ホンダ オデッセイ 新型 2020。 ホンダ 新型 オデッセイ マイナーチェンジ情報!日本発売は2020年11月! │ ホンダ車動画情報のまとめ

【新型 オデッセイ リーク、スクープ情報】マイナーチェンジ 2020年11月に実施か。デザイン(スパイショット)、変更点、価格予想など、最新情報

ホンダ オデッセイ 新型 2020

メニュー• 2020年ホンダ四輪車の情報 モデルチェンジは N-ONE及び ヴェゼル SUV の2車種、 マイナーチェンジはN-BOX及びオデッセイの2車種、 新発売ホンダe 電気自動車 の5車種が予定されています。 N-BOXは2020年10月マイナーチェンジを予定しています、詳細な情報確認次第更新いたします。 N-ONE 2020年11月フルモデルチェンジ MT設定有り 一時期N-ONEブランド廃止の噂がありましたが、ソーシャルネットワーク上にホンダ・カーディーラーで 来年秋頃新型のN-ONEが発売されるとの情報を得たと言う投稿がありました。 しかも待望の マニュアル・トランスミッション搭載グレードの設定もあるとの事。 大阪オートメッセ2020で展示されていた新型N-ONEを撮影してきました、スポーティなデザインで若い子に人気。 東京オートサロン2020にて展示されていた「N-ONE カフェレーサー コンセプト」にフロアシフトだがS660が搭載する6速マニュアル・トランスミッションを搭載。 外観は一見代わり映えしないが新型N-BOX・N-WGNと同じプラットフォーム採用し、剛性と足回りを向上させていると言われています。 6MTの写真、ステアリングから近いのでまるでラリー車みたいですね。 N-ONEにタイプRの設定もあると言う噂も タイプR仕様と言えば、大型リヤスポイラー、ブレンボのブレーキユニットに強化サスペンションダンパー、ショートストロークトランスミッションにホンダオリジナルバケットシート。 ボンネットのインタークーラー冷却用のエアーインテーク口も欲しい所です。 リヤはGTウィング風では無く大型ルーフスポイラーの方が似合いそうです。 タイプRは2013年の東京モーターショー出展の噂もあり、シビックタイプRがあっと言う間に完売した一件もあるので台数限定で販売される可能性は皆無でも無いと思われます。 このようなエクステリアなら目立つこと間違いないですし、オフ会でも話題の中心となる事間違い無いです。 新しい情報を確認次第追記させて頂きたいと思います。 ホンダe 電気自動車 2020年9月 新発売 ホットハッチEV車「ホンダe」は昔のシビックを彷彿させるコンパクトな3ドアハッチバックスタイルで駆動方式もリヤモーター駆動方式を採用する。 0kg. m 航続距離は一回のフル充電で200km以上の航続距離を実現。 写真はホンダeコンセプトモデル。 市販モデルは若干異なると思われます、特にタイヤがツライチでは無くツラウチになる。 ホンダe 予想諸元表• 全長3890mm 全幅1695mm 全高2530mm• ホイールベース 2530mm• バッテリー容量 40kWh• モーター最高出力 135psまたは155ps• モーター最大トルク 32. 0kg. 航続距離 200km以上 オデッセイ 2020年11月 マイナーチェンジ ホンダステーションワゴン「オデッセイ」は2020年11月ビッグマイナーチェンジを予定。 