千と千尋 お腐れ神。 「腐り」と「腐れ」について

千と千尋の神隠しのハクの性別とその正体の龍神さまにまつわる伝説とは

千と千尋 お腐れ神

Contents• 千と千尋の神隠しはどれだけヒットしたのか まずは千と千尋の神隠しがどれほどのヒットだったのか。 今一度確認してみようと思います。 まず、最近の大ヒット映画である「ボヘミアン・ラプソディ」の興行収入は現時点で100億円程度。 これでも大ヒットなのだが、千と千尋の神隠しはこの三倍の興行収入を得ています。 さらに海外でも大きなヒットを打ち出し、約330億円の興行収入を得ることに成功に至りました。 そして金額的な面だけではなく、印象にも残る映画だということも証明されているんです。 アメリカのサイトが選んだ「21世紀のアニメーション映画ベスト50」では第一位。 BBCが出した「21世紀の偉大な映画100選」では第四位を獲得。 世界でも非常に高く、世界的なヒットを納めた作品であることが分かりますよね! では、そのヒットの秘訣を3つを話していきます。 ストーリーが観客の心を掴んだ ストーリー 何より『千と千尋の神隠し』のストーリーや世界観が良かったことは大ヒットには欠かせない条件。。 簡単にストーリーを説明すると、以下の通り。 精霊の世界に迷い込んでしまった千尋たち家族。 そこでの悪行により、豚に姿を変えられてしまった両親。 その両親を取り戻す中で、成長していく彼女とその友愛を描いたファンタジー。 多くのキャラクターと接するうえで心を成長させていく彼女を見ているのが非常に楽しかったですよね。 それに加え、主人公の千尋が普通の女の子だったという点もこのストーリーにおいて重要だったのかもしれません。 登場するキャラクターはほとんどが精霊で、何かしらの魔法?のようなものを使えます。 その中で、普通の女の子が努力し、周りを変え、自分を変えていくストーリーがヒットの要因になっているのではないかと考えられます。 涙があふれる感動の映画ではないですが、人々の心に訴える何かがあったのでしょう。 世界観 そして『千と千尋の神隠し』は八百万の神の国の日本ならではの世界観で、日本人の心には懐かしさや安らぎを、外国人の心には新鮮さと新しい発見を与えてくれました。 『千と千尋の神隠し』が感動大作ではないのに大ヒットした理由として、 「千尋が迷い込んだ 精霊の世界を観客も一緒に楽しめた」という点も非常に大きいでしょう。 両親が豚になってしまった屋台の数々。 壮大な「油屋」の建物やその作り。 この映像を見た瞬間に、千尋と同じように私たちも精霊の世界に入り込んでしまったんです。 さらに、一種の恐怖を感じるシーンも多く、異世界にいる怖さも世界観を強める要因となっています。 そして、この世界観の強さこそが、映画を観終わったのにその世界について知りたくなったり、その世界の謎を解明したくなったりするんです。 『千と千尋の神隠し』の考察が多さがこの理由の現実味を増していると思います。 以上のように、国籍も年齢も関係なく、多くの人々の心を掴むストーリーや世界観が『千と千尋の神隠し』大ヒットの要因となっているでしょう。 魅力が多いキャラクターと千尋の成長 『千と千尋の神隠し』のストーリーの大筋で最も重要なのが「千尋の成長」。 それに大きく関与しているのが魅力的な登場キャラクターです。 千尋の成長に一番関与しているのは「カオナシ」でしょう。 カオナシはそんな存在が千尋という友達のためなら、悪事でもやってしまう。 それを拒否されると怒り狂い、暴れだすという理性を持たない存在。 化け物のような存在が「友達も家族もいない、そして名前も無い」油屋にいる千尋と似たような境遇にあるということ。 引っ越しをしてふさぎ込んでしまった精霊の世界に迷い込む前の千尋の内面のようです。 千尋にとって最も近いキャラクターといってもいいでしょう。 そんな弱い自分の投影であるカオナシに対して、千尋はどんなに危険な存在であろうとも逃げ出さず、突き放さず、優しく守ってあげます。 これにより、自らの弱さを許し、克服することで千尋の成長を描いています。 このように、魅力的なキャラクターに接することで千尋自身の成長し、引っ越しに落胆する前の自分を取り戻す姿が胸を打つのです。 人を通じて成長していくというメッセージが強く籠められていますよね。 商業的な広告・タイミングがよかったから 最後に挙げるのが、公開のタイミングについてです。 『千と千尋の神隠し』の前作には、ヒット作「もののけ姫」が公開されました。 それにより、元々多かったジブリファンが急増。 数にすると、1,400万人以上の新規ジブリファンを大幅に増やすことに成功しました。 このようにジブリファンを多く獲得した後の作品だったことが、大ヒットの要因の1つと考えられます。 次に挙げられるのが宣伝の量。 『千と千尋の神隠し』の宣伝では、これまで行っていなかったコンビニとのタイアップで本格的なキャンペーンを展開し、32万枚の前売り券を売り上げることに成功。 さらに地方の小さな町にまでジブリの宣伝チームが訪れたり、広く大きな宣伝を行った事が大ヒットに繋がりました。 このように前作の「もののけ姫」よりも宣伝の量を倍にしたことも要因の1つでしょう。 さらに、シネコンなど大規模な映画館が増えてきて、気軽に映画を観に行ける環境になったことも要因に挙げられると思います。 以上のように、公開のタイミング良く、広告の方法・量が多かったため大ヒットしました。 最後に 大ヒットした作品は『千と千尋の神隠し』にも「君の名は。 」などいろいろな作品があります。 そして、大ヒットした理由は作品が良かったからという理由もありますが、それ以外にも多くの要因が重なって大ヒットに繋がっている事が多いんです。 作品を楽しむことは映画の醍醐味ですが、ヒットの理由や作品の背景やテーマを深く知ることでその映画がもっと楽しくなりますし、その作品へのリスペクトにもなるでしょう。 自分が好きな作品について様々な方向から調べてみてもきっと楽しいですよ。

