年末挨拶 訪問。 ビジネス向け正しい年末の挨拶メールの送り方|お客様/社外

年末年始の挨拶回りで営業必須のアポイント・お歳暮マナー

年末挨拶 訪問

年末になると、ビジネス上の取引のある方に挨拶メールを送らなければなりません。 多忙な中でも、要所要所の挨拶ができるかできないかで、ビジネスマンとしての優劣が変わってくる可能性があるからです。 ここでは、ビジネス向けの年末の挨拶メールの送り方や、例文などをみていきましょう。 年末の挨拶メールを送るタイミング 年末の挨拶メールを送るタイミングは、送る相手によって変えなければなりません。 同じ社内の上司や先輩であれば、年末の最終営業日の朝から昼頃までに送るようにすれば良いです。 また、取引先や社外の人向けの年末の挨拶メールは、先方の予定を把握していない場合であれば、年内の最終営業日を考えて自分の最終営業日よりも1週間~3日前くらいまでには送ると良いでしょう。 取引先や社外の場合は、自分の会社と最終営業日が異なることがあります。 例え最終営業日が同じだったとしても、相手の都合によってはメールを見ないというパターンも考えられます。 できれば、社外や取引先などにメールを送る場合は、相手の最終営業日も確認しておきましょう。 年末の挨拶メール:お客様 お客様宛の年末の挨拶メールは、今年一年のご愛顧に対する感謝と、来年もよろしくという内容を盛り込みます。 また、一番重要なのは、年末年始の休業日の連絡です。 いつからいつまでの休みとなり、来年のいつから営業開始となるのかを必ず明記します。 年末の挨拶メール例文:お客様 お客様各位 年末年始の営業日のご案内 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 年末年始休業日を下記のとおりご連絡申し上げます。 本年中のご愛顧にこころより感謝申し上げますとともに、来年も変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 時間が経つのは早いもので、もう年末のご挨拶をさせていただく季節となりました。 貴社のおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 改めて、厚く御礼申し上げます。 来年も、さらに努力を積み重ねていく所存ですので、より一層のご支援のほどよろしくお願いいたします。 なお、年末年始の当社の休業期間は以下になります。 時節柄、ご多忙のことと存じますが、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 来年も変わらぬご愛顧をお願い申し上げ、歳末のご挨拶とさせていただきます。 年末の挨拶メール:社外 社外向けの場合でも、年末の挨拶メールには、相手との共通の思い出などがあれば、それを入れて感謝の意を伝えましょう。 そして、一番重要なことは、年末年始の休業期間と、年始の営業開始日(時間)がいつからかの表記です。 件名も、わかりやすいもの(「今年もお世話になりました」「年末のご挨拶」など)にして、カッコで自分の会社名と氏名を入れるようにしましょう。 件名は、メール一覧で見たときに、すぐに誰からどんな内容かわかるようにすることが重要です。 年末の挨拶メール例文:社外 いつもお世話になっております。 年末のご挨拶をさせていただきたく、よろしくお願いいたします。 貴社の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 本年は格別のご愛顧をいただきまして、厚く御礼申し上げます。 来年もさらにサービスの向上を図れるよう、誠心誠意努力していく所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう従業員一同よりお願い申し上げます。 なお、当社の年末年始の休業期間は以下になります。 来年も変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 年末の挨拶メール:社内 社内向けの年末の挨拶は、今年あったことをちょっと入れたり、お世話になった方へのメッセージを入れたり、とオリジナルの一文を入れると相手に感謝の気持ちが伝わりやすくなる挨拶文となります。 社内向けですので、あまり堅苦しい、決まりきった定型句のみだと味気ないという気もします。 そのため、自分の今年の抱負的なことを盛り込むと、ちょっと印象に残る良い年末の挨拶となるでしょう。 また、社内向けの場合一斉送信で全員に送る場合もあるでしょうから、その場合は誰が読んでも失礼のない内容の文にしましょう。 深く感謝いたします。 来年も、引き続き、継続案件のプロジェクトに邁進していく所存ですので、どうぞ変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。 新年には、また元気な皆様とお会いできることを楽しみにしております。 良いお年をお過ごしください。 年末の挨拶メール:上司 年末の挨拶は、メールや手紙で送る方が多いですが、メールと手紙では書き方が異なります。 ここでは、種類別に、相手の印象が良くなるような年末の挨拶の書き方についてご紹介します。 メール 今ではビジネス上の年末の挨拶をするのはメールで行うことが一般的になってきています。 