アイビス ペイント パソコン。 ibisPaint 無料お絵かきアプリ「アイビスペイント」とは

ibisPaint 無料お絵かきアプリ「アイビスペイント」とは

アイビス ペイント パソコン

こんにちは、さくさくです。 この絵はiPadで描きました。 このブログの アイキャッチ画像や、乳がん手術の 説明図は、全てiPadとibisPaint(アイビスペイント)で作ってます。 私は全く絵心がないのですが、そんな私でも、この程度の絵が描ける 秘密兵器iPadとApple Pencilとアイビスペイントの3点セットをご紹介します。 デジタルお絵かきに必要な道具は3つ デジタルで楽しくお絵かきするために必要な道具は3つ。 iPad本体とApple Pencil(アップルペンシル)、お絵かきアプリのibisPaint(アイビスペイント)です。 これが神ツール3点セット! Apple Pencil(アップルペンシル) iPadをデジタルの便利さはそのまま、 紙のように使える魔法のツールと言っても過言ではありません。 Apple Pencilは 第1世代と最新の 第2世代があり、それぞれ対応するiPadが決まっています。 Apple Pencil(第1世代) 最初に世に出たApple Pencilは、Lightningコネクタでペアリングと充電するタイプです。 充電する時はこのような形で、賛否が分かれるようです。 applepencilの充電方法が色々と危険w — YASSAN次元狼 nother372wolfen Apple Pencil(第1世代)に対応しているiPadは• iPad Pro(10. 5インチ)• iPad(第6世代)• iPad Pro(12. 9インチ)(第2世代)• iPad Pro(12. 9インチ)(第1世代)• iPad Pro(9. 7インチ) 多くのiPadに対応しているので、今持っているiPadでApple Pencilも使いたい場合に導入しやすいです。 Apple Pencil(第2世代) iPadの側面に磁力でカシャッとくっついてそのまま充電できる、最新のApple Pencilです。 充電する時は、このような形です。 iPadに磁力で取り付けられるので、持ち歩きながら充電することもできます。 このApple Pencil(第2世代)に対応しているのは• の2種類です。 iPad(アイパッド) 上で説明したように、使いたいApple Pencilによって、対応するiPadが違います。 私はこれまでiPadを使っていなかったので、せっかく購入するなら新しいApple Pencilも使えるものがいいとを選びました。 と迷いましたが、バッグの中で場所を主張しすぎないので、結果 11インチのiPad Proにしてよかったです。 お絵かきアプリ ibisPaint(アイビスペイント) ここで疑問に思った方もいるはず。 「iPadとApple Pencilがあればお絵かきできるんじゃないの?」と。 私も当初はそう思ってました。 メモAppとの違い もちろんiPadに入っているメモAppで 手書きのメモも取れるし 絵を描くこともできます。 私の画力では精一杯頑張ってこんな感じです(笑)。 最初の富士山の絵とは、出来が全く違いますよね 💦 iPadのメモAppは 真っ白いスケッチブックのようなものです。 3種類のペンの太さ・色を変えながら、フリーハンドでどんどん書く(描く)イメージです。 一方、アイビスペイントなどのお絵かきアプリは、スケッチブックの描画スペースに加えて 絵を描く便利機能満載なのが特徴です。 ibisPaint(アイビスペイント)とProcreate(プロクリエイト) お絵かきアプリでググると、思いの外たくさんの種類がヒットします。 これまで私の 脳内では、 作画台に向かってケント紙にGペンを走らせる漫画家の卵みたいな人たちが現存していたのですが、今の時代漫画もイラストも ほぼデジタル一辺倒であるようです。 余談ですが、故モンキー・パンチ先生もご高齢ながらペンタブレットで漫画を描かれていたそうです。 