主な改良内容は外観デザインの変更、特にフロントフェイスはUS風に生まれ変わる。 パワーユニットの変更があると噂されていますが確定次第お知らせ致します。 次期オデッセイは4月北米にて発表を予定していましたが、コロナウイルス問題によりエンジされているので騒動が収まり次第公式発表されます。 新しい情報確認次第更新致します。 シビック・タイプR 2020年夏発売 2020年6月25日追記 シビック・タイプR マイナーチェンジモデルが2020年夏頃発売。 主な改良内容は 外装の一部変更とエンジン冷却性と制動力を向上とシャシーチューニングとしてフロントボールジョイントフリクション低減とリヤサストーイン量増加され追従とタイヤ接地性が向上する。 写真はホンダ公式サイトに掲載されている次期シビック・タイプRです、外装ではフォグランプの上にフィンタイプのボディ同色ガーニッシュを装着 リヤ側も同ガーニッシュが装着されます。 写真「」より 主な変更点詳細 2020年夏発売されるシビック・タイプR主な変更点詳細が判明したのでお伝え致します。 ・冷却性を向上するためにアッパーグリルエアインテークを拡大 ・フロント・リヤにフィンタイプのボディ同色ガーニッシュ追加 ・ドリルドディスクローター廃止 1ピースから2ピースディスクローターへ強化 ・レザーステアリングをアルカンターラーへ変更 ・MTシフトノブデザイン変更 ・生産はイギリス工場で行われる シビックタイプR 2022年フルモデルチェンジ 現行型シビックベースグレードは2015年秋に北米先行発売され既に5年目を迎えいよいよ来年 2021年フルモデルチェンジすると言う噂も出始めています。 注目のタイプRも現在開発が進められており、噂によるとリヤに2モーターを搭載したAWD駆動方式を採用するかもしれないと言う。 確定ではありませんので詳しい情報入り次第お知らせ致します。 開発中の次期シビックタイプR。 jp さんの投稿 2021年1月 ヴェゼル フルモデルチェンジ 人気アーバンSUV ホンダ「ヴェゼル」は2020年1月フルモデルチェンジを予定 主な改良内容の詳細は未確認ですが、外観はキープコンセプト パワートレーンにフィットと同じ「e:HEV」2モーター方式のハイブリッドシステムを採用すると予想されています。 写真は現行型、詳細判明次第更新致します。 写真「」より 次期 ヴェゼル 予想諸元表• ホイールベース 2610mm• エンジン 1. 5L 直列4気筒DOHC LEB-H5型• 最高出力 98ps• 最大トルク 13. 0kg. モーター 最高出力 109ps• モーター最大トルク 25. 8kg. トランスミッション 電気式無段変速機 2020年2月以降 新技術ホンダ・コネクテッドを順次搭載 2020年2月発売される新型フィットより、新技術ホンダ・コネクテッドをフルモデルチェンジ車に順次採用していくとの事。 困った時や事故・故障などの緊急時にはオペレーターを通して警察・消防・保険会社など一括して連絡を行えるほか、何らかのトラブルが発生した場合はALSOKが現場へ急行させる事も可能。 アプリは「」サイトよりダウンロードできます。 アプリを利用するにはホンダカーディーラにて会員登録が必要。