はがきや手紙で丁寧に年末の挨拶をする場合もありますが、通常の連絡手段が現在はメールであることが多いため、年末の挨拶もメールで行う人が多いのでしょう。 メールの場合は、件名にも注意が必要です。 件名としては、わかりやすく「年末のご挨拶」などシンプルに短めにして、誰からのメールかわかるように会社名と氏名も書いておきます。 ここでは、メールによる年末の挨拶をご紹介します。 それも、この職場の皆さんの多大なるご支援のおかげです。 とても感謝しております。 来年も、何かとご迷惑をおかけすることもあるでしょうが、一生懸命皆さんのお役に立てるよう、精進していく所存です。 どうかご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 新年には、みなさまの元気なお姿を拝見できますことを楽しみにしております。 良いお年をお過ごしください。 」 手紙 年末の挨拶文は、より丁寧な印象を与えることができるため、メールではなく手紙で送る場合もあります。 例えば、顧客宛や取引先に向けては手紙で送った方が、相手に丁寧な人だという良い印象を与えることができるでしょう。 ここでは、手紙で年末の挨拶をする場合の例文をご紹介します。 取引先や顧客宛の年末の挨拶文には、今年一年お世話になったことへの感謝と、来年も引き続きご贔屓にしていただきたいという希望、そして年末年始の休業日の連絡と年始の営業開始日の連絡を行います。 以下が、手紙の年末の挨拶文例文になります。 年末の挨拶文例文:手紙 手紙では、顧客宛の場合は、複数宛のため、一人一人名前を入れるのではなく「お客様各位」ということで文書を作りましょう。 (例文)「お客様各位 年末年始の営業日のご案内 平素は格別のご愛顧をいただき厚く御礼申し上げます。 弊社の年末年始の営業日については下記のとおりとなります。 なお、年内最終営業日である12月30日につきましては、15時までの営業となります。 」 年末の挨拶の例文 年末の挨拶では、今年一年どういった年だったかを一言入れると、定型文とはちょっと違った挨拶文になるでしょう。 (例文)「今年も残すところあとわずかになりました。 本当にありがとうございます。 この職場に来て、ほぼ一年となりますが、無事一年過ごすことができたのも、皆さんのおかげです。 来年も、いろいろと教えていただきたいことがあるので、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 年明けに元気な姿で皆様とお会いできるよう心より願っております。 それでは、良いお年をお過ごしください。 」 年末の挨拶に入れる簡単な文章表現 年末の挨拶では、よく使われる定番の言葉がいくつかあります。 以下が、年末の挨拶でよく使われる定型句になります。 ・「今年もお世話になりました」 ・「おかげさまで」 ・「お力添えもあり」 ・「良いお年をお迎えください」 ・「来年もどうぞよろしくお願い申し上げます」 年末の挨拶の正しい時期 年末の挨拶は、メールや手紙で済ませる人もいますが、ビジネス上はきちんと実際に会って挨拶した方が、相手へのインパクトの大きさが全く違ってきます。 しかし、実際に会って年末の挨拶をするとなると、ビジネスマナーやルールを知っておかなければなりません。 ここでは、年末の挨拶訪問回りをする際のマナーをご紹介します。 1.訪問前のアポイントメント 年末の忙しい時期にいきなり訪問されると相手も迷惑です。 年末の挨拶回りをする場合には、必ず相手にアポイントメントを取ってから行くようにしましょう。 また、そのアポイントメントを取る場合には「挨拶だけして、すぐにお暇させていただきますので、長い時間は結構です。 」と気を利かせるようにします。 2.手土産に注意 手土産を渡しても問題ない会社であれば、何かしら相手が喜びそうなものを手土産に選びましょう。 また、手土産は紙袋から出し、風呂敷に包んで持参します。 3.上座と下座を間違えないこと 会社回りをする場合は、上座と下座ということをきちんと考えて座る必要があります。 例えば、狭い部屋の場合は、入り口から一番遠い席が上座になり、広い部屋に大きなテーブルがあって片側3名以上席があるときには、中央の席が上座となります。 また、挨拶回りをしていて応接室に通された場合に、相手から「どうぞおかけ下さい」と声をかけてもらってから座るようにしましょう。 年末の挨拶はビジネス上重要 いかがでしたか。 ビジネス上の年末の挨拶は、仕事上の信頼関係を築く上で重要な役割を担っていることがわかっていただけたでしょう。 また、顧客宛や取引先、社外宛の場合は、年末のご挨拶の中に、必ず休業期間と来年の営業開始日を記載することもわかりました。 年末の挨拶は、定型文になりがちですが、自分がお世話になった人やこの一年がどんな年だったかについて一文加えることで、オリジナルな挨拶となり、相手にも気持ちが伝わりやすくなります。 ここにご紹介した例文はほんの一例ですので、ご自分のオリジナルな年末の挨拶をよく考えてみてください。 年末の挨拶を丁寧にきちんと行い、年末の挨拶文を送った相手とより良い関係性を築いていきましょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

