ハッピ 通販。 ハッピとお祭り用品の通販サイト「法被jp」

『夏用布マスク 5枚セット』 ※1枚あたり300円

ハッピ 通販

お祭りやイベントなどにも大活躍のオリジナル法被!! 会場の士気を上げるのが『法被 はっぴ 』お祭り、チーム、イベントでお揃いのオリジナ法被 はっぴ で注目度は満点! オリジナルロゴや、テーマ、願いを込めた『法被 はっぴ 』を作りお祭り、イベントを盛り上げませんか? 既製品の法被を用いて襟に名入れプリントや背中にロゴやキャラクターなどのデザインをプリントを施す形にて製作を行い制服やイベントユニホームに最適なオリジナル法被や、一からプリント・縫製をして完全フルオーダーで製作する法被も株式会社ラポルテ mark-23 では激安の価格でお作りいたします。 子供用 980円 大人用 990円 特大 1470円 海外発送も可能です。 主にEMS 国際スピード郵便 を利用します。 重量、梱包の形態、国や地域によって送料が異なります。 海外発送につきましてはご相談ください。 荷物の到着に際して、関税等がかかる場合があります。 このような通関手続きのためにかかる費用はお客様の負担とさせていただきますのでご了承ください。 この商品を見た人はこんな商品も見られています。 同時購入で送料をおまとめすると、さらにおトクになります。 C 2008 Laporte Co. ,Ltd. All Rights Reserved. ----「緊急事態宣言」解除に伴う、営業時間変更のお知らせ---- 6月1日 月 より通常営業とさせて頂きます。 ----「緊急事態宣言」発令に伴う、営業時間変更のお知らせ---- 期間:4月8日(水)~当面の間は営業時間を短縮となります。 土曜 全てお休みとなります。 お客さまには大変ご不便をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 予めご了承ください。 重要なことや変更等はお電話頂いた後、メールでもご連絡頂きますようお願いいたします。 日本一安いプリントショップ mark-23. com (マーク23ドットコム) 株式会社ラポルテ 〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-1-15 電子メール: info mark-23. Adobe Photoshop CS6 で開ける形式や 一般的なピクセル画像などの場合は、原寸 400dpi以上でお願い致します。 最小の線幅や隙間は0. 5mm以上を推奨いたしております。 Adobe Photoshop CS6 で開ける形式や 一般的なピクセル画像などの場合は、原寸 250dpi以上でお願い致します。 但し、大きな印刷物 横断幕、のぼり、抱き枕カバー等 の場合は容量が非常に大きくなりますので、原寸 150dpi以上でも大丈夫です。 つまり、ご家庭用のプリンター機で出力した時に、綺麗にプリントできるレベルの解像度 画素数 があれば大丈夫です。 【フリーメールご利用時のメール不達について】 「 outlook hotmail 」などのフリーメールアドレスをご利用になられるお客様から 「返信メールが届かない」などのお問い合わせがあります。 これらの原因は、フリーメール運用会社の迷惑メール対策等が関係しており、当店側からは解決できません。 com」のメールを受信できるように、 迷惑メール設定から解除して頂く様お願い致します。 :: オリジナルデザインのなど自社工場でプリント。 プリント、オリジナル、販促、エコ、、さらにはまで、様々な商品を幅広く揃えているは、も含めてすべてがお手ごろ価格。 激安プリントと最高の印刷品質を目指して、日々研究開発を続けています。 自社工場でプリントするので、オリジナルデザインのアイテムを格安でお作りできます。 オリジナルプリントなら当店へ。 品質にも自信アリ。