次の

オデッセイが2021年1月マイナーチェンジ フェイスリフトとホンダセンシングを強化

ホンダ オデッセイ 新型 2020

2021年1月オデッセイがビッグマイナーチェンジを行う可能性 プレミアムミニバンのオデッセイが2021年1月にビッグマイナーチェンジを行う可能性があります。 ビッグマイナーチェンジではエクステリアを大きくアップデート。 特にフロントマスクはトヨタ・エスクァイアのようなアグレッシブな顔立ちになるという情報も。 インテリアも改良されグレード整理も行うことも考えられ、安全装備のホンダセンシングも最新型にアップデートするでしょう。 パワートレインのハイブリッドシステムは新型FITから採用した「e:HEV」に名称を変更すると予想します。 新装備として手をかざすだけで開閉操作が行える「ジェスチャースライドドア」を採用し、ユーティリティの向上を図り、先進安全装備のホンダセンシングも最新バージョンにアップグレードするでしょう。 新車販売台数ではライバルのトヨタアルファード、日産エルグランドにも負けている状況で、2021年のビッグマイナーチェンジで巻き返しを図ります。 北米ホンダがマイナーチェンジ版オデッセイを発表 新型オデッセイのエクステリア 2020年3月9日、北米ホンダはマイナーチェンジした2021年版新型オデッセイを発表しました。 新型オデッセイはニューヨーク国際オートショーに実車が公開され、2020年後半に発売予定とのことです。 今回の改良で、新型オデッセイはクロームストリップと進化したLEDヘッドライトを備えるブラックアウトグリルを採用。 上級グレードには新デザインの19インチアルミホイール、自動防眩サイドミラーを装備します。 新型オデッセイのインテリア インテリアは2列シートを改良、イルミネーション付きUSBポートや3色のフロアマットなどを搭載。 EX-Lグレード以上をセレクトした場合、助手席用のパワーランバーサポートやコントラストステッチ、2列シート用バックポケットも装備されます。 「エリート」「ツーリング」の2グレードではドア周りやダッシュボードにピアノブラックを採用し、質感の高いデザインとなっています。 また、新型オデッセイでは「後部座席リマインダーシステム」を搭載。 荷物や子供の車内放置を防ぎます。 安全運転支援システム「Honda SENSING」は最新式で、NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)の安全評価では最高評価を獲得する見込みです。 ホンダ・オデッセイに「25周年特別記念パッケージ Odyssey 25th Anniversary Special Package 」が登場! オデッセイ特別仕様車「25周年特別記念パッケージ Odyssey 25th Anniversary Special Package ホンダ・オデッセイの発売25周年を記念し、特別仕様車「25周年特別記念パッケージ Odyssey 25th Anniversary Special Package 」がアメリカ市場で発売されました。 2019年8月13日より発売されます。 今回の25周年記念モデルでは上質なクロームパーツや19インチアルミホイールを装備し、パワートレインに10速AT、アイドリングストップ機能つき3. 5L V型6気筒i-VTECエンジンを搭載。 最高出力は280hpを発揮します。 また、ボディカラーの新色としてホワイトダイヤモンドパールを追加しています。 2020年モデルのオデッセイはおよそ323万円から。 25周年記念パッケージは約16万円です。 新型オデッセイのマイナーチェンジ変更点 2017年11月16日に行われた新型オデッセイのマイナーチェンジでの変更点は以下になります。 新型ヘッドライトの採用• フロントマスクのフェイスリフト• リアコンビランプのデザイン変更• ホンダセンシングのアップグレード オデッセイのマイナーチェンジでは、新型シビックやステップワゴンに採用されているジュエルアイLEDを搭載し、ヘッドライトデザインが細くなります。 また、フロントマスクやリアコンビランプのデザインを変更し、より高級感の増したデザインになっています。 また、ホンダ車で初めてホンダセンシングを採用したオデッセイは、機能が古かったり最新モデルには搭載していても、オデッセイには装備されていない機能もあります。 そこで、2017年11月16日のマイナーチェンジでは、機能のアップグレードを実施します。 新型オデッセイのホンダセンシング(Honda SENSING)の機能• オートハイビーム機能の追加• ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)のアップデート フラッグシップセダンの「レジェンド」と、ミドルクラスセダンの「グレイス」には、搭載されているオートハイビーム機能と、「レジェンド」と「アコード」に搭載されている渋滞追従機能つきのクルーズ・コントロールを新型オデッセイに搭載します。 