年末年始の挨拶【ビジネス編】|送る時期・お客様・社内宛のメール例文

年末挨拶 訪問

なぜ年末の挨拶にアポイントメントを取るのか? 初めて訪問するお客様に対してはアポイントメントを取ります。 なぜか? 訪問した時に、お客様が不在だったらなんにもなりませんから。 「そんなこと当たり前でしょ!」 と思いましたか? では、既存のお客様を訪問するときに必ずアポイントメントを取っていますか? ルート営業で訪問するときにアポイントメントを取っていますか? ついつい忘れがちになっていませんか? 逆の立場だったらどうでしょうか? こっちの都合も考えずにいきなり訪問 されても、困っちゃいませんか? 年末はあなたがいそがしいと同じで お客様もいしがしい時期です。 それをいきなり挨拶にこられても お客様はこう思っちゃいますよ! 「このいそがしい時になんの用?」 年末の挨拶はお客様に一年の感謝をこめておうかがいするものですよね? それを、お客様を怒らせちゃったら・・・ せっかく築いたお客様との人間関係にひびが入ったとしたら・・・ 「なんて恐ろしい!」 お客様に感謝の言葉と感謝の意思を伝えに訪問するなら 挨拶もお客様本位で行いましょう。 お客様に対してきちんとアポイントメントを取ってから訪問しましょう。 特に親しくなって人間関係が構築されたお客様に対して忘れないようにしましょうネ。 年末の挨拶をする時期はいつなのか? お客様も営業マンであるあなたもいそがしい年末です。 挨拶する時期というのも気にしましょう。 そのことに関しては でくわしく書いています。 せっかくの一年の締めくくりの年末の挨拶です。 挨拶する時期も気にしましょうネ。 アポイントメントを取って相手に会えてこそ挨拶の訪問になるんです さっかく挨拶におうかがいしたのにお客様は不在・・・ 「あ~あ。 アポとっときゃよかったな」 「まあでも名刺置いてきたし大丈夫!」 そんなこと考えちゃいませんか? 「訪問」という漢字の「問」は「門」ではなく「問」です。 「門」の中に「口」が入ってますよね。 「門」を見てきたからだけでは「訪問」にはなりません。 お客様と「口」と「口」を使って話をしてこそ「訪問」なんです。 お客様の所に千回お伺いしても お客様が不在では訪問になりません。 だってお客様は一回もあなたに会ってませんから! でも言ってますが 人は何事も「感情」で行動します。 あなたがお客様に好かれるのも嫌われるのも「感情」が関係しています。 お客様に会い、会話をしてこそ「訪問」なんです。 だからこそ「アポイントメント」をきちんととってから訪問するべきなのです。 アポイントメントを取らない訪問なんて とんこつラーメンが無い博多みたいな ものです。 せっかく博多にとんこつラーメン食べにやってきたのに無いなんて! 博多にやってきた意味がありゃしません。 アポイントメントを取らない訪問なんてそんなものです。 時間とお金と情熱が無駄になっちゃいますよ! まとめ せっかくいそがしい年末にお客様に挨拶に出向くんです。 お互いに気持ちよく挨拶をして新年を迎えたいですよね。 忘れちゃいけない「アポイントメント」! アポイントメントを取らないばっかりに 時間とお金と情熱がむだになっちゃいますよ! アポイントメントを取るということは 相手のことを思いやることでもあるんです。 「感情」と「感情」の構築が営業です。 さあ!アポイントメントをきちんととって 年末の挨拶に行っちゃいましょう! え~っと。 この記事の画像が正月の雰囲気の画像ばかり・・・ すいませ~ん! 反省です! 私へのクレームは を読んでからにしていただければ感謝いたします! でもアポイントメントはよろしくお願いします。 アポイントメントを取って年末の挨拶を成功させましょうネ。