次の

はっぴTシャツマーケット|祭りはっぴ・オリジナル法被製作の通販サイト

ハッピ 通販

ハッピ 利用目的・種類・導入事例など ハッピは大変人気のある商品ですので、約450種類と圧倒的な品揃えにいたしました。 他社にはない商品も数多く扱っておりますので、自信をもってオススメします。 ハッピと一口にいっても様々な種類があります。 祭文字入りをはじめ、無地ハッピ・袖なしハッピ・長袢天・子供用ハッピ・販促用ハッピ・おどり用ハッピ・よさこいハッピなど、バリエーションも豊富です。 無地のハッピにオリジナルのプリントが可能です。 背中や衿にプリントすることによって、イベントや祭事が一段と盛り上がります。 企業様では、新商品の販促活動のユニフォームとしてハッピを作られたり、学園祭や町内会のお祭り等でもお作り頂いております。 最近のお客様導入事例: 町内会様、自動車販売会社様、アミューズメント関連の会社 様、などたくさんの方に利用されております。 ハッピの利用を検討されている方は、お気軽にお電話ください。 ハッピの取り扱いブランドについて 日本の歳時記など多種を扱っております。 半纏・半被・法被を探すならネットショップがオススメ お祭りやイベント、販売促進など様々な場面で活躍し、一致団結できるアイテムといえば半被(法被)や半纏でしょう。 しかし、お揃いで何十着も揃えるのは、なかなか大変なものです。 そこで利用したいのが、ネットショップです。 ネットショップであれば、同じものを一度に揃える事ができますし、大人用だけでなく子供用などサイズも揃えることが可能になり、とても便利なものです。 「ユニフォームタウン」では、シンプルなデザインの半被(法被)や半纏はもちろん、「祭」の文字が堂々と入った物から、花柄や市松模様、波しぶきのものなど様々なデザインの物が用意しております。 また、踊るシーンに最適な半被(法被)もあるため、シーンに合わせた物を選ぶことができます。 生地も綿100%の物もあれば、シルクプリントされた物などがあり、お気に入りの一着を見つけ出すことができます。 また、ユニフォームタウンでは、オリジナルの半被(法被)や半纏を作ることも可能で、好きな文字を入れることや、画像を挿入させて作ることもできます。 学校での文化祭などの季節行事や地域のお祭り、イベント、販売促進などにもオリジナルのデザインのものを作ることが可能です。 作り方も簡単でサイト内にある「デザインシミュレーション」で文字の書体からサイズなど決めて作ることができますし、色も決めることができるので、完全オリジナルのものを簡単に作れるので便利です。 ネットショップならではの、いつでも探せる便利さと、じっくりと写真を見ながら探し出すことができることや、オリジナルのものを作成することができるため、お祭りやイベントなどで着る半被を探すならば、ネットショップを利用すると良いでしょう。

次の

ゆるくいきましょ Bucket Hat by ハッピ〜クラブ ( happy_club ) ∞ SUZURI

ハッピ 通販

袢天…無地 利用目的・種類・導入事例など 無地ハッピは、ハッピの中でも定番商品です。 無地のハッピで着用するケースもあれば、オリジナルのマークを入れたりと、無地のハッピは様々な用途でお使い頂ける商品です。 無地ハッピの商品を約60種類ご用意致しましたが、その中でも、カラーハッピ(品番:2064487)は、1番人気のハッピです。 色展開も8色で、サイズも子供用から大人用まであります。 価格も2,000円~とリーズナブルな価格でご提供させて頂きます。 子供サイズや、定番色以外もカラーも受注生産となりますが希望に応じた色・サイズが選べるので、必ずニーズにあったハッピが見つかるはず。 無地ハッピは、背中一面や衿部分のオリジナルも文字やマークを入れることで、オリジナルのハッピに大変身します。 気になるプリント料金も、ショッピングカートの「プリント加工で見積り・注文する」ボタンから簡単に試算出来ますので、お試しください。 他社にはない機能を搭載しました。 最近のお客様導入事例: 町内会様、学校関係様、アミューズメント関連の会社様などたくさんの方に利用されております。 無地ハッピのご注文を検討されている方は、お気軽にお電話ください。 取り扱いブランドについて 日本の歳時記など多種を扱っております。 イベントはっぴを作る場合の注意点 イベントがある時に皆で着ることの出来るイベントはっぴを作るのは、とても楽しいものです。 しかしイベントはっぴをただ漠然としたデザインで作るのではなく、色々と考えて作らなければいけません。 特に注意すべき点は何なのでしょうか。 まずどのようなイベントなのかを考えてイベントはっぴを作ることが大切であります。 例えば純粋な日本のお祭りの際に着るはっぴなのに、西洋風のデザインにするのはいけません。 それから逆にハロウィン等の西洋風のお祭りをする時に着るはっぴなのに、和風のデザインにするのもヘンテコです。 なので何よりもまず大切なことは、イベントごとのTPOに合わせたイベントはっぴ作りをすることなのです。 それから子供達が多く集まるイベントの為に有志の大人達が集まってイベントはっぴを作る場合、出来るだけ多くの人の意見を取り入れたデザインのはっぴを作るように注意しなければいけません。 もちろんあまりにも人が多過ぎる場合、最終的には多数決原理によってどのデザインのはっぴにするのかを決めるのでしょうが、その場合でも出来得る限り、なるべく多くの人達の意見が反映されたデザインのはっぴを作るようにしなければいけません。 なぜならそもそもイベントというのは皆が参加する為のものであり、皆が納得できるデザインのはっぴを作って着なければ、皆が心からイベントを楽しむことは出来ないからです。 そして特に大切なのは大人の意見を取り入れることはもちろんですが、何よりもまず子供達の意見を取り入れるということになります。 イベントは多くの場合、子供達が主役となるものです。 なので主役である子供達が満足できるデザインのはっぴを作らなければ意味がないのです。

次の