次の

【千と千尋の神隠し】釜爺(かまじい)のモデルや声優は?名言と名シーンまとめ!

千と千尋 お腐れ神

こんにちは、小法師です! 2019年8月16日(金)19時56分~22時54分まで、日本テレビ「金曜ロードSHOW! 」で「千と千尋の神隠し」のノーカット放送がありますね!アカデミー賞受賞作品であり、日本歴代映画興行収入第1位に輝き続ける名作を観る機会がやってきました! かわ 2001年7月に日本で公開されて、世界中でも公開されるようになった宮崎駿監督の映画「千と千尋の神隠し」。 毎年のようにテレビで放映もされていますが、やっぱり見てしまうんですよね 笑 不思議な世界での物語なんですが、最近見返していて「どういう意味かな?」というのがありました。 ヘドロの塊のような生物・オクサレ様・・・実は川の神様なんですが、お風呂に入りに来て、主人公の千が面倒を見てとてもきれいになった。 そして最後に綺麗になった川の神様が「よきかな・・・」というセリフを残しつつ、お店を出ていくんですよね。 そして千の手に「団子」が握られていた・・・。 どういう意味があるのかな・・・と思い、色々と調べながら私なりに考察したいと思います! 早速いってみましょう! 千と千尋の神隠しの川の神の団子の意味は? 川の神が立ち去った後、千の手に握られていた黒い団子。 どういう意味があるのか考えてみました。 浄化させる食べ物 今、千と千尋の神隠しに出てくる苦団子食べたら黒〜いの吐き出しそう。 むしろ出して浄化させたい。 この団子、実は大きな役割を担っています。 色々と食い散らかして悪賢く成長してしまった「カオナシ」や、湯婆婆が「ハク」の体に忍ばせた「黒い虫」によって呪われてしまった「ハク」にそれぞれ食べさせたところ、様々なものを吐き出しました。 その結果、カオナシはいつものおとなしい感じになり、ハクは呪縛から解き放たれたわけです。 千も苦団子を口にしたけれど? ジブリ映画「千と千尋の神隠し」思い出した。 髭じ~は、ありったけの薬草を調合し、湯を炊く。 千は御腐れ様の背中に刺さっていたパイプを引き抜き、見事、元の川の神に戻す。 — 氏 家 健 策 Kensaku Ujiie kensaku4737 千も口にはしましたが、思いっきり苦い顔をしただけで、何も吐き出しはしませんでした。 これは、きっと千が欲望に囚われているわけではなく、純粋な心を持っているからではないでしょうか。 川の神様がお風呂に入りに来た時、それはそれはヘドロの塊のような異臭を放ち湯婆婆からは「オクサレ様」と呼ばれていました。 そんな「オクサレ様」を相手にしても千はありったけの薬湯を使って、丁寧に対応をし、きれいにしようと精一杯対応をしていました。 その結果、「オクサレ様」の体に刺さっていた不法投棄されたであろう自転車をも引っこ抜いて、体中に溜まっていたあらゆるゴミをきれいにしたわけです。 そういう気持ちをもった千ですからね。 人間ですから多少の毒っ気はあると思いますが、何かを吐き出すような浄化しなければいけないような不純なものはもっていなかったのではないかと思います。 上のtweetが川の神様ですが、非常にすっきりとした顔をしてお店を出て行かれました。 その時に残した言葉が「よきかな」でした。 「よきかな」=「よくやった」 「よきかな」を辞書などで調べてみると「よくやった」という意味があるようです。 「よき」が「良い」という意味。 