なまでのトラウマを持っていたのです。 彼もやっぱり異常者でした。 スキン自身はそのトラウマを自覚していないようですがボンベロはなぜか察知していて、どうやら彼の「スフレ食べたい」と「でもスフレ食べてしまうと正気を失ってしまう」の背反をなんとかギリギリで正気を保たせるためにスフレに異物を仕込んでいたのでした。 スキンはもう完全に 精神が崩壊してしまいました。 ボンベロはカナコの独断行動を徹底的に糾弾します。 ……長々とあらすじを書いてしまいましたが、まーこういう話です。 いや、ボンベロ アホすぎます。 ちょっともう漫画読んでてかなり「あかんやろ」となりました。 そしてカナコもかなりアホです。 二人ともどうしようもないです。 まずカナコ。 思考力というか想像力というか「ボンベロがスキンのスフレに異物を入れるのはなぜだろう」「異物に何かの意味があるのかな」とか考えることがまるでできなくて独断で取り除いてしまうのがあまりにも浅慮です。 「スキンに感謝してて彼を喜ばせたかった」と自分を正当化しててそこを「薄っぺらな同情」とボンベロにひどくなじられますが、そこはその通りです。 しかし ボンベロはカナコ以上にアホだと思いました。 こんなの 最初にちょっとカナコに説明しておけば防げたことです。 「あいつはスフレをまともに食うと精神が崩壊してしまうから、わざと異物を入れて異物感で正気を保たせている」と言うだけでカナコは余計なことしなかったでしょう。 いや、説明しなくとも「絶対に余計なことするな!」と釘を刺すだけでいいです。 ホウ・レン・ソウです。 言っとけよと。 ボンベロはいつもカナコを馬鹿にしているのですが、馬鹿を雇ったのは自分だし相手が馬鹿だとわかってるなら、その前提で操縦すればいいだけです。 それこそ「馬鹿に物を教えるように」で。 こうなったのは 7:3くらいで ボンベロのほうがアホだからだと思いました! 一度こう思ったらあとはもう…2匹のアホがシリアスぶってぎゃーぎゃー喚いてるだけにしか見えなくて、当エピソードはまだ完結してないのですが、ただ失笑するばかりです…。 いや、本当、致命的にかっこ悪くてせっかくのシリアスシーンが台無しだよボンベロ。 これから「ボンベロがカナコにスキンの事情をちゃんと説明しなかった納得のいく理由」が作中で明かされればこの評価も覆るんですけど、どうだろう。 ちなみにボンベロ(Bomberos)は スペイン語で「 消防士」って意味だそうです。 殺し屋の料理人がなんで消防士なのかは知りません。

次の

【山梨県】富士山サイクルアクティビティショップ「ボンベロ」6/1オープン! サイクルスポーツのニュース

ボンベロ

店主も、客も、全員殺し屋のダイナーを舞台に繰り広げられる、本能を極限まで刺激するノンストップ・エンターテイメント映画『Diner ダイナー』が、7月5日(金)に公開となる。 ?狂気溢れるボンベロキャラクター動画が解禁となった。  これまでに藤原竜也が演じてきた過去作では、いずれの作品も個性的なキャラクターを演じ、強烈なインパクトと圧倒的な存在感を示してきた。 さらに、玉城ティナ演じるオオバカナコの顔を便器に押し付け、「舐めろ」と強制する姿や、怯えるカナコの顔スレスレに包丁を突き刺すボンベロの姿は、まさに、「従うか、死ぬか」の2択を迫る、藤原史上最狂&最悪のドSなキャラクターだ。 しかし一方で、真剣に料理と向き合うボンベロの姿や、1人銃を見つめて真剣に思い悩む姿も描かれており・・・?<ダイナー>に集結しはじめる日本屈指の殺し屋たち、そして、唯一殺し屋ではない普通の存在として<ダイナー>に売られてきたオオバカナコ。 店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。 「俺は、ここの王だ。 砂糖の一粒まで俺に従う。 」日給30万の怪しいアルバイトに手を出して売られたオオバカナコは、ウェイトレスとしてボンベロに買われてしまう。 次々と店にやってくる殺し屋たち。 オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。

次の

『Diner ダイナー』豪華すぎる!キャスト&ビジュアルまとめ

ボンベロ

ボウルに強力粉、竹炭パウダー、砂糖、塩を加えて軽く混ぜ、中央にくぼみを作り、ドライイースト、ぬるま湯、溶き卵を入れて、スケッパーで切るように混ぜ、粉気が無くなったら、手でひとまとめにする。 打ち粉を振った台の上に生地を置き、手のひらで台にこすりつけるようにしながらムラなく混ぜる。 台に打ち付けては折り返し、90度ずつ向きを変えて、なめらかになるまで5〜10分ほどこねる。 柔らかくしたバターをのせて、手で押しつぶしながら全体に広げる。 生地を折りたたんでバターを生地に揉みこんでいき、さらに10分ほどこねる。 (生地が2倍に膨らめば1次発酵終了。 ) 4. 打ち粉を振った台の上に生地を置き、手の平でたたいてガスを抜く。 生地を4等分に丸め直して台の上に置き、きつく絞った濡れ布巾をかぶせて室温で10分休ませる。 セルクルの内側にオイルスプレーを振っておく。 生地をきれいに丸め直す。 クッキングシートを敷いた天板の上にセルクルを置き、生地の閉じ目を下にして入れる。 (生地が2倍に膨らめば2次発酵終了。 ) 8. 表面に刷毛で溶き卵を塗り、いりごまを振る。 焼けたらセルクルから取り出して、粗熱を取る。 牛肉と豚肉は粗めに刻む。 さらに包丁で叩いてミンチ状にする。 ボウルに 1 、牛脂、卵、塩、コショウ、ナツメグを加えてよく練り混ぜる。 手にサラダ油(分量外)を付けて肉だねを2等分し、空気を抜いて小判形に成形する。 中央を少しくぼませる。 冷蔵庫に入れて30分寝かす。 スキレット鍋にサラダ油を引いて中火に熱し、 3 を並べ入れる。 フライ返しで表面を軽く押さえ、3分ほど焼く。 いちごは包丁の腹で潰す。 スキレット鍋に 1 、砂糖、赤ワイン、ケチャップ、レモン汁、おろしにんにく、塩を加えて軽く混ぜ、中火にかける。 沸騰したら5分ほど煮詰める。 火を止め、ブレンダーでなめらかになるまで攪拌し、ザルなどで濾す。 ボウルにピザ用チーズ、薄力粉を加えてよく混ぜる。 鍋に牛乳を入れて中火にかけ、ふつふつとしてきたら 1 を加えてとろみが出るまで混ぜる。 バンズの断面にバターとはちみつを塗る。 フライパンを熱してバンズの断面を下にして並べ、カリッとなるまで3分ほど焼く。 皿にバンズをのせ、紫キャベツ、パティ、トマト、ベーコン、レッドカラント、トマト、パティの順に重ねてのせる。 上から温めたメルティチーズソース、ストロベリーソースをかける。 バンズをのせ、中心にテーブルナイフを突き刺したら、完成!.

次の