パソコンで作画する用のアプリがたくさん出てくる中、本来の目的を思い出し iPadでざっくりお絵かきすることに絞り込んで残ったのが ibisPaint(アイビスペイント)と Procreate(プロクリエイト)。 Savage Interactive Pty Ltd• エンターテインメント• App Storeのレビューやらアプリ紹介ブログやらを読み込むと、ぶっちゃけ 機能的には大差ないらしい。 Procreate(プロクリエイト)は有料版しかありませんが、ibisPaint(アイビスペイント)はとりあえず無料で使うことができます。 ということで ibisPaint(アイビスペイント)に決定! デジタルお絵かきってすごい iPadの上でibisPaint(アイビスペイント)を使って感じたのが、 デジタルの便利さです。 今まで手書きで文章書いていたところに、 初めてワープロを使った時の感動を思い出しました。 お絵かきなのに 取り消しはもちろん、 パーツの移動や拡大縮小も自由自在なのです。 ibisPaint(アイビスペイント)の使い方 ibisPaint(アイビスペイント)はとりあえず 無料で使えます。 広告が出てきて鬱陶しいのですが、どんなものか使い心地を試すには十分です。 使ってみて気に入れば、課金して広告も消せるし膨大な種類のブラシ(後述)も使うことができます。 それではアイビスペイントの簡単な使い方をご説明します。 タイトル画面 アイビスペイントを開くと、このタイトル画面です。 作画を開始するには、 マイギャラリーをタップします。 マイギャラリー 最初は作品がないのでマイギャラリーは空っぽです。 使い続けるとこのようにに過去の作品が並びます。 1:1や4:3など既存の 縦横比から選択することもできるし、 高さと幅を自分で指定することもできます。 またフォトライブラリから写真を読み込むこともできます。 キャンバス画面 これが今から 絵を描いていく画面です。 早速絵を描きたいところですが、その前に レイヤーについて説明させてください。 画面右下、四角が重なったボタンをタップするとレイヤーメニューが開きます。 レイヤー レイヤーとは 画面の上に何枚も重ねられる透明セロファンのようなもの。 レイヤーを使えることが、お絵かきアプリの特徴です。 透明セロファンを重ねると何がいいのか最初はピンときませんが、デジタルお絵かきする上でレイヤーの理解は必須です。 そして一度理解すると、その 便利さは感動ものです。 上の画像では レイヤーは1枚ですが、作画が進むと何層ものレイヤーがここに表示されます。 線を描くレイヤー、 色を塗るレイヤーなど、レイヤーは 細かく分けておくと絵が描きやすいし、後から修正や微調整もラクです。 赤枠で囲んだカメラのボタンをタップすると、 iPadのフォトライブラリにある画像を読み込むことができます。 下絵を読み込んでトレース この画像は、フォトライブラリの写真を読み込んだ後、どんどん レイヤーを重ねて絵を描いたところです。 レイヤーメニューには、追加したレイヤーが表示されています。 最初にフォトライブラリから画像を読み込んで• 下絵に沿って線画を書く• パーツごとにレイヤーを追加しながら色を塗る という具合です。 文字で説明すると難しそうですが、実際に描いているところを動画にするとこんな感じです。 ブラシ そして、レイヤーと同じくらいお絵かきアプリの高性能度を感じるのが ブラシです。 ブラシとは 線を引くペンや 色を塗る筆類も含めた 総称。 ブラシの種類を選んで(Gペンとかエアブラシとか丸筆とか) 太さと 色を選ぶと、 自分の指やApple Pencilを動かして線を引いたり色が塗れます。 アイビスペイントには、このブラシが素晴らしくたくさんあるのです(無料版では制限あり)。 ここでご紹介したブラシは、ほんの一部です。 まだまだたくさんのブラシが用意されていて、使いこなせばどんなものでも描けそうな気さえします。 実は一番上でお見せした梅と富士山の絵は、途中で梅の枝を描くのにブラシの選択を間違って、マジックで描いたようになりました。 ブラシの選択をミスった💧 梅の枝だけで1枚のレイヤーを使っていたので、ブラシの選択を失敗した部分は非表示に、そして趣きあるタッチのブラシに変えて完成させました。 