「かな」というのは「詠嘆の終助詞」という意味を持っているそうです。 何かに感動した後に「~だなぁ」という言葉となります。 きれいな夕日を見た時「きれいだなぁ~」と感情をこめて思うことあると思いますが、その「だなぁ~」の部分ですね。 川の神様の気持ち=よきかな 川の神様が、千が行った行動に対して「よくやった~ありがとうね~」という意味を込めて『よきかな』といったのでしょうね。 「かな」という言葉がついているから余計に川の神様の気持ちが伝わってきます。 そりゃ~あれだけのゴミやヘドロ、挙句の果てには自転車が身体の中にゴミとして溜まっていたわけですから。 それをきれいにしてくれた人に対しては神様と言えども「よきかな」と言いたくなりますよ。 ここまで書いていると、「よきかな」の一言に、「あ~すっきりした~気持ちよかったよ~ありがとね~」という意味が含まれているのではないかと感じてしまいました 笑 川の神に名前やモデルはあるの? 「よきかな~」というセリフを残して、気持ちよく去っていった川の神様。 名前やモデルはあるのでしょうか。 川の神様の名前は? 調べた結果、正式な名前はありませんでした。 映画の中でも「オクサレ様」と呼ばれて、千がきれいにした後には「名のある川の神」とだけ呼ばれていましたからね。 川の神様のモデルは? 正式な名前がついていませんから、そうなるとモデルとなった川もありません。 しかしながら私が考察する限り「日本の川」がモデルとなったといえるのではないかと思うのです。 高度成長期、日本はとても豊かできれいな自然を犠牲にしてまで経済優先で来ました。 その結果、人の欲望によって、ゴミが不法に投棄されたり、工業排水によって綺麗な川は汚れていきました。 それまで日本の川は自然豊かできれいな水でしたから飲むこともできれば、魚も自由に泳いでいる。 そういう時代があったはずです。 今一度、きれいな川のある生活を目指したいものです。 千が「オクサレ様」と呼ばれていたものを、甲斐甲斐しく磨いていくことによって本来の姿「川の神様」にもどしたように、生活を改める必要があるかもしれませんね。 ハクも川の神様だった? 川の神様からいただあいた「団子(ニガダンゴ)」を口にしたことによって、湯婆婆が操るために体に忍ばせていた「黒い虫」を吐き出したハク。 その結果、そのハクが映画の最後の方で名前を思い出しますね。 それが「ニギハヤミコハクヌシ」という名前。 これは、千が以前に住んでいた町の近くに流れてた「コハク川」という川の神様だったのです。 思いだした時のシーンですね。 目がとてもきれいになっているな~と思いました。 【千と千尋の神隠し】 「千尋。 ありがとう。 私の本当の 名は、ニギハヤミコハクヌシだ。 」 byハク あかっぱのイケメン男子なのか はたまた龍なのかと思いきや 地元の河の神だった。 団子は「浄化させる物であり、よきかなは「よくやってくれたね~」という意味。 もっといえば「よくやってくれたね~ありがとう~」という感謝の気持ちがこもった意味ではないかと思うのです。 川の神様とのやりとりを通じて、ひとつ成長した千。 私もニガダンゴを食べたら、きっと多くの物が身体から出てくるのではないかなと思っています 笑 欲望に身を任せて金を稼ぐために自然を壊すのではなく、川をきれいにしたり、自然を共存しながら生活を送っていこうと思わせてくれた場面でした。 以上が私の考察となります。

