きめ つの や い ば ネタバレ 182。 【鬼滅の刃】182話ネタバレ確定感想&考察、対鬼舞辻戦開幕![→183話]

【鬼滅の刃】最新182話 無惨はやっぱり無惨だった【※ネタバレ注意】

きめ つの や い ば ネタバレ 182

スポンサーリンク 自分を責める輝利哉 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 表紙は鬼殺隊士が一瞬にして大勢殺されてしまった事実を目の当たりにして茫然としている輝利哉です。 自分が采配をしくじったせいで無惨が復活してしまったと思っています。 みんなが何百年も今日のために準備してきたこと、無惨を倒すためにしてきたことが僕のせいで無駄になってしまった・・・ かなたとくいなは何度も輝利哉の名前を呼びます。 しかし自分を責め続ける輝利哉には妹たちの声が耳に入りません。 突如、かなた(くいな?)が輝利哉の頬を思い切り叩きます。 叩かれた衝撃で倒れ込む輝利哉。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 「しっかりなさいませお館様!! 早く次のご指示を!! 戦いはまだ終わっていません!!」 輝利哉はハッと目を覚まします。 「お館様」と呼ばれたことで自分の立場と使命を思い出したのです。 父上もお爺様も、みんな自分と同じような重圧と苦しみに耐えてきた。 冷静な自分を取り戻し再び指揮を執りはじめます。 輝利哉の指示は柱をはじめ隊員全てを一か所に集結させるというものでした。 戦力を一処に集めることで総力戦に持ち込む狙いです。 そして、かなたとくいなに「ありがとう」と伝えます。 自分に当主としての自覚を思い出させてくれてありがとう、といった意味でしょうか。 妹二人は「はい」と静かに涙を流します。 輝利哉をはじめとした産屋敷家の子供たちもまた、生まれた時点で逃れることのできない宿命を背負っているのです。 残された産屋敷家の三人のためにも無惨を何としても倒して欲しい! スポンサーリンク 鳴女との戦いは膠着状態 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 場面は変わり上弦の肆・鳴女と恋柱の甘露寺蜜璃、蛇柱の伊黒小芭内の戦いです。 久しぶりの登場ですが相変わらず鳴女に決定的な打撃を与えることができず膠着状態が続いています。 鴉からの伝達で無惨の復活と柱の集結の指示を知る二人。 伊黒は、上弦の壱との戦いで霞柱の時透と玄弥が死んだことを思い出し、命をかけて戦って上弦の壱を倒した二人に比べて自分はまだ何もできていないと感じています。 鳴女の血鬼術はやっかいで殺傷能力が高いわけではないけれど延々といたちごっこをさせられ決着がつかないのです。 他の柱たちと合流したくとも、どの道鳴女に阻まれてしまうだろう・・・ どう現状を打破しようかと考えをめぐらせます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 一方甘露寺も鴉の指示にとまどっています。 あの琵琶の人は放って集まったほうがいいの?と鴉に訪ねています。 そのとき甘露寺の背中をガッと引っ張る人物が・・・ スポンサーリンク 炭治郎、無惨と対面!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 そして逆方向にいたはずの水柱の冨岡義勇&炭治郎と無惨がいきなり無惨と対面します。 恐らく鳴女の血鬼術によって引き合わされたのでしょう。 