法人 ja ネット バンク。 JAネットバンクのご紹介|JAネットバンク

【法人口座開設】ネットバンキングの手数料・利用料を比較!

法人 ja ネット バンク

第3条:本人確認• 本サービスでは、当組合 当会 ホームページ上の受付画面より所定事項を入力・伝達する場合は、当該入力・伝達された口座番号および当該口座のカード暗証番号 以下「カード暗証番号」といいます。 その他の項目と、当組合 当会 に登録されている各項目との一致を確認する方法により本人確認 以下、「本人確認」といいます。 を行います。 本人確認に必要な確認項目および本人確認方法の技術的要件等は当組合 当会 が定めるものとし、当組合 当会 が必要とする場合、変更することができるものとします。 当組合 当会 が本規定に定める本人確認により「JAネットバンク」利用申込の受付を行った場合、口座番号、カード暗証番号その他について不正使用、その他の事故があっても当組合 当会 は当該申込みを当該口座の名義人本人の意思に基づく有効なものとして取り扱い、また、そのために生じた損害について当組合 当会 は責任を負いません。 本サービスの受付画面にて、カード暗証番号が当組合 当会 の任意に定める回数まで連続して誤って入力された場合、カードの利用が制限され、本サービスのほか、ATMや窓口での入出金、残高照会等、カードを利用する一切の取引が利用できなくなります。 第6条:免責事項• 当組合 当会 が相当のシステム安全対策を講じていたにもかかわらず生じた次の各号の損害について当組合 当会 は責任を負いません。 システム、パソコンなど本サービスの受付画面に接続可能な端末 以下「端末」といいます。 および通信回線等の障害により、サービスの取扱いに遅延・不能等が発生したために生じた損害• 通信経路において盗聴・不正アクセス等などがなされたことにより、カード暗証番号等が漏洩したために生じた損害• システムの変更・災害等の不可抗力、裁判所等公的機関の措置、その他やむを得ない事由があった場合、サービスの取扱いに遅延・不能等が生じたことに起因する損害について当組合 当会 は責任を負いません。 本サービスにおいて、本規定に定める本人確認を行ったうえで送信者を申込口座の名義人本人とみなして取扱いを行った場合は、ソフトウエア、端末、カード暗証番号等につき偽造、変造、盗用または不正利用、その他の事故があっても、そのために生じた損害について当組合 当会 は責任を負いません。 お客さまは、ソフトウエア、端末、カード暗証番号等を第三者に不正利用されないよう厳重に管理してください。 また、ソフトウエア、端末、カード暗証番号等の異常に基づくエラー、盗難等の事故またはカード暗証番号等が漏洩したおそれがある場合には、当組合 当会 所定の時間内に当組合 当会 に電話により届け出てください。 本サービスの利用にあたっては、お客さまが所有管理する端末等をお客さまの責任において利用し、通信環境についてはお客さまの責任において確保してください。 当組合 当会 は本規定により端末等が正常に稼動することを保証するものではありません。 端末等が正常に稼動しなかったことにより取引が成立しない、または、成立した場合、それにより生じた損害について当組合 当会 は責任を負いません。 なお、お客さまは、本サービスの利用にあたり、当組合 当会 のシステムまたは本サービスに支障を与えないものとします。

