あららぎ 声優。 声優・神谷浩史さんが演じたキャラクター 人気投票ランキング:ユニテン

アニメ版「<物語>シリーズ」のキャラクター、豪華声優キャストを一挙紹介!【ニッチなところまで網羅】

あららぎ 声優

彼は可愛いくて小柄な、金髪の少年です。 主人公エレンの親友で、壁の中にいながら外の世界への憧れを強く持っています。 体力はありませんが、豊富な知識と判断力があり、機転が利きます。 彼の作戦は、何度も絶体絶命の仲間を救いました。 また必要ならば、自分や仲間を危険に晒す決断も出来る、強い心の持ち主。 人類にとって、いまや無くてはならない人物です。 登場したのは「終物語・そだちロスト」。 彼女は、主人公である阿良々木暦 あららぎ こよみ くんの元クラスメイト。 高校一年生の時、同じクラスの委員長でした。 長いグレーの髪をツインテールにした、キツい眼差しの女の子です。 しかし彼女は、初めて会った時から異様に暦くんに敵意を持ち、ことある毎に辛辣なことを言い、つっかかってきます。 老倉さんに嫌われる覚えの無い暦くんは、戸惑い困惑するばかり。 暦くんはそれを「他の教科はからっきしなのに、数学の成績だけ良いことが、同じく数学好きの彼女の勘に障るのでは……」と思っていましたが、それは違いました。 実は彼女と暦くんは、過去に二回も会っていたのです。 そして何を隠そう、暦くんに数学の面白さを教えたのが、幼い頃の育さんでした。 しかし暦くんは、彼女が本当に訴えたかったことに気付かず、老倉さんは救われませんでした。 彼女は暴力をふるう父親から助けて欲しいと、暦くんに遠回しなSOSを送っていたのです。 その後更に、再会した彼女に気づかなかったこと……。 色々な悲しみや辛さを、半ば八つ当たりのように暦くんにぶつけていたのです。 ある意味、全ての不幸を暦くんのせいにするという形で、彼に甘えていたのかもしれません。 そうでもしなければ、耐えられなかったのかも。 一年の時のある事件が元で、老倉さんは不登校になります。 そして三年生の秋。 彼女が登校してきたことで、暦くんは気付いていなかった真相に向き合うことになるのですが……。 久々に顔を合わせるなり、ヒステリックに暦くんを罵倒する老倉さん。 「お前が嫌い、嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い!!!!」 その激しさに、暦くんはタジタジ。 暦くんの恋人・ひたぎさんは激昂して老倉さんをぶん殴ったりと、大騒ぎに。 色々あって暦くんと級友は、老倉さんの母親の失踪の謎を探ることになります。 それは、更に辛い現実を彼女に告げることでもありました。 自分が老倉さんを、いかに傷つけていたか……それをようやく知った暦くんは、あえて事実を告げる役目を引き受けます。 しかし二人きりで会った老倉さんは、憑物が落ちたような穏やかな女の子でした。 「これが本来の姿なのだろう」と感じた暦くん。 普段の刺々しさと、終盤の穏やかな顔。 痛々しさを感じさせる老倉さんは、同時に幸せになって欲しいと思わせる、愛すべき人物でもあります。 ちなみに「そだちロスト」では主題歌も歌ったりと、大活躍。 危なっかしくも魅力的な、老倉さんの魅力に触れてみて下さい。 井上さんの熱演は、見事の一言です。 老倉さんとは対照的に、どんな時にも動じないクールな女子高生です。 黒い髪を二本の三つ編みにし、ブレザーの制服、黒いハイソックス。 年相応の可愛い女の子ですが、実は幼い頃の経験から、幽霊が見えるという特異体質。 しかし、いちいち動じない強いメンタルの持ち主でもあります。 死神のような仕事をする、同級生のりんね……彼と出会い、何かと霊絡みの事件に巻き込まれる桜ちゃん。 しかし優しく親切な性格でもあり、困った人を助けたり、りんねに助言を与えたりと、さりげなく活躍しています。 また貧乏なりんねを気遣い、手作りのお弁当を差し入れすることも……。 りんねは「宝石箱だ」と涙を流して喜んでいるあたり、料理も上手と思われます。 またりんねを始めとする、複数の男性から好意を寄せられていますが……鈍感で、まったく気付かない一面も。 良くも悪くもテンションが一定なので、本音が読めないヒロイン……。 そんな、稀有なるーみっくキャラです。 彼女は若い女性ですが、リオネス王国の聖騎士を目指す見習い。 薄紫の髪に勝気な表情、少し厚めの唇。 自分を「俺」と呼ぶ男勝りですが、内面は純情で、仲間思いの一面もあります。 兄に認めて欲しい一心から男装をし、必死に騎士を目指すジェリコ。 最初は強がっていましたが、敵のバンに命を救われ、彼に恋心を抱くようになります。 何かと理由をつけて話しかけたり、旅についていったりと、健気なアプローチをするジェリコ。 しかしバンのほうは、彼女を「財布兼妹」のように思っており、異性として見てくれません。 幼い頃亡くした、実の妹と重ねているのかもしれませんが……。 そう、バンには心から愛する恋人・エレインがいるのです。 自分を庇って死んでしまった、彼女を蘇らせる……そのことを一心に願うバンの心には、他人の入り込む隙間がありません。 しかしジェリコは叶わぬ恋と知りながらも、バンを慕い、恋敵のエレインも見捨てません。 嫉妬の念から蘇ったエレインに攻撃されるも、誤解が解けた後はバンとエレインの危機に、二人を救おうと奔走します。 そのジェリコの姿には、エレインも「バン以外にも、優しい人間がいた……」と、涙を浮かべます 彼女は妖精族の姫君です。 不安定ながら蘇ったエレインと、彼女と相思相愛のバン。 切ないながらも、そんな二人を傍で見守る、友人のようなジェリコ。 不思議な二等辺三角関係です。 勝気で意地っ張りだけど、本当は優しくて、ド根性がある……。 そんなジェリコは、とても魅力的な女の子です。 以上が変幻自在な声優・井上さんが演じた代表的なキャラクター。 今後も随時追加していきます!.