炭治郎はついに見つけた無惨の姿を見て怒りを露わにします。 殺された母や弟妹たち、鬼にさせられた禰豆子、そして鬼との戦いで命を落とした仲間たち・・・ それらが頭をかけめぐり感情を抑えることができない炭治郎に、義勇は「落ち着け」と声をかけます。 が、その義勇の顔も怒りで歪んでいます。 義勇も同じように死んだ家族や仲間を思い出したのではないでしょうか。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 そんな二人に無惨は一言 「しつこい」 と言います。 本当にしつこい、飽き飽きする、心底うんざりだ。 口を開けば親の仇、子の仇、兄弟の仇と馬鹿の一つ覚え。 お前たちは生き残ったのだからそれでいいだろう、殺されなかった自分は幸運だったと思って元の生活をすればよい。 スポンサーリンク 「鬼狩りは異常者である」 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 無惨は続けます。 自分に殺されることは大災に遭ったのと同じだと思え。 天変地異に復讐しようと思う人間がいないのと同じように、死んだ人間が生き返ることはないのだから日銭を稼いで静かにくらせばいい。 ほとんどの人間はそうしている。 何故お前たちはそうしないのか? 無惨はその理由はひとつだと言います。 鬼狩りは異常者の集まりだから。 ・・・ 無惨の表情は冷めています。 炭治郎たちの殺気立った顔とは対照的です。 そして、異常者の相手は疲れたからいい加減終わりにしたいとうんざりした様子で語ります。 炭治郎の顔から表情が消えました。 「無惨お前は 存在してはいけない生き物だ」 次号へ続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 181-182 話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 無惨と鬼殺隊の温度差、そして無惨の考えが初めて本人の口から語られました。 家族や仲間を思う気持ち、人に対する慈しみが根本的に欠如しているため人の命など何とも思っていないのです。 また、今回の無惨の言葉と表情が真実なのだとしたら、彼は鬼殺隊を恐れてはおらずただ面倒臭い存在と位置づけているようです。 鬼殺隊を「異常者の集まり」とし、まるで大人が子供に言い聞かせるような口ぶりで自分の正当性を語りました。 しかしその理屈は到底納得できるものではありません!! 次回は炭治郎がヒノカミ神楽で無惨に戦いを挑むのでしょうか? あれだけ大勢の一般隊士が瞬殺された事実を考えると、炭治郎が柱に近い実力に到達しているとはいえ義勇と二人だけでどこまで通用するのか非常に不安です。 しかも、鳴女の血鬼術で柱の集結も簡単にはできないのでは? 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 また恋柱の甘露寺の背中を引っ張った人物が今回はわからないままでしたが、一体誰なのでしょうか。 隊服を着た人物のようでしたので鬼ではなさそうですが、こちらも気になります。 しかし逆方向にいた炭治郎たちがいきなり無惨と対峙したのは驚きでした。 一番遠いところにいたようだったので、最後に到着するとばかり思いましたが・・・ 上弦の壱の黒死牟との戦いのとき、輝利哉は鬼殺隊の勝利を確信していましたが今回はまだそういった描写がありません。 今後は一体どうなるのでしょう? ますます目が離せない展開です!!.