次の

ネットバンク(ネット銀行)の法人口座 比較・評価

法人 ja ネット バンク

ワンタイムパスワードサービス ワンタイムパスワードサービスについて ID・パスワード情報の不正利用を防止するため、ネットバンクへのログイン時に通常のログインID、ログインパスワードに加えて1分ごとに更新される使い捨てパスワードを入力することによりお取引が可能になるワンタイムパスワード機能を搭載しています。 現在ご利用の携帯電話・スマートフォンのアプリケーションを利用して配信する、ワンタイムパスワードは1分間ごとに変化するため非常に高いセキュリティを確保することができます。 ログインID・パスワード等を不正に取得するフィッシング・スパイウェア対策の一つとして、ワンタイムパスワードをご活用ください (ご利用は無料です)。 取引の都度、取引内容とパスワードをメールにて通知する「取引認証パスワード」をご利用いただけます。 取引時の操作は、をご覧ください。 JAネットバンクをスマートフォンからご利用になる際はワンタイムパスワード機能のご利用が必須となりますのでご留意ください。 また、ワンタイムパスワードのご利用設定後はパソコンからご利用になる場合もワンタイムパスワードが必須となりますので合わせてご留意ください。 本手続では本人確認のため、お客様がJAにご登録されている電話番号からのお電話が必要となります 通話料無料。 ご登録電話番号は、本手続を進めていくと画面上に表示されます ただし下4桁非表示。 050から始まる電話番号からのお電話は認証できません。 また、電話番号非通知でのお電話は認証できません。 ご登録電話番号を現在使用されていない場合や、ご登録電話番号が050から始まる場合、お取引JAで電話番号変更を行ったうえでお手続ください。 本手続ではご利用開始に必要な情報をメールで送信します。 janetbank otp-auth. netからのURL付メールを受信できるように、事前にメール設定をしてください。 画面の説明・注意事項等を確認のうえ、ワンタイムパスワードアプリをダウンロードするスマートフォンのメールアドレスと端末の種類、利用開始パスワード、初回ログイン時等に登録いただいた追加認証を入力し、ご登録電話番号を確認のうえ「電話番号認証を行う」ボタンを押します。 追加認証は、初回ログイン時のお客様情報登録につづけて本手続を行う場合、入力不要となります。 利用開始パスワード・・・トークンの初期設定時にのみ必要となるパスワードです 4~8桁の任意の数字でお客様に設定いただきます。 ワンタイムパスワードアプリの初期設定を終えるまではメモをとるなどして忘れないようにお願いします。 STEP 3 ワンタイムパスワードアプリを起動します。 アプリを起動させると、初期設定画面が表示されます。 サービスID・ユーザID 受信メールに記載されています 、トークン発行処理の際に入力した利用開始パスワードを入力し、「送信」ボタンをタップしてください。 初期設定完了画面が表示されます 初期設定作業完了時のみ表示されます。 以降は表示されません。 すでにワンタイムパスワードアプリをご利用の場合 すでにワンタイムパスワードアプリをダウンロード済みで、新たにJAネットバンクでワンタイムパスワードをご利用になる場合は、トークンの追加を行う必要がありますので、以下の手順で操作してください。 STEP 1 ワンタイムパスワードを起動します。 ワンタイムパスワードアプリの画面が表示されたら「設定」ボタンをタップします。 STEP 2 「トークン追加」ボタンをタップします。 STEP 3 トークン追加の画面が表示されます。 サービスID、ユーザID 受信メールに記載されています 、トークン発行処理の際に入力した利用開始パスワードを入力し、「送信」ボタンをタップしてください。 トークン追加完了画面が表示されます トークン追加作業完了時のみ表示されます。 以降は表示されません。 機種変更時等の注意事項 ワンタイムパスワードアプリを使用しているスマートフォンを機種変更される場合や、ワンタイムパスワードアプリをスマートフォンから削除する場合は、必ず「ワンタイムパスワードサービスの利用解除」を行ってください。 「ワンタイムパスワードの利用解除」を行うことなく機種変更やアプリの削除をされた場合「JAネットバンク」にログインできなくなります。 「ワンタイムパスワードサービスの利用解除」については、以下の手順で行ってください。 JAネットバンクにログインできなくなった場合は、「各種パスワード等の初期化・再設定」から「ワンタイムパスワードの再発行」を行ってください。 「ワンタイムパスワードの再発行を」ご利用いただけない場合は、お取引のあるJA窓口までお申し出ください。 ワンタイムパスワードの有効期限について ワンタイムパスワードには有効期限の設定があり、トークンアプリ画面にて表示しております。 有効期限が近づいた場合は、トークンアプリ画面に更新画面が表示されますので、更新操作を行ってください。 ソフトウェアトークン取引認証のご利用について ソフトウェアトークン取引認証は、お客さまがJAネットバンキングでの対象取引を実行される前に、スマートフォン上のソフトウェアトークンでお客さまの取引内容が改ざんされていないかをお客さまがご自身で取引内容に改ざんが無いか確認のうえ、振込・振替を行う認証方法です。 このソフトウェアトークン取引認証を利用されることにより、お客さまは安全な取引が可能になります。 現在、ログイン時にご利用中のワンタイムパスワードにソフトウェアトークン取引認証を加えることで、不正ログインの防止と送金内容の改ざん防止の両方を実現することで、より一層安心してインターネットバンキングのご利用が可能となります。 ワンタイムパスワードの設定に引き続き『ソフトウェアトークン取引認証』のご利用をお願いいたします。 利用開始方法については以下をご参照ください。 ソフトウェアトークン取引認証のご利用は無料です。