新型オデッセイの販売価格一覧 グレード 駆動方式 乗車定員 販売価格 G エアロ ホンダセンシング FF 7名 3,123,186円~ FF 8名 3,035,186円~ 4WD 8名 3,238,889円~ アブソルート ホンダセンシング FF 7名 3,388,000円~ FF 8名 3,300,000円~ 4WD 8名 3,503,704円~ アブソルートEX ホンダセンシング FF 7名 3,660,555円~ 4WD 8名 3,776,259円~ ハイブリッド ホンダセンシング FF 7名 3,907,445円~ FF 8名 3,819,445円~ ハイブリッド アブソルート ホンダセンシング FF 7名 4,009,296円~ FF 8名 3,921,296円~ ハイブリッド アブソルートEX ホンダセンシング FF 7名 4,314,852円~ 新型オデッセイのエクステリア デトロイトショーで発表された北米仕様の新型オデッセイは、フロントのメッキパーツが5代目より少なくなり、新型シビックと同じくフェンダー部分にサイドマーカーが設置されています。 また、ヘッドライトデザインが小ぶりになり、スライドドアを搭載している車種の宿命でもあるリア側のドアレールが見当たりません。 スライドドアのレールはリアクォーターウィンドウの下に隠れていて、流線形のデザインを損なうことがありません。 リアビューは、中央のホンダエンブレムから横に広がるメッキパーツが印象的で、テールランプデザインの一部になっている点がポイントです。 クリアになっている箇所がバックランプ、両端の上下のランプがウィンカーとストップランプ、リアコンビネーションランプ全体がテールランプになっています。 ヘッドライトデザインはシャープなデザインで、LEDヘッドライトとフォグランプ、導光タイプのクリアランスランプが搭載されています。 新色を2色追加し全7色の新型オデッセイのボディカラー 新型オデッセイのボディカラーはマイナーチェンジに合わせ登場した2種類の新色を追加し全7色で展開します。 存在感のある鮮やかなコバルトブルー・パールと上品で深みのあるプラチナ・ホワイトパールはホンダの最上級ミニバンのオデッセイに相応しいプレミアムカラーとなっています。 コバルトブルー・パール(新色) プラチナホワイト・パール(43,200円・新色) スーパープラチナ・メタリック(43,200円高) クリスタルブラック・パール プレミアムヴィーナスブラック・パール(43,200円高) プレミアムスパイスパープル・パール(43,200円高) プレミアムディープロッソ・パール(43,200円高) 新型オデッセイのインテリア 北米仕様の新型オデッセイの内装は3列シートの7人乗り仕様で、2列目の座席が中央へ寄せることができるマジックスライド機構を備えています。 マジックスライド機構 運転席周りは、日本仕様のオデッセイとかなり違い、センターコンソールにはハザードランプやECONスイッチなど、走行に必要なスイッチや快適装備のスイッチが集約されています。 センターコンソールから左右に広がる翼のようなインパネには、青色LEDが装備されていて幻想的な雰囲気です。 北米仕様オデッセイ運転席周り 日本仕様オデッセイ運転席周り 新型オデッセイのエンジン 北米仕様の新型オデッセイには、3. 5リットルV6エンジンが搭載されていて、トランスミッションは9AT、Touring・Eliteグレードには10ATが搭載されています。 新型オデッセイのボディサイズ 北米仕様 日本仕様 全長 5,160mm 4,840mm 全幅 1,995mm 1,820mm 全高 1,735mm 1,685mm ホイールベース 3,000mm 2,900mm 日本仕様のオデッセイよりも北米仕様のほうが一回り大きいボディサイズで作られています。 日本でもモデルチェンジする度に少しずつボディサイズが大きくなっていましたが、今回のマイナーチェンジではボディサイズの変更は全長のみとなりました。 新型オデッセイの装備 北米仕様の新型オデッセイには、後部座席に座っている人へスピーカーなどを通じて話しかけられる「キャビントーク」や、カメラを通じてディスプレイに様子を映し出せる機能が備わっています。 また、安全装備のホンダセンシングも備わっていますので、安心して日常の街乗りだけではなくロングドライブも楽しむことができます。 新型オデッセイは家族に寄り添う車へ 日本で2017年11月16日に行われるマイナーチェンジでは、ヘッドライトデザインの変更や、ホンダセンシングのアップデートなど、外見だけではなく安全装備も充実するビッグマイナーチェンジとなります。 また北米仕様のオデッセイでは、後部座席の様子をカメラで見ることが出来たり、スピーカーで話しかけることが出来るキャビントーク・キャビンウォッチを備え、より家族に寄り添う車へと進化しています。 発売から6年後の2019年頃になると予想される新型オデッセイへのフルモデルチェンジでは、北米仕様のまま日本へやってくるのか、上級ミニバン・オデッセイの今後に期待しましょう。