次の

【鬼滅の刃】最新182話 無惨はやっぱり無惨だった【※ネタバレ注意】

きめ つの や い ば ネタバレ 182

そして、自分の采配によって多くの人が虐殺されたと言い、自分の責任だと考えているようです。 これまで、皆が何百年も無惨を倒す今日この日のために、やってきたことが全て、何もかも自分のせいで無駄になった感じています。 お館様の妹である、「くいな」と「かなた」は、お館様の名前を呼ぶものの、反応がありません。 すると、突然「くいな」と「かなた」のどちらかが、お館様をビンタし始めます 笑 「しっかりなさいませ、お館様!早く次の御指示を!」と叫んでおり、この言葉でまだ戦いは終わっていないと、お館様は我に返ることができました。 それと同時に、父上もそして、お祖父様もみんな同じ重圧と、苦しみに耐えてきたことを思い出しました。 すぐに、無惨の位置を捕捉し続けるように命令するとともに、柱を直ちに集結させることにします。 この一箇所に、他の隊員、とにかく全てを一刻も早く集めると。 お館様は、我に返らせてくれて「ありがとう」と感謝し、くいなとかなたは涙を流しています。 甘露寺の決断 無惨が復活したので、柱は至急集結せよという伝令が、カラスを通して伝わります。 これは、上弦の肆である鳴女と戦っていた、甘露寺と伊黒にも伝令が伝わります。 カラスの伝令を受けて、甘露寺はもたもたしている間に無惨が復活してしまったと悔やんでいます。 伊黒も、時透と玄弥が死にながらも、上弦の壱を倒しているというのに、自分は何をやっているのだと自身を責めています。 現在戦っている鳴女の血鬼術は、決して殺傷能力が高いわけではありません。 しかし、延々とイタチごっこをさせられており、頸を狙うことがでないので、時間がかかっているようです。 なんとか、甘露寺たちにしてみると、柱二人がここで足止めを食らっている現状を突破したいですよね。 そして、他の柱達と合流したいと考えていますが、鳴女により道を阻まれています。 甘露寺は、考えていました。 柱は至急集結との伝令がきて、鳴女を放っておいて、集まったほうがいいのか? この決断に対して迷っているようです。 その時でした! 何者かが甘露寺の後襟を掴み引っ張ります。 無惨VS炭治郎 二人は復活した無惨と対峙しています。 すでに、無惨と対峙した炭治郎は、殺された家族のことや、禰豆子、煉獄、玄弥、しのぶ、時透、皆を思い出して、呼吸が荒くなっていきます。 日輪刀を強く握りしめ、いつでも斬りに掛かれるような状態です。 目は充血して、炭治郎は怒りの表情を見せます。 富岡は冷静で、まずは落ち着けと炭治郎に言っているものの、富岡の目も充血していますね。 怒りで目の周りの血管が浮き出るほどの富岡。 そんな中で無惨が発した言葉は、「しつこい」と言い出します。 それは、鬼殺隊は本当にしつこくて、無惨は心底うんざりしたと言います。 鬼殺隊のメンバーが口を開けば、親の仇、子の仇、兄弟の仇とバカの一つ覚えだと。 無惨は、「お前たちは生き残ったのだからそれで充分だろう」というのでした。 例え、身内が殺されようが、自分は幸運だったと思って、普段通りの生活を続ければ済む話だという考えのようです。 この無惨の考えに炭治郎は「お前何言ってるんだ?」と聞きます。 これには、怒りを通り越して、本当に何を言っているのか理解できないというような感じでした。 無惨は表情を変えずに、自分に殺されることは大災にあったのと同じと思えと言いました。 もし自然がどれだけ人を殺したとしても、その天変地異に対して復讐しようとするものはいないというような感覚です。 もう一度死んだ人間が生き返ることはあり得ない。 だから、いつまでもそんなことに拘ってないで、日銭を稼いで静かに暮せば良いのだと。 無惨は、ほとんどの人間がそう生活してるなかで、なぜ鬼殺隊はそうしないのか?と問いかけます。 無惨が考える理由はひとつ。 「鬼殺隊は異常者の集まりだから」 無惨は、異常者の相手は疲れたと言って、いい加減終わりにしたいのだと。 これまでの無惨の言葉に対して炭治郎は、「お前は存在してはいけない生き物」だと言い、すでに瞳孔を開かせ静かに言います。 甘露寺はその一人で、どのような決断を下すのでしょうか。 現れたのは味方?敵? 甘露寺を後ろから引いたのは誰なのでしょうかね? これは敵か味方か全く予想がつかないですが、まさか甘露樹までやられてしまうという展開になるのでしょうか? すでに柱が数名殺されているというような状況下において、甘露寺もそうなってしまうのでは?と予想せずにはいられないですね。 次回もハラハラする展開になりそうです! 炭治郎死す? 炭次郎と無惨の対峙が引き続き続いています。 無惨からすれば死など災害のようなものらしいです・・・ このような衝撃的な言葉を耳にして、すでに炭治郎の怒りはMAX状態です。 これから本格的に鬼殺隊VS無惨の戦いが始まりそうですね! 無惨の考えや、言葉を聞いた炭治郎の中で何かが切れてしまった様に見えました。 そして静かに無惨は無惨に対して、「存在してはいけない生き物」と言いましたよね。 これはよくない予感しかしません・・・ せっかく冨岡が落ち着けと言って、炭治郎を抑えたのに攻撃しそうな感じプンプンです。 炭治郎は怒りの気持ちだけで向かっていく気がしていますね。 個人的な予感では、そのまま無惨に返り討ちにされてしまうことでしょう。 他の柱の到着前に、戦力がまた1つ奪われることになってしまっては、意味がありませんからね。 そんな事態だけは避けて欲しいものです。 とはいえ、輝利哉は個々の戦力差を痛感しており、全隊士の集結を目指しています。 確かにその選択については、正しいと思えますが、とはいえ集結したとして無惨と互角に戦えるような力があるのでしょうか? これまでの展開を見てみても、上弦の鬼達を相手にして、多くの柱が殺されている現状でした・・・ 普通に考えれば、残念ながら互角に戦えるとは思えません。 これが味方ならないいですが、敵だと完全に詰んでしまいます。 そして、無惨と対峙している炭治郎ですが、なんとか襲い掛かるのをこらえていますが、いつ爆発するかは分からないですからね。

