関空 から シンガポール。 【フランクフルト経由】関空からチェコまでの飛行機乗り継ぎ徹底ガイド【費用や機内食も紹介】

シンガポール航空の関西空港発A380ファーストクラス(スイート)に乗ってきました!ウェスティンシンガポールにも!

関空 から シンガポール

過去の受賞歴に加え、2019年SKYTRAX社の格付けで「世界第1位」に輝いた5ッ星エアライン「シンガポール航空」。 2019年6月よりドーハ〜マルタ間に新規就航開始!地中海で最も美しいといわれる絶景の島、マルタへ、最新鋭の機材、最高の機内サービス、一流シェフによる充実の機内食を堪能しながら向かいましょう! シンガポール航空のビジネスクラス・ファーストクラスをご利用のお客様は、関西国際空港にて、出発ゲートのある南ウィング「JAL サクララウンジ」をご利用いただけます。 シンガポール・チャンギ空港では、豪華な「シルバークリスラウンジ」をご利用いただけます。 世界最高峰のサービスを、誰よりも早く「新型機」のビジネスクラスでご体感ください! 全席通路側スタイルのシート配置 ボーイング787-10のビジネスクラスは、従来の2-2-2配列を1-2-1とした全36席。 フルフラットシートを互い違いに配置した、スタッガードシート配列を採用しました。 それにより、どの席からでも直接通路に出ることができる、全席通路側スタイルを実現。 中央2列席では、シート同士の距離が近いもの、遠いものが交互に配列されており、2シート間中央にある仕切りは、プライバシーレベルに合わせて自由に高さの調整ができます。 ご夫婦やカップルで利用する場合は、シート間の距離が近い列にし、仕切りを下げてしまえば、2人で広々と使用可能です。 逆に仕切りを上げると、しっかりとプライバシーが保たれる設計になっています。 各シートには18インチのHDタッチスクリーンモニター、ユニバーサルAC電源、充電用USBポートを完備。 また、窓はすべて5段階調整可能な電子シェードになっています。 充実のエンターテインメント 機内では1,000種類を超える映画、テレビ、音楽、ゲームを楽しむことができます。 好みや閲覧履歴に基づいておすすめが表示されるため、自分の興味のあるコンテンツがより探しやすくなりました。 SingaporeAirアプリを使用すれば、フライトの前にもプレイリストを作成することができます。 この機能を利用すれば次のフライトで続きから見ることができ、映画好きにはありがたいサービスです。 空の上のレストラン シンガポール航空の機内食 サービスに定評のあるシンガポール航空は、もちろん機内食にもこだわりが満載です。 対象便が限られており、関空~シンガポール路線は、関空発の便は対象外となりますが、シンガポール発の便は対象となり、事前予約をご利用いただけます。 使い心地抜群のシンガポール・チャンギ空港 「シルバークリスラウンジ」 シンガポール・チャンギ空港の「シルバークリスラウンジ」は、ビジネスクラスのお客様がご利用いただけるシンガポール航空のラウンジです。 大理石と木材が融合した豪華な造りで、「もうひとつの我が家」をコンセプトとし、お客様が自宅にいるようなリラックスできる空間を提供しています。 シルバークリスラウンジは24時間営業。 温かい食事、スナックなどの軽食、ドリンクバー、新聞雑誌、Wi-Fi無料、TV、インターネット接続PC、ミーティングルーム、トイレ、シャワーなどのサービスをご利用いただけます。 シンガポール料理をはじめとした充実の食事メニューは、どれもクオリティが高く、自分のお腹の空き具合に合わせて楽しめます。 機内でもラウンジでも、ゆったりとくつろげるのが、シンガポール航空の魅力です。

