ヘルパンギーナ と 手足 口 病。 手足口病とは?|知っておきたい!家庭の感染と予防|サラヤ株式会社 家庭用製品情報

手足口病・ヘルパンギーナ・プール熱 3大夏風邪の症状と対処

ヘルパンギーナ と 手足 口 病

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 子供がかかる「夏風邪」といえば、ヘルパンギーナや手足口病が代表的なものですよね。 発熱したり、口の中に発疹ができてご飯が食べづらくなってしまったりと、かかった子供だけでなく、ママやパパもケアが大変な病気です。 今回は、ほぼ同時期に流行することが多いヘルパンギーナと手足口病の違いや、併発することがあるのかについてご説明します。 ヘルパンギーナ、手足口病の病原体は? ヘルパンギーナと手足口病は、ともにエンテロウイルス属のウイルスが感染することによって発症します。 エンテロウイルスは動物の中で人だけが保菌するウイルスです。 特に夏から秋にかけて流行することが多く、ヘルパンギーナや手足口病以外にも鼻炎や、頻度が低いものの重症例としては髄膜炎・心筋炎など、さまざまな病気を引き起こします。 原因となるウイルスがいくつもあるため、両者とも何度も発症してしまうという特徴があります。 ヘルパンギーナ 手足口病 発症が多い年齢 0~5歳 0~4歳 潜伏期間 2~4日 3~5日 感染経路 飛沫感染、経口感染など 飛沫感染、経口感染など 発熱 38~40度が1~3日続く 平熱~38度 肌の発疹 なし 手や足に2~3mmの水ぶくれ 口内の発疹 喉に1~5mmの水ぶくれ 口の中の全体に2~3mmの水ぶくれ ウイルスの排出 治癒後、2~4週間 治癒後、2~4週間 ヘルパンギーナと手足口病に共通する点は、未就学児の感染が多く、熱が出ること、2~4日前後の潜伏期間を経て発症すること、また治癒後もしばらくウイルスを排出し続けることなどです。 一方、両者の違いとして分かりやすい点は、ヘルパンギーナは突然高熱を出すこと、手足口病は口だけでなく手や足にも発疹が出ることで、多くはそこから診断されます。 なお口内にできる発疹は、ヘルパンギーナも手足口病も、強い痛みや刺激があります。 関連記事 ヘルパンギーナと手足口病は薬で治療する? ヘルパンギーナ、手足口病ともに、ワクチンや特効薬はなく、治療は対症療法となります。 治療を行わなくても日が経つとともに症状は治まっていきますが、ヘルパンギーナは38度以上の高熱になってしまうことが多く、全身のだるさや食欲不振にもつながるので、解熱剤を使うことがあります。 またヘルパンギーナ、手足口病ともに、口の中に発疹ができるので、食べ物や飲み物が口の中に入ると痛かったりしみたりします。 その症状を和らげるため、抗炎症剤を使うこともあります。 ヘルパンギーナや手足口病は、食べ物や飲み物が喉を通らず、食欲不振になると、脱水症状を起こしてしまう危険性もあります。 その場合には、点滴で水分や電解質を補います。 関連記事 ヘルパンギーナと手足口病は併発することもある? ヘルパンギーナと手足口病は、基本的には併発することはありません。 ただし、ヘルパンギーナと手足口病は、症状から病名を診断するため、「手足口病と診断されたのに、熱が39度に上がってしまった」、「ヘルパンギーナと診断されたのに、手や足にも発疹がある」ということもあります。 つまり「最初はヘルパンギーナと診断されたものの、実は手足口病だった」というように、あとで診断名が変化することもあります。 また、手足口病で高熱が出る場合は、例年とは異なるウイルスが流行している可能性もあります。

