漢方 生薬 認定 薬剤師。 漢方・漢方薬の資格がとりたい!どんな資格があるの?

薬剤師に人気の資格&役立つ資格「漢方薬・生薬認定薬剤師」

漢方 生薬 認定 薬剤師

注目されている漢方薬 薬にはいろいろな種類があるのですが、そんな中でも最近注目を集めているのが漢方薬です。 なぜ漢方薬が注目されているのかというと、いろいろな症状に効果があることと、副作用が少ないというメリットがあるからなのですが、薬局の中には漢方薬を専門に取り扱う店もあります。 漢方薬を取り扱うには、当然それ相応の知識がなければいけないのですが、薬剤師の資格を取得していれば、特に他の資格がなければいけないというわけではありません。 しかし、漢方薬に特化した資格が現在では存在しているのです。 それが漢方薬・生薬認定薬剤師という資格なのですが、一般的な薬剤師の資格を持っているのが条件になります。 漢方薬や生薬に関する専門の数少ない資格なので、最近では取得しようとする薬剤師も多くなっているのです。 病院へ行ってもなかなか症状がよくならない、薬を飲んでもよくならないという人がよく購入しています。 漢方薬と生薬の違いとは 漢方薬・生薬認定薬剤師という資格があるということはわかったと思いますが、漢方薬と生薬の違いが判らないという人もいるでしょう。 しかし、漢方薬も生薬も一緒なのです。 簡単に説明させていただくと、生薬を組み合わせてできたのが漢方薬になります。 生薬というのは、木の根っこや植物の葉のことなので、一般的には薬草などと呼ばれているものが生薬と考えればよいでしょう。 漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得するには 漢方薬の知識つけたいから、漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得したいと考えている薬剤師もいるでしょうが、当然取得するためには条件が定められています。 そこで漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得するための条件を見ていきたいと思いますが、当然薬剤師の資格を持っていることが絶対条件です。 漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得するための条件は2つだけなのですが、1つ目は漢方薬・生薬研修会へ参加しなければいけません。 漢方薬・生薬研修会が終了すると、終了証書を発行してもらえるので、この修了証書を使うことで試験を受けられるようになります。 この試験に合格することで、漢方薬・生薬認定薬剤師の試験に合格しましたという証明書を受け取ることができるのですが、証明書は資格ではないので注意しないといけません。 この証明書は1年間という有効期限があるので、合格証明書を持って所定の手続きを行い、初めて漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得することができるのです。 漢方薬・生薬認定薬剤師の資格自体も有効期限が存在していて、3年ごとに更新をしないといけません。 更新期間は期限が切れてから10年間有効となっているのですが、当然更新するまでは無資格と同じになるので、できるだけ早く更新をしておきましょう。 投稿ナビゲーション.

次の

研修認定薬剤師の単位を習得できる『eラーニング』17社完全比較ガイド

漢方 生薬 認定 薬剤師

難易度 - 漢方に興味があるのであればぜひチャレンジを。 生薬の知識がベースにあるのでなじみやすいはず。 この資格を取るために、薬剤師の資格は必須です。 その上で、「漢方薬・生薬研修会」(9回の講義研修会と1回の薬用植物園実習)に参加後、試問を受けます。 合格したら、必要書類を研修センターへ提出すると、日本生薬学会及び公益財団法人日本薬剤師研修センターが合同で認定薬剤師証を発行します。 更新にあたっても研修参加、単位取得が必須で、常に自己研鑽する必要がある資格です。 ただ、薬剤師は大学で生薬学も学んでいますので、他の職種に比べると漢方に関しては自分のものになりやすいと思います。 漢方医師も世の中にはたくさんいますが、その医師に対し自信をもって処方提案ができるようになります。 取得後 - 病院勤務中も保険薬局開局後も、自信を持って服薬指導ができるようになりました。 資格を取ったのは約10年前、病院勤務時代でしたが、資格を得ることでより自信を持って服薬指導に当たることができるようになりましたね。 勤務していた病院では、男性の不妊治療にもあたっていたのですが、漢方的立場から処方アドバイスなどもし、医師と連携して療法にあたりました。 定年退職後は大学教員の声もかかったのですが患者さんにより近い立場にいたいと考え、保険薬局開局を決意。 ここでも、いろんな症状を訴える患者さんに、様々な漢方のアドバイスで応えています。 お一人おひとりにしっかり向き合ってお話ができますから、病院で処方された薬を、よりその方に合うものに変えていただけるよう先生にお話をしたり。 漢方では「証(しょう)」というのですが、熱の有り無しから始まって声の張り、体格、筋肉質なのかそうでないのか、日常生活の送り方まで入り込んで、どういった状況でこういう体質になっているのか、根本的なところに入り込んだ上で処方を考えます。 熱があるから解熱剤、といった対処療法ではなく、原因は何かというところから掘り下げます。 漢方という専門性を持っているおかげで、「人」全体を見通すことができるのです。

次の

疾患でなく人を見る!広い視野を持つ漢方薬・生薬認定薬剤師

漢方 生薬 認定 薬剤師

難易度 - 漢方に興味があるのであればぜひチャレンジを。 生薬の知識がベースにあるのでなじみやすいはず。 この資格を取るために、薬剤師の資格は必須です。 その上で、「漢方薬・生薬研修会」(9回の講義研修会と1回の薬用植物園実習)に参加後、試問を受けます。 合格したら、必要書類を研修センターへ提出すると、日本生薬学会及び公益財団法人日本薬剤師研修センターが合同で認定薬剤師証を発行します。 更新にあたっても研修参加、単位取得が必須で、常に自己研鑽する必要がある資格です。 ただ、薬剤師は大学で生薬学も学んでいますので、他の職種に比べると漢方に関しては自分のものになりやすいと思います。 漢方医師も世の中にはたくさんいますが、その医師に対し自信をもって処方提案ができるようになります。 取得後 - 病院勤務中も保険薬局開局後も、自信を持って服薬指導ができるようになりました。 資格を取ったのは約10年前、病院勤務時代でしたが、資格を得ることでより自信を持って服薬指導に当たることができるようになりましたね。 勤務していた病院では、男性の不妊治療にもあたっていたのですが、漢方的立場から処方アドバイスなどもし、医師と連携して療法にあたりました。 定年退職後は大学教員の声もかかったのですが患者さんにより近い立場にいたいと考え、保険薬局開局を決意。 ここでも、いろんな症状を訴える患者さんに、様々な漢方のアドバイスで応えています。 お一人おひとりにしっかり向き合ってお話ができますから、病院で処方された薬を、よりその方に合うものに変えていただけるよう先生にお話をしたり。 漢方では「証(しょう)」というのですが、熱の有り無しから始まって声の張り、体格、筋肉質なのかそうでないのか、日常生活の送り方まで入り込んで、どういった状況でこういう体質になっているのか、根本的なところに入り込んだ上で処方を考えます。 熱があるから解熱剤、といった対処療法ではなく、原因は何かというところから掘り下げます。 漢方という専門性を持っているおかげで、「人」全体を見通すことができるのです。

次の