次の

本日のフライト情報 検索結果

関空 から シンガポール

シンガポール島シンガポールへの飛行時間と所要時間、日本からの直行便 日本の空港からシンガポールのシンガポール島シンガポールまで、飛行機でどれくらい時間がかかるかを解説。 成田、羽田、名古屋(セントレア)、大阪(関空)からシンガポールまで直行便について航空会社別に紹介しています。 2019年10月10日 更新 東京・羽田からシンガポール島シンガポールへの飛行時間 東京・羽田からシンガポール島シンガポールまでの飛行時間は、 平均7時間38分です。 逆方向のシンガポール島シンガポールから東京・羽田への飛行時間は、 平均7時間5分です。 日本発の行きよりも、帰りのシンガポール島シンガポール発のほうが飛行時間は短くなります。 東京国際空港(羽田空港)(HND)からシンガポール・チャンギ国際空港(SIN)へは、JAL(カンタス航空がコードシェア)、ANA、シンガポール航空が直行便を運航しています。 同じ行きの直行便でも、運航機材やフライトスケジュール、空港の混雑状況によっても所要時間は異なります。 出発地 航空会社 アライアンス 飛行時間 東京・羽田 JAL ワンワールド 7時間40分 東京・羽田 ANA スターアライアンス 7時間50分 東京・羽田 シンガポール航空 スターアライアンス 7時間25分 成田からシンガポール島シンガポールへの飛行時間 成田からシンガポール島シンガポールまでの飛行時間は、 平均7時間37分です。 逆方向のシンガポール島シンガポールから成田への飛行時間は、 平均6時間57分です。 日本発の行きよりも、帰りのシンガポール島シンガポール発のほうが飛行時間は短くなります。 成田国際空港(NRT)からシンガポール・チャンギ国際空港(SIN)へは、デルタ航空、JAL、ANA、シンガポール航空、ユナイテッド航空(ANAがコードシェア)が直行便を運航しています。 同じシンガポール行きの直行便でも、運航機材やフライトスケジュール、空港の混雑状況によっても所要時間は異なります。 出発地 航空会社 アライアンス 飛行時間 成田 デルタ航空 スカイチーム 7時間40分 成田 JAL ワンワールド 7時間25分 成田 ANA スターアライアンス 7時間45分 成田 シンガポール航空 スターアライアンス 7時間35分 成田 ユナイテッド航空(ANAがコードシェア) スターアライアンス 7時間40分 大阪・関空からシンガポール島シンガポールへの飛行時間 大阪・関空からシンガポール島シンガポールまでの飛行時間は、 平均7時間30分です。 逆方向のシンガポール島シンガポールから大阪・関空への飛行時間は、 平均6時間23分です。 日本発の行きよりも、帰りのシンガポール島シンガポール発のほうが飛行時間は短くなります。 関西国際空港(KIX)からシンガポール・チャンギ国際空港(SIN)へは、シンガポール航空(SQ)、スクート(TR)が直行便を運航しています。 出発地 航空会社 アライアンス 飛行時間 大阪・関空 シンガポール航空 スターアライアンス 7時間5分 スクート バリューアライアンス 7時間0分 名古屋・中部からシンガポール島シンガポールへの飛行時間 名古屋・中部からシンガポール島シンガポールまでの飛行時間は、 平均7時間15分です。 逆方向のシンガポール島シンガポールから名古屋・中部への飛行時間は、 平均6時間45分です。 日本発の行きよりも、帰りのシンガポール島シンガポール発のほうが飛行時間は短くなります。 中部国際空港(NGO)からシンガポール・チャンギ国際空港(SIN)へは、シンガポール航空(SQ)が直行便を運航しています。 出発地 航空会社 アライアンス 飛行時間 名古屋・中部 シンガポール航空 スターアライアンス 7時間15分 福岡からシンガポール島シンガポールへの飛行時間 福岡からシンガポール島シンガポールまでの飛行時間は、 平均6時間35分です。 逆方向のシンガポール島シンガポールから福岡への飛行時間は、 平均6時間15分です。 日本発の行きよりも、帰りのシンガポール島シンガポール発のほうが飛行時間は短くなります。 福岡空港(FUK)からシンガポール・チャンギ国際空港(SIN)へは、シンガポール航空(SQ)が直行便を運航しています。 出発地 航空会社 アライアンス 飛行時間 福岡 シンガポール航空 スターアライアンス 6時間35分 札幌・新千歳からシンガポール島シンガポールへの飛行時間 札幌・新千歳からシンガポール島シンガポールまでの飛行時間は、 平均7時間30分です。 逆方向のシンガポール島シンガポールから札幌・新千歳への飛行時間は、 平均0時間0分です。 日本発の行きよりも、帰りのシンガポール島シンガポール発のほうが飛行時間は短くなります。 新千歳空港(CTS)からシンガポール・チャンギ国際空港(SIN)へは、スクート(TR)が直行便を運航しています。 出発地 航空会社 アライアンス 飛行時間 札幌・新千歳 スクート バリューアライアンス 7時間30分 沖縄・那覇からシンガポール島シンガポールへの飛行時間 沖縄・那覇からシンガポール島シンガポールまでの飛行時間は、 平均5時間10分です。 逆方向のシンガポール島シンガポールから沖縄・那覇への飛行時間は、 平均5時間10分です。 日本発の行きよりも、帰りのシンガポール島シンガポール発のほうが飛行時間は短くなります。 那覇空港(OKA)からシンガポール・チャンギ国際空港(SIN)へは、ジェットスター・アジア航空(3K)が直行便を運航しています。 同じ航空会社で乗り継げる場合は、日本から乗り継ぎ空港までの平均的な飛行時間を掲載しています。 実際の所要時間は乗り継ぎ時間により大幅に異なる場合があります。 シンガポールへの航空券を予約できる航空会社 シンガポール・チャンギ国際空港(SIN)への路線を運航しており、シンガポールへの航空券を予約できる主な航空会社です。 航空会社 加盟アライアンス 提携 スターアライアンス(ANAと同じ) ANAと提携 スターアライアンス(ANAと同じ) ワンワールド(JALと同じ) スターアライアンス(ANAと同じ) ANAと提携 スカイチーム スターアライアンス(ANAと同じ) ANAと提携 スカイチーム JALと提携 バリューアライアンス ANAと提携 バリューアライアンス スカイチーム ANAと提携 スターアライアンス(ANAと同じ) ANAと提携 ワンワールド(JALと同じ) JALと提携 スターアライアンス(ANAと同じ) ANAと提携 スカイチーム ANAと提携 ANAと提携 到着空港の地図 日本とシンガポールの位置関係をGoogleマップで表示しています。 国際線は成田、国内線は羽田を起点に表示していますが、路線は運航されていない場合があります。 あくまでも位置関係の参考程度にご覧ください。 現在は運航されていない路線も含みます。 飛行時間の参考までにご利用ください。 シンガポール発の各路線についても、運航機材や時期・曜日によってフライトスケジュールは変更は異なる場合があります。