次の

八九寺真宵 名前間違い 一覧「失礼、噛みまみた」

あららぎ 声優

阿良々木暦 あららぎこよみ は「<物語>シリーズ」の主人公兼貴重なツッコミ役。身長165センチ、誕生日は4月上旬らしいですが詳細は不明です。 厄介な問題を抱えたヒロインたちのために奔走する優しい性格で、その性格ゆえに吸血鬼モドキに。彼をシル人物たちからはヘタレ、ロリコン、シスコンと散々な言われようですが、彼はそれに恥じぬ変態っぷりを見せています。 誰に対してもひたむきな姿勢からか、出会う少女にことごとく好意を寄せらるハーレム気質。 彼女の戦場ヶ原ひたぎをはじめとして、なかなかに曲者揃いな少女たちとの軽快なやりとりは阿良々木暦のお家芸と言えるでしょう。 そんな彼を演じるのは大人気声優の神谷浩史。 『夏目友人帳』の夏目貴志や、『WORKING!! 』の相馬博臣など、さまざまなメインキャラクターを演じている実力派です。 千石撫子 せんごくなでこ は「<物語>シリーズ」ヒロインの1人。身長153センチの中学2年生で誕生日は6月3日。忍野忍から「非常に整った造形をしておる」と言われるほどの美少女です。 幼少期に阿良々木家をよく訪れていたらしく、阿良々木暦とその妹たちとは顔馴染みな様子。 性格は引っ込み思案で恥ずかしがり屋。 そのせいか長い前髪で目を隠しがちですが、阿良々木暦に好意を寄せ、時には大胆な行動をとることもあります。 そんな美少女女子中学生の千石撫子を演じるのは花澤香菜。 本作の他にも『僕は友達が少ない』の羽瀬川小鳩や、『PSYCHO-PASS サイコパス』の常守朱など、さまざまな人気アニメでキャラクターを演じています。