次の

オンライン申込サービス規定|JAネットバンク

法人 ja ネット バンク

ワンタイムパスワードサービス ワンタイムパスワードサービスについて ID・パスワード情報の不正利用を防止するため、ネットバンクへのログイン時に通常のログインID、ログインパスワードに加えて1分ごとに更新される使い捨てパスワードを入力することによりお取引が可能になるワンタイムパスワード機能を搭載しています。 現在ご利用の携帯電話・スマートフォンのアプリケーションを利用して配信する、ワンタイムパスワードは1分間ごとに変化するため非常に高いセキュリティを確保することができます。 ログインID・パスワード等を不正に取得するフィッシング・スパイウェア対策の一つとして、ワンタイムパスワードをご活用ください (ご利用は無料です)。 取引の都度、取引内容とパスワードをメールにて通知する「取引認証パスワード」をご利用いただけます。 取引時の操作は、をご覧ください。 JAネットバンクをスマートフォンからご利用になる際はワンタイムパスワード機能のご利用が必須となりますのでご留意ください。 また、ワンタイムパスワードのご利用設定後はパソコンからご利用になる場合もワンタイムパスワードが必須となりますので合わせてご留意ください。 本手続では本人確認のため、お客様がJAにご登録されている電話番号からのお電話が必要となります 通話料無料。 ご登録電話番号は、本手続を進めていくと画面上に表示されます ただし下4桁非表示。 050から始まる電話番号からのお電話は認証できません。 また、電話番号非通知でのお電話は認証できません。 ご登録電話番号を現在使用されていない場合や、ご登録電話番号が050から始まる場合、お取引JAで電話番号変更を行ったうえでお手続ください。 本手続ではご利用開始に必要な情報をメールで送信します。 janetbank otp-auth. netからのURL付メールを受信できるように、事前にメール設定をしてください。 画面の説明・注意事項等を確認のうえ、ワンタイムパスワードアプリをダウンロードするスマートフォンのメールアドレスと端末の種類、利用開始パスワード、初回ログイン時等に登録いただいた追加認証を入力し、ご登録電話番号を確認のうえ「電話番号認証を行う」ボタンを押します。 追加認証は、初回ログイン時のお客様情報登録につづけて本手続を行う場合、入力不要となります。 利用開始パスワード・・・トークンの初期設定時にのみ必要となるパスワードです 4~8桁の任意の数字でお客様に設定いただきます。 ワンタイムパスワードアプリの初期設定を終えるまではメモをとるなどして忘れないようにお願いします。 STEP 3 ワンタイムパスワードアプリを起動します。 アプリを起動させると、初期設定画面が表示されます。 サービスID・ユーザID 受信メールに記載されています 、トークン発行処理の際に入力した利用開始パスワードを入力し、「送信」ボタンをタップしてください。 初期設定完了画面が表示されます 初期設定作業完了時のみ表示されます。 以降は表示されません。 すでにワンタイムパスワードアプリをご利用の場合 すでにワンタイムパスワードアプリをダウンロード済みで、新たにJAネットバンクでワンタイムパスワードをご利用になる場合は、トークンの追加を行う必要がありますので、以下の手順で操作してください。 STEP 1 ワンタイムパスワードを起動します。 ワンタイムパスワードアプリの画面が表示されたら「設定」ボタンをタップします。 STEP 2 「トークン追加」ボタンをタップします。 STEP 3 トークン追加の画面が表示されます。 サービスID、ユーザID 受信メールに記載されています 、トークン発行処理の際に入力した利用開始パスワードを入力し、「送信」ボタンをタップしてください。 トークン追加完了画面が表示されます トークン追加作業完了時のみ表示されます。 以降は表示されません。 機種変更時等の注意事項 ワンタイムパスワードアプリを使用しているスマートフォンを機種変更される場合や、ワンタイムパスワードアプリをスマートフォンから削除する場合は、必ず「ワンタイムパスワードサービスの利用解除」を行ってください。 「ワンタイムパスワードの利用解除」を行うことなく機種変更やアプリの削除をされた場合「JAネットバンク」にログインできなくなります。 「ワンタイムパスワードサービスの利用解除」については、以下の手順で行ってください。 JAネットバンクにログインできなくなった場合は、「各種パスワード等の初期化・再設定」から「ワンタイムパスワードの再発行」を行ってください。 「ワンタイムパスワードの再発行を」ご利用いただけない場合は、お取引のあるJA窓口までお申し出ください。 ワンタイムパスワードの有効期限について ワンタイムパスワードには有効期限の設定があり、トークンアプリ画面にて表示しております。 有効期限が近づいた場合は、トークンアプリ画面に更新画面が表示されますので、更新操作を行ってください。 ソフトウェアトークン取引認証のご利用について ソフトウェアトークン取引認証は、お客さまがJAネットバンキングでの対象取引を実行される前に、スマートフォン上のソフトウェアトークンでお客さまの取引内容が改ざんされていないかをお客さまがご自身で取引内容に改ざんが無いか確認のうえ、振込・振替を行う認証方法です。 このソフトウェアトークン取引認証を利用されることにより、お客さまは安全な取引が可能になります。 現在、ログイン時にご利用中のワンタイムパスワードにソフトウェアトークン取引認証を加えることで、不正ログインの防止と送金内容の改ざん防止の両方を実現することで、より一層安心してインターネットバンキングのご利用が可能となります。 ワンタイムパスワードの設定に引き続き『ソフトウェアトークン取引認証』のご利用をお願いいたします。 利用開始方法については以下をご参照ください。 ソフトウェアトークン取引認証のご利用は無料です。

次の