次の

【関空発】新型機ビジネスクラスで行くシンガポール:シンガポール航空|海外旅行・海外ツアーはトラベル・スタンダード・ジャパン

関空 から シンガポール

写真:LINEトラベルjp 編集部 シンガポールのLCCであるスクート スクート・タイガーエア は、成田から1日2〜3便、関空から週6便、シンガポールへ就航しています。 首都圏と関西圏からの直行便が出ているLCCは現状だとスクートしか選択肢はありません。 成田発は便数が多いため、午前や午後など時間帯を選べるようになっています。 しかし、関空発は19時発しかなくシンガポール到着時間が深夜になってしまうので要注意。 スクートの魅力は選べる料金プランの豊富さです。 通常運賃に機内食、座席のサイズ、受託手荷物 機内に預ける荷物 の個数など、豊富なオプション セット運賃 を追加で付けることが可能。 より快適なフライトを楽しみたい人はセット運賃をプラスし、お得な価格で利用したい人はオプションを付けないなど、スタイルに合わせて料金プランを選ぶことができます。 沖縄からシンガポール旅行が可能な「ジェットスター」 写真:LINEトラベルjp 編集部 安全さが評価され、航空会社の安全度ランキングで4年連続トップに輝いているカンタスグループのエアラインであるジェットスター 2018年4月現在。 ジェットスターは沖縄とシンガポールへは週3便、沖縄からの出発時間も11時頃発と、身体に負担がかからないのが魅力です。 しかし、帰りの便は現地の深夜2時発の便のため、少し不便になってしまうのは注意しておきたいポイント。 しかし、時間さえあれば、シンガポールと沖縄を同時に旅行できるのは強みですね。 また、関空からフィリピンや台湾を経由してシンガポールに向かう方法もおすすめ。 関空発の便は、1日2〜4便で12時頃や17時頃発の便が用意されているため、スケジュールに合わせてフライトを選ぶことができます。 ジェットスターでは、スタンダードな通常運賃にオプションを加えるセット運賃を選ぶことが可能です。 +4000円で機内食とセットになった「ちゃっかりPlus」や、万が一の際の払い戻しが可能になる「フレックスBiz」、そのほか座席のタイプや受託手荷物といったサービスオプションを自分なりにアレンジして、より快適なフライトを叶えることもできます。

次の