次の

年末の挨拶で営業マンとして絶対に忘れてはいけないひとつのこと

年末挨拶 訪問

「アポイントメール」の書き方のポイント まずはじめにアポイントメールの書き方のポイントを説明します。 「件名」には目的と社名を入れる アポイントを依頼するメールの件名は、既存の取引先へは「打ち合わせ日程のご相談」や「ご訪問日程のお伺い」などとし、初めての相手の場合は「ご挨拶のお願い」や「ご面談のお願い」などとするのが一般的です。 メールの目的を簡潔に記すとともに社名や氏名も併記し、相手がメールを受信した時に一目で内容が把握できるようにします。 「宛名」「挨拶」は略さず丁寧に書く メール本文の前に書きだす「宛名」は、相手の会社名、部署名を略さずに書きます。 相手の名前もフルネームで書きましょう。 初めてのメールで担当者がわからない場合は会社名、わかる場合は部署名のあとに「ご担当者様」とします。 メールの挨拶文は既存の取引先や面識のある相手であれば「いつもお世話になっております。 」という定番の挨拶で始めます。 初めての場合は「初めてご連絡いたします。 」などと初めてであることがわかる挨拶文を書きます。 続けて、面談の目的を簡潔に述べます。 面識のない相手に送る場合は、自社の業務内容の説明や、面談していただくことのメリットなどを簡潔に記します。 「候補日程」を3つ提示する アポイント日時の調整に何度もやりとりが発生しないようにするため、こちらの可能な日程を3候補程度、提示します。 一般的に2つでは少なく感じ、4つでは多いと感じるようです。 候補日程は少なくとも1週間~10日程度先の日時としますが、あまり先にならないようにします。 日とともに時間も「13時~17時」などと具体的に提示し、時間指定がない時は「終日」と明示し、行き違いがないように配慮します。 「アポイントメール」の例文 次にアポイントメールの例文を紹介します。 初めての相手へのアポイントメール 初めての相手にアポイントを取る時のビジネスメールの例文です。 第三者からの紹介によりメールを送る場合は、紹介者の会社名と名前を件名に入れるとスムーズです。 紹介者がない場合は、自分の会社名と名前を入れて不審なメールではないことを伝えます。 御社事業の〇〇につきまして、弊社サービスの〇〇をご紹介させていただきたくご連絡申し上げました。 よろしければご挨拶も兼ねて直接ご説明できればと存じます。 つきましては日程のご都合をお伺いしたいのですが、いかがでしょうか? 下記日程で訪問させていただくことが可能です。 ・〇月〇日(月)〇時~〇時 ・〇月〇日(水)〇時~〇時 ・〇月〇日(木)終日可能 上記の日程以外でも、調整は可能でございます。 お時間は30分程度をいただければと存じます。 お忙しいところ大変恐縮でございますが、ご都合につきましてご連絡をいただけますよう、よろしくお願いいたします。 (メール署名) 挨拶のためのアポイントメール 取引先などに挨拶の目的でアポイントを取りたい時の例文です。 件名は「年末のご挨拶のお願い」「年始のご挨拶のお願い」など目的を具体的に書きます。 同じようなメールがたくさん入るため、会社名や氏名なども件名に入れると相手が一目で把握しやすくなります。 お礼の挨拶が目的の場合は「〇〇のお礼のご挨拶のお願い」など、何のお礼なのかを件名に具体的に書くようにします。 いよいよ年の瀬も迫ってまいりました。 お忙しい中を大変恐縮ではございますが、弊社部長の〇〇と共に、年末のご挨拶にお伺いしたいと存じております。 つきましては日程のご都合をお伺いしたいのですが、いかがでしょうか? 下記日程でに30分ほどご面談のお時間を希望しております。 ・〇月〇日(月)〇時~〇時 ・〇月〇日(水)〇時~〇時 ・〇月〇日(木)終日可 お忙しいところお手数をおかけしますが、ご都合につきましてご連絡をいただけますよう、よろしくお願いいたします。 (メール署名) アポイントメールの返信の書き方 次にアポイントメールの返信の書き方を紹介します。 アポイントメールをもらった時の返信の仕方 アポイントメールをもらった時は、提示された日時から可能な日時の連絡を返信します。 その時の挨拶文は「ご連絡をいただき、ありがとうございます」など、お礼の挨拶から始めます。 「3月20日(月)15時から可能でございます」と、日時は曜日や時間をしっかりと記載し、行き違いのないようにします。 返信の時の件名は、履歴を残すため、変更せずにそのまま返信します。 件名に相手の名前が入っている場合でも、「様」などを書き加える必要はありません。 アポイントの日時が決まったら決定事項を明記して返信する アポイントメールを送って日時の返事が来た時は、確認の返信メールを送ります。 その時、決定した日時や内容を明記するのを忘れないようにしましょう。 下記のように、箇条書きで書くとよいでしょう。 下記の通り訪問させていただきます。 ————————————————————— ・訪問日時:3月20日(月)15時 ・訪問場所:貴社オフィス ・訪問者:〇〇株式会社 鈴木、山田 計2名 ・目的:新商品のご紹介 ————————————————————— 訪問が終了したら、遅くとも翌日までには訪問のお礼のメールを送るように心掛けましょう。 まとめ アポイントのメールは「アポイントのお願い」ではなく「ご挨拶のお願い」「訪問日程のお伺い」などとします。 アポイントは面会などの約束を取るという意味のアポイントメントの略語であるため、ビジネスなどの改まった場では用いないようにしましょう。 アポイントの調整をメールで行う際は、やりとりが増えないように初めから候補日程を提示し、面会の目的や人数など必要な情報を簡潔に漏れのないように記載します。 それとともに、相手にお願いをすることであるため、「恐れ入ります」「お手数ですが」など、相手を気遣う言葉も忘れないようにしましょう。

次の