次の

【あらすじ】『鬼滅の刃(きめつのやいば)』 180話【感想】

きめ つの や い ば ネタバレ 182

スポンサーリンク 必死で炭治郎の心臓マッサージをする村田! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 現実の世界では、村田が必死で炭治郎の心臓マッサージをしています! しっかりしろ!と呼びかけながら炭治郎の蘇生を試みますが、炭治郎は息をしておらず、しかも心臓の音も止まってしまっているように感じて焦る村田。 そこへ、愈史郎と行動を共にしていた隊士が駆けつけました。 愈史郎が鳴女と戦っていたときに「俺を喰え!」といった彼です。 愈史郎ががれきの下敷きになっているので手を貸して欲しいと言われますが、炭治郎も死にそうなので迷う村田。 愈史郎を助ければ炭治郎を手当てしてくれるはずだと言われ、一旦炭治郎の元を離れます。 スポンサーリンク 縁壱の過去・忌み子として生まれた自分 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 再び夢の世界です。 縁壱が現れたということは、やはりこの人物は炭治郎ではなく炭吉ですね。 炭治郎の意識が炭吉の体に入り込んだ状態のようです。 炭治郎は、十三番目の型について聞けるかもしれない、と考えますが、思ったことを話すことができません。 遺伝した先祖の記憶の夢を見ているので干渉できないのです。 以前も炭治郎は炭吉の夢を見たことがありましたが、今回はあれから二年後のようでした。 再会した炭吉一家が元気でいることを喜び、幸せな人間を見るとこちらも幸せな気持ちになる、と言います。 縁壱は、誰かに話を聞いて欲しかったと、二年ぶりに炭吉の家を訪れたのでした。 縁壱の母親は信心深い人で、この世からいさかいごとが無くなるよう毎日祈っていた。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 縁壱が耳が聞こえないと思い、太陽の神様に温かく照らしてくださいと耳飾りのお守りを作ってくれた。 兄も優しい人だった。 いつも私を気にかけてくれて、父から私に構うなと殴られた翌日も、笛を作って持って来てくれた。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 助けて欲しいと思ったら笛を吹け、すぐに兄さんが助けにくるからと、赤紫に腫らした顔で笑ったそうです。 黒死牟の記憶とだいぶ違います・・・ 縁壱の記憶では、兄は自分のことを思ってくれる心優しい人間だったのですね。 やがて母が亡くなり、縁壱は自分は忌み子だとわかっていたためすぐ家を出ます。 寺へは行かず、どこまでも思い切り走っていきました。 一昼夜走り続けても疲れて足が止まるということはなかったそうです。 スポンサーリンク 縁壱の過去・うたとの出会いと別れ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 山の中のこぢんまりした小さな田んぼに、縁壱と同じ年ごろの女の子が立っていました。 女の子は桶を持ったまま長い間立ち続けていたので何をしているのか聞いてみると、流行り病で家族みんな死んでしまい、一人になって寂しいから田んぼのおたまじゃくしを連れて帰ろうとしているのだと言います。 しかし、結局女の子は捕まえたおたまじゃくしを全部田んぼに逃がしました。 「親兄弟と引き離されるこの子たちが可哀想じゃ」 縁壱は彼女と一緒に家に帰り、一緒に暮らし始めます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 彼女の名前は「うた」といい、よく笑いよくしゃべる女の子でした。 縁壱はうたのお陰で、他人と自分の世界の見え方が違うことを知ります。 生き物の体が透けて見える人間などいないということもうたから聞きました。 うたと一緒に暮らすことで、自分は他の人間とは違う能力があることを知った縁壱。 これまでの人生でいつも感じていた漠然とした疎外感の理由がわかった気がしました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 十年後二人は夫婦となり、やがてうたの出産が近づいてきました。 縁壱は出産に備えるため産婆を呼びに出かけます。 日暮れまでに帰るつもりが、途中山の中で倒れている老人を助けて送り届けたため、産婆を呼ぶのは明日にしてその日は急いで帰ることにしました。 帰りは夜になってしまったのです。 うたは、腹の子と共に殺されていました。 スポンサーリンク 鬼狩りとなる 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 自分が命より大切に思っているものでも、他人はたやすくふみつけにできるのだということを知った縁壱。 十日程ぼんやりして妻と子供の亡骸を抱いていたそうです。 鬼の足跡を追ってきた剣士に、弔ってやらないと可哀想だと言われるまで。 縁壱の夢は平凡なものでした。 小さな家で、家族と静かに暮らしたい。 手を伸ばせば愛する人がすぐに届く距離。 武士の家で忌み子として生まれ、常に孤独を抱えていた縁壱は、うたと出会ったことでやっと掴んだ小さな幸せを鬼によって奪われたのです。 縁壱のところを訪れた剣士は容貌から見るに後の炎の呼吸の剣士のようです。 やがて縁壱も鬼狩りとなります。 鬼狩りは古くからいたそうですが、呼吸が使える者がいなかったため、縁壱が呼吸法を教えました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 柱と呼ばれていた当時の剣士たちは元々炎・風・水・雷・岩の剣術の型を使って鬼を倒していましたが、その型に縁壱が教えた呼吸を上乗せして使うことで力が飛躍的に向上し、すさまじい勢いで鬼を倒せるようになっていきました。 やがて部下を殺された兄の厳勝も鬼狩りに加わり、力を貸してくれるようになったのです。 それから間もなく縁壱は鬼の始祖である無惨を見つけます。 出会った瞬間に、自分はこの男を倒すために生まれてきたのだとわかった縁壱。 次号へ続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 186-187 話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 縁壱の悲しい過去がわかった回でした。 縁壱が鬼狩りになったのは、家族を殺されたからだったのですね。 家族を亡くした縁壱にとって炭吉とすやこは、思い描いた幸せを体現している夫婦だったのではないでしょうか。 そして、笛を贈られたときの記憶が黒死牟とまるで違っていたのが驚きでした! 縁壱にとっての黒死牟は、あくまでも優しい兄という位置づけだったのですね・・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 最後の場面で無惨と一緒にいるのは珠世のようです。 珠世は無惨と行動を共にしていた時期があったのでしょうか・・? 次回も回想が続くと思われますが、炭治郎は十三番目の型のヒントをつかむことができるのでしょうか? どうやって無惨の毒を克服するのかも気になるところです!.

次の