色塗りは、絵のテイストにもよると思いますが、私の場合は エアブラシを使うとペッタリした感じにならず 柔らかい雰囲気に仕上がるので気に入ってます。 トレースできると何がいいのか この2つの作画例だけ見ると、写真をわざわざ絵にして何がいいの?と疑問ですよね。 実は、このトレースというのは 2枚以上の写真を組み合わせて自分の欲しい絵を作ることもできるのです。 で説明に使ったこれらの絵も、複数の写真を組み合わせて描きました。 デジタルのお陰で、絵心がなくても自分の欲しい絵を作ることができる…いい時代になりました。 イラストを加工できる 全く新規に絵を描かなくても、 フリー素材として利用が認められている場合は、そのイラスト自体を加工することもできます。 例えば、我々がよくお世話になる いらすとやさん。 命ポーズの画像が欲しかったのですが、ちょうどいいのが見つからない。 仕方ないので一輪車に乗った女の子のイラストを加工しました。 また、こんなこともできます。 男性のイラストを読み込んで、 頭以外をトレース• 女性のイラストを読み込んで 頭だけ切り取り• 2で切り取った画像を 1のちょうどいい部分に 貼り付け• 3の画像をトレース 言葉で描くと難しいけど、みなさんにお見せしたくてやってみました。 こんな感じで、 元の画像を加工して 自分のほしい画像を作ることができます。 アイキャッチ画像も作れる これはお絵かきアプリ本来の使い方から外れますが、写真を読み込んで加工したり文字を載せられるので ブログのアイキャッチ画像も作ることができます。 これはフリー素材の写真といらすとやさんの画像を使わせてもらいました。 文字も、フォントの種類が多くて縁取りの色や幅も自由自在です。 アイキャッチ画像はパソコンで作成できるサイトもありますが、iPadで直感的に作成できるのは便利です。 著作権侵害・トレパクに気をつけよう アイビスペイントが素晴らしいツールであることは、おわかりいただけたと思います。 参考にしたい写真やイラストを読み込んで、それらしい絵が描けたら便利です。 しかしデジタルで便利だからこそ、 著作権侵害には気をつける必要があります。 トレパクとは アイビスペイントの使い方で、下絵を読み込んでトレースできることをご紹介しました。 著作権のある人様の作品を トレースしてパクる(盗用する)のがトレパクです。 著作権のある画像には要注意 ネットで見つけた素敵な写真やイラストを無断転載するのは、著作権侵害になります。 画像を 「自分で描いたからいいだろう」とまんまトレースして、トレース元と似た画像を公開するのもNGです(私的に描いて楽しむ分にはOKです)。 トレースした画像を自分のブログで公開したい場合は、著作権フリーの写真やイラストを使うようにしてください。 まとめ 私の拙い説明で、 iPadとApple Pencilとアイビスペイントの組み合わせがどんなにすごいか伝わったでしょうか。 ズバリ、 絵の描けない人でも、絵が描ける(笑)。 これはブログの記事書いてて ちょこっと、ここにイメージ図があればいいんだけどな~という時にかなり使えます。 私は購入してかなり 満足しているので、 iPadとApple Pencil購入検討している方には、 強く強く背中を押して差し上げたい気持ちです。 なお、この記事中ではiPadでの使い方をご説明しましたが、アイビスペイントはスマホでも使うことができます。 アイビスペイントのさらに詳しい使い方は、こちらをご覧ください。 以上、本日は アイビスペイントはこんな風に使えます!iPadとApple Pencilで絵心がなくても楽しくデジタルお絵かき という話題でした。 お読みいただき、ありがとうございます。 たまには無駄遣いも役に立つね たま~にねwこれが描いてて楽しいんだよ~ ちなみに、私は絵が下手でトレースする下絵がないとお話にならないのですが、ある程度描ける人は、アナログ線画を読み込むやり方もあるようです。 このページで紹介した動画のYoutubeアカウントが一時期停止になりました。 解除までの経緯はこちらでレポしています。 sakusaku-happy.