次の

手足口病について

ヘルパンギーナ と 手足 口 病

目次 クリックするとスクロールします)• ヘルパンギーナと手足口病の症状の違いは? 症状が違うように見えて、実は似て非なるものとも言われているのがヘルパンギーナと手足口病です。 いずれも、 夏場に罹患すること、 乳幼児にかかることが共通点となっている両者です。 ここでしっかりと両者の違いについて理解しておきましょう。 症状を見極めるポイント ヘルパンギーナの症状ですが、まずは 発熱します。 対する、手足口病ですが、発熱をしても 微熱程度となります。 また、発熱しないこともあるので、発熱をするかしないかでヘルパンギーナと手足口病を判別することもできそうですが、それはやはり素人考えで、医師などはもっとも根幹的な部分で判別しなくてはいけないので、そこに難しさがあるようです。 原因菌が似ている というのも、ヘルパンギーナと手足口病のどちらも ウイルス性感染症です。 ですから、元々はウイルスが原因となっているのです。 その、大元のウイルスなのですが、 手足口病のウイルスは、コクサッキーウイルス、エンテロウイルスです。 ヘルパンギーナはコクサッキーウイルス、エコーウイルスなどです。 こうしてみると、コクサッキーウイルスはかぶっていますので、両者は同じ 病原菌ということになります。 しかし、ウイルスには数多くの種類があり、派生型があります。 ヘルパンギーナのウイルスはコクサッキーウイルスでも、コクサッキーAウイルスで、さらに4型6型10型が多いとされています。 大元では同じ系統のウイルスであっても、型が違うことで、判別が難しくなってしまうのです。 潜伏期間の違いについて 次に潜伏期間を見てみましょう。 ヘルパンギーナの 潜伏期間は 2日~4日となっています。 対する手足口病の潜伏期間は 3日~6日ということで、ヘルパンギーナよりも長くなっています。 もっとも、それでも3日と4日がかぶっています。 それと、いつ感染したかがわからないので、この潜伏期間での判別はそれほど意味はありません。 ここまでは、発熱の有無が両者の違いを判別する大きな違いと言えそうです。 症状の共通点 次に実際の症状を見てみます。 いずれも水疱ができることが共通点となっています。 ヘルパンギーナはのどの中にしか水疱ができないのに対して、手足口病はのどの他に、手や足、さらには全身に水疱ができるケースもあります。 手足口病の場合、まずはのどに水疱ができ、そこから全身に広がっていくパターンです。 ですから、のどの水疱だけなのか、全身に広がっていくのかでヘルパンギーナと手足口病を判別できそうです。 一般的にヘルパンギーナのほうが、のどの痛みが激しくなります。 ですので、発熱も高熱になりますから、全身に水疱ができる手足口病のほうが見た目が派手に見えますが、実際につらいのはヘルパンギーナのほうと言えます。 スポンサーリンク ヘルパンギーナに効果的な食事は? 突然の発熱が高熱になることが多く、水分補給をしたくてもすぐに、のどに水疱ができるので飲み込むことが困難になってしまいます。 それでも、食べ物や水分は体力を維持するためにも必要です。 ここでは、ヘルパンギーナに効果のある食事を紹介します。 おかゆ これはもう定番ですが、発熱をした場合は水分補給をしなくてはいけません。 さらに、のどに水疱ができているのですから、のどを通りやすい食事が必要となります。 食べない、という選択肢もありますが、体力維持にはやはり食べないことには話になりません。 特に体力のない乳幼児は水分補給を兼ねて おかゆを食べることが必要です。 栄養補給の一番手として卵を落とすといいでしょう。 また、大人がヘルパンギーナに罹患することがあります。 大人がかかると重症化することが多く、発熱はもとより、のどの水疱がかなりできるので、食べるのも困難になることが多くなります。 そのような症状にもおかゆは効力を発揮するのです。 にゅうめん うどんでもいいのですが、そうめんを温めて食べる にゅうめんが効果的です。 のどの通りが良いのはやはり細麺だからです。 ヘルパンギーナなど、口の中に口内炎ができてしまうと、その症状にもよりますが、食べるのが辛くなってしまうのは想像に難くありません。 それではどうしたらいいのかというと、まずはのどを刺激しないことです。 ですので、薄味のもので、さらにやわらかいものです。 そして、水分を多く含んでいるもの(汁物でもOK)これらを頭に入れて、口内炎を痛くしないために、細かく切ること、さらにはクタクタになるま煮ることです。 ここまで徹底しなくてもいいのですが、これらのいずれもにゅうめんは、高いレベルでクリアしていると言えそうです。 のどが痛いときはできるだけ、固形物は食べないことです。 それでいて、栄養補給をしなくてはいけません。 もっとも、栄養補給にこだわるよりもまずは刺激のない食べやすいものを少しでも食べるということが大切になります。 豆乳ヨーグルト おかゆやにゅうめんは主食となりますが、それでは重いとか、それも口に入らない場合もあります。 これは発熱とのどの痛みが同時期に来ている場合に多いのですが、そのときでも有効な食事があります。 主食ではないのですが、 豆乳ヨーグルトはかなり有効です。 豆乳ヨーグルトはその名の通り、植物性のヨーグルトです。 お腹を壊したときなどは、乳製品のヨーグルトが効果的なのですが、栄養補給をしたい場合は、タンパク質がしっかり取れる、豆乳ヨーグルトがオススメなのです。 ヨーグルトですから、乳酸菌もしっかり摂取できるのも大きなメリットと言えます。 のどの通りもいいですから、ヘルパンギーナにかかって静養中のどのタイミングで食べても効果が期待できます。