次の

ホンダ・新型オデッセイのスクープ情報!2020年フルモデルチェンジか

ホンダ オデッセイ 新型 2020

2013年にエリシオンと車種統合という形で生き残ったオデッセイです。 初代から続いていた開閉扉をスライド式に変更するなどして、他のミニバン同様に変更されました。 またオデッセイ特有の天井の低さも、現行車である程度背の高さを変更しています。 モデル末期になって来ているので、そろそろフルモデルチェンジが行われるのではないでしょうか。 次期オデッセイはどう変化するのか? エリシオンと車種統合する形で、現行型に切り替わったオデッセイですが、既に販売開始から5年が経過しているので、そろそろフルモデルの時期と考えるべきでしょう。 現状ではエクステリアは全ての車種でアブソルートのエアロパーツ付きという形になっているので、この辺りはかなりシャープ感のある様なデザインに変更されてきそうです。 現状ではミニバンとしては室内高の低さが売れ行きを伸ばせていないとの見方もされているので、この辺りの変更はいずれ必要になってくる可能性もあります。 ロールーフミニバンの先がけなのですが、家族を乗せるのには若干乗車スペースに限りがあるのがネックになっています。 ただ、ステップワゴンのように思いきった事をすると失敗した時のダメージが大きすぎるので、あえてもう少し高級感志向に振ってみるのも有りな感じがします。 対抗車がアルファードクラスですからスポーティさはあえて必要ないのかもしれません。 Sponsored link 次期オデッセイのパワートレインはどうなるの? 現状では2. 0L DOHC i-VTEC i-MMD と2. 4L DOHC i-VITEC・2. 4L直噴DOHC i-VTEC の3タイプのエンジンが搭載されています。 4Lはオデッセイの方向性から考えれば改良を加えられながらも現状維持的要素が大きいでしょう。 ただ、NAで2. 4Lを残して、ダウンサイジングターボという事も考えられますが、1. 5ターボでは、さすがにトルク出力共に不足感がありそうですから、2. 0Lターボ搭載が有力ではないでしょうか。 またHYBRIDは燃費を改善する方向性があるようですから、新型のスポーツHYBRID i-MMDとなる可能性が高そうです。 駆動系のCVTを現状維持するのか?それとも新型となる9又は10速ATを搭載してくるのか?といったところが争点になりそうです。 今回のオデッセイフルモデルチェンジは、奇抜なアイディアよりも確実性の高い変更の方が得策の様な気がします。 問題は足周りをどう変えてくるのかも注目すべきでしょう。 現行では足周りが硬すぎて快適感が損なわれている節もあるので、高級志向ミニバンを目指すならラグジュアリー感を演出する為にもスポーツ系の足周りではない方が良い様な気がします。 「ホンダオデッセイ新型のサイズや価格は?2020年にフルモデルチェンジ」まとめ 次期オデッセイについていろいろ紹介してきました。 ホンダとしては、オデッセイがミニバンのフラッグシップだけに、テコ入れしたい所でしょう。 現状ステップワゴンの標準車が散々なだけに、堅実な路線を選択してくるはずです。 取り込みたい年代は若い世代よりもゆとりのある40~50代を狙い目とするならば、インテリアの質感を一回りよくする方向でもいいのかもしれません。 2020年辺りにフルモデルチェンジになると思いますが、どう変化してくるか期待して待ってみましょう。 新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?• 欲しい新車があるが、予算オーバー• 値引き交渉が苦手• ディーラーを回るのが面倒、時間がない• 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい• ディーラーの売り込みが嫌い などなど・・・ 新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか? と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。 そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、 また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。 そんな悩みを抱える方のために、 おススメの裏ワザをご紹介します。 車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう! あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる 営業電話にうんざりした経験はありませんか? しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります! 事実、私も高額査定サイトを利用して ディーラーで40万円の査定が 買取強化店で67万円になりました!.

次の