次の

もしもスマホでお絵描きするなら…

アイビス ペイント パソコン

アナログで絵を描いていた人が、デジタルにも挑戦してみたい!と思ったとき、問題になるのはパソコン環境です。 「家に今あるパソコンでデジタルイラストが描けるのかな?」 「お絵描きソフトは高そう……」 など、いろいろな疑問が頭に浮かんでなかなか踏み出せないデジ絵の超初心者さんに向けて、必要なパソコン環境をまとめました。 購入するときに検討の材料にしてください。 ) 1.パソコン本体 現在使っているパソコンがあるなら、まずはそれを使って問題はありません。 ノートパソコンでもイラストは描けます。 使っていくうちに重くなったり作業が遅くなったり、固まったまま動かなくなることが多くなってきたら、メモリの増設や買い替えを検討すればよいでしょう。 新しくパソコンを購入する場合、パソコンに詳しくない人は店員さんに相談しながら購入すると思いますが、 「パソコンで絵を描きたいんです」 と伝えると店員さんも具体的な相談にのってきやすいと思います。 動作速度に影響があるメモリ容量は、いまどきのパソコンなら4GB以上、長く安定して使える環境がほしいなら、もう一段上の8GBを選べば安心でしょう。 OSは、一部には「絵を描くならMac!」という人もいますが、デジ絵の場合はWindowsでも問題ないです。 使い慣れているものを選ぶとよいでしょう。 また、簡単な略画等なら、スマートフォンやiPadなどのモバイルタブレット+スタイラスペン(タッチペン)という選択肢もあります。 ただし細密なタッチで描けるわけではないので、描いているうちに物足りなくなる可能性は高いです。 自分がどの程度のイラストを描きたいのか、少し考えてからPC環境を検討してみてください。 2.イラストソフト デジ絵はお絵描きソフトを使って絵を描きます。 ソフトは、無料のフリーソフトからプロ用のイラスト作成ソフトまで幅広く開発されています。 高いものは機能が充実していますが、自分が描きやすいかどうかは試してみないとわかりません。 ソフト操作は考えるよりも慣れることが一番です。 たとえ有料のソフトでも無料体験版を備えているものが多いので、描き心地を試してみた上で、予算と相談して選ぶとよいでしょう。 <メジャーなソフトウェア> 世界的に有名なグラフィックソフト。 歴史も長く高機能で、プロのデザイナーの多くが利用しています。 使う人の間では、よく「フォトショ」などと呼ばれています。 高機能な漫画・イラスト制作ソフト。 漫画制作ではとくに支持が高く、プロの漫画家も愛用しています。 このソフトは「クリップスタジオ」や「クリペ」などの名前で呼ばれています。 直感的に使いやすいイラスト制作ソフト。 ほかと比べると機能面はシンプルですが、動作が軽いのが特徴です。 とくに愛称はなく、そのまま「SAI(サイ)」と呼ばれています。 ソフトは画材のひとつです。 デジタルイラストを描くのか、デジタルマンガを描くのか、筆圧感知で表情のある線を引きたいのか、色はアニメのようにくっきり塗るほうが好きなのか、水彩のようにふんわりぼかすほうが好きなのか、背景をきちんと描き込みたいのか、キャラクターだけを描いていくのか、etc…。 自分の描きたい絵に合わせて選ぶと、失敗は少ないでしょう 最新のお絵描きソフトの比較について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 3.ペンタブ パソコンにつなげて絵を描くツールです。 マウスで描くよりもなめらかな線が描けますので、パソコンで絵を描くならまずは揃えておきたいアイテムです。 ペンタブも販売している会社は何社かありますが、やはり人気があるのはWacom(ワコム)でしょう。 製品ラインナップの多さがほかを抜きん出ています。 Wacomの中でもサイズ、描き心地などが違うさまざまなペンタブが出ていますが、初心者ならば「」が1万円以内の価格で買いやすいでしょう。 またこの製品には「CLIP STUDIO PAINT PRO(2年ライセンス)」が付いてくるので、お絵かきソフトを持っていない人にはちょうどよいパッケージと言えます。 どのペンタブを選ぶにしても、まずはお店で描き心地を試してから購入するのがよいでしょう。 なお、芯は消耗品なので、使っていくうちにつぶれてきたら買い換えが必要だと覚えておいてください。 初心者向けの入門ペンタブレットについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。 4.モニター 今使っているもので特に問題がなければ、そのまま使っても大丈夫です。 これからイラスト用に買い換えるならば、モニターは大きいものにした方が疲れにくいし描きやすいでしょう。 20インチ以上がおすすめです。 5.その他 必須ではありませんが、下絵をアナログで描きたい場合はスキャナが必要です。 取り込んだ下絵をデータ化して、ソフトで開けばペン入れはデジタルでできます。 また、アナログで描いたテクスチャや色彩を取り込んで、イラスト素材として使うこともできます。 また、描いたイラストを出力するには、プリンタが必要です。 マウスやキーボードは動作に問題がなければ、新調する必要はありません。 ショートカットキーを多用するようなデジ絵の上級者になったときに、購入を検討すればいいでしょう。 一方、パソコンを買い替えず、ソフトはフリーのものにして、小さなペンタブだけ買うことにするなら、だいたい1万円前後で始めることができます。 アナログの場合は絵の具や紙は消耗品ですから、なくなったら買い足さなければいけません。 しかしデジタルは、1回揃えてしまえばあまり買い替えの頻度は多くないので、長い目で見ればお得です。 パソコンを最初からハイスペックにする必要はありませんから、自分の予算に合わせて必要なものを適宜揃えていけばいいでしょう。 描いていくうちに、例えば「もう少し柔らかい線が描きたい」「もっと反射の少ないモニターがいい」など、自分には何が必要なのかもわかってくると思います。