次の

ヘルパンギーナと手足口病は同じ?違いは何?ウイルスからうつるのか!

ヘルパンギーナ と 手足 口 病

ヘルパンギーナと手足口病の違い 病気が違うのでウイルスの違いがもちろんありますが、他にもこんな違いがあります! 症状には個人差がありますので受診が必ず必要ですが、まず、の判断の参考にしてください。 ヘルパンギーナ 手足口病 流行時期 6月〜8月 なりやすい年齢 特に4歳以下 5歳以下 原因菌 コクサッキーA4 コクサッキーA16,A6など 熱の出方 高熱 出たり出なかったり ブツブツの症状 喉の奥にでる 手・足・口を中心にでる 感染経路 飛沫感染・接触感染・糞 口感染 潜伏期間 3日ほど 3〜6日ほど 薬・対処法 対症療法 対症療法 参考日本医師会HP「手足口病」 流行時期は? 夏の6月から8月にかけてが流行時期です。 「プール熱」を加えて夏風邪として有名。 なりやすい年齢は?• ヘルパンギーナ・・特に4歳以下の子に多い• 手足口病・・5歳までの子に多い。 あくまでもなりやすい年齢です。 小学生でもかかりますし、流行していました。 集団生活の中での感染力は高いです。 大人もかかる? ヘルパンギーナも手足口病も、両方とも大人でもかかります! 油断は禁物。 子供がなった場合は家族もしっかり予防をしてください。 熱 ヘルパンギーナ・・突然の高熱が1〜4日続きます。 手足口病・・高熱がでる場合・中程度の熱・でない場合と様々です。 比較的症状が軽くすむ場合も多い。 ブツブツの様子 ヘルパンギーナ・・喉の奥に水泡・潰瘍ができます。 手足口病・・手・足・口を中心に発心や水泡ができます。 お尻や膝のあたりにもでる場合があります。 かゆみを伴います。 感染経路 ヘルパンギーナも、手足口病も• 飛沫感染• 接触感染• 糞口感染 が感染経路となります。 潜伏期間 ヘルパンギーナ・・平均3日ほど 手足口病・・3日から6日ほど 薬・対処法 ヘルパンギーナ、手足口病・・共に特効薬はなし。 対症療法となります。 脱水症状に注意が必要です。 ヘルパンギーナと手足口病の違いをしっかり確認! ヘルパンギーナの個別記事はこちらです。 詳しくヘルパンギーナについて解説しています。 手足口病の個別記事はこちら。 手足口病の詳しい情報はこちら! スポンサードサーチ.

次の