次の

【千と千尋の神隠し】オクサレ様のモデルや正体は?名シーンを紹介

千と千尋 お腐れ神

ネタバレ! クリックして本文を読む 1100円なので見に行った。 昔高校生の時に映画館に見に行ったのを覚えています。 命の不思議、命の記憶、人は過去を思い出せるのか、大好きな人と再びまた巡り合える日がくるのか、そしてアナタも私もそれを覚えているのかそんな人間の営みといのちの悲しさも身に染みましたそしてそれが痛いぐらいに千尋とハクを通じて私にテレパシー的にわかりました。 その時の記憶が蘇りました。 本当に素晴らしい体験でした。 不思議な映画ですね。 やはりこれは。 何がどうの、ってわけじゃなんだけども、見終わった後に「ウ~~~ン」と頷いてしまう、私にとってはそんな映画です。 ハッキリしたメッセージ性とか、そんなの別にいいと思うんです。 映画が何を伝えたいのか?とか何が言いたいのか?とか考えるのも好きですが、そんなこと本当はどうでもいいのかもしれません。 見た物感じた物が全てです。 それが人間の基本だと思っています。 あなたが経験し見聞きして感じた事全てがあなたの全てなのだと、私はそう思っています。 意味不明でごめんなさい。 とにかく、千と千尋もとい宮崎駿監督作品はそんな感じが多いなと思います。 見て感じて受け取った思いそのまま、それでいいのです。 その時に見て何を思ったのか何を感じたのかが大切でそれを大事にしてほしいどんな映画もどんな出来事も人間生きる上できっとそれが本当は一番大切だと思いますみんな、「あれはあの時ああだった」とか深く深く考え追求してしまうクセがありますがそれをやればやるほどドツボにハマります。 だからきっと本当はその時その時に思ったこと感じたことが全てなのだと思います。 だから千と千尋も感じたままでいいのだと思います。 それは日本の神様にしても同じなのだと思います。 湯ばあばが言っていましたが「八百万の神様が疲れを取りにくる湯だ」と。 日本の神様も、目には見えないけれどきっとみんなのまわりに存在していてあちらこちらにいて、私たちを見ています。 そんな目に見えない存在、感じる、見れる者は見れる、素晴らしいことだなと思います。 神様に悪い事していないかな、負担をかけていないかな、そんなことを思った映画だった。 特に大量のヘドロと共に神様がやって来た時、大量の(あれは)おそらく人間が捨てた家電製品とか自転車とか粗大ゴミだと思いますが)ゾッとしました。 神様、怒っているのだろうな、と思いました。 人間の欲望と人間の罪が感じられました。 またそれをアニメで見ました。 宮崎駿監督に感謝感謝でした。 そんな光景を見せてくれて感謝でした。 学ぶ事が出来ました。 神様も日々の疲れがあるからこうやって温泉に来ているのだなと思うと神様も本当に毎日ご苦労様です、と言いたくなりました。 感謝感謝。 千尋と共に観客も臨死体験をする、そんな不思議な映画だと思いました。 いつか千尋とハクがまたどこかで出会えることがあるのならば、私はきっとその時に人間の悲しみや苦しみも一緒に受け入れて喜ぶ事が初めて出来るのだと思います。 宗教的な映画でもありました。 人生は、私は長い長い旅路だと思います。 そしてそれはみんな、自分自身を癒して慰める為に気の遠くなるような長い長い、航海のような旅路なんです。 みんな、多分それを無意識の内にやっています。 私も、アナタもなんです。 千尋とハクも、きっとそうなんだと思います。 千尋の傷ついたあの心と、ハクの傷つけられたあの身体と心をお互いが癒し、そしてまたそれはもっともっと遠い未来なのかもわかりませんが、二人はきっとまたどこかで会えるのです。 きっと、きっと、本当にどこかでまた二人は巡り会えるんです。 それが人生なんです。 私はそれを信じたい、それを千尋とハクに教えてあげたい。 だってそれは神様が見てくれているからなんです。 神様に感謝なんです。 神様に感謝しながら生きたいです。

次の