次の

アイビスペイントX pc ダウンロード

アイビス ペイント パソコン

「ibisPaint X」をざっくり触ってみた。 ざっと機能紹介。 公式の「製品案内」でその多機能っぷりはある程度把握してましたが…いやあ、やれること多いですね。 さらりと手元のiPhoneなどでCGを拵えるには十分すぎるくらいじゃないでしょうか? 短時間触っただけでいろんなことができたんですけど、ここではおもに絵を描く上であるかどうか気になるような機能を紹介します。 ここで全部機能紹介すると、またものすごい文章量になってしまうという側面があります。 やり方についてはまたの講釈。 レイヤー機能 あります。 レイヤー機能があるってだけで、まー結構なモノができるんではないでしょうか。 今の携帯はフォトショップが動いていた昔のパソコンより全然性能がいいので、レイヤー機能があってもなんらおかしくはないのですが、携帯でやるものだし、もっとさらっと落書き程度のことができると思っていたのでビックリです。 作れるレイヤーの最大数は、持ってるデバイスの性能によって上下します。 レイヤーを使いすぎると処理が重たくなるのは今も変わらず。 またレイヤーの描画モードの変更も可能。 白黒絵を乗算モードで擬似的に主線にしたり、覆い焼きモードでお手軽ハイライトなんかもアイビスペイントでできます。 充実したブラシパレット 線の強弱が擬似的につけられる「Gペン」や、均一な線でポップな絵などに利用できる「ペン」だけでなく、「粒子」や「カケアミ」など、その数は多数。 「粒子」や「カケアミ」は有料版のみになりますが、前述したとおり数十秒の広告動画を視聴することで数時間利用が可能です。 またクリンアップの強い味方「手ぶれ補正」、筆圧探知っぽい線が引ける、線の始まりと終わりを細くできる「強制入り抜き」機能有り。 やろうと思えばかなり本格的なCGが描けますなあ。 「線画取り込み」と「線画抽出」 カメラ機能で撮影した写真をアイビスペイントに呼び出し、さらに写真の黒だけを抽出する「線画抽出」機能があります。 下絵は紙で描いてそれをカメラで写して、着色をアイビスペイントで。 ということができるわけです。 私は遅筆なんで、一からなんか描いてたら日付が変わってしまうのでお許し下さい。 また「ibisPaint」と「CLIP STUDIO PAINT PRO」は連携していて、「ibisPaint」で描いた絵の続きを「CLIP STUDIO PAINT PRO」で行うことができます。 (「CLIP STUDIO」の会員登録(無料)が必要) 「Twitter」や「Facebook」、「youtube」にアップロード可能 各アカウントが必要になりますが、アイビスペイントでできたCGをアップする機能があります。 「Twitter」や「Facebook」は分かるけど「youtube」? という人もいるかもしれません。 アイビスペイントはCG制作中の動きを録画していて、描き始めから完成までを動画再生することができる機能があるんですねー これのおかげで私の環境ではちょっと線が遅れて描画されるのでは?と、録画機能のOFFを探したんですけど発見できず。 私の描き方は描いたり消したりの繰り返しでとても見せられたものではないので、録画機能のOFFが欲しいところですね。 このようにざっと紹介しただけでも、歩きながら手元でサラサラッと描くには十二分すぎるくらい機能が揃っているアイビスペイントです。 今やパソコンよりスマートフォンを持っている人が多いと聞きますし、CGイラストやってみたいけどパソコン持ってない!という人も、アイビスペイントXで、かなり本格的なお絵かきができるのではないでしょうか? 以上、無料お絵かきアプリ・アイビスペイントのざっとした紹介でした。 各機能の詳細はまた次回~.

次の