次の

井口裕香

あららぎ 声優

阿良々木暦 あらこよみ とは、作の、およびそれをとしたのである。 概要 上にも書いてある通り。 であるの三年生であるが、既に落ちこぼれている。 までは童、・ルドの如き扱いだったとか。 「強度が下がる」という理由で友人を 作れず作らず、活の大半をな感じで過ごしていたが、三年生に進級する前のに「のような」出来事に遭遇し、彼の生活と周囲は変化し始める。 そんな彼だが意外とで、に用のを駆り、本を購入に走る程の行動である。 好みの はでの大きなと、年上の。 が二人おり、仲が悪いわけではないが、仲が良いわけでもないとは本人談。 ああ、でもの彼氏については存在そのものを認めないし、のに少しでも性的なで見られてると知ったらを働きかねないけどね。 一方での沙汰において彼は結構なである。 というか「って」状態である。 実は、とあるから性的暴行を受けそうになったことがあるが、にした。 以上のようにモテる彼だが、恐ろしい程に男がいない。 一時期ギブドテイクの関係にあって、徐々に気心知れたを除けばである。 そして割と深刻なで彼はそれを気にしていたりする。 の?ハッ(鼻笑)。 が低いことも気にしている。 「されたらが低いのがバレる」とか言い出すほどに気にしている。 そのことを表に出さない、いや出すまいとしている。 ぐましい。 どうもさんや上のよりも小さいそうだが、それはらがデカいからであって、決してというわけではない。 そういうことにしておいてあげよう。 まるでが乗り移っているかのように8、の文化に詳しい面を見せたりする。 まだなのに。 「」は長らくでありその偉大さを讃えていたが、その上で近年『』が歴代首位に躍り出た様子。 …もうなのに…。 の事に詳しい方は読んでいてお気づきだろうが、当然のように。 彼にとって「ED」とえば某戦地調停士をし、隙あらばさんや曲王の格好良いを言ってみたり、羽や野との会話から即座にを連想したり、あまつさえの宣伝をする際に唐突にの宣伝を始める。 話が進んでいくうちに登場するへの性的暴行がひどくなっていく。 その牙からはだろうが実のだろうが逃れられない。 しかも(外見年齢が)以下だとより悪化する傾向にある。 途中から本人も開き直っており、「から入ったひとが帰っちゃっても気にしない」といている。 理由はでになった。 ・・・のか? ここから下は 成分を多く含んでいます。 了承した方のみして読んで下さい。 『元』・、本人く、である。 にと出会い、そのお人よしな性格のせいで(?)そのの属になってしまう。 その結果、から狙われる身となり、の間、数々の死闘を繰り広げる事態(のような日々)に陥る。 と化した直後()はのの属にふさわしく、圧倒的なと、知覚と身体を誇り、治癒も尋常ではない。 しかしが圧倒的に不足している上、の持つ様々なはまだ修得していないため、ではその辺を補うを他者から受け、更に戦いながら積んだ経験でしていった。 全策の場合、歴戦の相手では簡単に負けていたと思われる。 の彼は、の働きによって、そのからは抜け出せたが、少しの後遺症(怪の直りがにべい、視が良い等)が残り、全にに戻る事は出来なかった。 また体を常にコンディションに保つようになっている為、どんなに食べ過ぎても太る事がない。 成長期に化してたらももうちょっと伸びてたんだろうか…。 の成れの果て、に血を吸ってもらうと、ほぼ失われたとしての(後遺症)がわずかに復調する。 ちなみにそのときはのもわずかに戻る。 を殺す事ですぐにでも後遺症をなくし、全なに戻る事もできるが、彼はそれだけは決してしない、というより最初からに存在しておらず、今でも定期的にかつて付けられた噛からに自分の血を与え続けている。 なお、彼とは「一心同体」の名の通り、体的にも精的にも不可分な状態となっており、体は血液ののほか、一定を離れる事が出来ない、精は互いの性格や思考の反映などが行われている状態である。 これが自称なだったはずの、のが徐々に変化していった要因である様子。 元々の頃までは、評判の「の人」であったらしく、かなりの有であったらしい。 彼がその頃何があって今のような性格になったかは不明。 因みに当時の通り名は「不動の寡黙」……… 今、のフィード強すぎるだろ!! 名台詞 さんは今まで多くの名を発してきた。 ここにその一例を紹介しよう・・・・・・・・・ 名?• は作らない、強度が下がるから• 全部やる。 条例で保護されている• なんだ。 に文句があるなら、が聞くぜ• 行くなら一緒に行こう。 のなんざいるかぁ!!• は姿のに、欲情してるだけなんだよ• と言えばとあばらだよな• のをめたいって、なの一般的な発想じゃないのか?• まったく、よ、とか発明した……• の羽、ちゃんと帰ってくるんだろうな?• 幼い!!! (避難時の標「押さない、駆けない、喋らない」の阿良々木暦ver)• 性欲なくしては生まれないんじゃないのかい?• ヒュー!最高ーっ!• というドキドキを口にするだけで、もうのになると、嬉しくなってしまうのさ• 火憐ちゃんはだよ。 が一生面倒を見るんだから• まだのの方が奮する• 、千石がしたらどうするんだ!• はをしたんだ•

次の