鬼滅の刃 おばみつ イラスト。 【鬼滅の刃 考察】鬼滅の刃の恋愛事情について【きめつのやいば ネタバレ】炭カナ・狛恋・おばみつ・●●カナ etc

おばみつ (おばみつ)とは【ピクシブ百科事典】

鬼滅の刃 おばみつ イラスト

確かにしょこたんは、『能子の恋』と言う作品で連載をしていたこともあるよ。 他にも、禰豆子単独のイラストを何作か載せているしょこたん。 らくがきねずこ — 中川翔子は3キロ痩せる shoko55mmts 禰豆子の可愛らしさが十分に発揮されているね。 2020年の1月に投稿された作品だけど、まだまだ「イイね」を伸ばしているよ。 鬼滅の刃 ねずこを描きましたー — 中川翔子は3キロ痩せる shoko55mmts 2020年3月12日に投稿されたこのイラストには、1作目とは打って変わって、 迫力のある禰豆子が描かれている。 色をつけると残念なパターンって結構あるけど、しょこたんは色使いも完璧! 他にもたくさん!鬼滅の刃の魅力的なイラスト。 ここからは、『鬼滅の刃』のイラストで「イイね」が多かったものを順にご紹介していくよ。 このイラストは色彩が細かくて、漫画というより絵画みたいな印象を受けるね。 柱 — りんごレンジ ringorenji88 顔の全てが描かれているわけではないのに、 表情から柱たちのそれぞれの性格がよく伝わってくるイラストだね。 芸術的。 個人的には 水の呼吸をあしらったネクタイがツボ。 鋼鐵塚さん — ヒョーゴノスケ hyogonosuke なぜかファンが絶えない鋼鐵塚さん。 走ってくる躍動感は本家にも負けない 静かな迫力を持っているね。 とはいえ、 明らかに正気に戻った禰豆子にいつまでも猿轡(さるぐつわ)をするのはどうかと思うね……笑.

次の

おばみつ (おばみつ)とは【ピクシブ百科事典】

鬼滅の刃 おばみつ イラスト

概要 『』の登場人物、・と・の。 を嫌い、いつもネチネチと人を口撃している伊黒小芭内。 一方、素敵な殿方との目的で入隊した甘露寺蜜璃。 身長差は5cmで、小芭内の方が二歳年上。 どんな人物にも嫌味で上から目線の言葉が多い伊黒は蜜璃にも小言を言っているのだろう、と大方の読者は思っていたが… しかし実際の二人は… 扉絵で 、何杯もおかわりをしたであろう蜜璃を伊黒が隣で 優しげに見つめていたり、蜜璃の履いている緑と黒のストライプのが(露出度の高い衣装を心配してか)、 伊黒がプレゼントしたものであることが判明したり。 そして、柱稽古編では蜜璃の地獄の柔軟を受けた一般隊員に 柱に縛りつけ(後に現れたはその惨状を 処刑場と表した)、更に炭治郎は一般隊員たちを避けつつも伊黒の蛇の様に曲がる攻撃も避けなければならないという厳しすぎる稽古をつけられている。 因みに 伊黒と蜜璃の二人は文通しており、炭治郎のことは蜜璃からの手紙で把握していたので、稽古では余計に当たりがきつくなっていた。 なお、稽古終了時には「 馴れ馴れしく甘露寺と喋るな」と明確な牽制もしている。 一方、蜜璃も伊黒のことはいい人だと考えているうえ、柱合会議編ではキュンときている。 ただ、その時のキュンときたポイントは 「ネチネチしてて蛇みたい」と蜜璃の人柄を知らなければ誉め言葉か貶し言葉か、判断が難しかったが。 また、おばみつ好きなら公式キャラブックは必見。 蜜璃は同性のしのぶも含め、柱全員にキュンとしているようだが、その中でも特に伊黒と食事をしたり文通をするのが楽しいらしい。 また、伊黒は本気で甘露寺に好意を寄せているようである( 一目惚れだったらしい)。 そしてノベライズ第二弾『鬼滅の刃 片羽の蝶』も必見。 第3話と第5話にて、おばみつを余すことなく堪能できる。

次の

Fanworks of Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba

鬼滅の刃 おばみつ イラスト

概要 『』の登場人物、・と・の。 を嫌い、いつもネチネチと人を口撃している伊黒小芭内。 一方、素敵な殿方との目的で入隊した甘露寺蜜璃。 身長差は5cmで、小芭内の方が二歳年上。 どんな人物にも嫌味で上から目線の言葉が多い伊黒は蜜璃にも小言を言っているのだろう、と大方の読者は思っていたが… しかし実際の二人は… 扉絵で 、何杯もおかわりをしたであろう蜜璃を伊黒が隣で 優しげに見つめていたり、蜜璃の履いている緑と黒のストライプのが(露出度の高い衣装を心配してか)、 伊黒がプレゼントしたものであることが判明したり。 そして、柱稽古編では蜜璃の地獄の柔軟を受けた一般隊員に 柱に縛りつけ(後に現れたはその惨状を 処刑場と表した)、更に炭治郎は一般隊員たちを避けつつも伊黒の蛇の様に曲がる攻撃も避けなければならないという厳しすぎる稽古をつけられている。 因みに 伊黒と蜜璃の二人は文通しており、炭治郎のことは蜜璃からの手紙で把握していたので、稽古では余計に当たりがきつくなっていた。 なお、稽古終了時には「 馴れ馴れしく甘露寺と喋るな」と明確な牽制もしている。 一方、蜜璃も伊黒のことはいい人だと考えているうえ、柱合会議編ではキュンときている。 ただ、その時のキュンときたポイントは 「ネチネチしてて蛇みたい」と蜜璃の人柄を知らなければ誉め言葉か貶し言葉か、判断が難しかったが。 また、おばみつ好きなら公式キャラブックは必見。 蜜璃は同性のしのぶも含め、柱全員にキュンとしているようだが、その中でも特に伊黒と食事をしたり文通をするのが楽しいらしい。 また、伊黒は本気で甘露寺に好意を寄せているようである( 一目惚れだったらしい)。 そしてノベライズ第二弾『鬼滅の刃 片羽の蝶』も必見。 第3話と第5話にて、おばみつを余すことなく堪能できる。

次の